「な」

地球環境に関すること

南極ブナ林とは?南半球に広がるブナ林

南極ブナ林とは?南半球に広がるブナ林 南極ブナ林は、南半球の温帯から亜寒帯地域に広がる森林である。ブナ科の常緑高木であるブナが優占している。ブナは、北半球にも分布するが、南半球ではブナ科の種がより多様性に富んでおり、南極ブナ林は特徴的な生態系を形成している。南極ブナ林は、チリ、アルゼンチン、ニュージーランド、オーストラリアに分布しており、特にチリとアルゼンチンでは大規模な森林を形成している。 南極ブナ林の分布 南極ブナ林は、南半球の温帯から亜寒帯地域に広がる。チリでは、北緯35度から55度にかけて分布し、アルゼンチンでは、北緯37度から55度にかけて分布する。ニュージーランドでは、北緯34度から47度にかけて分布し、オーストラリアでは、南緯37度から43度にかけて分布する。南極ブナ林は、山地や丘陵に多く見られ、標高1,000メートルから2,000メートルで最も多く見られる。また、高緯度地域では、海抜0メートルから1,000メートルで分布する。
環境対策技術に関すること

ナノファイバーとは?その種類と特徴を解説

ナノファイバーとは、直径が100ナノメートル以下の超極細繊維のことです。ナノファイバーは、さまざまな材料から作ることができ、その性質は材料によって異なります。ナノファイバーは、軽量で強靭、柔軟性があり、耐熱性や耐薬品性に優れているという特徴があります。また、ナノファイバーは、その表面積が非常に大きいため、吸着性や触媒活性に優れています。これらの特徴から、ナノファイバーは、さまざまな分野で応用されています。
制度に関すること

名古屋議定書とは?その重要性と仕組み

名古屋議定書とは、遺伝資源のアクセスと利益配分に関する国際条約です。2010年に名古屋で開催された生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)で採択され、2014年に発効しました。名古屋議定書は、遺伝資源の利用から生じる利益を、遺伝資源の提供国と利用国の間で公正かつ衡平に配分することを目的としています。 名古屋議定書は、遺伝資源とそれに関連する伝統的知識のアクセスと利益配分に関する規定を定めています。遺伝資源とは、植物、動物、微生物などの遺伝子情報のことです。伝統的知識とは、先住民や地域社会が遺伝資源を利用して培ってきた知識のことです。 名古屋議定書は、遺伝資源の利用を許可する前に、遺伝資源の提供国から事前了解を得ることを義務付けています。また、遺伝資源の利用から生じる利益を、遺伝資源の提供国と利用国の間で公正かつ衡平に配分することを義務付けています。 名古屋議定書は、遺伝資源のアクセスと利益配分に関する国際的なルールを定めた初めての条約です。遺伝資源の利用を透明化し、遺伝資源の提供国と利用国の間の利益配分を公正かつ衡平にすることを目的としています。名古屋議定書は、生物多様性の保全と持続可能な利用を促進する上で重要な条約です。
地球環境に関すること

南極収束線とは?その重要性と関連する気候変動

南極収束線とは、南極大陸をぐるりと取り囲む海流の流れの方向が大きく変化する境界線となります。この海流は、北から南に流れる「南極循環流」と、南から北に流れる「北極循環流」に分かれています。南極収束線は、この2つの海流がぶつかり合う場所であり、南極大陸の周辺海域の海洋環境に大きな影響を与えています。 南極収束線の緯度は、場所によって異なりますが、一般的には南緯50度から60度付近にあります。このラインは、地球の自転による偏向力「コリオリの力」の影響によって、南極大陸の周りを時計回りに流れているため、南極大陸の西側では南緯40度付近まで北上し、東側では南緯70度付近まで南下しています。
組織・団体に関すること

環境用語『ナチュラル・ステップ』とは

-ナチュラル・ステップの概要- ナチュラル・ステップとは、スウェーデンの化学者、カール-ヘンリック・ロベルト氏が提唱した環境用語です。 持続可能な社会の実現を目指すための4つの原則と、それらの原則に基づいた行動指針を示しています。 1つめの原則は、「地球は有限のシステムである」ということです。地球の資源は有限であり、人間はそれらを無限に消費することはできません。 2つめの原則は、「地球は自己組織化するシステムである」ということです。地球は、人間が介入しなくても、自然に平衡を保つことができます。 3つめの原則は、「人間は地球の一部である」ということです。人間は、地球の生態系に依存しており、それなしでは生きることができません。 4つめの原則は、「持続可能な社会は、地球の3つの原則を尊重して構築されるべきである」ということです。持続可能な社会とは、地球の資源を浪費することなく、人間と自然が共生できる社会のことです。 ナチュラル・ステップの行動指針は、これらの原則に基づいており、以下の4つがあります。 1つは、「地球の負荷を減らす」ことです。これは、エネルギーの使用量を減らす、廃棄物を減らす、再生可能エネルギーを利用するなど、地球環境に負荷をかける行為を減らすことです。 2つは、「地球の回復力を高める」ことです。これは、森林を植える、湿地を復元する、海洋を保護するなど、地球の生態系を回復させる活動をすることです。 3つは、「社会の公平性を高める」ことです。これは、貧困をなくす、人権を尊重する、教育を普及させるなど、人間社会の公平性を高める活動をすることです。 4つは、「持続可能な社会に向けた投資をする」ことです。これは、再生可能エネルギーの研究開発に投資する、持続可能な農業を支援する、環境教育を行うなど、持続可能な社会に向けた投資をすることです。
環境問題に関すること

ナホトカ号事件の詳細と影響

ナホトカ号事件の概要 ナホトカ号事件は、1977年9月2日、ソ連の貨物船「ナホトカ号」が青森県下北半島の尻屋崎付近で座礁し、原油や重油を流出した海難事故である。この事故により、日本の沿岸環境に大きな被害をもたらし、日ソ間の外交問題にも発展した。 ナホトカ号は、ソ連のナホトカ港から日本の室蘭港に向かう途中、台風17号の影響で座礁し、船体が真っ二つに折れた。船内には約1万4千トンの原油と約1万トンの重油が積まれており、事故によりそのほとんどが海に流出した。流出した油は、青森県や岩手県の海岸線に漂着し、沿岸の漁業や観光業に大きな被害をもたらした。 ナホトカ号事件は、日本の海洋汚染対策体制の不備を露呈し、環境保護の重要性を再認識させる契機となった。また、日ソ間の外交問題にも発展し、両国は原油流出の責任問題や損害賠償問題について協議を重ねた。最終的には、ソ連側が日本の沿岸環境への被害を認め、損害賠償金を支払うことで解決した。
地球環境に関すること

南極の春とは?

-南極の春の到来- 南極の春は、9月から11月の3ヶ月間です。この時期に、南極の雪や氷が溶けて、地表が姿を現します。気温も少し上昇し、動物たちが活動を始めます。 南極の春は、南極の夏に続く季節です。夏の間、太陽は南極の空に24時間昇り続け、気温も高くなります。しかし、秋が近づくと、太陽が地平線の下に沈む時間が長くなり、気温も下がります。 春が来ると、太陽が再び昇り始め、気温も上昇します。雪や氷が溶けて、地表が姿を現します。動物たちも、冬眠から目覚めて活動を始めます。 南極の春は、南極の短い季節の中で最も美しい季節のひとつです。この時期、南極の景色は一変し、一面に花が咲き誇ります。また、動物たちも姿を現し、南極の自然を満喫することができます。
環境問題に関すること

ナッジを導入して持続可能な社会を創る

ナッジとは何か? ナッジとは、人々の意思決定に影響を与えるために設計された小さな仕掛けのことです。ナッジは、人々がより健康的な食事をしたり、より多くの貯蓄をしたり、環境に優しい行動をとったりするなど、望ましい行動をとるように促すことを目的としています。 ナッジは、人々の認知バイアスや行動経済学の知見に基づいて設計されます。認知バイアスとは、人々が判断や意思決定をする際に陥りがちな思考の癖のことです。行動経済学とは、人々の経済的な意思決定を研究する学問です。 ナッジは、人々を強制したり、説得したりすることなく、望ましい行動をとるように促すことができます。ナッジは、人々の行動を改善するための費用対効果の高い方法として期待されています。
制度に関すること

南極協議国とは

南極協議国とは、1959年に締結された「南極条約」に基づいて設立された国際機関です。この条約は、南極を平和と科学のために確保することを目的としており、南極における領有権の主張や軍事活動の禁止を規定しています。 南極協議国の目的は、南極を平和と科学のために確保することです。 このため、南極条約では、南極における領有権の主張や軍事活動の禁止が規定されています。また、南極の科学調査を促進するため、南極観測基地の建設や科学者の派遣が行われています。 南極協議国は、南極条約を遵守し、南極の平和と科学のために協力する必要があります。このため、南極協議国は、定期的に会合を開いて、南極の情勢や問題点について話し合っています。また、南極の科学調査を促進するため、南極観測基地の建設や科学者の派遣を支援しています。
地球環境に関すること

ナイロビ会議って何?

ナイロビ会議の概要 ナイロビ会議とは、1998年秋にケニアの首都ナイロビで開催された国連薬物特別総会のことです。この会議では、麻薬対策に関する国際的な枠組みを策定することが目的でした。 ナイロビ会議では、麻薬の供給と需要を削減するための具体的な目標が設定されました。例えば、麻薬の供給を20%削減することや、薬物乱用者の数を10%削減することなどが目標とされました。また、麻薬対策に資金を提供することや、麻薬対策に関する情報の交換を促進することなどの施策も決定されました。 ナイロビ会議は、麻薬対策の国際的な枠組みを策定したという意味で大きな意義を持っています。この会議をきっかけに、世界各国で麻薬対策が強化されました。しかし、麻薬の供給や需要は依然として根強く、麻薬対策は引き続き重要な課題となっています。
環境問題に関すること

環境分野における南南協力について

南南協力とは、発展途上国が、経済・社会・文化など様々な分野で協力し、相互に発展を促進することを目的とした国際協力の一種です。南北問題の解決に貢献することを目的として、1970年代から始まり、近年では、持続可能な開発や気候変動対策など、環境分野での協力が注目されています。 南南協力の環境分野における協力の特徴として、以下の点が挙げられます。 1. 当事者同士の協力南南協力は、先進国と発展途上国との間の協力ではなく、発展途上国同士の協力です。そのため、当事者同士の対等な関係に基づいて協力を行うことができます。 2. 実践的な協力南南協力は、先進国の援助に依存することなく、自国の資源や技術を活用して協力を行うことができます。そのため、実践的な協力を行うことができます。 3. 相互学習南南協力では、協力を行う国同士が互いに学び合うことができます。そのため、協力を通じて、お互いの国の発展に役立つノウハウや技術を習得することができます。 南南協力の環境分野における協力の意義は、以下の通りです。 1. 持続可能な開発の促進南南協力は、環境保全と経済発展を両立させる持続可能な開発を促進することができます。 2. 気候変動対策の強化南南協力は、気候変動対策を強化することができます。 3. 生物多様性の保全南南協力は、生物多様性の保全を促進することができます。 南南協力の環境分野における協力の課題は、以下の通りです。 1. 資金不足南南協力は、十分な資金が確保されていないことが課題です。 2. 技術不足南南協力は、協力を行う国に十分な技術がないことが課題です。 3. 制度的枠組みの未整備南南協力は、協力を行うための制度的枠組みが整備されていないことが課題です。
環境問題に関すること

環境に関する用語『ナイロビ宣言』について

- 環境に関する用語『ナイロビ宣言』について ナイロビ宣言とは ナイロビ宣言は、1972年にケニアの首都ナイロビで開催された「国連人間環境会議」で採択された環境に関する宣言です。この宣言は、人間の行為が環境に与える影響を認識し、環境保全の重要性を訴えるものです。ナイロビ宣言は、環境問題に対する世界的な認識を高め、環境保護活動の推進に大きな役割を果たしました。 ナイロビ宣言は、26の原則から構成されています。その中で、特に重要な原則は以下の通りです。 * 人間は、環境を保護し、改善する責任を負う。 * 環境の保護と改善は、経済発展と社会発展を両立させることができる。 * 環境問題の解決には、国際協力が必要である。 ナイロビ宣言は、環境保護活動の推進に大きな役割を果たしました。この宣言をきっかけに、各国で環境保護政策が制定され、環境汚染の防止や自然保護の取り組みが進められるようになりました。また、ナイロビ宣言は、環境問題に関する国際協力の推進にも貢献しました。ナイロビ宣言の採択以降、国連環境計画(UNEP)をはじめとする国際機関が設立され、環境問題の解決に向けた国際的な取り組みが強化されました。
制度に関すること

南極条約とは?南極での活動に関する原則を定める国際的な条約

南極条約とは、南極における領有権主張、領有権行使の中断、科学研究の促進、環境保護などを定めた国際条約です。1959 年 12 月 1 日にワシントン D.C. で署名され、1961 年 6 月 23 日に発効しました。条約の目的は、南極を平和と協力の地とし、科学研究と環境保護を促進することです。 条約は、南極を「将来世代のために保護され、保存され、科学研究に専念される地域」と宣言しています。条約はまた、南極での領有権主張、軍事的活動、核爆発、放射性廃棄物の投棄を禁止しています。条約は、南極を科学研究の自由と協力の地とすることを奨励しており、南極条約協議国は、南極の科学研究を促進するため、さまざまな活動を行っています。
環境問題に関すること

名古屋・クアラルンプール補足議定書とは?

名古屋・クアラルンプール補足議定書とは 名古屋・クアラルンプール補足議定書は、生物多様性条約の第10条に基づき、遺伝資源の利用から生じる利益の衡平な配分に関する国際的な合意です。この補足議定書は、1992年にリオデジャネイロで開催された地球サミットで採択された生物多様性条約の補足議定書であり、2010年に名古屋で開催された生物多様性条約第10回締約国会議で採択されました。この補足議定書は、2014年に発効し、現在、92カ国が締約国となっています。 名古屋・クアラルンプール補足議定書の概要 名古屋・クアラルンプール補足議定書は、以下の四つの分野で合意しています。 1. 遺伝資源の利用から生じる利益の衡平な配分 2. 遺伝資源の利用に関する事前の情報提供と同意取得 3. 遺伝資源の利用に関する能力強化 4. 遺伝資源の利用に関する情報交換 この補足議定書は、遺伝資源の利用から生じる利益を、遺伝資源を提供した国や地域、また、遺伝資源を収集した国や地域の間で衡平に配分することを目的としています。また、この補足議定書は、遺伝資源の利用に関する事前の情報提供と同意取得を義務付けており、遺伝資源の利用に関する能力強化と情報交換を促進しています。
環境問題に関すること

環境負荷を市場メカニズムに反映する仕組み「内部化」

内部化とは、企業や個人が経済活動に伴う環境負荷を自らの費用として負担することを指します。環境負荷とは、経済活動によって引き起こされる大気汚染、水質汚染、廃棄物発生などの環境への悪影響のことです。 内部化されていない場合、企業は環境負荷を外部に押し付けることができ、その結果、環境は悪化していきます。例えば、工場から排出される汚染物質が川を汚染し、その汚染された水を人々が飲用することで健康被害が発生するような場合、工場は汚染物質を排出することによる環境負荷を外部に押し付けていることになります。 内部化を行うことで、企業は環境負荷を自らの費用として負担することになり、環境負荷を削減するインセンティブが働きます。例えば、工場から排出される汚染物質に課税することで、工場は汚染物質を排出することによる費用負担が増加するため、汚染物質の排出量を削減するインセンティブが働きます。 内部化は、環境問題を解決するための有効な手段の一つです。内部化を行うことで、企業は環境負荷を自らの費用として負担することになり、環境負荷を削減するインセンティブが働きます。その結果、環境は改善され、人々の健康や生活環境を守ることができます。
化学物質に関すること

菜の花の環境へのメリット

菜の花とは、アブラナ科アブラナ属の植物です。 一般的に、菜の花といえば、黄色い花を咲かせる植物のことを指します。菜の花は、ヨーロッパやアジア原産ですが、世界中の温暖な地域で栽培されています。菜の花は、食用油や食用菜の花の生産に使用されています。また、菜の花は、蜜源植物としても知られており、ミツバチなどの昆虫が集まってきます。菜の花は、環境にも多くのメリットをもたらします。
地球環境に関すること

南極圏とは?

南極圏とは? 南極圏の定義 南極圏とは、地球上で最も南に位置する地域であり、南極大陸、およびその周辺の海を指す。 南極大陸は、地球上で5番目に大きな大陸であり、その面積は1,400万平方キロメートル以上にも及ぶ。南極大陸のほとんどは氷に覆われており、平均気温はマイナス50度以下である。南極圏は、地球上で最も寒い地域でもあり、また最も乾燥した地域でもある。南極圏の海は、海洋生物の宝庫であり、アザラシ、ペンギン、クジラなどの多くの生物が生息している。南極圏は、地球上で最も手つかずの自然が残る地域の一つであり、世界遺産にも登録されている。
環境問題に関すること

南極地域の環境の保護に関する法律について

南極地域の環境の保護に関する法律 南極環境保護法とは何か 南極環境保護法とは、南極地域における環境保護のための法律です。 この法律は、南極地域において、環境汚染を防止し、動植物を保護し、南極地域の自然景観を維持することを目的として制定されました。 南極環境保護法は、1983年に制定され、その後、1991年、1995年、2002年、2006年、2011年、2015年、2019年に改正されています。 南極環境保護法は、南極地域において、以下のような行為を禁止しています。 * 動植物の殺傷、捕獲、採集 * 環境汚染行為 * 南極地域の自然景観を損なう行為 * 南極地域における鉱物資源の採掘 * 南極地域における原子力施設の建設、使用 南極環境保護法は、南極地域における環境保護を目的とした法律であり、南極地域における環境汚染の防止、動植物の保護、南極地域の自然景観の維持に寄与しています。
化学物質に関すること

生分解性プラスチックとは?

生分解性プラスチックとは、微生物によって分解されるプラスチックのことです。 微生物は、プラスチックを炭素と水に分解します。このプロセスは、自然界で何百万年も行われており、生分解性プラスチックは自然界に存在する他の有機物と同様に分解されます。 生分解性プラスチックは、従来のプラスチックと同様に、石油から作られますが、その製造工程に微生物が関与しています。微生物は、石油を分解して、生分解性プラスチックの原材料となる物質を生成します。この原材料は、その後、加熱、冷却、成形などの工程を経て、生分解性プラスチックになります。 生分解性プラスチックは、従来のプラスチックよりも高価ですが、環境への影響を軽減するために、その使用が推奨されています。
環境問題に関すること

南極地域とは何か?

南極地域の定義 南極地域とは、南極大陸とその周辺の海域を総称した地域のことを指します。南極大陸は、地球上で5番目に大きい大陸であり、その面積は約1,400万平方キロメートルです。南極大陸は、南極点を中心に、東西約4,000キロメートル、南北約3,200キロメートルにわたって広がっています。南極大陸の周辺海域は、南極海と呼ばれており、その面積は約1,800万平方キロメートルです。南極海は、世界で最も寒い海であり、その平均水温はマイナス2℃です。南極地域は、その過酷な気候条件のため、ほとんど人が住んでいません。
環境問題に関すること

南極鳥類とは?

南極鳥類とは、南極大陸とその周辺の海域で繁殖し、生活する鳥類のことです。 ペンギン、アデリーペンギン、エンペラーペンギン、ジェンツーペンギン、キヨウジョウアホウドリ、ナンキョクアホウドリ、ハイイロアホウドリ、シロアホウドリなどがよく知られた南極鳥類です。 南極鳥類は、他の鳥類とは異なる多くの特徴を持っています。その中でも最も特徴的なのが、寒さに強く、氷点下でも生存できることです。 ペンギンは、氷点下40度にもなる南極大陸で繁殖し、子育てを行います。また、アホウドリは、南極大陸から南アメリカまで、何千キロもの距離を飛ぶことができます。 南極鳥類は、南極の生態系において重要な役割を果たしています。ペンギンは、魚類、イカ、甲殻類などを捕食することで、海洋生態系のバランスを保つのに役立っています。また、アホウドリは、魚の死骸や海洋生物の排泄物を食べることで、海洋環境を清掃するのに役立っています。
制度に関すること

南極のあざらしを守る条約について

南極のあざらしの保護とは 南極のあざらしは、南極大陸とその周辺海域に生息する海獣です。その個体数は約1億5000万頭と推定されており、南極生態系において重要な役割を果たしています。しかし、近年では、気候変動による海氷の減少や、人間による乱獲によって、南極のあざらしの個体数は減少傾向にあります。 そのため、1982年11月の「南極の海洋生物資源の保存に関する条約」により、南極のあざらしの保護が規定されました。この条約では、南極海域における商業捕鯨や商業漁業が禁止され、南極のあざらしの個体数を回復させるための措置が定められています。 南極のあざらしの保護のために、各国はさまざまな取り組みを行っています。例えば、日本は、南極海域における漁業活動の自主規制や、南極のあざらしの研究・調査を実施しています。また、国際的な協力によって、南極のあざらしの個体数を回復させるための措置が講じられています。
制度に関すること

南極地域の動物相及び植物相の保存に関する法律とは

南極地域の動物相及び植物相の保存に関する法律は、南極地域において生物多様性を保全し、南極地域の固有種や希少種を保護することを目的として制定された法律です。法律の目的は、南極地域における人間の活動が、南極地域の生物多様性や特有の生態系に及ぼす悪影響を防止し、南極地域の生物多様性を保全することです。 この法律は、1983年に制定され、1986年に施行されました。この法律は、南極地域において、生物の捕獲や殺傷、植物の採取や移植、土壌の除去や汚染、廃棄物の投棄や漏洩などを禁止しています。また、この法律は、南極地域において、科学調査や探検活動を行う際には、環境保護に配慮するよう義務付けています。 この法律は、南極地域の生物多様性を保全し、南極地域の固有種や希少種を保護することで、南極地域の生態系のバランスを維持することを目指しています。また、この法律は、南極地域の生物多様性を保全することで、人類の生存と発展に貢献することを目指しています。
地球環境に関すること

南極環境構成要素を知るー知って守る環境

南極環境構成要素とは何か 南極環境構成要素とは、南極の環境を構成する要素のことです。南極環境構成要素には、氷床、氷山、海氷、雪、大気、水、生物などが含まれます。氷床は、南極大陸を覆う氷の層であり、その体積は約2,800万立方キロメートルです。氷床は、地球の表面積の約10%を占めており、地球最大の氷床です。氷山は、氷床から切り離されて海に浮かぶ氷の塊であり、その大きさは様々です。海氷は、海面に浮かぶ氷であり、その範囲は季節によって変化します。雪は、南極大陸に降る雪であり、その厚さは場所によって異なります。大気は、南極大陸を覆う大気であり、その成分は他の地域の大気とは異なります。水は、南極大陸にある水であり、その量は約2,800万立方キロメートルです。生物は、南極大陸に生息する生物であり、その種類は様々です。