「R」

地球環境に関すること

環境に関する用語『RoHS指令』とは?

環境に関する用語『RoHS指令』とは? RoHS指令とは、電気・電子機器等(RoHS対象機器)に含まれる特定有害物質の使用を制限する欧州連合指令のことです。RoHS指令は、2003年7月1日に施行され、2006年7月1日から適用されました。 RoHS指令の目的は、電気・電子機器等に含まれる特定有害物質の環境への排出を削減し、人々の健康を保護することです。RoHS指令で規制される特定有害物質は、鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、ポリ臭化ビフェニル(PBB)、ポリ臭化ジフェニルエーテル(PBDE)の6種類です。 RoHS指令は、電気・電子機器等の製造業者や輸入業者が守らなければならない義務を定めています。製造業者や輸入業者は、RoHS対象機器を製造または輸入する際に、特定有害物質の使用を制限し、RoHS適合証明書を取得しなければなりません。RoHS適合証明書は、RoHS指令に準拠した検査機関が発行します。 RoHS指令は、電気・電子機器等の環境への影響を削減し、人々の健康を保護する重要な規制です。RoHS指令に準拠した電気・電子機器等の製造や輸入は、企業の社会的責任を果たすために重要なことです。
大気環境に関すること

RCPシナリオとは何か?

RCPシナリオは、将来の気候変動を予測するために使用される一連のシナリオです。 それらは、2000年に気候変動に関する政府間パネル(IPCC)によって開発され、それ以来、気候変動を研究する科学者や政策立案者によって広く使用されてきました。 RCPシナリオの目的は、将来の温室効果ガス排出量とそれらが気候変動に及ぼす影響を推定することです。 これにより、政策立案者は気候変動の影響を軽減し、適応するための計画を立てることができます。 RCPシナリオは、さまざまな温室効果ガス排出シナリオに基づいており、それぞれ異なる気候変動の結果をもたらします。 最も悲観的なシナリオでは、温室効果ガス排出量は急速に増加し、地球の平均気温は21世紀末までに4度以上上昇すると予測されています。 一方、最も楽観的なシナリオでは、温室効果ガス排出量が大幅に削減され、地球の平均気温は21世紀末までに2度未満に抑えられると予測されています。 RCPシナリオは、気候変動を予測するための重要なツールですが、それらにはいくつかの不確実性があります。 最大の不確実性の1つは、将来の温室効果ガス排出量です。これは、経済成長、人口増加、エネルギー政策など、さまざまな要因によって決まります。もう1つの不確実性は、気候変動の気候システムへの影響です。これは、気候変動が海洋、氷河、森林など、地球のさまざまな部分にどのように影響するかを理解するのが困難なためです。 にもかかわらず、RCPシナリオは、将来の気候変動を予測するための貴重なツールです。それらは、政策立案者が気候変動の影響を軽減し、適応するための計画を立てるのに役立ちます。
エネルギーに関すること

RPS法とは?環境問題への対策から仕組みまで解説

RPS法とは、再生可能エネルギー特別措置法の略で、再生可能エネルギーの利用を促進するための法律です。再生可能エネルギーとは、太陽光や風力などの自然のエネルギーを利用したエネルギーのことです。 RPS法の目的は、地球温暖化や大気汚染などの環境問題を解決するため、再生可能エネルギーの利用を促進することです。RPS法では、電力会社に対して、再生可能エネルギーによる電気を一定の割合で供給することを義務付けています。 再生可能エネルギーの割合は、RPS法の施行当初は10%でしたが、現在は18%(2030年度目標)まで引き上げられています。電力会社は、再生可能エネルギーによる電気を供給するために、再生可能エネルギー発電所から電気を購入したり、再生可能エネルギー発電所を建設したりしています。 RPS法は、再生可能エネルギーの利用を促進し、環境問題を解決するために重要な法律です。
地球環境に関すること

REDD+とは?森林の減少・劣化防止と植林の協調

REDD+とは、森林の減少・劣化防止と植林の協調によって生成される排出削減量や炭素蓄積量に対する支払を支援する仕組みです。途上国は、森林保全に関する国際合意に従い、温室効果ガス排出の削減に取り組む一方、先進国は、資金や技術を提供して途上国の森林保全への取り組みを支援します。REDD+は、森林破壊を防止し、温室効果ガスの排出を削減することで、気候変動の緩和に貢献するだけでなく、生物多様性の保全や森林の持続可能な管理にも貢献することが期待されています。 REDD+の仕組みは、非常に複雑で、多くの課題があります。たとえば、森林の炭素蓄積量を正確に測定するのは困難で、森林保全の効果を評価することも困難です。また、途上国には、森林保全よりも優先度の高い課題があるため、REDD+に十分な資源を投入できないという問題もあります。しかし、REDD+は、気候変動を緩和する有効な手段であり、その潜在的な利点は、課題を上回ると考えられています。
環境問題に関すること

環境用語『RFCs』について

「環境用語『RFCs』について」の下に作られたの「RFCsとは何か」 RFCsとは、'Request for Comments'の略で、インターネットに関する技術や運用に関する情報を共有するためのドキュメントのことです。RFCsは、インターネットエンジニアリングタスクフォース(IETF)によって発行されており、IETFのウェブサイトから誰でもアクセスすることができます。RFCsは、インターネットの技術や運用に関する最新の情報を提供しており、インターネット関連の製品やサービスを開発する際に参考とされています。また、RFCsは、インターネットの技術や運用に関する国際的な標準化にも役立っています。
ゴミに関すること

RDF発電:ごみをエネルギーに変える技術

RDF発電とは? RDF発電とは、可燃ごみや廃棄物を固形燃料化して発電を行う技術です。 RDF(Refuse Derived Fuel)とは、ごみ(廃棄物)を破砕し、選別し、圧縮成形した固形燃料のことです。RDFは、石炭や石油などの化石燃料と同様に、発電所の燃料として使用することができます。 RDF発電のメリットは、ごみを減量できること、温室効果ガスの排出量を削減できること、化石燃料の使用量を減らすことができることなどがあげられます。また、RDFは、石炭や石油などの化石燃料よりも燃焼効率が高く、発電効率も高いという特徴があります。 RDF発電のデメリットは、建設コストが高いこと、ごみの収集・運搬・選別・圧縮成形などの前処理が必要であること、発電時にダイオキシンなどの有害物質が発生する可能性があることなどがあげられます。
エネルギーに関すること

RE100とは?世界が注目する再生可能エネルギー100%の国際的イニシアチブ

RE100とは、2014年にThe Climate GroupとCDPが立ち上げた、世界的な非営利イニシアチブです。このイニシアチブは、企業や組織に対し、事業活動で使用する電力を再生可能エネルギー100%にすることを求めています。 RE100は、企業や組織にとって、再生可能エネルギーへの移行に向けたコミットメントを明確にするためのプラットフォームとなっています。また、RE100は、企業や組織が再生可能エネルギーへの移行を支援するためのリソースやツールを提供しています。 RE100には、世界中の企業や組織が加盟しており、その数は2023年現在、386社にのぼります。加盟企業の中には、Apple、Google、Facebook、Amazon、Microsoftなどの大手企業も含まれています。 RE100は、企業や組織による再生可能エネルギーへの移行を促進することで、気候変動対策に貢献しています。RE100は、再生可能エネルギー100%を目指す企業や組織にとって、重要なイニシアチブとなっています。
エネルギーに関すること

RPS制度とは何か?環境へのメリットや制度概要を解説

RPS制度とは、再生可能エネルギーによる発電を促進するための制度です。RPS制度は、再生可能エネルギーによる発電の義務化と、調達価格の保証によって、再生可能エネルギーの導入を促進することを目的としています。RPS制度は、各国の政府が、再生可能エネルギーの導入を促進するための重要な政策として位置づけており、世界各国で導入されています。
環境問題に関すること

RMUとは何か?京都議定書で定められた温室効果ガスの排出量取引の仕組みを解説

RMU(排出削減単位)とは、京都議定書で決められた温室効果ガスの排出量取引制度の下で、1トンあたりの温室効果ガス排出削減、貯留に関する取り組みによって発行される単位のことです。排出削減単位 1単位は、1 トンの二酸化炭素(CO2)排出削減に相当します。京都議定書では、先進国に温室効果ガス排出削減を求め、排出量を削減した国は、その削減量を排出削減単位として発行することが認められています。排出削減単位は、排出削減目標を達成できなかった国が、排出削減を達成した国から買い取って、自国の排出削減目標の達成に充てることができます。
環境問題に関すること

REDDとは?環境に関する用語を解説

REDDとは、森林減少や森林劣化から発生する温室効果ガス排出を削減することによって、気候変動の緩和に貢献するメカニズムのことです。 森林減少や森林劣化が進めば、大気中の二酸化炭素吸収量が減少し、気候変動が加速する恐れがあります。そこで、森林を保護し、森林減少や森林劣化を抑制することで、温室効果ガス排出量を削減し、気候変動の緩和に貢献することがREDDの目的です。 REDDは、2005年にCOP11(気候変動枠組条約第11回締約国会議)で初めて提案され、2010年のCOP16(気候変動枠組条約第16回締約国会議)で正式に採用されました。 現在、世界各国でREDDプロジェクトが行われており、森林の保護や森林減少・森林劣化の抑制に貢献しています。
ゴミに関すること

RDFについて知っておくべきこと

RDFとは何か RDFは、Resource Description Frameworkの略語であり、データを表すフレームワークのことです。RDFは、データを表すための共通の形式を提供することで、異なるデータソースからのデータを統合し、検索や分析を容易にします。RDFは、Web上でデータを表すために広く使用されており、WebのセマンティックWebの基盤となっています。 RDFは、データを表すために、リソース、プロパティ、およびステートメントの3つの基本概念を使用しています。リソースは、データを表すオブジェクトであり、プロパティはリソースを記述するための属性であり、ステートメントはリソースとプロパティの間の関係を表します。例えば、「田中裕介は25歳である」というステートメントは、リソース(田中裕介)、プロパティ(年齢)、および値(25歳)で構成されています。 RDFは、データを表すための柔軟なフレームワークであり、さまざまなデータソースからのデータを統合するために使用することができます。RDFは、Web上でデータを表すために広く使用されており、WebのセマンティックWebの基盤となっています。