「U」

大気環境に関すること

UV-Bとは?環境における役割と影響

UV-Bの概要と特徴 UV-Bとは、太陽光線に含まれる紫外線の一種で、280 nmから315 nmの波長を持っています。UV-AとUV-Cに比べて波長の短い紫外線で、そのほとんどが大気圏で吸収されていますが、一部は地上に届いています。UV-Bは、DNAやタンパク質を傷つけ、皮膚の炎症や日焼けの原因となりますが、体内のビタミンDを生成する働きもあります。 UV-Bの量は、緯度や高度、季節、時間帯などによって異なります。一般に、赤道に近い地域や標高の高い地域、夏や日中の時間帯ほどUV-Bの量が多くなります。また、オゾン層の薄さはUV-Bの量に影響を与えます。オゾン層が薄いと、UV-Bの量が地上に届きやすくなります。
組織・団体に関すること

UNEP紛争後アセスメント部(PCAU)について

UNEP紛争後アセスメント部(PCAU)は、紛争後に展開される開発支援活動において、環境問題や天然資源問題についての知識を統合し、技術支援や能力の向上を図ることを使命としています。また、UNEP紛争後アセスメント部は、開発パートナーと連携して、紛争の影響を受けた地域の持続可能な復興と回復を支援しています。 UNEP紛争後アセスメント部は、2002年に設立されたUNEPの専門機関です。環境・紛争・災害を研究する専門家、汚染除去や天然資源管理の専門家、ソーシャルワーカーら、様々な分野の専門家が在籍しています。紛争によって損傷を受けた環境の回復や、紛争の原因となった環境問題の解決に取り組んでいます。また、紛争後の国々での持続可能な復興と回復を支援しています。 UNEP紛争後アセスメント部は、紛争が環境に与える影響を評価し、紛争後の環境問題の解決策を提案しています。また、紛争後に展開される開発支援活動において、環境問題や天然資源問題についての知識を統合し、技術支援や能力の向上を図っています。さらに、開発パートナーと連携して、紛争の影響を受けた地域の持続可能な復興と回復を支援しています。
組織・団体に関すること

環境への影響を考慮する銀行経営

UNEP金融イニシアティブの概要 UNEP金融イニシアティブ(UNEP FI)は、1992年に国連環境計画(UNEP)と銀行家グループの間の合意により設立された国際的なパートナーシップです。UNEP FIの使命は、持続可能な発展を促進し、環境への影響を軽減するため、金融セクターと協力することです。 UNEP FIは、1,000近い金融機関やその他の金融セクターのステークホルダーを有し、持続可能な金融を推進するための様々な活動を行っています。これらの活動には、以下のものがあります。 * 持続可能な金融に関する研究や分析の実施 * 金融セクター向けの持続可能な金融に関するツールやガイダンスの開発 * 金融セクターが持続可能な開発に貢献するための能力構築の提供 * 持続可能な金融に関する情報やベストプラクティスの共有 UNEP FIは、持続可能な金融を推進するための重要な国際的な組織であり、金融セクターが環境への影響を軽減し、持続可能な発展に貢献するための役割を果たすことを支援しています。
大気環境に関すること

知っておきたい!『UVインデックス』

UVインデックスとは、紫外線が人体に及ぼす影響の度合いを数値で表した指標です。紫外線の強さは、季節や時間帯、天候などによって変化します。 UVインデックスは、0から12までの数値で表され、数値が大きいほど紫外線が強く、人体に与える影響が大きくなります。 UVインデックスは、気象庁のホームページや、天気予報のアプリなどで確認することができます。 UVインデックスが高い日は、外出する際は日焼け止めを塗ったり、帽子をかぶったり、サングラスをかけたりなどの紫外線対策をすることが大切です。