「し」

ゴミに関すること

使用済み電池を正しく処分して環境を守ろう!

使用済み電池とは、使い果たして捨てられることになった電池のことです。 電池は、私たちの生活に欠かせないものであり、さまざまな機器に使用されています。しかし、電池は使い捨てではなく、充電して繰り返し使用できるものがほとんどです。そのため、使用済み電池を正しく処分することが大切です。 使用済み電池を正しく処分しない場合、環境に悪影響を及ぼす可能性があります。使用済み電池には、水銀、カドミウム、鉛などの有害物質が含まれています。これらの有害物質が環境中に放出されると、土壌や水質を汚染し、生態系に悪影響を及ぼします。また、使用済み電池を正しく処分しないことで、電池の再利用ができなくなり、資源の無駄にもつながります。 使用済み電池は、自治体の指定する回収場所や、電池販売店などに回収してもらいましょう。 回収された使用済み電池は、有害物質を取り除く処理が行われ、再利用されます。
リサイクルに関すること

食品リサイクル法って何?知っておきたい食品ロス削減の法律

食品リサイクル法とは、2000年(平成12年)に制定された法律で、食品ロスを減らすことを目的としています。食品ロスとは、本来食べられるのに廃棄されてしまう食品のことです。食品ロスは、環境問題や経済問題の原因となっており、その削減が求められています。 食品リサイクル法では、食品事業者に対して、食品ロスの削減に取り組むことが義務付けられています。また、食品事業者に対して、食品リサイクルのための支援を行うことも義務付けられています。食品リサイクル法の施行により、食品ロスの削減が進み、環境問題や経済問題の解決に貢献することが期待されています。
地球環境に関すること

循環経済・廃棄物法【ドイツ】(1) 〜環境にやさしい未来に向けて〜

循環経済・廃棄物法は、ドイツ連邦共和国が2012年に可決した法律であり、物質サイクルを閉じてリサイクル率を向上させることを目的としています。この法律は、廃棄物の発生を削減し、資源を節約し、環境への影響を軽減することを目指しています。 この法律は、廃棄物の発生を削減するための措置、廃棄物のリサイクル率を向上させるための措置、廃棄物の最終処分を削減するための措置など、さまざまな内容を盛り込んでいます。例えば、廃棄物の発生を削減するための措置としては、製品の寿命を延ばしたり、リユースやリペアを促進したりすることが含まれます。廃棄物のリサイクル率を向上させるための措置としては、リサイクルのインフラを整備したり、リサイクル製品の需要を高めたりすることが含まれます。廃棄物の最終処分を削減するための措置としては、廃棄物の焼却や埋め立てを減らし、廃棄物をエネルギー源として利用することが含まれます。 循環経済・廃棄物法は、ドイツにおいて廃棄物問題を解決し、環境への影響を軽減し、持続可能な社会を実現するための重要な法律です。
組織・団体に関すること

自然解説インストラクターとは?その役割と資格について

自然解説インストラクターとは、自然界や環境に関する知識を人々に伝え、自然について理解を深めるための活動を行う職業です。自然解説インストラクターの主な役割は、自然観察会や講演会、ワークショップなどのイベントを開催し、参加者に自然界の美しさや不思議さについて説明することです。また、自然保護や環境保全の大切さについても啓発活動を行っています。 自然解説インストラクターは、専門分野や活動内容によって、様々な肩書きや名称で呼ばれます。例えば、「ネイチャーガイド」「自然観察指導員」「エコロジスト」「環境教育コーディネーター」などです。また、自然解説インストラクターとして活動する人は、必ずしも専門的な資格を持っているわけではありません。しかし、自然解説インストラクターとして働くためには、自然に関する知識や経験が豊富であることが望まれます。 自然解説インストラクターの資格としては、国が定めた「自然解説士」や、民間団体が発行する「ネイチャーガイド」などの資格があります。しかし、これらの資格を持っていない人でも、自然保護や環境保全に貢献する活動を行っていれば、自然解説インストラクターとして認められる場合があります。
環境問題に関すること

シドニー宣言とは?概要と解説

シドニー宣言の概要 シドニー宣言とは、1992年12月にオーストラリアのシドニーで開催された国連気候変動枠組条約第1回締約国会議(COP1)で採択された文書です。この宣言は、気候変動への国際的な対応を規定する重要な文書であり、気候変動枠組条約の目的や原則、京都議定書、国別約束目標(NDC)など、気候変動対策の枠組みの基本的な要素が盛り込まれています。 シドニー宣言の核となる考え方は、気候変動は世界的な問題であり、国際的な協力を通じて対処する必要があるというものです。この宣言は、気候変動の影響を受けやすい国々と協力して、気候変動の緩和と適応策に取り組むことを約束しており、温室効果ガス排出量の削減目標を設定することも求めています。 また、シドニー宣言には、気候変動の科学的根拠を認識し、気候変動対策の重要性を強調することも盛り込まれています。この宣言は、気候変動は人間の活動によって引き起こされているという科学的な証拠を認め、気候変動の影響はすでに現れており、深刻化していることを懸念しています。 シドニー宣言は、気候変動対策の国際的な枠組みを確立するために重要な役割を果たしました。この宣言は、気候変動に対する国際的な対応を規定し、気候変動対策の枠組みの基本的な要素を定めたものです。
SDGsに関すること

ヨハネスブルグ・サミットを徹底解説!

2023年ヨハネスブルグ・サミットは、2023年8月19日から8月21日まで南アフリカ共和国のヨハネスブルグで開催された国際会議です。 このサミットは、国連総会によって採択された持続可能な開発目標(SDGs)をレビューし、今後の課題について議論するために開催されました。 サミットには、国連加盟国193カ国をはじめ、国際機関、民間企業、市民社会団体など、世界中から約1万人が参加しました。 サミットでは、SDGsの進捗状況について議論が行われたほか、貧困、気候変動、ジェンダー平等など、様々な課題について話し合いが行われました。 サミットの成果として、持続可能な開発のための新たなグローバル・パートナーシップを構築することが合意されました。このパートナーシップは、SDGsの達成に向けて、国連、国際機関、民間企業、市民社会団体などが協力して取り組むことを目指しています。また、サミットでは、2030年までにSDGsを達成するための新たな資金調達メカニズムを創設することも決定されました。 ヨハネスブルグ・サミットは、SDGsの達成に向けた重要な一歩となりました。サミットで採択された新たなグローバル・パートナーシップや資金調達メカニズムは、SDGsの達成に向けて、世界各国が協力して取り組むことを可能にするでしょう。
環境問題に関すること

持続可能な開発の指標とは?

持続可能な開発とは、現在の世代のニーズを満たすことができる開発であり、将来の世代のニーズを満たす能力を損なうことなく、世代を越えて行うことができる開発のことである。 持続可能な開発は、環境保護、経済発展、社会進歩の3つの柱に基づいています。 環境保護は、地球の資源を保全し、気候変動などの環境問題に対処することを意味します。経済発展は、経済成長と雇用創出を促進することを意味します。社会進歩は、教育、医療、社会保障などの社会制度を整備することを意味します。 持続可能な開発は、地球の資源を保全し、環境を保護し、経済発展と社会進歩を促進することを目指して行われます。また、持続可能な開発は、将来の世代のニーズを満たすことができる開発であるため、世代を越えて行うことができる開発です。
SDGsに関すること

持続可能な開発のための教育とは?その概要と重要性

持続可能な開発のための教育とは何か? 持続可能な開発のための教育(ESD)とは、持続可能な開発に必要な知識、スキル、価値観、態度などを育てる教育のことです。持続可能な開発とは、地球の資源や環境を守りながら、経済や社会の発展を目指すことです。ESDは、持続可能な開発に貢献するために、人々の意識や行動を変えることを目指しています。 ESDは、1992年の「環境と開発に関する国際連合会議(UNCED)」で採択された「アジェンダ21」において、初めて国際的に合意された教育の概念です。その後、2002年の「持続可能な開発に関する世界首脳会議」において、ESDの推進が世界の優先課題であることが確認されました。
ゴミに関すること

食品廃棄物等とは何か?その定義と種類を解説

食品廃棄物等とは、食品・飲食店および一般家庭から排出される食品や野菜の残渣、果物やその他の食べ物のくず、汚泥や油脂、食べ残し、飲料、調味料など、人が摂取するために生産された食べ物に関する廃棄物を指します。 食品廃棄物等の種類は、消費者が消費する食用食品、または食品製造会社によって廃棄される食用食品、汚泥や油脂などの汚泥、食べた後の人間または動物の排泄物、そして家畜が消費するために生産された食べ物が含まれます。 食品廃棄物等は、生産・流通・消費そして廃棄の段階で排出されます。生産段階では、食品の原料である農産物を生産する過程で、規格外品や加工過程で発生する残渣として排出されます。流通段階では、物流の過程で発生する破損や賞味期限切れの食品、小売店での売れ残りなどが排出されます。消費段階では、調理過程で発生する残渣や、食べ残しなどが排出されます。廃棄段階では、消費された食品の残渣や、外食産業で発生する食品残渣などが排出されます。
リサイクルに関すること

食品トレイとは?

食品トレイとは? 食品トレイの定義 食品トレイとは、食品や飲料を載せる使い捨ての容器を指す。食品トレイは、さまざまな材料で作られており、その形状やサイズは、用途によって異なる。 食品トレイに使用される材料には、紙、プラスチック、発泡スチロール、金属などがある。紙は、最も安価な食品トレイの材料であり、使い捨てであることから、環境に優しい。プラスチックは、紙よりも耐久性が高く、電子レンジやオーブンで加熱できるものもある。発泡スチロールは、軽量で断熱性に優れていることから、保冷や保温に適している。金属は、耐久性が高く、繰り返し使用できることから、経済的である。 食品トレイの形状やサイズは、用途によって異なる。最も一般的なのは、四角形の食品トレイである。この形状の食品トレイは、さまざまな食品や飲料を載せることができる。また、丸型や楕円形の食品トレイもあり、これらは、サラダやデザートを載せるのに適している。食品トレイのサイズは、小、中、大などがある。小サイズの食品トレイは、軽食や飲み物を載せるのに適しており、中サイズの食品トレイは、食事を載せるのに適している。大サイズの食品トレイは、大勢の食事を載せるのに適している。
制度に関すること

住宅エコポイントを徹底解説

住宅エコポイントとは、政府が省エネや二酸化炭素(CO2)排出量削減を促進するために実施している住宅リフォーム補助制度のことです。住宅の断熱改修や省エネ家電の購入に対するポイントが付与され、そのポイントを住宅リフォーム費用の一部に充てることができます。 住宅エコポイントは、2009年度に創設され、2012年度に終了しました。2013年度からは、住宅エコポイント制度に代わって、住宅省エネ改修支援事業が実施されています。住宅省エネ改修支援事業は、住宅の断熱改修や省エネ家電の購入に対する補助金を交付する制度です。 住宅エコポイントは、住宅の省エネ対策を支援し、CO2排出量削減を促進する制度として効果がありました。しかし、住宅エコポイントの制度は終了しており、現在は住宅省エネ改修支援事業が実施されています。住宅の省エネ対策を検討している方は、住宅省エネ改修支援事業の利用を検討してみてはいかがでしょうか。
制度に関すること

持続可能な開発委員会とは?その役割と活動

持続可能な開発委員会の設立目的は、世界が直面する持続可能な開発の課題に対処し、持続可能な開発目標(SDGs)の達成を支援することです。委員会は、国連総会によって2013年に設立されました。委員会は、持続可能な開発に関するグローバルな政策と戦略の開発、SDGsの実施状況の監視、国や国際機関への助言など、幅広い活動を行っています。委員会は、SDGsの実現に向けた世界全体の取り組みを推進する上で、重要な役割を果たしています。
エネルギーに関すること

地熱発電を徹底解説!特徴や課題をわかりやすく紹介

地熱発電とは、地中から噴出する蒸気や熱水をエネルギー源として発電を行う発電方式です。 地熱発電所の仕組みとしては、地中から噴出する蒸気や熱水をタービンに吹き付け、タービンを回転させます。この際に発生する運動エネルギーを電気エネルギーに変換して発電します。地熱発電は、燃料を燃焼させる火力発電と異なり、二酸化炭素などの温室効果ガスを排出しないため、環境に優しい発電方式です。また、燃料を必要としないため、燃料費がかからず、発電コストが安定しています。 地熱発電には、主に乾式と湿式の2種類があります。 乾式の地熱発電は、地中から噴出する高温の蒸気を直接タービンに吹き付けて発電を行います。一方、湿式の地熱発電は、地中から噴出する蒸気と熱水を混合させてタービンに吹き付けて発電を行います。乾式よりも湿式の方が効率が高くなりますが、発電に必要な設備が複雑になります。 地熱発電には、様々な特徴があります。 まず、地熱発電は再生可能エネルギーです。地熱は地中から常に供給されるため、枯渇する心配がありません。また、地熱発電は天候や時間帯に左右されず、常に一定の電力を供給することができます。さらに、地熱発電は燃料を燃焼させる火力発電と異なり、二酸化炭素などの温室効果ガスを排出しないため、環境に優しい発電方式です。
エネルギーに関すること

地熱バイナリー発電の解説:低温の地熱エネルギーを活用する温泉発電

地熱バイナリー発電とは、低温の地熱エネルギーを利用して電気を発生させる発電方法です。地熱バイナリー発電では、地下から汲み上げた温泉の熱を利用して、作動流体と呼ばれる別種の液体を気化させます。この気体はタービンを回し、発電機を駆動して電気を発生させます。地熱バイナリー発電は、地熱資源が豊富で、かつ温度が低い地域に適しています。日本では、東北地方や九州地方に多くの地熱バイナリー発電所が建設されています。
制度に関すること

自然物の当事者適格とは?

自然物の当事者適格とは、自然物が裁判において原告または被告として訴訟を起こすことができるかという問題である。自然物は、人間のように権利や義務を有しないので、一般に当事者適格を認めないというのが従来の考え方である。しかし、近年では、自然物にも権利を認めるべきだという主張が高まっている。 自然物に当事者適格を認めるべきだと主張する理由は、いくつかある。第一に、自然物は人間と同様に環境に影響を受ける存在である。人間が自然物を汚染したり破壊したりすれば、自然物も被害を受ける。第二に、自然物は人間にとって重要な資源である。人間は、自然物から食料や水、木材、鉱物などを得ている。もし、自然物が汚染されたり破壊されたりすれば、人間も被害を受ける。第三に、自然物はそれ自体で価値のある存在である。自然物は、人間にとって美しいものであり、癒しを与えてくれるものである。もし、自然物が汚染されたり破壊されたりすれば、人間は精神的な被害を受ける。 自然物に当事者適格を認めることには、いくつかのメリットがある。第一に、自然物を保護することができる。自然物に当事者適格を認めれば、自然物は裁判を起こすことができる。裁判を起こせば、自然物を汚染したり破壊したりする行為を禁止したり、自然物を回復するための費用を請求したりすることができる。第二に、環境を保護することができる。自然物を保護することは、環境を保護することにもつながる。自然物は、環境の一部であり、自然物が汚染されたり破壊されたりすれば、環境全体が被害を受ける。第三に、人間と自然の関係を改善することができる。自然物に当事者適格を認めることで、人間と自然の関係を対等なものにすることができる。人間は、自然物を汚染したり破壊したりするのではなく、自然物と共生することができるようになる。
ゴミに関すること

環境用語:『資源ごみ』の基礎知識

-資源ごみとは?- 資源ごみとは、家庭や事業所から排出されるごみのうち、リサイクルや再利用ができるものを指します。リサイクルとは、廃棄物を原料や製品として再び利用することで、新たな資源として生まれ変わらせることを意味します。再利用とは、廃棄物を元の目的とは異なる目的で使用することで、新たな価値を生み出すことを意味します。資源ごみには、プラスチックごみ、紙ごみ、金属ごみ、ガラスごみ、布ごみ、木くず、家電製品、家具、自動車などがあります。資源ごみは、自治体や民間事業者によって回収され、リサイクルや再利用されます。
水環境に関すること

し尿処理知ってますか?

-し尿処理とは- し尿処理とは、人間や動物の排泄物であるし尿を衛生的に処理し、環境への影響を最小限にすることを目的としたプロセスです。し尿処理は、し尿を収集し、その後に適切な処理施設に運搬し、最終的に無害化または資源化する方法で行われます。 し尿処理は、公共衛生と環境保護の観点から非常に重要です。し尿は、細菌やウイルスなどの病原体を多く含んでいるため、適切に処理しなければ感染症を引き起こしたり、環境を汚染したりする可能性があります。また、し尿には窒素やリンなどの栄養素が含まれているため、適切に処理すれば肥料として利用することも可能です。 し尿処理の方法は、国や地域によって異なりますが、一般的に以下のステップで行われます。 1. し尿を収集する 2. し尿を処理施設に運搬する 3. し尿を無害化または資源化する し尿の収集は、下水道システムや汲み取り便所などで行われます。下水道システムは、し尿をパイプラインを通じて処理施設に運搬するシステムです。汲み取り便所は、し尿を貯蔵するタンクを設置し、定期的に汲み取ることでし尿を処理するシステムです。 し尿の運搬は、専用の運搬車で行われます。運搬車は、し尿を漏れ出さないように密閉された構造になっており、また、悪臭が出ないように消臭剤が装備されています。 し尿の無害化または資源化は、さまざまな方法で行われます。最も一般的な方法の一つは、し尿を活性汚泥法で処理する方法です。活性汚泥法は、し尿を微生物と一緒に処理することで、し尿に含まれる有機物を分解する方法です。分解された有機物は、二酸化炭素と水になり、微生物はし尿から栄養素を摂取して成長します。 活性汚泥法以外にも、し尿を処理する方法としては、生物学的処理法、化学的処理法、物理的処理法などがあります。生物学的処理法は、し尿を微生物と一緒に処理する方法で、化学的処理法は、し尿に薬品を加えて処理する方法です。物理的処理法は、し尿をろ過したり、脱水したりして処理する方法です。 し尿処理は、公共衛生と環境保護の観点から非常に重要です。し尿を適切に処理することで、感染症の予防や環境汚染の防止に役立ちます。また、し尿を資源化することで、肥料として利用することも可能です。
ゴミに関すること

遮断型最終処分場について

遮断型最終処分場とは、最終処分場の一種で、地下深くの岩盤などを利用して放射性廃棄物を安全に処分する施設のことです。遮断型最終処分場では、放射性廃棄物を多重のバリアで遮断することで、環境への拡散を防ぎます。使用済燃料などの高レベル放射性廃棄物は、放射能が非常に強く、長期間にわたって放射線を放出し続けるため、特別な処分方法が必要です。遮断型最終処分場では、通常、放射性廃棄物をガラスやセラミックスなどの固体物に閉じ込め、さらに金属製の容器に入れて処分します。この容器をさらに、ベントナイトと呼ばれる粘土質の物質で覆い、地下深くの岩盤に埋め込みます。ベントナイトは、水分の浸透を防ぎ、放射性廃棄物が岩盤から溶け出すのを防ぎます。遮断型最終処分場は、放射性廃棄物の安全な処分方法として、世界各国で研究が進められています。
環境問題に関すること

社会的リンク論:環境問題を人間と自然の関係性から捉える

社会的リンク論とは、環境問題を人間と自然の関係性から捉えようとする考え方です。従来の環境問題の考え方は、人間と自然を切り離し、自然を人間が利用する資源として捉えてきました。しかし、社会的リンク論は、人間と自然は相互に影響し合い、作用し合う関係にあるとし、環境問題は、人間と自然の関係性の問題として理解されるべきであると主張します。 社会的リンク論は、環境問題を解決するためには、人間と自然の関係性を修復することが必要であると考えます。そのためには、人間の自然に対する価値観や行動を変えていく必要があります。例えば、自然は人間の利益のために存在するのではなく、それ自体に価値があることを認識し、自然を尊重する必要があります。また、自然を破壊するような経済活動やライフスタイルを改める必要があります。 社会的リンク論は、環境問題を解決するための新しい視点を提供します。従来の環境問題の考え方では、環境問題は人間の問題とは切り離された問題として捉えられていましたが、社会的リンク論は、環境問題は人間の問題であり、人間と自然の関係性を修復することが環境問題を解決する鍵であると主張します。
制度に関すること

準備書とは?環境アセスメント手続きにおいての方法を解説

準備書とは、環境アセスメントの手続きにおいて、事業者が事業計画の概要や環境に与える影響を予測、評価、方法や手段を記した文書です。 事業者は、環境アセスメントの手続きを開始する際に、準備書を環境大臣または都道府県知事に提出する必要があります。 準備書には、次の事項を記載しなければなりません。 * 事業計画の概要 * 環境に与える影響の予測 * 環境に与える影響を評価するための方法 * 環境に与える影響を軽減するための方法 * 環境に与える影響をモニタリングする方法 環境大臣または都道府県知事は、準備書を審査し、その結果に基づいて、以下のいずれかの措置を講じます。 * 環境影響評価書の作成を命じる * 環境影響評価書の提出を免除する * 環境アセスメントの手続きを終了する
環境問題に関すること

持続可能な開発とは?環境と開発の関係性

持続可能な開発とは、将来の世代のニーズを損なうことなく、現在の世代のニーズを満たす開発のことである。持続可能な開発は、環境、経済、社会の3つの要素がバランスのとれた状態であることが重要である。 持続可能な開発の概念は、1987年に発表された「ブルントランド報告書」によって初めて国際的に提唱された。ブルントランド報告書は、持続可能な開発を「将来の世代のニーズを損なうことなく、現在の世代のニーズを満たす開発」と定義した。 持続可能な開発の概念は、環境と開発の関係性について重要な示唆を与えている。従来、環境と開発は互いに相反するものと考えられていた。しかし、持続可能な開発の概念は、環境と開発は両立可能であることを示唆している。環境を保全しながら開発することは可能であり、開発を促進しながら環境を保全することも可能である。 持続可能な開発の概念は、世界各国で持続可能な開発政策の策定や実施に大きな影響を与えている。持続可能な開発政策は、環境、経済、社会の3つの要素をバランスのとれた状態に保ちながら、開発を進めることを目指している。持続可能な開発政策は、気候変動対策、再生可能エネルギーの導入、資源の有効活用、社会保障制度の充実など、さまざまな分野で実施されている。
環境問題に関すること

事業者アセスメントってなに?

事業者アセスメントとは 事業者アセスメントとは、事業者への発注に際し、事業者の適格性や信頼性、技術力などを評価するプロセスのことです。 事業者アセスメントを行うことで、事業者が発注内容を適切に履行できるかどうかを事前に確認することができ、発注後のトラブルを回避することができます。 事業者アセスメントの方法は、発注者の規模や業種、発注内容などによって異なりますが、一般的には、事業者の財務状況、過去の取引実績、技術力、経営陣の経歴などを調査します。 また、事業者の現場を訪問して、設備や人員の状況を確認することもあります。 事業者アセスメントの結果、発注者が事業者の適格性や信頼性に問題があると判断した場合、発注を中止したり、契約条件を変更したりすることがあります。 事業者アセスメントは、発注者にとって発注後のトラブルを回避するために重要なプロセスであり、発注者と事業者の双方の利益に資するものです。
エネルギーに関すること

新エネルギーのすべて

新エネルギーのすべて 新エネルギーとは何か 新エネルギーとは、従来のエネルギー源である化石燃料(石油、石炭、天然ガス)に代わる新しいエネルギー源のことです。化石燃料は、地球温暖化や大気汚染などの環境問題を引き起こしているため、世界中で新エネルギーの開発が進んでいます。 新エネルギーには、太陽光発電、風力発電、バイオマス発電、地熱発電、水力発電など様々な種類があります。これらのエネルギーは、化石燃料と異なり、地球環境に優しいことが特徴です。 近年、新エネルギーの開発は急速に進んでいます。その背景には、地球温暖化対策やエネルギー安全保障への関心の高まりがあります。地球温暖化対策では、化石燃料の使用を削減することが重要であり、新エネルギーの開発は欠かせません。また、エネルギー安全保障の観点からも、化石燃料に依存しないエネルギー源を確保することが重要です。 新エネルギーの開発は、世界中で競争的に行われています。日本でも、政府が新エネルギーの開発を支援しており、太陽光発電や風力発電などの導入が進んでいます。今後、新エネルギーは、化石燃料に代わる主流のエネルギー源として普及していくことが期待されています。
地球環境に関すること

循環型社会とは何か? 〜その定義と実現の手順〜

真の循環型社会とは、経済活動や社会生活において、資源やエネルギーを無駄なく循環させ、自然環境への負荷を最小限に抑えた持続可能な社会のことです。真の循環型社会を実現するためには、生産・流通・消費・廃棄の各段階で、資源やエネルギーをできるだけ有効に活用し、廃棄物を減らすことが重要です。 また、真の循環型社会を実現するためには、消費者一人ひとりの意識や行動も重要です。例えば、製品を購入する際には、環境に配慮した商品を選ぶことや、リユースやリサイクルを積極的に行うことなどが挙げられます。循環型社会を実現することで、資源やエネルギーの節約、環境汚染の防止、雇用の創出など、様々なメリットが期待できます。