「だ」

地球環境に関すること

炭素プール入門:地球の炭素がどこにあるか

炭素プールとは何か 炭素プールとは、地球上のさまざまな場所に蓄えられている炭素のことを指します。炭素プールには、大気、海洋、陸上生態系、地殻の4つがあります。大気中の炭素は、二酸化炭素やメタンなどの温室効果ガスの形で存在しています。海洋中の炭素は、二酸化炭素や炭酸塩の形で存在しており、海洋プランクトンの活動により吸収されます。陸上生態系中の炭素は、森林、土壌、湿地帯などの植物や生物に貯蔵されており、地殻中の炭素は、化石燃料や岩石の形で存在しています。
環境問題に関すること

環境用語『短期期限付きクレジット』の考察

短期期限付きクレジットとは? 短期期限付きクレジットとは、排出量削減の取り組みへの投資に対して認定されたクレジットで、10年または20年以内に使用期限が設定されたクレジットのことです。クレジットは、承認された認証機関によって発行され、排出量削減プロジェクトによって達成された削減量に基づいて計算されます。クレジットは、排出量の少ない商品やサービスの価格を下げ、排出量の多い商品やサービスの価格を上げることで、市場に排出量の削減を促進するインセンティブを提供する役割を果たします。 短期期限付きクレジットは、民間セクターの排出量削減プロジェクトへの投資を増やし、排出量削減の取り組みを加速させることを目的としています。また、長期的に排出量削減の目標を達成するために、排出量削減プロジェクトの資金調達を支援する役割も果たします。
環境問題に関すること

代償ミティゲーションとは?環境と人間活動のバランスを保つために

代償ミティゲーションとは、環境と人間活動のバランスを保つために、開発やその他の経済活動によって環境や生態系に生じる悪影響を代償措置によって軽減したり、埋め合わせたりすることです。これは、単に環境への悪影響をなくすだけでなく、生態系の回復や改善を図ることを目的としています。 代償ミティゲーションは、環境への影響を回避するための回避措置、影響を低減するための低減措置、影響を補償するための代償措置の3つの要素で構成されます。回避措置は、環境への悪影響を完全に回避するための措置であり、低減措置は、環境への悪影響を可能な限り最小限に抑えるための措置です。代償措置は、環境への悪影響を埋め合わせたり、生態系を回復したりするための措置であり、植林や湿地保全などが含まれます。 代償ミティゲーションは、環境への悪影響を軽減し、生態系の回復や改善を図るために不可欠な措置です。開発やその他の経済活動によって環境や生態系に悪影響を与えることが避けられない場合、代償ミティゲーションを実施することで、環境への悪影響を最小限に抑えることが可能になります。
地球環境に関すること

待機とは?定義と電気代・CO2排出量・削減方法を解説

- 待機電力は無意味? 待機電力は家電製品が通電状態にあるときに消費する電力を指します。待機電力は、製品が実際に動作していないときでも電力を消費しており、無駄な電力消費につながります。 待機電力は、テレビ、パソコン、ゲーム機、携帯電話の充電アダプターなど、多くの家電製品で使用されています。待機電力による年間の電気代は、家電製品の種類や使用頻度によって異なりますが、一般家庭で年間数百円から数千円程度になると言われています。 また、待機電力はCO2排出量にも影響を与えます。待機電力は、火力発電所などで発電される電力を使用しているため、待機電力を削減することでCO2排出量を削減することができます。 待機電力を削減するためには、以下の方法があります。 * 家電製品を使用しないときは、電源プラグをコンセントから抜く。 * 待機電力を抑えることができる省エネ家電を選ぶ。 * 待機電力を一括でオフにすることができる待機電力タップを使用する。 * 「スマートプラグ」を使用し、遠隔操作で電源のオン/オフを切り替える。 待機電力を削減することで、電気代やCO2排出量を削減することができます。小さな積み重ねですが、環境に優しい生活を送るためにも、待機電力の削減に取り組んでみましょう。
環境問題に関すること

脱炭素ドミノ:地域の脱炭素化を目指した新しいアプローチ

脱炭素ドミノは、地域全体に二酸化炭素排出量削減を拡大させることを目指した、新しいアプローチです。このアプローチは、一定の削減目標を設定し、小規模な地域や組織内の複数の関係者に目標​​を共有してもらうことから始まります。これらのグループは、それぞれの目標達成のために独自の計画を作成し、実施していきます。 脱炭素ドミノでは、さまざまな組織やグループがそれぞれの責任範囲で行動を起こし、それらの行動が相互に関連し合って二酸化炭素排出量削減の連鎖反応を起こすことを期待しています。このアプローチは、組織やコミュニティが独自の脱炭素化計画を作成し、実施するために必要なリソースや専門知識を提供することで、地域の脱炭素化を支援します。
環境問題に関すること

第2次循環型社会形成推進基本計画とは?

第2次循環型社会形成推進基本計画は、経済成長とともに持続可能で豊かな社会を実現することを目的として、循環型社会の形成を推進するための計画です。この計画は、2003年に閣議決定された「循環型社会形成推進基本計画」を改訂したもので、2018年に閣議決定されました。 第2次循環型社会形成推進基本計画の目的は、循環型社会の形成を推進することによって、経済成長とともに持続可能で豊かな社会を実現することです。循環型社会とは、資源の有効活用や廃棄物の削減などによって、環境への負荷を低減し、資源の循環利用を促進する社会のことです。 循環型社会の形成を推進するためには、様々な対策が必要です。例えば、製品のライフサイクルを通じて資源の有効活用を促進したり、廃棄物の削減や再利用・リサイクルを促進したりする必要があります。また、循環型社会の形成を推進するためには、国民一人ひとりの意識改革も重要です。
環境問題に関すること

ダイベストメント:気候変動対策としての投資の脱炭素化

-ダイベストメントとは?- ダイベストメントとは、社会や環境に悪影響を及ぼす企業や業界から投資を引き揚げることを意味します。これは、化石燃料会社や森林破壊に関与する企業など、持続可能性の原則に反する活動を行う企業への投資を避けることを目的としています。 ダイベストメントは、気候変動対策として注目されています。気候変動は、地球温暖化によって引き起こされる災害や異常気象の増加など、地球環境に大きな影響を及ぼしています。ダイベストメントは、化石燃料への依存を減らし、再生可能エネルギーや持続可能な農業など、環境に配慮した産業への投資を促進することで、気候変動対策に貢献することができます。 ダイベストメントは、個人投資家だけでなく、機関投資家も参加しています。機関投資家とは、年金基金や保険会社、投資信託などの、まとまった資金を運用する機関のことです。機関投資家がダイベストメントを行うことで、持続可能性の原則に反する企業や業界に大きな影響を与えることができます。 ダイベストメントは、気候変動対策として有効な手段の一つです。個人投資家や機関投資家がダイベストメントに参加することで、化石燃料への依存を減らし、再生可能エネルギーや持続可能な農業など、環境に配慮した産業への投資を促進することができ、気候変動対策に貢献することができます。
ゴミに関すること

第一種特定製品廃棄等実施者とは?

第一種特定製品廃棄等実施者とは? 第一種特定製品廃棄等実施者とは、特定製品廃棄物(家電製品、パソコン等)の廃棄物を収集運搬し、適正に処分することを行う事業者です。第一種特定製品廃棄物処理業許可を取得し、廃棄物の適正な処分を確保するために、廃棄物の収集運搬や中間処理、最終処分などの責任を負っています。
環境問題に関すること

第三次生物多様性国家戦略とは?

-# 第三次生物多様性国家戦略の目的 とは? 第二次生物多様性国家戦略期間の終了に伴い、2030年10月に新たな定めとして「第三次生物多様性国家戦略」が閣議決定されました。今回の戦略においては、これまでの国内の生物多様性保全の成果および直面している課題を踏まえ、新たな方針や目標、具体的施策が明示されています。 生物多様性の保全と持続可能な利用については、2030年までの国際目標(愛知ターゲット)が設定されたことから、生物多様性条約締約国会議(COP)が毎年開催され、その進捗状況が報告されています。日本は、これら国際的な目標や議論にも鑑み、生物多様性の保全と持続可能な利用の推進に向けて、10年後の社会像や森林の理想像を掲げ、目標や施策を策定しています。
地球環境に関すること

タイガとは?

タイガとは、北半球の寒い地域に位置する森林地帯のことです。タイガの特徴は、針葉樹が優占していることです。タイガの針葉樹は、松、トウヒ、モミなどの種類があります。これらの針葉樹は、寒い気候に適応しており、厳しい冬を耐え抜くことができます。タイガの針葉樹は、真っ直ぐに伸びており、葉は小さく、尖っています。そのため、タイガは鬱蒼としていて、暗く、ジメジメしています。タイガは、動物たちの宝庫でもあります。タイガには、クマ、オオカミ、キツネ、ヘラジカなどの動物が生息しています。これらの動物たちは、タイガの厳しい気候に適応しており、冬の間も生き延びることができます。タイガは、貴重な自然の生態系であり、地球環境を守るためにも重要な役割を果たしています。
エネルギーに関すること

太陽光発電をわかりやすく解説!導入のメリットとは?

太陽光発電とは、太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変える仕組みのことです。太陽光のエネルギーを電気エネルギーに変換する装置を太陽電池と呼び、太陽電池モジュールに組み込まれて設置されます。太陽電池モジュールは、太陽光を電気エネルギーに変換して直流の電気を発生させます。その直流の電気を交流に変換するのがパワーコンディショナーです。交流に変換された電気は、家庭や企業で使用することができます。 太陽光発電システムは、太陽電池モジュール、パワーコンディショナー、架台、配線、接続箱などで構成されます。太陽電池モジュールは、太陽光を電気エネルギーに変換する装置です。パワーコンディショナーは、太陽電池モジュールで発生した直流の電気を交流に変換する装置です。架台は、太陽電池モジュールを設置するための支持構造です。配線は、太陽電池モジュールとパワーコンディショナーを接続するケーブルです。接続箱は、太陽電池モジュールと配線を接続する装置です。
制度に関すること

第一種事業とは?環境への影響を正しく評価し、適切な対策を

第一種事業とは何か? 大規模で環境への影響が大きい事業のことを第一種事業と呼びます。具体的には、鉄鋼業、電力業、石炭鉱業、セメント業、石油製油業、化学工業、パルプ・製紙業、ガラス・セラミック業、皮革製造業、食肉加工業、水産加工業、非鉄金属鉱業、有色金属精錬業、合金製造業、窯業製品製造業、鉱物性廃棄物処理業、産業廃棄物処理業、大規模ごみ焼却施設などです。 これらの事業は、大規模な工場や施設を建設・運営するため、環境への影響が大きくなります。例えば、鉄鋼業では、鉄鉱石を採掘・精錬する過程で、大気汚染や水質汚染が発生します。電力業では、火力発電所から排出される二酸化炭素が、地球温暖化の原因となっています。また、セメント業では、セメント製造過程で発生する粉塵が、大気汚染を引き起こしています。
エネルギーに関すること

太陽電池とは?仕組みと種類を解説

太陽電池とは、太陽光を電気エネルギーに変換する装置のことです。太陽電池は、太陽光を吸収して電気を発生させる半導体材料で作られています。太陽電池の仕組みは、太陽光が半導体材料に当たると、電子が励起されてプラスとマイナスの電荷が分離することによって電気が発生します。この電気を利用することで、さまざまな機器に電力を供給することができます。 太陽電池には、単結晶シリコン太陽電池、多結晶シリコン太陽電池、アモルファスシリコン太陽電池、有機薄膜太陽電池など、さまざまな種類があります。単結晶シリコン太陽電池は、太陽電池の中では最も変換効率が高く、最も普及している種類です。多結晶シリコン太陽電池は、単結晶シリコン太陽電池よりも変換効率が低くなりますが、製造コストが安いことから普及しています。アモルファスシリコン太陽電池は、薄く柔軟性があるため、曲面や狭いスペースにも設置することができます。有機薄膜太陽電池は、有機材料で作られており、軽量で柔軟性があるため、さまざまな用途に応用できる可能性があります。
地球環境に関すること

炭素換算量とは?仕組みと削減方法を解説

炭素換算量とは、製品やサービスのライフサイクルを通じて直接的または間接的に排出される温室効果ガスの量を、二酸化炭素と同等の影響を及ぼす炭素の量に換算したものです。この換算は、温室効果ガスの地球温暖化に対する潜在的な影響を表す地球温暖化係数(GWP)を用いて行われます。 炭素換算量を計算する目的は、温室効果ガスの排出量を比較して削減目標を設定したり、気候変動対策の進捗状況を測定したりすることです。また、企業や組織が自社の製品やサービスの環境への影響を定量的に評価し、環境負荷を低減するための改善策を講じるために使用されます。 炭素換算量には、スコープ1、スコープ2、スコープ3の3つの範囲があります。スコープ1は、企業や組織が直接排出する温室効果ガスの量です。スコープ2は、企業や組織が購入した電力や蒸気などのエネルギーを生産するために間接的に排出される温室効果ガスの量です。スコープ3は、企業や組織の製品やサービスのライフサイクル全体を通じて発生する温室効果ガスの量です。
地球環境に関すること

第二約束期間について知ろう

第二約束期間とは、保険商品で契約者がある一定期間保険料を払い込んだ後のことで、保険金額が全額保障される期間のことです。この間は、保険料を払っていなくても、保険の保障は継続されます。第二約束期間は、保険商品によって異なりますが、一般的には10年~20年です。 第二約束期間中は、保険料を払わなくても保険の保障は継続されますが、解約返戻金を受け取ることはできません。解約返戻金とは、保険契約を解約したときに受け取ることができるお金のことです。解約返戻金は、保険料の一部として積み立てられたお金で、保険契約の期間が長くなるほど増えていきます。 第二約束期間が終了すると、保険契約は満期を迎えます。満期を迎えると、保険金額が全額支払われ、保険契約は終了します。満期を迎える前に解約することもできますが、その場合は解約返戻金を受け取ることができます。 第二約束期間は、保険契約を締結する際に確認しておくことが大切です。第二約束期間が長いほど、保険料を払わなくても保険の保障が継続される期間が長くなります。
環境問題に関すること

タラノア対話ってなに?

タラノア対話は、先住民族の指導者が環境問題に関する伝統的な知識と視点について他の世界の指導者に話すように促すためのものです。これは、先住民族の視点で環境問題を理解してもらい、より包摂的で持続可能な環境政策策定につながることを目指しています。タラノア対話はまた、先住民族が環境問題に直接影響を与える決定に参加できるようにするものでもあります。 タラノア対話は、2018年の国連気候変動会議(COP24)で初めて開催されました。この会合で、先住民族の代表者は、環境問題に関する伝統的な知識と視点について世界中の指導者に話しました。この対話は非常に好評で、COP24の結果文書に含まれることとなりました。 タラノア対話は、先住民族の伝統的な知識と環境問題に関する視点の重要性を認識するための重要なステップです。世界のリーダーが先住民族の知識と視点に耳を傾けるように促すことで、より包摂的で持続可能な環境政策策定につながることを目指しています。また、先住民族が環境問題に直接影響を与える決定に参加できるようにすることで、環境問題への取り組みにおいて先住民族の権利が尊重されることを保証するものです。
化学物質に関すること

ダイオキシン類とは?その脅威と対策

- ダイオキシン類とは?その脅威と対策 - -ダイオキシン類とは?- ダイオキシン類とは、2つの酸素原子を介して結合した二塩素化ジフェニル構造を持つ化合物の総称です。塩素の数によってクロロジフェニル、クロロジフェニルエトキシ、クロロジフェノール、ダイオキシンと呼ばれる4つのグループに分けられます。 現在判明しているダイオキシン類の数は210種以上で、そのうち7種がWHO(世界保険機構)によりヒトの発がん性が認められており、残りの1、2、3、4、6、7、8、9、10のダイオキシン類は発がん性が疑われる物質として分類されています。100%自然界に存在するわけではありませんが、森林火災、バイオマス炉、さらには家庭ごみや焼却ごみ等の焼却灰の中にも含まれています。 ダイオキシン類は、環境汚染物質として知られており、特に1997年にダイオキシンを原因とした健康被害がアメリカで多発したことが大きな社会問題となりました。アメリカでの出来事を受けて、環境に関する部署で対策を講じてきました。 ダイオキシン類の最大の製造源は廃棄物の焼却です。ごみ焼却炉の排ガスや灰から排出されるダイオキシン類と、焼却灰を野焼きで焼却したときに排出されるダイオキシン類は、一般環境のダイオキシン類の80から90パーセングを占めていると推定されています。
地球環境に関すること

炭素換算をわかりやすく解説

炭素換算とは何か 炭素換算とは、様々な温室効果ガスの排出量を炭素 dioxide(CO2)に換算した値のことです。この換算により、異なる温室効果ガスの排出量を比較し、評価することが可能となります。 炭素換算は、温室効果ガスごとに異なる地球温暖化係数(GWP)を用いて計算されます。GWPは、それぞれの温室効果ガスがCO2に比べてどれだけの温暖化効果を有するかを示す数値です。代表的な温室効果ガスであるCO2のGWPは1、メタン(CH4)は25、亜酸化窒素(N2O)は298となっています。 炭素換算は、気候変動対策の政策や取り組みにおいて広く使用されています。例えば、京都議定書に基づく温室効果ガス排出削減目標は、炭素換算に基づいて設定されています。また、企業や自治体による温室効果ガス排出量の報告や削減活動の評価においても、炭素換算が用いられています。
環境問題に関すること

脱プラスチックの取り組みと課題

脱プラスチックとは? 脱プラスチックとは、プラスチック製品の生産や使用を減らし、プラスチックによる環境汚染を防止するための取り組みのことです。近年、プラスチック製品の生産と消費量が増加しており、その結果、プラスチックによる海洋汚染や生態系への影響が深刻化しています。脱プラスチックは、このようなプラスチック汚染を防止し、持続可能な社会を実現するための重要な取り組みです。 脱プラスチックには、さまざまな取り組みがあります。一つは、プラスチック製品の使用を減らすことです。例えば、マイバッグやマイボトルを持参することで、プラスチック袋やペットボトルの使用を減らすことができます。また、プラスチック製品を購入する際には、リサイクル可能なものを選ぶようにしましょう。 もう一つの取り組みは、プラスチック製品の生産を減らすことです。これは、プラスチック製品の製造過程で排出される温室効果ガスの削減にもつながります。また、プラスチック製品の回収・リサイクルを促進することで、プラスチック製品の廃棄量を減らすことができます。 脱プラスチックは、環境保全のためには欠かせない取り組みです。一人一人が脱プラスチックに取り組むことで、プラスチック汚染を減らし、持続可能な社会を実現しましょう。
地球環境に関すること

第一種特定製品とは? フロン排出抑制法について

第一種特定製品とは何か 第一種特定製品とは、フロン回収破壊法において、特定製品に分類されている製品のうち、フロン排出抑制法により製造が禁止されているものを指します。 フロン排出抑制法とは、オゾン層破壊物質であるフロン類の排出を抑制することを目的とした法律です。この法律では、フロン類を製造、輸入、販売、使用することが禁止されており、第一種特定製品もその対象となっています。 第一種特定製品には、家庭用冷蔵庫、家庭用冷凍庫、家庭用エアコン、業務用冷蔵庫、業務用冷凍庫、業務用エアコンなどが含まれます。これらの製品は、フロン排出抑制法の施行以前から製造されていたものも含め、製造が禁止されています。 第一種特定製品の製造が禁止された理由は、フロン類がオゾン層を破壊する物質であるためです。 オゾン層は、地球の表面を紫外線から守る役割を果たしていますが、フロン類は大気中に放出されるとオゾン層を破壊し、紫外線が地上に降り注ぐ量が増加する原因となります。
大気環境に関すること

大気汚染物質等による人体被害

大気汚染物質等による人体被害 ロンドンスモッグ事件 1952年のロンドンでは、冬季の濃霧と大気汚染物質が組み合わさって、深刻なスモッグが発生しました。 これは、ロンドンスモッグ事件として知られており、約4000人の死者を出しました。当時は、石炭火力発電所や家庭での石炭燃焼が盛んであり、大気中に煤や硫黄酸化物などの大気汚染物質が大量に排出されていました。濃霧が発生すると、これらの汚染物質が滞留して濃度が上昇し、スモッグが形成されたのです。スモッグは、呼吸器系や循環器系に悪影響を及ぼし、多くの人が死亡しました。この事件をきっかけに、大気汚染対策が強化され、大気浄化法が制定されました。それ以来、ロンドンではスモッグは発生していません。 ロンドンスモッグ事件は、大気汚染が人体に与える影響を改めて認識させる出来事となりました。 大気汚染は、呼吸器系や循環器系に悪影響を及ぼし、死亡リスクを高めることが知られています。また、大気汚染は、気候変動にも影響を与えています。大気汚染物質の中には、温室効果ガスとして働くものがあり、地球温暖化を促進しています。大気汚染対策は、人々の健康を守るためにも、地球環境を守るためにも、重要な課題となっています。
環境問題に関すること

炭素隔離とは?環境を守るために知っておきたいこと

炭素隔離とは、大気中や工場などの発生源から排出される二酸化炭素を回収し、地中や海洋などに貯蔵することで、大気中の二酸化炭素濃度を削減する技術です。 気候変動対策として注目されており、世界各国で研究開発が進められています。 炭素隔離には、いくつかの方法があります。その一つが、二酸化炭素を地中に貯蔵する方法です。 これは、二酸化炭素を地下の岩盤に注入することで行われます。岩盤は、二酸化炭素を透過しにくい性質を持っているため、二酸化炭素が地表に漏洩するのを防ぐことができます。 もう一つの方法は、二酸化炭素を海洋に貯蔵する方法です。 これは、二酸化炭素を海水中や海底に注入することで行われます。海洋は、二酸化炭素を溶解する能力が高いため、二酸化炭素を貯蔵するのに適しています。 炭素隔離は、気候変動対策として有望な技術ですが、まだ開発途上の段階であり、コストや安全性など、課題も残されています。 しかし、今後、技術の開発が進めば、炭素隔離は、気候変動の緩和に大きな役割を果たすことが期待されています。
地球環境に関すること

太陽放射管理で地球温暖化を緩和

太陽放射管理は、気候変動を緩和するために太陽からの放射を制御する技術群のことを指します。太陽放射管理は、温室効果ガスの排出削減などの他の気候変動対策と組み合わせて実施することが想定されています。太陽放射管理技術は、まだ開発途上ですが、最も有望視されているのは、太陽光を反射させる粒子を大気中に噴霧する方法です。この方法では、硫黄酸化物や海塩などの粒子を大気中に噴霧することで、太陽光を反射して地球に届くエネルギー量を減らすことができます。 太陽放射管理技術は、気候変動を緩和する方法として注目されていますが、環境への影響や倫理的な問題など、多くの議論があります。しかし、世界の平均気温を2℃未満に抑えるためには、太陽放射管理技術の導入が不可欠であると考える専門家もいます。
地球環境に関すること

第一種フロン類充填回収業者って何?

第一種フロン類充填回収業者とは、フロンガスやHCFCガスなど、指定フロン物質を新たに充填したり、充填済みの空調機器から回収したりする企業や事業所のことです。これらのガスは、オゾン層破壊や地球温暖化を引き起こす可能性があるため、法令によって回収や適正処理が義務付けられています。 第一種フロン類充填回収業者は、環境省の許可を受けている必要があります。許可を受けるためには、フロン類の特性や回収・充填に関する技術、機器や設備に関する知識など、一定の要件を満たしている必要があります。また、回収したフロン類は、適正な処分を行う必要があります。 第一種フロン類充填回収業者は、一般家庭や事業所などから排出されるフロン類の回収と適正処理を担う重要な役割を果たしています。フロン類の使用や排出を抑制することで、オゾン層破壊や地球温暖化の防止に貢献しています。