「に」

組織・団体に関すること

日本気候リーダーズ・パートナーシップとは?

日本気候リーダーズ・パートナーシップとは? 日本気候リーダーズ・パートナーシップは、脱炭素社会の実現に向けて、企業や自治体、NGOなどの多様な主体が連携し、気候変動対策を推進することを目的とした、官民連携のプラットフォームです。 日本気候リーダーズ・パートナーシップの設立目的 日本気候リーダーズ・パートナーシップは、気候変動対策における日本のリーダーシップを強化し、脱炭素社会の実現に貢献することを目的としています。具体的には、次のような取り組みを行っています。 ・気候変動対策に関する政策提言 ・気候変動対策に関する情報発信 ・気候変動対策に関する人材育成 ・気候変動対策に関する国際協力 日本気候リーダーズ・パートナーシップは、気候変動対策を推進する上で、重要な役割を果たしています。官民連携により、気候変動対策に関する政策提言や情報発信、人材育成、国際協力など、幅広い取り組みを行っています。これらの取り組みは、脱炭素社会の実現に貢献し、気候変動問題の解決に寄与しています。
組織・団体に関すること

日中友好環境保全センターとは?設立の経緯や役割を紹介

日中友好環境保全センターとは、1994年に設立された、中国と日本の環境保全に関する協力を促進するための機関です。中国の北京市と日本の東京都に事務所を置き、両国の政府や企業、研究機関などとの連携を図りながら、環境保全に関する研究や調査、技術協力などを行っています。 センターの主な目的は、両国の環境保全に関する情報を交換し、共同研究や技術協力を通じて環境保全に関する課題を解決することです。また、環境保全に関する人材育成にも力を入れており、環境保全に関する研修やワークショップなどを開催しています。 センターの設立は、1992年に開催された「地球サミット」を契機として、中国と日本の両政府が環境保全に関する協力の重要性について認識を深めたことによります。そして、1994年に日中両国の政府間協定に基づいて設立されました。
大気環境に関すること

二酸化硫黄について

二酸化硫黄とは何か? 二酸化硫黄は、硫黄原子と酸素原子が2つ結合した無機化合物です。常温常圧では、無色で有毒な気体です。二酸化硫黄は、火山の噴火や森林火災などの自然現象によって発生しますが、主に人間活動によって発生しています。二酸化硫黄は、化石燃料の燃焼や金属の精錬などによって発生します。また、紙やパルプの製造、化学製品の製造などでも発生します。二酸化硫黄は、大気中に放出されると、酸性雨の原因となっています。また、二酸化硫黄は、人間の健康にも悪影響を及ぼします。二酸化硫黄を吸入すると、気管支炎や喘息などの呼吸器系の疾患を引き起こすことがあります。また、二酸化硫黄は、目や鼻を刺激し、頭痛や吐き気などの症状を引き起こすこともあります。
エネルギーに関すること

日本卸電力取引所を詳しく解説!

日本卸電力取引所は、東京電力ホールディングス、関西電力、中部電力、北陸電力、中国電力、四国電力、九州電力など、大手電力会社が共同出資して設立された会社で、日本の卸電力市場を運営している。2020年4月に設立され、同年10月に取引が開始された。 日本卸電力取引所は、電力会社や新電力会社などが、電力を売買する場を提供している。これにより、電力会社の独占を防止し、競争を促進することが目的だ。また、電力の需給を調整し、安定的な電力供給を確保することも目的としている。 日本卸電力取引所は、日本全国を9つのエリアに分けて、それぞれに卸電力市場を設置している。取引は、各エリアの卸電力市場で、電力会社や新電力会社などが、電力の売買を行う。取引価格は、需給によって変動する。
組織・団体に関すること

日中韓三カ国環境大臣会合(TEMM)徹底解説

日中韓三カ国環境大臣会合(TEMM)とは、日中韓の三国で構成される地域環境協力プロセスです。1999年に北京で第1回会合が開催され、以降毎年開催されています。会合では、大気汚染、水質汚染、廃棄物管理、生物多様性の保全などの環境問題について話し合われます。また、協力プロジェクトの実施を決定し、その進捗状況をレビューします。TEMMは、日中韓三国間の環境協力の促進に重要な役割を果たしています。
環境問題に関すること

人間と生物圏計画→ 環境と自然を保全する国際プロジェクト

人間と生物圏計画(MABプログラム)とは、ユネスコによって1971年に開始された国際プロジェクトである。 その目的は、人間と自然の関係をより持続可能なものにするための科学的知識とツールを提供することである。 MABプログラムは、4つの主要な研究分野に焦点を当てている。 第一に、生態系と生物多様性の構造と機能を研究する。第二に、生態系と生物多様性が人間活動によってどのように影響を受けているかを研究する。第三に、人間と自然の関係をより持続可能なものにするために、政策や管理の方法を開発する。第四に、MABプログラムの研究結果を意思決定者に伝え、一般の人々の意識を高める。 MABプログラムは、世界114カ国で実施されており、その研究成果は、環境政策や管理、開発計画の策定に役立てられている。 また、MABプログラムは、世界各地の生物圏保護区のネットワークを構築しており、これは、生物多様性の保全や持続可能な開発を推進する上で重要な役割を果たしている。
環境問題に関すること

遺伝子組換え生物等情報公開システム(日本版バイオセーフティクリアリングハウス)の概要

日本版バイオセーフティクリアリングハウス(J-BCH)とは、遺伝子組換え生物等情報公開システムとして、2003年10月にカータヘナバイオセーフティプロトコルが発効したことにより、2004年9月に設置されたものです。このシステムは、遺伝子組換え生物等に関する情報提供を目的としており、国立環境研究所がその管理運営を行っています。 J-BCHの役割は、遺伝子組換え生物等に関する情報を収集・公開し、国内外の関係者がその情報を共有できるようにすることです。これにより、遺伝子組換え生物等を安全に利用するための意思決定を支援することが期待されています。 J-BCHでは、遺伝子組換え生物等の基本情報、リスク評価、利用実績、規制情報など、様々な情報を公開しています。これらの情報は、遺伝子組換え生物等を利用する研究者や事業者、行政関係者、一般市民など、幅広い層に役立てることができます。
組織・団体に関すること

日本カーボンアクション・プラットフォームとは?

日本カーボンアクション・プラットフォームとは? 日本カーボンアクション・プラットフォーム(JCAP)は、日本国内における温室効果ガス排出量削減に向けた取り組みを促進することを目的とした、官民連携のプラットフォームです。 日本カーボンアクション・プラットフォームの設立目的 JCAPの設立目的は、日本国内における温室効果ガス排出量削減に向けた取り組みを促進することです。具体的には、以下の3つを目的としています。 * 日本の温室効果ガス排出量削減目標の達成を支援する。 * 日本国内の温室効果ガス排出量削減に向けた取り組みを促進する。 * 日本の温室効果ガス排出量削減に向けた取り組みを国際社会に発信する。 JCAPは、これらの目的を達成するために、以下の活動を行っています。 * 温室効果ガス排出量削減に向けた政策提言を行う。 * 温室効果ガス排出量削減に向けた技術開発を支援する。 * 温室効果ガス排出量削減に向けた啓発活動を行う。 * 温室効果ガス排出量削減に向けた国際連携を促進する。 JCAPは、日本国内における温室効果ガス排出量削減に向けた取り組みを促進し、日本の温室効果ガス排出量削減目標の達成に貢献することを目指しています。
環境対策技術に関すること

大気の二酸化炭素を隔離するCCSとは?

二酸化炭素回収貯留(CCS)とは、大気中に出る二酸化炭素の除去や削減を行い、貯蔵することも可能とする技術のことを指します。まず、二酸化炭素排出の多い火力発電などから出る二酸化炭素を回収します。回収した二酸化炭素は、海中や地下、鉱山などの貯留場所まで運ばれ、貯蔵されます。CCSは、二酸化炭素の排出を削減して地球温暖化を抑制することに役立つ技術として期待されています。 CCSの仕組みは、以下の通りです。 1. 発電所や工場などから排出される二酸化炭素を回収する 2. 回収した二酸化炭素を圧縮して液化または固体化する 3. 液化または固体化した二酸化炭素を輸送する 4. 輸送された二酸化炭素を地中や海底に貯蔵する CCSは、二酸化炭素の排出量を削減できるため、地球温暖化の抑制に貢献できる技術として期待されています。しかし、CCSには、二酸化炭素の回収や貯蔵にかかるコストが高い、貯蔵した二酸化炭素が漏洩する可能性があるなどの課題もあります。
環境問題に関すること

二酸化炭素排出量実質ゼロへ向けた取り組み

二酸化炭素排出量実質ゼロとは、人間の活動によって排出される二酸化炭素などの温室効果ガスの排出量と、森林や海などの自然が吸収する二酸化炭素の吸収量を均衡させることです。これは、温室効果ガスによる気候変動を抑制するために重要な取り組みです。 二酸化炭素排出量実質ゼロを実現するためには、再生可能エネルギーの使用拡大、エネルギー効率の向上、森林保護などの対策が必要です。また、二酸化炭素を大気から除去する技術の開発も重要です。 二酸化炭素排出量実質ゼロは、世界中が協力して取り組むべき課題です。気候変動による影響は、世界中のすべての人々に及びます。すべての国が協力して、二酸化炭素排出量実質ゼロの実現に向けて取り組まなければなりません。
環境問題に関すること

認証排出削減量とは?

認証排出削減量とは、途上国において温室効果ガス削減プロジェクトを実施し、実際に温室効果ガスを削減したことを第三者機関が認証したものです。この認証排出削減量を先進国が購入することで、温室効果ガスを削減することが可能となります。 京都議定書は、1997年12月に京都で開催された気候変動枠組条約締約国会議(COP3)で採択された、温室効果ガスの排出削減を目的とした国際的な条約です。京都議定書では、先進国に対し、1990年比で温室効果ガスの排出量を一定期間内に削減する義務が課せられています。 先進国は、京都議定書の義務を果たすために、認証排出削減量を購入することで、温室効果ガスを削減することができます。これは、先進国が温室効果ガスを排出せずに、温室効果ガス削減に貢献することができることを意味します。 認証排出削減量は、先進国の温室効果ガス削減に貢献するとともに、途上国の持続可能な開発を支援する役割も果たしています。途上国では、温室効果ガスを削減するための資金や技術が不足しているため、認証排出削減量を購入することは、途上国が温室効果ガスを削減するための支援となるのです。
大気環境に関すること

日中韓大気汚染物質長距離越境移動研究プロジェクトとは?

日中韓大気汚染物質長距離越境移動研究プロジェクトとは? 日中韓大気汚染物質長距離越境移動研究プロジェクトは、日中韓三国の共同研究プロジェクトであり、大気汚染物質の長距離越境移動現象とその影響を明らかにすることを目的としています。プロジェクト期間は、2008年から2012年までであり、日中韓三国の研究機関が協力して、大気汚染物質の長距離越境移動現象に関する観測、解析、モデル化などを行っています。 プロジェクトの目標は、大気汚染物質の長距離越境移動現象とその影響を明らかにし、大気汚染物質の削減に向けた対策を講じることです。プロジェクトの成果は、日中韓三国の政策立案者や関係者に提供され、大気汚染物質の長距離越境移動現象とその影響に関する政策立案に役立てられます。
大気環境に関すること

二酸化炭素固定とは?地球温暖化対策に欠かせないプロセス

二酸化炭素固定とは、二酸化炭素を大気中から除去し、炭素を含む化合物の形に変換するプロセスです。これは、地球温暖化対策に欠かせないプロセスです。なぜなら、二酸化炭素は温室効果ガスであり、大気中に存在する二酸化炭素の量が増加すると、地球温暖化が促進されるからです。 二酸化炭素固定は、生物と非生物の両方によって行われます。生物による二酸化炭素固定は、光合成によって行われます。光合成とは、植物が太陽光を利用して二酸化炭素と水をブドウ糖と酸素に変換するプロセスです。非生物による二酸化炭素固定は、炭素回収・貯蔵(CCS)によって行われます。CCSとは、二酸化炭素を排出源から回収して、地中に貯蔵するプロセスです。
化学物質に関すること

二酸化窒素と大気汚染

-# 二酸化窒素とは 二酸化窒素とは、窒素と酸素からなる化合物であり、化学式はNO2です。常温常圧では赤褐色の気体で、大気中に存在しています。二酸化窒素は、自動車や工場などの燃焼によって発生します。また、雷や森林火災などでも発生します。大気中の二酸化窒素は、光化学オキシダントや酸性雨の原因となります。光化学オキシダントは、大気中の二酸化窒素と揮発性有機化合物(VOC)が太陽光線によって反応して生成されます。光化学オキシダントは、人間の健康に有害で、喘息や気管支炎などの呼吸器系の疾患を引き起こす可能性があります。また、光化学オキシダントは、植物に悪影響を及ぼし、農作物の収量を減少させることがあります。酸性雨は、大気中の二酸化窒素が水と反応して生成されます。酸性雨は、森林や湖沼に悪影響を及ぼし、生物の生息を脅かしています。
大気環境に関すること

二酸化炭素とは?特徴・発生源・環境への影響

二酸化炭素とは、炭素原子と酸素原子から構成される無機化合物です。二酸化炭素は、地球の大気中に存在する気体であり、生命活動や化石燃料の燃焼によって発生します。また、二酸化炭素は、温室効果ガスであり、地球温暖化の原因のひとつです。 二酸化炭素は、無色、無臭、無味、不燃性のガスであり、常温常圧では無色透明な気体です。二酸化炭素は、水に溶けやすく、炭酸水素ナトリウム水溶液に溶かすと炭酸水素ナトリウムが生成されます。
環境問題に関すること

人間環境宣言について知ろう

-人間環境宣言とは何か?- 人間環境宣言とは、1972年にストックホルムで開催された国連人間環境会議において採択された宣言です。 これは、人間と自然環境の関係についての国際的な合意であり、環境保護の重要性を強調しています。宣言は、人間が自然環境の一部であり、自然環境に影響を与える人間の活動は、最終的には人間自身に影響を与えることを認識しています。 宣言はまた、自然環境の保護は、貧困との闘い、経済開発、そして平和と安全の維持にとって不可欠であることを強調しています。宣言は、各国政府に対して、環境保護のための政策とプログラムを策定し、実施することを求めています。 人間環境宣言は、環境保護の分野における画期的な文書です。それは、環境保護の重要性を国際的に認識させ、環境保護のための行動を促しました。 宣言は、現在でも環境保護の分野における重要な指針となっています。