「と」

制度に関すること

ドナー化支援とは?

ドナー化支援とは、貧しい国や地域の人々がドナーとして他人を助けることができるように支援することです。 貧しい国や地域では、人々はしばしば自分自身を養うだけで精一杯であり、他人を助ける余裕がありません。ドナー化支援は、人々が自分自身を養いながら他人を助けることができるように支援することで、貧困の連鎖を断ち切ることを目指しています。 ドナー化支援には、さまざまな方法があります。直接的に貧しい人々に金銭や物資を援助する方法もあれば、貧しい人々が自分自身で収入を得ることができるように支援する方法もあります。また、貧しい人々の教育や医療を支援することで、貧困から抜け出すための能力を高める方法もあります。 ドナー化支援は、貧しい国や地域の人々の生活を改善し、貧困の連鎖を断ち切るために重要な役割を果たしています。ドナー化支援によって、貧しい人々が自分自身を養いながら他人を助けることができるようになれば、貧困は減少し、世界はより良い場所になるでしょう。
環境問題に関すること

ドーナツ経済学とは?

ドーナツ経済学の考え方とは、経済発展と環境保護が相互に矛盾することではなく、むしろ相乗的な関係にあることを説いた理論です。社会的な基礎と環境的な天井の2つの境界をドーナツの輪で表現し、この境界内にある経済活動を推進することが望ましいとされます。 社会的な基礎とは、食料、水、住居、教育、医療などの、人間が生存し、生活するために必要な最低限の資源とサービスを指します。環境的な天井とは、地球の温暖化、生物多様性の喪失、水質汚染などの、人間の活動によって引き起こされる環境への負荷のことです。 ドーナツ経済学では、社会的な基礎と環境的な天井の境界内に収まる経済活動を推進することが、持続可能な経済成長を実現する鍵であると主張しています。これにより、経済発展と環境保護を両立させることができるとされています。
ゴミに関すること

特定有害廃棄物とは?知っておきたい環境用語

廃棄物処理法という法律は、産業活動や生活によって排出される廃棄物に関する法律です。ここに定められている特定有害廃棄物の定義について解説します。 特定有害廃棄物とは、人体や環境汚染を引き起こす恐れがあるとして、法律で特別に指定された有害な廃棄物のことです。廃棄物処理法により、これらは産業廃棄物の一種に分類され、厳格な管理と処分が必要です。 特定有害廃棄物は、その有害性や処理の難しさに応じて、1種から5種までの5段階に分類されます。1種は最も有害性が高く、5種は比較的低く、処理が容易です。例えば、ダイオキシンやアスベスト、水銀といった物質は1種に分類され、産業廃棄物処理業者が責任をもって適正処分を行う必要があります。 特定有害廃棄物の処分は、環境への影響を最小限にするため、細心の注意を払って行われます。通常、 焼却や溶融、固化処理などが行われ、その過程で有害物質が完全に分解または無害化されるように処理されます。 また、特定有害廃棄物は、法令に従って専用の施設で保管され、最終的には処分場またはリサイクル施設に運ばれます。 特定有害廃棄物の処理は、産業廃棄物処理業者のみが行うことができます。一般家庭では、特定有害廃棄物を扱うことはできません。もし、家庭で特定有害廃棄物が発生した場合は、自治体の指示に従って処分してください。
リサイクルに関すること

特定容器利用事業者ってなに?

特定容器利用事業者とは? 特定容器利用事業者は、容器包装リサイクル法に基づき、対象容器を製造や輸入して販売業者に提供したり、容器を充填したりする事業者のことです。特定容器利用事業者は、容器包装リサイクル法の施行に伴い、容器包装リサイクル法に基づき、特定容器の廃棄物の適正な処理および利用の確保等を目的として、容器包装リサイクル法を遵守し、特定容器の回収・リサイクルを推進するための費用を負担する義務があります。 特定容器利用事業者は、容器包装リサイクル法の施行に伴い、容器包装リサイクル法に基づき、特定容器の廃棄物の適正な処理および利用の確保等を目的として、容器包装リサイクル法を遵守し、特定容器の回収・リサイクルを推進するための費用を負担する義務があります。 また、容器包装リサイクル法に基づき、特定容器利用事業者は、特定容器の回収・リサイクルを推進するための費用を負担する義務があります。費用負担の詳細は、容器包装リサイクル法の施行規則に規定されています。
環境問題に関すること

特定外来生物被害防止基本方針とは?

特定外来生物被害防止基本方針とは、外来生物による生態系や人の健康、経済活動への被害を防ぐために、外来生物の侵入や定着を抑えるための基本的な方針です。 外来生物とは、もともと生息していなかった地域に人為的に持ち込まれた動植物のことを指し、在来の生態系や人の健康、経済活動に被害を及ぼすことがあります。 特定外来生物被害防止基本方針は、外来生物による被害を防ぐために、外来生物の侵入や定着を抑えるための基本的な方針を定めています。 具体的には、外来生物の侵入や定着を防ぐための措置、外来生物の被害を軽減するための措置、外来生物の駆除や管理のための措置などを定めています。 また、特定外来生物被害防止基本方針は、外来生物による被害を防ぐために、政府、地方公共団体、民間団体が連携して取り組むことを求めています。
環境問題に関すること

特定外来生物法の基礎知識

特定外来生物法とは、特定外来生物の導入、飼育等を規制し、生態系や人の生命・身体等への被害を防止するため、その指定や関係者の努力義務等を定めた法律です。 特定外来生物とは、外来生物のうち、生態系、人の生命・身体、農林水産業や経済活動等に被害を及ぼすおそれがあるものや、それらの被害を拡大するおそれがあるものを指します。 特定外来生物法は、2005年(平成17年)4月1日に施行されました。特定外来生物に指定された生物を許可なく輸入、飼育、栽培、保管、運搬、販売、譲渡、放逐する行為を禁止しています。 また、特定外来生物を発見した場合は、指定地域に生息している場合は環境省に、指定地域以外に生息している場合は都道府県知事や市町村長に届け出ることが義務付けられています。
環境問題に関すること

土壌侵食とは?:原因、影響、そして解決策

土壌侵食とは、土壌が風、水、氷、重力などの自然の力によって侵食されるプロセスを指します。 土壌侵食は、土壌の肥沃度を低下させ、土壌の流出を引き起こし、水質を汚染するなど、多くの環境問題を引き起こします。土壌侵食は、世界中で起こっていますが、特に乾燥地帯や傾斜地で深刻です。 土壌侵食には、いくつかの原因があります。 その1つは、森林伐採です。森林伐採により、土壌が裸になり、風や雨にさらされるようになります。また、農業活動も土壌侵食の一因となります。農業活動により、土壌が耕されて緩くなり、侵食を受けやすくなります。さらに、気候変動も土壌侵食を引き起こしています。気候変動による干ばつや洪水は、土壌侵食を助長しています。 土壌侵食は、多くの影響を及ぼします。 その1つは、土壌の肥沃度の低下です。土壌侵食により、土壌の表層が流失し、土壌中の栄養素が失われてしまいます。これにより、土壌の肥沃度が低下し、農作物の収量が減少します。また、土壌侵食は、土壌の流出を引き起こします。土壌の流出により、川や湖に土砂が堆積し、水質を汚染します。さらに、土壌侵食は、土砂崩れを引き起こし、人命や財産に被害をもたらします。 土壌侵食を防ぐためには、いくつかの対策が必要です。 その1つは、森林伐採を禁止することです。森林は、土壌侵食を防ぐ重要な役割を果たしています。森林伐採を禁止することで、土壌侵食を防ぐことができます。また、農業活動において、土壌侵食を防ぐための対策を講じる必要があります。例えば、輪作やコンター耕などの対策があります。さらに、気候変動対策を講じることも重要です。気候変動対策を講じることで、干ばつや洪水などの自然災害を防ぎ、土壌侵食を防ぐことができます。
化学物質に関すること

特定フロンとは?環境用語解説

-特定フロンの定義- 特定フロンとは、地球温暖化係数(※1)が1の二酸化炭素(CO2)と比較して、数十倍から数千倍も温室効果が高い物質のことです。主に、冷蔵庫やエアコン、自動車のクーラーなどに使用されています。 -特定フロンの何が問題か?- 特定フロンが問題なのは、大気中に放出されると、何年も何十年も大気中に滞留して温室効果を引き起こすことです。また、オゾン層を破壊する働きもあります。 -特定フロンの規制- 特定フロンの環境への影響が明らかになるにつれて、各国で規制が始まりました。我が国では、1999年に特定フロン排出抑制法が施行され、特定フロンの使用が禁止されました。また、2019年に発効したモントリオール議定書(オゾン層保護のためのウィーン条約附属議定書)により、特定フロンの使用が世界中で規制されるようになりました。 -特定フロンの代替品- 特定フロンの使用が禁止されたことにより、代替品の開発が進んでいます。代替品には、二酸化炭素(CO2)やアンモニアなどがあり、すでに実用化されています。 特定フロンは地球温暖化やオゾン層破壊の原因となる物質です。各国で規制が進み、代替品の開発も進んでいます。
リサイクルに関すること

特定家庭用機器とは?リユース促進で家電リサイクルフロー

特定家庭用機器とは、資源有効利用促進法に基づき、リサイクルを促進するために選定された特定の家庭用機器のことです。 家電リサイクル法は、資源有効利用促進法に基づき、特定家庭用機器のリユース(再使用)とリサイクルを行うために定められました。特定家庭用機器には、テレビ、エアコン、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機などが含まれます。 家電リサイクル法では、特定家庭用機器を廃棄する際には、指定引取場所に持ち込むか、指定引取業者に回収してもらうことが義務付けられています。指定引取場所や指定引取業者は、市町村や家電量販店などです。また、家電リサイクル法では、特定家庭用機器をリユースすることも促進されています。リユースとは、特定家庭用機器を修理や清掃をして、再び使用できるようにすることです。 リユースされた特定家庭用機器は、家電量販店やリサイクルショップなどで販売されています。 リユースは、特定家庭用機器を廃棄することによる環境負荷を軽減し、資源を有効利用することができます。また、リユースされた特定家庭用機器を購入することで、家計の節約にもつながります。
水環境に関すること

土壌・湖沼の酸性化と生態系への影響

酸性化の原因とメカニズム 土壌や湖沼の酸性化は、主に人の経済活動によって排出される硫黄酸化物や窒素酸化物などの酸性物質が大気や水に溶け込み、土壌や湖沼の酸性度を上昇させることで起こります。酸性物質は、火力発電所や工場、自動車などから排出されるものが多く、大気中を移動して土壌や湖沼に降り注ぎます。また、酸性物質を含む雨水や雪解け水などが土壌や湖沼に流れ込むことで、酸性化が進行します。 酸性化は、土壌や湖沼の生態系に大きな影響を与えます。酸性化した土壌では、植物の生育が阻害され、土壌中の微生物の活動も弱まります。酸性化した湖沼では、魚類やその他の水生生物が死滅し、湖沼の透明度も低下します。また、酸性化した土壌や湖沼からは、酸性物質が地下水や河川に流出するため、地下水や河川も酸性化が進みます。
地球環境に関すること

環境を守る『トラフィックカーミング』とは?

環境を守る『トラフィックカーミング』とは? 近年、環境や住みよいまちづくりへの関心の高まりから、都市部を中心に交通量を抑制し、歩行者や自転車の安全を確保するための取り組みが進められています。その中でも、近年注目を集めているのが「トラフィックカーミング」です。トラフィックカーミングとは、道路の構造や設計を変更することで、自動車の速度を抑制し、交通安全を確保するための手法です。具体的には、道路を狭くしたり、段差を設けたり、交差点を狭くしたりするなど、さまざまな方法があります。 トラフィックカーミングは、交通事故の減少や歩行者や自転車の安全確保に加え、大気汚染の軽減や騒音の低減、ヒートアイランド現象の緩和など、環境保護にも役立ちます。さらに、トラフィックカーミングは、自動車の速度を抑制することで、歩行者や自転車の交通量が増加し、地域コミュニティの活性化にもつながります。
環境問題に関すること

特定外来生物について理解する

特定外来生物とは、生息地などから離れた地域に人為的に導入された生物であり、生態系に危害を加え、または危害を加える可能性があると認定された生物のことです。特定外来生物は、外来生物法によって規制されており、その導入、飼育、運搬、販売などが禁止されています。 特定外来生物は、さまざまな経路で日本に侵入しています。例えば、旅行者や貨物船が持ち込んだもの、ペットとして輸入されたものが野生化したもの、あるいは自然災害などで生息地が破壊された結果、移動してきたものなどです。 特定外在生物は、生態系にさまざまな危害を及ぼします。在来種との競合、在来種の捕食、在来種の病気の媒介、農作物や森林への被害などです。また、特定外来生物は、人間にも被害を及ぼすことがあります。例えば、カミツキガメは人を咬んだり、アカミミガメはサルモネラ菌を媒介したりします。 特定外来生物の侵入を防ぐためには、外来生物の持ち込みを禁止する、外来生物の飼育や販売を規制する、外来生物の駆除を行うなどの対策が必要です。また、特定外来生物の侵入を防ぐためには、私たち一人ひとりの協力も重要です。例えば、海外旅行の際に外来生物を持ち帰らない、ペットを野に捨てない、農作物に被害を与える外来生物を見つけたら駆除するなどです。
環境問題に関すること

トイレなきマンションとは?原子力発電所の廃棄物の問題

トイレなきマンションとは、原子力発電所の廃棄物を貯蔵する施設のことです。正式には「原子力発電所廃棄物処分施設」と呼ばれ、原子力発電所から発生する使用済み核燃料や放射性廃棄物を貯蔵するために建設されます。 原子力発電所の廃棄物は、非常に強い放射線を放出するため、安全に処分する必要があります。そのため、トイレなきマンションは、放射線を遮断できる構造で建設され、厳重な警備体制が敷かれています。 トイレなきマンションは、原子力発電所の廃棄物が完全になくなるまで、長期にわたって使用される予定です。廃棄物が完全に無害になるまでには、数千年から数万年かかると言われており、トイレなきマンションは、原子力発電所の廃棄物を安全に管理する重要な施設なのです。
エネルギーに関すること

統一省エネルギーラベルで省エネ生活を

エネルギー消費の増大が懸念される今日、省エネ生活の実践が重要視されています。省エネ生活とは、エネルギーを節約しながら快適な生活を送ることであり、環境負荷の軽減や電気代の節約など、さまざまなメリットがあります。 省エネ生活を推進する取り組みの一つに、統一省エネルギーラベルがあります。統一省エネルギーラベルとは、家電製品などのエネルギー消費効率を示すラベルのことです。ラベルには、製品のエネルギー消費効率を表す星の数や、年間消費電力量などが記載されています。このラベルを参考に、エネルギー消費効率の高い製品を選ぶことで、省エネ生活を実現することができます。 統一省エネルギーラベルは、家電量販店やインターネット通販サイトなどで見ることができます。製品を選ぶ際には、必ず統一省エネルギーラベルを確認し、エネルギー消費効率の高い製品を選ぶようにしましょう。また、省エネ生活を心がけることで、環境負荷の軽減や電気代の節約にもつながります。
環境問題に関すること

世界自然遺産と生物圏保護区についてのトビリシ勧告

トビリシ勧告とは、1977年に開催されたユネスコ主催の「世界自然遺産と生物圏保護区に関する政府間会議」において作成された勧告のことです。 この勧告では、世界自然遺産と生物圏保護区の保護と管理に関する原則が定められており、各国がこれらの地域の保護と管理に努めるよう求めています。 トビリシ勧告の主な内容は、以下の通りです。 * 世界自然遺産と生物圏保護区は、科学的、文化的、美学的に重要な場所である。 * これらの地域は、地域住民の生活と文化に密接に関連している。 * これらの地域は、人間活動の影響により、脅威にさらされている。 * 各国は、これらの地域の保護と管理に努める必要がある。 トビリシ勧告は、世界自然遺産と生物圏保護区の保護と管理に関する画期的な文書であり、各国がこれらの地域の保護と管理に努めるよう求めています。
制度に関すること

都市の低炭素化の促進に関する法律とは?

都市の低炭素化の促進に関する法律とは? 都市の低炭素化の促進に関する法律は、都市の低炭素化の促進を図るための基本理念、基本方針、基本計画、実行計画、財政措置などを定めた法律です。 都市の低炭素化の促進に関する法律の概要 この法律の目的は、都市の低炭素化の促進を図ることにより、地球温暖化対策及びエネルギーの安定供給を推進し、もって国民経済の持続可能な発展に寄与することです。 この法律の基本理念は、都市の低炭素化の促進は、政府、地方公共団体、事業者及び国民の相互の連携の下に総合的かつ計画的に推進されるべきことです。 この法律の基本方針は、都市の低炭素化の促進を図るに当たっては、次の事項に留意しなければならないことです。 温室効果ガスの排出抑制とエネルギーの効率的な利用 再生可能エネルギーの利用の促進 コンパクトな都市構造の形成 公共交通機関の利用の促進 自転車利用環境の整備 歩行空間の整備 都市緑地の保全・整備 都市の低炭素化に関する国民への啓発
化学物質に関すること

トリクロロエタンとは?性質と規制

トリクロロエタンとは、化学式CHCl3で表される有機塩素化合物の一種です。常温常圧では無色の液体であり、強い甘みのある臭いを持ちます。水にほとんど溶けず、油脂には可溶です。トリクロロエタンは、工業分野で広く使用されてきた溶剤であり、 обез脂剤、金属洗浄剤、塗料薄め液、接着剤、洗浄剤などの製造に使用されてきました。 トリクロロエタンは、人体に有害な物質であり、皮膚や呼吸器から吸収されると、中枢神経系や肝臓、腎臓に障害を引き起こす可能性があります。また、トリクロロエタンは発がん性物質であり、長期にわたる暴露は、肝臓がんや腎臓がんのリスクを高める可能性があります。 トリクロロエタンの使用は、世界各国で規制されています。日本では、トリクロロエタンは毒物及び劇物取締法の劇物に指定されており、使用や保管には厳格な規制がかけられています。トリクロロエタンを使用する場合は、労働安全衛生法などの関連法令を遵守し、適切な安全対策を講じる必要があります。
環境問題に関すること

洞爺湖サミット2008:環境に関する主要用語

洞爺湖サミットとは? 洞爺湖サミットとは、2008年7月7日から9日まで北海道の洞爺湖町で開催された、第34回主要国首脳会議(G8サミット)の通称です。 このサミットは、気候変動、エネルギー安全保障、アフリカの問題など、地球規模の課題を討議するために開催されました。 洞爺湖サミットは、初めて日本が議長国を務めたサミットであり、日本にとって重要な意味を持っていました。このサミットでは、気候変動に関する洞爺湖イニシアチブや、食料問題に関する北海道洞爺湖サミット宣言など、重要な合意が採択されました。 洞爺湖サミットは、地球規模の課題を解決するために世界各国が協力することが重要であることを示した画期的なサミットとなりました。
制度に関すること

特定産業廃棄物特措法とは

特定産業廃棄物特措法とは、特定の産業活動から発生する廃棄物(特定産業廃棄物)を適正に処理し、環境を保全することを目的とした法律です。この法律は、1993年(平成5年)に公布され、1995年(平成7年)に施行されました。 特定産業廃棄物とは、鉱業、製造業、建設業など、特定の産業活動から発生する廃棄物のことで、その種類は多岐にわたります。特定産業廃棄物は、一般廃棄物とは異なり、その多くが有害性や危険性を有しているため、適正な処理が必要です。 特定産業廃棄物特措法では、特定産業廃棄物の適正な処理を確保するため、以下の措置を講じています。 ・特定産業廃棄物の排出事業者に対して、排出許可制度を設ける。 ・特定産業廃棄物の収集運搬業者に対して、許可制度を設ける。 ・特定産業廃棄物の処分業者に対して、許可制度を設ける。 ・特定産業廃棄物の適正な処理を促進するため、財政的な支援を行う。 特定産業廃棄物特措法は、特定産業廃棄物の適正な処理を確保し、環境を保全するために重要な役割を果たしています。
リサイクルに関すること

特定容器製造等事業者とは?わかりやすく解説

特定容器製造等事業者とは? 特定容器製造等事業者とは、容器包装リサイクル法に基づき、容器包装を製造等する事業者を指します。具体的には、プラスチック容器、ガラスびん、紙製容器、金属製容器、繊維製容器等を製造する事業者が該当します。特定容器製造等事業者は、容器包装リサイクル法に基づき、容器包装の回収及び再利用等に関する事業計画を作成し、実施することが義務付けられています。また、特定容器製造等事業者は、容器包装リサイクル法に基づき、容器包装リサイクル推進協議会に加入することが義務付けられています。
その他に関すること

トランジットモールとは?その魅力と導入事例

トランジットモールとは?その魅力と導入事例 トランジットモールの意味と特徴 トランジットモールとは、モータリゼーションが進む中、都市核部等の商業地の活性化や公共交通機関の利用促進、歩行者等による買物客の増加を図るとともに、交通事故防止や大気環境の改善など、都市環境整備上の諸問題を解決するために都市計画道路上における歩行者専用空間等の設置、乗り合いバス・タクシー専用レーンを含む車両優先道路等の整備、店舗の前面における歩道の拡張などを行い、公共交通機関によるアクセス重視のまちづくりが行われる道路空間である。 トランジットモールの導入事例 トランジットモールは、世界各地で導入されており、その成功例として、英国ロンドン市オックスフォード・ストリート、米国カリフォルニア州サンフランシスコ市マーケットストリート、オーストラリアシドニー市ジョージストリートなどが挙げられる。 日本では、東京都渋谷区のセンター街や、神奈川県横浜市中区の伊勢佐木町などが代表的なトランジットモールである。これらは、いずれも公共交通機関の利用促進や歩行者空間の拡大、自動車交通の抑制などによって、都市環境の改善に成功している。
地球環境に関すること

ドナー間連携 ~世界の発展を支える国際連携とは?~

ドナー間連携とは国境を越えた共同支援 ドナー間連携とは、複数の政府開発援助(ODA)機関が協力して、開発途上国や国際機関に援助を提供することです。また、共通の開発目標や優先事項を特定し、協働して取り組むことを目的としています。国際社会が複雑で相互依存している状況において、開発途上国の課題は世界的な問題として認識されることが多くなっています。そのため、単独の国や機関では解決できない問題にも対応できるよう、ドナー間連携が重要となっています。 ドナー間連携には、さまざまなメリットがあります。第一に、援助受入国のオーバーラップや重複を減らすことができます。第二に、援助の質を高めることができます。第三に、開発途上国のオーナーシップを促進することができます。第四に、援助の透明性と説明責任を高めることができます。
制度に関すること

時のアセスとは?環境に関する用語を解説

時のアセスの意味とは、特定の事業や活動が現在と将来に及ぼす環境影響を評価し、その結果を事業の計画や実施に反映させることです。例えば、新しい道路を建設する場合、その道路が建設されることで周辺の環境にどのような影響を与えるかを検討し、その結果を道路の建設計画や実施に反映させます。 時のアセスの由来は、1970年代に米国で環境保護意識が高まったことを背景に、環境に配慮した事業や活動を行うための制度として導入されました。その後、世界各国に広がり、現在では多くの国で導入されています。
環境問題に関すること

土地倫理とは?

アルド・レオポルドとは、アメリカの生態学者、林学者であり、環境倫理の父として知られています。1949年に出版された『砂郡への賛歌』は、環境倫理の古典的名著であり、生態系に対する人間の責任を説いた彼の「土地倫理」は、環境倫理の基礎を築きました。 レオポルドは、1887年、アイオワ州バーリントンに生まれました。ウィスコンシン大学で林学を学び、卒業後は林業局に勤務しました。1924年にウィスコンシン大学に戻り、林学の教授となりました。1933年に、ウィスコンシン州南西部にある砂郡を購入し、そこで余生を過ごしました。 レオポルドは、森や野生動物の保護に熱心に取り組み、自然保護運動を推進しました。彼は、自然界は相互に関連し合っており、人間はその一部であると主張しました。そして、人間は自然界に対して責任を持ち、それを守るべきだと訴えました。 レオポルドの「土地倫理」は、人間の倫理を共同体全体にまで拡大したものであり、人間は「土地」の一部であり、「土地」に対する責任を負うべきだと説いています。彼は、「土地」を単なる自然資源としてではなく、生命を育む場であり、人間の精神的な故郷であると考えました。 レオポルドの「土地倫理」は、環境倫理の基礎を築き、今日の環境保護運動に大きな影響を与えています。彼は、自然界を敬い、その一部であることを認識し、それを守るために努力すべきだと訴えました。