「ら」

その他に関すること

ライドシェアとは?仕組みや利点、普及状況を徹底解説

ライドシェアとは、自家用車で他人を乗せて移動するサービスのことです。近年、世界中で急速に普及しており、日本では2017年に始まったUberのサービスを皮切りに、その後、多くの企業が参入しています。 ライドシェアの仕組みは非常にシンプルです。ライドシェアのアプリをダウンロードし、ユーザー登録すると、自宅や目的地、希望の車種などを入力することができます。その後、ドライバーとマッチングすると、ドライバーが指定された場所に迎えに来てくれます。目的地に到着したら、アプリで支払いを済ませることで、簡単に移動を終えることができます。 ライドシェアの利点は、何といっても料金の安さです。タクシーよりも安価な料金で利用することができ、また、ピーク時でも配車リクエストに応じてもらえるという点も魅力です。さらに、ライドシェアは環境にも優しい移動手段です。自家用車での移動を減らすことで、二酸化炭素の排出量を削減することができます。 ライドシェアは、世界中で急速に普及しており、日本でもその利用者が年々増加しています。今後も、ライドシェアはますます普及していくものと予想されます。
環境問題に関すること

LCAとは?環境に配慮した製品開発のための重要なツール

-LCAとは?環境に配慮した最重要ツール- -LCAの概要と歴史- LCA(ライフサイクルアセスメント)とは、建物の計画段階、設計段階、施工段階、運用段階、維持管理段階、解体段階で推定される環境負荷の把握および低減を目的として、建設物などのモノの「ゆりかごから墓場まで」をひとつのサイクルとみなし、その全体像の段階で環境負荷を評価・分析する手法のことです。 近年、省エネ法、建築物のエネルギー消費性能表示基準、建築物環境性能表示基準など、建物の環境負荷を低減する建築関連法令などが改正されています。LCAは、建物の環境負荷を低減することで、建築関連法令の改正を目的とした基準を達成することにつながります。 LCAは、1990年代初頭にスイスで体系化され、スイスの迅速な工業化にともない環境汚染に起因する深刻な問題が懸念されたのを受けて、同国の環境技術研究所が、環境アセスメントに対する社会、産業界からの中立的な評価を行うために研究されました。LCAは1992年に発行された「ISO14040」でその考え方が国際規格として承認され、1994年に発行された「ISO14041」によりその手法の考え方が国際規格として承認されました。
水環境に関すること

ライン川塩化物汚染防止条約とは?

ライン川塩化物汚染防止条約の概要 ライン川塩化物汚染防止条約とは、ライン川の水質保全を目的とした国際条約である。ライン川流域諸国間で締結され、ライン川とその支流への塩化物汚染を防ぐことを目的としている。 この条約は、1976年にスイス、フランス、ドイツ、ルクセンブルク、オランダ、ベルギーの6カ国間で締結された。その後、1986年にリヒテンシュタインが加盟し、現在は7カ国が加盟している。 条約では、ライン川流域諸国が、ライン川とその支流への塩化物汚染を防止するために必要な措置を講じることを義務付けている。具体的には、塩化物含有廃水の排出規制、塩化物含有製品の使用制限、塩化物含有産業の排出規制などが挙げられる。 条約の締結以来、ライン川の水質は著しく改善された。1970年代には、ライン川の水中に含まれる塩化物濃度は1,000mg/Lを超えていたが、現在では100mg/L以下に低下している。 ライン川塩化物汚染防止条約は、ライン川の水質保全に大きな役割を果たしており、ライン川流域諸国の人々の生活と健康を守るために重要な条約である。
地球環境に関すること

地球のライフサポートシステムとは?

地球のライフサポートシステムとは? ライフサポートシステムとは、地球上の生命が維持されるために必要な環境条件とプロセスを指します。このシステムは、大気、海洋、陸地、生物圏、そしてそれらの相互作用によって構成されています。大気は、酸素や二酸化炭素などの生命にとって不可欠な気体を提供し、海洋は、水やミネラルなどの生命の源を提供します。陸地は、植物や動物が生活する場を提供し、生物圏は、地球上のすべての生物の集まりです。これらの要素は相互に作用し合い、地球上の生命を維持するための安定した環境を作り出しています。 ライフサポートシステムは、地球上の生命にとって不可欠なものであるため、これを維持することが重要です。しかし、人間活動による地球温暖化や森林破壊などにより、ライフサポートシステムが脅かされています。地球温暖化は、地球の気温上昇を引き起こし、海洋酸性化や気象災害の増加などの問題を引き起こしています。森林破壊は、生物多様性の減少や土壌侵食などの問題を引き起こしています。これらの問題を解決するためには、地球温暖化対策や森林保護などの対策が必要です。ライフサポートシステムを維持することは、地球上の生命を守るために必要なことです。
水環境に関すること

ラムサール条約とは?国際的に重要な湿地の保護条約

ラムサール条約とは、湿地の保護とその持続可能な利用を図ることを目的とした条約です。1971年にイランのラムサールで開催された国際会議で採択され、1975年に発効しました。現在、172カ国が加盟しており、登録湿地は2,400か所以上を数えます。 ラムサール条約の目的は、湿地の生態系、生物多様性、水資源を保護し、その持続可能な利用を促進することです。条約では、加盟国は、湿地の保護と持続可能な利用を促進するための政策を策定すること、湿地のリストを作成して保護すること、湿地の研究と教育を促進することなどが義務づけられています。 ラムサール条約は、湿地の保護と持続可能な利用を推進するための重要な国際条約です。湿地の生態系と生物多様性は、地球の健康に不可欠であり、水資源の確保や気候変動への適応にも重要な役割を果たしています。ラムサール条約は、これらの貴重な湿地を保護し、その持続可能な利用を促進することで、地球の持続可能な開発に貢献しています。
環境問題に関すること

ランドスケープアプローチで環境の保全と開発を両立させる

ランドスケープアプローチとは、人間と自然との相互作用を配慮した土地利用と開発の包括的なアプローチである。持続可能な開発を可能にし、生計を支援し、生物多様性を保全することを目指している。ランドスケープアプローチは、個々のセクターや開発活動を個別に管理するのではなく、人間の活動と自然が共存できるような方法で土地を扱うことを目指している。 ランドスケープアプローチは、自然の保全と開発を両立させるためのツールとして注目されている。従来の開発アプローチは、経済成長を優先するあまり、自然環境に悪影響を与えることが多かった。しかし、ランドスケープアプローチは、自然の保全と開発を両立させることを目指しており、持続可能な開発を実現するための有効なツールとして期待されている。 ランドスケープアプローチは、世界各地で実施されており、すでに多くの成功例がある。例えば、インドのマハーラーシュトラ州では、ランドスケープアプローチにより、森林の減少を食い止め、生物多様性を保全することができた。また、ケニアのキアンブ郡では、ランドスケープアプローチにより、農地の生産性を向上させ、貧困を削減することができた。
水環境に関すること

ライン川化学汚染防止条約って何?

ライン川化学汚染防止条約は、1976年9月29日にライン川の沿岸国であるスイス、フランス、ドイツ、ルクセンブルク、オランダによって署名された国際条約です。この条約は、ライン川の化学汚染を防止することを目的としています。 ライン川化学汚染防止条約の歴史は、1960年代にまでさかのぼります。1960年代、ライン川は深刻な化学汚染にさらされていました。この汚染は、主に沿岸の工場や都市からの排水によって引き起こされていました。ライン川の汚染は、魚類やその他の水生生物の大量死を引き起こし、沿岸住民の健康にも悪影響を及ぼしていました。 ライン川の汚染を防止するため、1960年代後半に沿岸国間で条約の締結が検討され始めました。そして1976年、ライン川化学汚染防止条約が署名されました。この条約は、ライン川の汚染を防止するための措置を定めています。具体的には、 排水規制 水質モニタリング 清掃活動 などの措置が定められています。 ライン川化学汚染防止条約は、ライン川の汚染を防止するために重要な役割を果たしてきました。条約の署名以来、ライン川の汚染は大幅に減少しました。ライン川の汚染が減少したことで、魚類やその他の水生生物が回復し、沿岸住民の健康も改善されました。
環境問題に関すること

ライト・レール・トランジットとは?

ライト・レール・トランジットとは? ライト・レール・トランジット(LRT)とは、路面電車や路面電車に似た鉄道システムの一種で、主に都市部やその周辺地域で利用されています。 LRTは、バスや自動車よりも定員が多く、環境にも優しい交通手段として注目されています。 ライト・レール・トランジットの概要 LRTは、一般的に路面電車や路面電車に似た鉄道車両を使用しており、電線から電力を供給されています。LRTは、バスや自動車よりも定員が多く、環境にも優しい交通手段として注目されています。また、LRTは、他の公共交通機関と比べて、建設コストが比較的低く、メンテナンスも容易であるというメリットがあります。 LRTは、主に都市部やその周辺地域で利用されており、通勤や通学、買い物などの日常的な移動手段として使用されています。LRTは、バスや自動車よりも定員が多く、混雑する都市部での移動に適しています。また、LRTは、環境にも優しい交通手段として注目されており、大気汚染や温室効果ガスの排出を削減する効果があります。 LRTは、バスや自動車よりも定員が多く、環境にも優しい交通手段として注目されており、都市部やその周辺地域の公共交通機関として、今後ますます普及していくことが期待されています。
地球環境に関すること

ライトダウンで環境を守ろう!

ライトダウンで環境を守ろう! ライトダウンとは、街全体で不必要な照明を消灯する取り組みのことです。 これは、地球温暖化対策の一環として、世界中で広がっています。ライトダウンを行うことで、二酸化炭素の排出量を削減し、省エネにつなげることができます。また、夜空に星がきれいに見えるようになり、星空観察を楽しむことができます。 ライトダウンは、家庭や企業、自治体など、さまざまなレベルで行うことができます。家庭では、外灯や看板の照明を消したり、電球をより省エネ性の高いものに取り替えたりすることができます。企業では、オフィスや工場の照明を消したり、照明の時間を短縮したりすることができます。自治体では、街灯の照明を消したり、照明の時間を短縮したりすることができます。 ライトダウンは、小さな取り組みでも大きな効果をもたらします。一人ひとりがライトダウンに参加することで、地球温暖化対策につなげることができます。
地球環境に関すること

ラニーニャ現象とは何か?

ラニーニャ現象の特徴 ラニーニャ現象とは、海洋の大気相互作用によりエル・ニーニョ現象とは逆の現象が起きることで起こる自然現象であり、太平洋の東海岸で海面温度が平年より低くなる時です。ラニーニャ現象になると、太平洋東部が平年より低温となり、逆に太平洋西部が平年より高温になります。 この現象が起きる原因としては、太平洋の東側と西側で海面上昇が起こり、貿易風が弱まることによって起こります。 ラニーニャ現象は、3~7年ごとに発生しており、エル・ニーニョ現象よりも発生頻度が低いです。 ラニーニャ現象が起きると、太平洋東部では降水量が少なくなり、干ばつが発生しやすくなります。 また、太平洋西部では降水量が多くなり、洪水が発生しやすくなります。 日本は、ラニーニャ現象の影響を受けやすく、ラニーニャ現象が起きると、冬に寒さが厳しくなり、雪が多くなります。 また、夏には、太平洋高気圧が強くなり、高温多湿になりやすくなります。