「け」

環境問題に関すること

計画アセスメントってなに?

計画アセスメントとは、計画が環境に与える影響を評価するプロセスです。計画とは、国の政策や地方公共団体の事業などを指します。計画アセスメントは、計画の策定段階で実施されるのが一般的です。計画アセスメントを実施することで、計画が環境に与える影響を事前に把握することができ、環境への悪影響を回避したり、軽減したりすることができます。 計画アセスメントには、さまざまな方法があります。最も一般的な方法は、環境影響評価(アセスメント)です。環境影響評価とは、計画が環境に与える影響を予測し、評価するものです。環境影響評価は、計画の策定段階で実施されるのが一般的です。環境影響評価の結果は、計画の変更や中止などの決定に活用されます。 計画アセスメントは、環境を守るために重要な制度です。計画アセスメントを実施することで、計画が環境に与える影響を事前に把握することができ、環境への悪影響を回避したり、軽減したりすることができます。計画アセスメントは、持続可能な社会の実現のために欠かせない制度なのです。
エネルギーに関すること

建築物の省エネに関する法律を解説

建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律とは? 建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律(建築物省エネ法)は、建築物のエネルギー消費性能の向上を図ることにより、地球温暖化対策を推進するとともに、建築物の所有者及び利用者の経済的な負担の軽減を図ることを目的としています。 この法律では、建築物のエネルギー消費性能を評価し、その結果に基づいて建築物の省エネ性能を格付けする制度を定めています。また、省エネ性能の優れた建築物を建設する際に、建築主に対して補助金や税制上の優遇措置を講じることになっています。 この法律は、2005年に公布され、2006年に施行されました。施行後、建築物のエネルギー消費性能は大幅に向上しました。2014年版の省エネ住宅平均省エネ率は、1990年版よりも23.5%向上しました。 この法律は、地球温暖化対策や省エネを推進する上で重要な役割を果たしています。
環境問題に関すること

建設発生土とは?その定義や処分方法について

建設発生土とは、建設工事によって発生する土砂のことです。土木工事や建築工事などで、土地を掘削したり、整地したりする際に生じる土砂のことです。建設発生土は、工事の規模や内容によって、発生する量や性質が異なります。また、発生した建設発生土の処分方法も、工事の内容や発生する土砂の量や性質によって異なります。 建設発生土は、大きく分けて2種類に分類されます。1つは掘削土です。掘削土は、土地を掘削して発生する土砂のことです。もう1つは盛土です。盛土は、土地を盛土して発生する土砂のことです。掘削土は、一般的に処分されることが多く、盛土は、工事に必要な場合に使用されます。
地球環境に関すること

建造物の劣化について

建造物の劣化は、自然環境や人間活動など様々な要因によって起こります。その中でも、酸性雨は建造物の劣化を加速させる大きな原因の一つです。酸性雨とは、硫黄酸化物や窒素酸化物などの大気汚染物質が雨水に溶け込んだもので、pHが5.6以下になると酸性雨と定義されます。 酸性雨は、建造物の表面を腐食させたり、石材を風化させたりするなど、様々な悪影響を及ぼします。特に、大理石や砂岩などの石材は酸性雨に弱く、表面が溶け出したり、変色したりすることがあります。また、酸性雨は金属を腐食させるため、鉄筋コンクリート造の建造物も酸性雨の影響を受けやすくなります。 日本では、1990年代後半以降、酸性雨の被害が深刻化し、多くの建造物が被害を受けました。特に、京都の清水寺や奈良の東大寺など、世界遺産に登録されている建造物は、酸性雨による被害が顕著となっています。 酸性雨による建造物の劣化を防ぐためには、大気汚染物質の排出量を削減することが重要です。また、酸性雨の影響を受けやすい建造物については、定期的に補修やメンテナンスを行う必要があります。
制度に関すること

計画収集量の基礎知識

計画収集量とは、消費者のニーズを満たすために必要な在庫水準のことです。在庫管理の重要な要素であり、在庫の過不足を防ぎ、在庫コストを削減するために不可欠です。 計画収集量は、消費者の需要量、リードタイム、在庫回転率などの様々な要因を考慮して決定されます。需要量は、過去の販売データや需要予測をもとに決定されます。リードタイムとは、注文してから商品が届くまでの時間です。在庫回転率とは、一定期間に在庫が何回回転するかを示す指標です。 計画収集量は、在庫管理システムによって算出されます。在庫管理システムは、在庫の入出庫を管理し、在庫水準をリアルタイムで把握します。また、需要量やリードタイム、在庫回転率などの情報を考慮して、計画収集量を自動的に算出します。 計画収集量を適切に設定することで、在庫の過不足を防ぎ、在庫コストを削減することができます。また、在庫の回転率を高めることで、在庫の鮮度を保ち、販売機会を損失しないようにすることができます。
ゴミに関すること

建設廃材とは何か?その種類や処分方法を解説します。

建設廃材とは、建設工事や解体工事によって生じる廃棄物のことです。コンクリートや木材、金属、プラスチックなどのさまざまな材料が含まれており、その量は年々増加しています。建設廃材は、埋め立て処分や焼却処分されることが多く、環境に悪影響を及ぼしています。 建設廃材を減らすためには、建設工事や解体工事の際に発生する廃棄物をできるだけ少なくする必要があります。また、建設廃材を再利用やリサイクルすることも重要です。建設廃材を再利用やリサイクルすることで、埋め立て処分や焼却処分される廃棄物の量を減らすことができ、環境への負荷を軽減することができます。 建設廃材を再利用やリサイクルするには、さまざまな方法があります。例えば、コンクリートは砕いて道路の舗装材として再利用することができます。木材はチップにして紙やパルプの原料として再利用することができます。金属はスクラップとして製鉄所や製鋼所に再利用することができます。プラスチックは溶かして新しいプラスチック製品を作る原料として再利用することができます。 建設廃材を再利用やリサイクルすることで、環境への負荷を軽減し、資源を有効活用することができます。また、建設廃材の再利用やリサイクルは、経済的なメリットもあります。建設廃材を再利用やリサイクルすることで、廃棄物処理にかかるコストを削減することができます。また、建設廃材を再利用やリサイクルすることで、新しい建設資材の製造にかかるコストを削減することができます。
環境問題に関すること

生命の輝きを放つゲンジボタルの秘密

生命の輝きを放つゲンジボタルの秘密 その美しさから、しばしば夏の風物詩として愛されるゲンジボタル。しかし、その生態に関してはまだまだ謎が多く残されています。今回は、ゲンジボタルの秘密に迫ります。 そもそも、ゲンジボタルとは何でしょうか。ゲンジボタルは、ホタル科に属する昆虫の一種です。日本には、ゲンジボタルの他に、ヘイケボタルやヒメボタルなど、さまざまな種類のホタルが生息しています。ゲンジボタルは、その中でも最もポピュラーな種類であり、全国各地で見ることができます。 ゲンジボタルの最大の特徴は、その発光能力です。ゲンジボタルの腹部には、発光器と呼ばれる器官があり、この発光器から光を放出しています。この光は、ゲンジボタルがコミュニケーションをとるために使用されています。オスとメスが互いに光の合図を送り合い、パートナーを探しています。
エネルギーに関すること

エネルギー入門:系統連系と解列とは何か?

-系統連系とは何か?- 系統連系とは、再生可能エネルギー発電所やその他の分散型発電所を電力系統に接続することです。これにより、これらの発電所は、電力を家庭や企業に供給することができるようになります。系統連系には、以下の2つの主な方法があります。 * オン・グリッド連系これは、最も一般的な系統連系の方法です。オン・グリッド連系では、再生可能エネルギー発電所は、電力系統に直接接続されます。これにより、発電所は、電力を家庭や企業に供給することができ、また、電力系統から電力を購入することもできます。 * オフ・グリッド連系これは、オン・グリッド連系よりも一般的ではありませんが、電力系統へのアクセスがない地域では、より一般的です。オフ・グリッド連系では、再生可能エネルギー発電所は、バッテリーやその他のエネルギー貯蔵装置に接続されています。これにより、発電所は、電力を家庭や企業に供給することができ、また、バッテリーに電力を貯蔵することもできます。
環境問題に関すること

決定的十年への取り組み

決定的十年の重要性 決定的十年への取り組みは、私たちが持続可能な未来を築くために、あらゆる分野で変革を起こすためのものです。この取り組みは、気候変動、生物多様性、汚染、貧困、不平等など、地球規模の課題に対処するために行われています。 決定的十年が重要な理由は、以下の通りです。 * 気候変動がすでに加速しているからです。気候変動は、私たちの地球にすでに大きな影響を及ぼしており、その影響は今後さらに深刻化することが予想されています。決定的十年は、気候変動を抑制し、その影響を軽減するために、あらゆる努力を尽くすためのものです。 * 生物多様性が急速に失われているからです。生物多様性は、私たちが生きていく上で欠かせないものです。しかし、生物多様性は急速に失われており、その速度は過去数十年間で加速しています。決定的十年は、生物多様性を保全し、回復させるためのものです。 * 汚染が地球環境を破壊しているからです。汚染は、私たちの地球環境を破壊しています。空気汚染、水質汚染、土壌汚染など、さまざまな汚染によって、私たちの健康や生態系が脅かされています。決定的十年は、汚染を削減し、地球環境を保全するためのものです。 * 貧困と不平等が世界中で依然として広がっているからです。貧困と不平等は、世界中で依然として広がっています。貧困と不平等は、紛争、飢餓、病気、教育格差など、さまざまな問題を引き起こしています。決定的十年は、貧困と不平等を削減し、持続可能な社会を構築するためのものです。
環境問題に関すること

嫌気性発酵と環境

嫌気性発酵とは、酸素を必要とせずに微生物が有機物を分解するプロセスです。嫌気性発酵では、微生物が有機物を分解してメタンや二酸化炭素などのガスを生成します。嫌気性発酵は、自然界で広く行われており、湿地や湖、森林などの様々な環境で見られます。 嫌気性発酵のしくみは、以下の通りです。まず、微生物が有機物を分解して糖や脂肪酸などの単純な物質にします。次に、微生物が糖や脂肪酸を分解してメタンや二酸化炭素などのガスを生成します。嫌気性発酵は、酸素を必要としないため、酸素のない環境でも起こります。そのため、嫌気性発酵は、湿地や湖、森林などの様々な環境で見られます。
水環境に関すること

下水汚泥の基礎知識

下水汚泥とは、下水処理施設で発生する固形物のことです。下水処理の過程で、水と固形物に分けられますが、その固形物が下水汚泥です。下水汚泥は、汚水に含まれる有機物や無機物、微生物などが凝集されてできたもので、その成分は下水の汚染度合いによって異なります。下水汚泥は、水分の多いドロドロとした状態ですが、乾燥させると固形物になります。下水汚泥の量は、人口規模や下水の汚染度合いによって異なりますが、1日あたり1人当たり約100g程度発生するとされています。下水汚泥は、適切に処理されないと、環境汚染の原因になるため、適切な処理が必要です。
リサイクルに関すること

建設副産物とは?知っておくべき基礎知識

建設副産物とは、建設工事によって発生する廃棄物のことです。 建設業では、工事の過程で様々な廃棄物が発生します。それら廃棄物を、建設副産物と呼びます。 その量は、建設工事の規模や工法によって異なりますが、日本国内では年間約1億トンもの建設副産物が発生していると言われています。 建設副産物の種類は、大きく分けて2つあります。一つ目は、建設現場から発生する廃棄物です。例えば、解体工事や改修工事によって発生する廃棄物や、建設資材の包装材や梱包材などが含まれます。 二つ目は、建設工事の過程で発生する廃棄物です。例えば、掘削工事や土木工事によって発生する残土や、コンクリート工事によって発生するコンクリートガラなどが含まれます。 建設副産物は、建設業の重要な課題の一つです。なぜなら、建設副産物は、環境汚染や資源の枯渇の原因になるからです。建設副産物を減らすためには、建設現場での廃棄物の分別や再利用、建設資材の軽量化などが重要です。
環境問題に関すること

資源ナショナリズムと原産国

資源ナショナリズムとは、自国の天然資源を外国から保護し、その開発や利用を自国企業や国民に優先させるべきだという考え方のことです。この考え方は、しばしば、自国の天然資源が外国企業や政府によって搾取されているという認識に基づいています。資源ナショナリズムは、しばしば、資源を自国で精製・加工して付加価値を高め、雇用を創出し、経済成長を促進するという考え方に結びついています。また、資源輸出国にとっては、資源価格の上昇や、資源輸出収入の増加をもたらし、経済発展を促進する可能性があります。一方、資源依存度の高い国にとっては、資源価格の上昇や、資源輸出収入の減少をもたらし、経済成長の鈍化や、財政赤字の増大をもたらす可能性があります。資源ナショナリズムには、自国資源を保護するという目的の他、自国の経済発展を促進するという目的もあります。
エネルギーに関すること

建築物省エネルギー性能表示制度とは?

建築物省エネルギー性能表示制度とは、建築物の省エネルギー性能を評価し、表示する制度である。この制度は、建築物の省エネルギー性能を可視化することで、建築物の省エネルギー性能を向上させることを目的としている。 建築物省エネルギー性能表示制度の概要は以下の通りである。 ・対象となる建築物は、新築の住宅、事務所、店舗、ホテル、病院、学校、公共施設などである。 ・省エネルギー性能は、建築物の断熱性能、冷暖房設備の効率、照明設備の効率など、複数の要素を総合的に評価して算出される。 ・省エネルギー性能は、ランク分けされ、最高ランクは5つ星、最低ランクは1つ星である。 ・省エネルギー性能は、建築物の外壁や窓ガラスに表示される。 建築物省エネルギー性能表示制度は、2010年4月に施行された。この制度は、建築物の省エネルギー性能を向上させることで、地球温暖化の防止やエネルギーの節約に貢献している。
環境問題に関すること

ケナフとは?その特徴と用途を解説

ケナフは、熱帯・亜熱帯地域を中心に世界で栽培されている一年生植物で、その特徴は繊維質が豊富なことです。中でも、茎の繊維は強力で、木材の約2倍の強度があると言われています。また、成長が早く、乾燥地でも栽培できるという特徴もあります。 ケナフの繊維は、パルプや紙の原料として利用されることが多く、紙幣や和紙の原料としても一部で使用されています。また、繊維を細かく粉砕して、食品や医薬品、化粧品の原料としても利用されています。最近では、ケナフの茎を燃料として利用する研究も進んでいます。 ケナフの特徴は、繊維質が豊富であることであり、その繊維は丈夫で、パルプや紙の原料として利用されることが多いです。また、成長が早く、乾燥地でも栽培できるという特徴もあります。最近では、ケナフの茎を燃料として利用する研究も進められています。
環境問題に関すること

経済的手法を学ぶ – 環境政策における市場メカニズム

経済的手法とは、経済学の理論や分析を用いて環境問題に対処するアプローチのことです。経済的手法は、社会全体の費用と便益を考慮し、費用対効果の高い環境保護策を設計することを目指しています。 経済的手法では、市場メカニズムを利用して環境保護を促進する方法が検討されます。例えば、汚染物質排出量に課税したり、排出権取引制度を導入したりすることで、汚染企業に排出量削減のインセンティブを与えることができます。また、環境に優しい製品やサービスに対する補助金や税制優遇措置を提供することで、消費者に環境に配慮した選択を促すこともできます。 経済的手法は、環境問題の解決に有効な手段として期待されています。しかし、経済的手法を導入する際には、経済的効率性の確保、公平性の確保、環境保護の確保など、さまざまな課題をクリアする必要があります。
組織・団体に関すること

OECDってなに?その役割や目的を解説

-OECDとは?- OECD(経済協力開発機構)は、世界経済の持続可能な成長、雇用の創出、生活水準の向上を促進することを目的とした政府間の国際組織です。OECDは、加盟国間の経済政策の調整、経済発展の促進、世界経済の持続可能な発展を促進するために、加盟国間の協力と協調を促進しています。 OECDは、1948年に発足し、当初は、欧州18カ国が加盟していました。その後、加盟国は徐々に拡大し、現在は38カ国が加盟しています。OECD加盟国は、世界のGDPの60%以上を占め、世界貿易の70%以上を占めています。
リサイクルに関すること

建設資材とは?環境への影響やリサイクルの重要性

建設資材とは、建築物や土木構造物を建設するために使用される材料のことです。建設資材には様々な種類があり、その特徴はそれぞれ異なります。 鉄筋は、コンクリートを補強するために使用される鉄の棒です。強固で耐久性があり、比較的安価であるため、建設資材として広く使用されています。 コンクリートは、セメント、砂、砂利、水などを混ぜて作られる人工石です。強度が高く、耐久性があり、防水性にも優れているため、建設資材として広く使用されています。 木材は、木を切り出して得られる材料です。強度があり、耐久性があり、加工性にも優れているため、建設資材として古くから使用されています。 プラスチックは、石油や天然ガスなどの化石燃料から作られる人工材料です。軽くて、強度があり、耐久性があり、防水性にも優れているため、建設資材として近年広く使用されています。 建設資材は、建物の建設や土木構造物の建設に欠かせない材料です。しかし、建設資材の製造や使用は、環境に大きな影響を与えています。 建設資材の製造には、多くのエネルギーと資源が必要です。例えば、コンクリートの製造には、セメントの製造に大量の二酸化炭素が排出されます。また、木材の製造には、森林が伐採され、環境が破壊されています。 建設資材の使用も、環境に大きな影響を与えています。例えば、コンクリートは、建築廃棄物として大量に排出され、環境を汚染しています。また、プラスチックは、自然分解されず、海洋汚染の原因となっています。 建設資材の製造や使用による環境への影響を減らすためには、建設資材のリサイクルが重要です。建設資材のリサイクルは、建設廃棄物の量を減らし、環境汚染を防ぐことができます。また、建設資材のリサイクルは、建設資材の製造に必要となるエネルギーと資源を節約することができます。
ゴミに関すること

建設廃棄物とは?種類と処分方法

建設廃棄物とは、建築物や土木工事を施工する際に発生する廃棄物のことをいいます。具体的には、コンクリートガラ、木材、金属、プラスチック、ガラス、タイル、石膏ボード、アスベストなどが含まれます。建設廃棄物の量は、日本の廃棄物の総量の約2割を占めており、その量は年々増加しています。 建設廃棄物が大量に発生する理由は、建築物の解体や改修、土木工事の施工など、建設活動が活発に行われていることが挙げられます。また、建設資材の種類が多様化し、廃棄物の種類も増えていることも建設廃棄物が増加する要因となっています。 建設廃棄物の処分方法は、埋め立て、焼却、リサイクルなどがあります。埋め立ては、建設廃棄物をそのまま廃棄処分場に埋め立てる方法です。焼却は、建設廃棄物を焼却炉で燃やして処分する方法です。リサイクルは、建設廃棄物を再利用する方法です。建設廃棄物のリサイクル率は、年々上昇していますが、まだ十分ではありません。
エネルギーに関すること

下水熱とは?再生可能エネルギーの可能性を探る

下水熱とは、海底から湧き出る高温の水のことです。海底火山の活動によって海水が熱せられ、その海水が海底を貫いて地表に噴き出すことで発生します。下水熱は、地表よりもはるかに高温で、その温度は場所によって異なりますが、100℃を超えることもあります。 下水熱は、独自の生態系を形成しており、熱水噴出孔の周りには、高温と高圧に適応した生物が生息しています。これらの生物は、一般的な海洋生物とは異なる特徴を持っており、極限環境に適応したユニークな生態系を形成しています。 下水熱は、再生可能エネルギーの一種として注目されています。熱水噴出孔から噴き出す高温の水を利用して、電気を発生させることが可能です。下水熱発電は、化石燃料を使用しないため、二酸化炭素を排出せず、環境に優しい発電方法として期待されています。また、下水熱は、地熱と同様に安定したエネルギー源であるため、再生可能エネルギーとして大きな可能性を秘めています。
リサイクルに関すること

ケミカル・リサイクルの重要性とメリット

ケミカル・リサイクとは? ケミカル・リサイクとは、廃棄プラスチックを化学的に分解し、新たなプラスチックや燃料を生成するプロセスです。従来のリサイクル方法では、廃棄プラスチックを溶かして新しいプラスチック製品に成形する「マテリアル・リサイクル」が行われていましたが、ケミカル・リサイクでは廃棄プラスチックを完全に分解し、新たな物質を生成するため、より幅広い種類の廃棄プラスチックを再利用することができます。 ケミカル・リサイクには、主に以下の3つの方法があります。 1. 熱分解廃棄プラスチックを加熱して分解し、ガソリンや軽油などの燃料を生成します。 2. ガス化廃棄プラスチックを高温・高圧で気体化し、水素や一酸化炭素などのガスを生成します。 3. 水素化分解廃棄プラスチックを水素と反応させ、メタンやエタンなどのガスを生成します。 これらのガスは、化学工業の原料として利用することができます。例えば、エチレンはポリエチレンやポリスチレンなどのプラスチックを製造するために使用されます。また、メタンは天然ガスの主成分であり、燃料として利用することができます。
エネルギーに関すること

原子力村と日本の電力事情

- 原子力村とは - 原子力村とは、原子力産業に関連する企業や団体、研究機関などが相互に協力しあって形成されたネットワークのことです。原子力発電所を建設・運営する電力会社や原子力関連の機器メーカー、原子力研究機関などがその中核を占めており、関連する省庁や政治家も含まれます。 原子力村は、原子力発電を推進するための政策立案や資金調達、技術開発などを行うことで、日本の原子力産業の発展に貢献してきました。しかし、原子力発電の安全性や放射性廃棄物の処理方法などについて問題が提起されるようになり、原子力村の存在が批判されることも少なくありません。 原子力村は、原子力発電の推進を目的とした政策立案や資金調達、技術開発などを行うことで、日本の原子力産業の発展に貢献してきました。しかし、原子力発電の安全性や放射性廃棄物の処理方法などについて問題が提起されるようになり、原子力村の存在が批判されることも少なくありません。
制度に関すること

建設リサイクル法とは?

建設リサイクル法とは、建設発生土やコンクリートくずなどの建設残材を有効活用し、循環型社会の形成を推進する法律です。建設リサイクル法の目的は、建設残材の発生抑制、再資源化の促進、適正処理の確保などです。また建設リサイクル法は建設残材の発生の抑制についても定めており、建設工事の発注者に対して建設残材の発生量を抑制するよう努める義務を課しています。また、建設リサイクル法は建設残材の再生利用の促進についても定めており、再生砕石や再生コンクリートなどの建設資材の利用や、建設残材を資源として利用する技術の開発を促進しています。さらに、建設リサイクル法は建設残材の適正処理の確保についても定めており、建設残材を適正に処理するための処理施設の整備、処理方法の基準の設定などを行っています。