「カ」

ゴミに関すること

ガラスくず及び陶磁器くずについて

ガラスくず及び陶磁器くずとは ガラスくずとは、ガラス製品を加工したり、破損したりした際に発生する廃棄物のことであり、陶磁器くずとは、陶磁器製品を加工したり、破損したりした際に発生する廃棄物のことをいいます。どちらも、一般家庭や事業者から排出される廃棄物であり、適切な処理が行われないと、環境汚染の原因となってしまいます。
環境問題に関すること

気候変動対策に不可欠!カーボン・プライシングとは?

カーボン・プライシングとは、温室効果ガス排出に価格をつける制度の総称です。カーボン・プライシングの主要な仕組みとしては、炭素税や排出量取引制度(ETS)の2つがあります。炭素税は、温室効果ガスを排出する際に課される税金であり、排出する温室効果ガスの量に応じて税額が課されます。 排出量取引制度(ETS)は、排出許容量を発行し、企業や組織が温室効果ガスを排出する際に排出許容量を保有していなければならない制度です。排出許容量は、取引市場で売買することができ、排出量の削減に努める企業や組織は、排出許容量を保有していない企業や組織から排出許容量を購入することができます。
制度に関すること

環境監査とは?その意義と進め方

環境監査の必要性と意義 環境監査は、企業や組織が環境に関する法規制や規格に準拠していることを確認し、環境へのリスクを評価するための重要なツールです。環境監査を実施することで、企業や組織は環境への影響を軽減し、環境保全に貢献することができます。また、環境監査は、環境マネジメントシステムの有効性を評価し、改善するための重要なツールでもあります。環境監査を実施することで、企業や組織は環境マネジメントシステムの有効性を評価し、改善のための課題を特定することができます。
環境問題に関すること

海洋の健康診断表とは?

-#海洋の健康診断表とは何か?-# 海洋の健康診断表とは、海洋の健康状態を総合的に評価するための指標です。 海洋の健康状態は、水質、海洋生物の多様性、海洋の生産性など、さまざまな要素によって決まります。 海洋の健康診断表は、これらの要素を総合的に評価することで、海洋の健康状態を客観的に判断することができます。 海洋の健康診断表は、海洋環境の保全や海洋資源の持続可能な利用を目的として、世界各国で作成されています。 海洋の健康診断表は、海洋環境の保全や海洋資源の持続可能な利用を目的として、世界各国で作成されています。 この表は、海洋の健康状態を評価するための指標を定め、海洋の健康状態を数値化して表したものです。 これにより、海洋の健康状態を定点観測したり、海域間で比較したりすることが可能になります。
環境問題に関すること

海洋基本法とは? – 海の恵みを守るための法律

海洋基本法とは、海の恵みを守り、海の持続可能な利用を促進するための法律です。この法律は、海洋の重要性と課題を明らかにし、海洋の保全と利用に関する基本的な方針を定めています。 海洋は、地球の表面の約7割を占める広大な海域です。海洋は、人類に食料やエネルギー、鉱物資源などの様々な恵みをもたらしています。また、海洋は、地球の気候変動を調節し、生物多様性を維持する役割を果たしています。 しかし、近年、海洋は、海洋汚染や乱獲、気候変動などの様々な脅威にさらされています。海洋汚染は、海洋生物に悪影響を与えるだけでなく、人間の健康にも害を及ぼしています。乱獲は、海洋生物の個体数を減少させ、海洋生態系を破壊しています。気候変動は、海水温の上昇や海面上昇を引き起こし、海洋生物や沿岸地域に大きな影響を与えています。 海洋基本法は、このような海洋の重要性と課題を踏まえ、海洋の保全と利用に関する基本的な方針を定めています。この法律は、海洋の保全と利用の両立を図り、海洋の恵みを未来の世代に引き継ぐことを目的としています。
環境問題に関すること

環境負荷を理解して持続可能な社会を目指す

環境負荷とは、人間の活動によって環境に与えられる悪影響のことです。環境負荷には、大気汚染、水質汚染、土壌汚染、気候変動など、さまざまなものがあります。これらの環境負荷は、人間の健康や生態系に悪影響を及ぼします。 環境負荷を軽減するためには、人間の活動を見直す必要があります。例えば、化石燃料の使用を減らすことで大気汚染を軽減することができます。また、水の使用量を減らすことで水質汚染を軽減することができます。さらに、森林を守ることで土壌汚染を防ぐことができます。 環境負荷を軽減することで、持続可能な社会を実現することができます。持続可能な社会とは、環境に配慮しながら、人間が豊かに暮らすことができる社会のことです。持続可能な社会を実現するためには、一人一人が環境負荷を理解し、環境に配慮した行動をとることが大切です。
制度に関すること

環境影響評価法を徹底解説

環境影響評価法とは、事業計画に伴う実施区域の現況、事業の実施及び事業完了後の状況等について、あらかじめ環境に対する影響を調査・予測し、事業を行おうとする者が、その調査・予測の結果を国や地方公共団体に提出させ、それらを受け取った国や地方公共団体が調査・予測書に記載された事柄について審査し、その結果を公表することで、事業による環境への影響に配慮した実施を確保することを目的とした法律です。公共事業や民間事業など、環境に重大な影響を与える可能性のある事業を計画した事業者は、環境への影響を調査・予測し、その結果を国や地方公共団体に提出することが義務付けられています。 国や地方公共団体は、提出された調査・予測書に基づいて、事業による環境への影響を審査し、その結果を公表します。事業者は、国の審査結果を踏まえて、事業を実施することができます。
環境問題に関すること

環境パフォーマンスとは?環境負荷削減の指標

環境パフォーマンスとは、企業や組織が環境に及ぼす影響を測定する指標のことです。環境負荷を削減し、持続可能な社会の実現を目指すために、企業や組織は環境パフォーマンスを改善することが求められています。環境パフォーマンスの測定には、GHG(温室効果ガス)排出量や水使用量、廃棄物量など、さまざまな指標が用いられます。 環境パフォーマンスの定義は、地球環境との調和を図りながら、経済活動を継続していく上で求められる企業の義務や取り組みを指す。環境パフォーマンスは、企業の環境への影響を測定し、その改善を図るための指標として用いられる。
環境問題に関すること

環境難民とは? – 気候変動と人の移動

環境難民とは、環境破壊や気候変動などの環境問題によって、自らの住む土地を追われた人々を指す言葉です。気候変動による海面上昇、砂漠化、洪水などの自然災害から逃れようとする人々、環境汚染や産業開発によって住む場所を失った人々、そして、紛争や迫害から逃れるために移動せざるを得ない人々など、さまざまな背景を持つ人々が含まれます。 環境難民は、しばしば、貧困、差別、暴力などの状況に直面します。彼らは、安全な住居、食料、水、医療などの基本的なサービスを受けられず、教育や雇用の機会も限られています。また、環境難民は、しばしば、先住民族や少数民族など、すでに社会的、経済的に脆弱な立場にある人々が含まれるため、さらに深刻な影響を受けます。 環境難民の問題は、気候変動の進行とともに、今後ますます深刻化することが懸念されています。世界銀行の報告書によると、2050年までに、気候変動の影響によって、世界で最大2億1600万人の人々が環境難民になる可能性があるとされています。
環境問題に関すること

家畜ふん尿管理・リサイクル法とは?

家畜ふん尿管理・リ循環法とは、家畜ふん尿の適正な管理とリ循環を推進し、環境保全と資源利用を図るとともに、家畜の生産性の向上や畜産経営の安定化を目的に制定された法律です。 家畜ふん尿管理・リ循環法の目的は、家畜ふん尿の適正な管理とリ循環を推進し、環境保全と資源利用を図るとともに、畜産の生産性の向上や畜産経営の安定化を図ることです。 家畜ふん尿の適正な管理とリ循環とは、家畜ふん尿の排出量をできる限り少なくし、排出された家畜ふん尿を適切に処理し、資源として利用することです。 家畜ふん尿の排出量をできる限り少なくすることには、家畜の飼料や飼育方法を改善することが挙げられます。家畜ふん尿を適切に処理することには、堆肥化やバイオガス化などが挙げられます。 家畜ふん尿を資源として利用することには、肥料や飼料、バイオマスエネルギーとしての利用などが挙げられます。
化学物質に関すること

化学物質アドバイザーの役割と活動

化学物質アドバイザーとは、化学物質の安全な取り扱いに関する専門的な知識と経験を持つ専門家のことです。化学物質は、私たちの日常生活の中で広く利用されており、その安全な取り扱いは、健康と環境を守るために重要です。化学物質アドバイザーは、化学物質の特性や取り扱いの方法について、企業や個人に助言や指導を行うことで、化学物質による事故や健康被害の防止に貢献しています。 化学物質アドバイザーの仕事は、化学物質のリスクアセスメントや、化学物質の安全な取り扱い方法に関するアドバイス、化学物質規制に関するコンサルティングなど、多岐にわたります。また、化学物質に関する最新の情報を収集・分析し、それを企業や個人に提供することも重要な仕事です。 化学物質アドバイザーになるには、化学や環境に関する専門的な知識と経験が必要です。化学物質アドバイザーの資格を取得するには、化学物質の取り扱いに関する講習会を受講したり、試験に合格したりする必要があります。
大気環境に関すること

乾性沈着のメカニズムと影響

乾性沈着とは何か 乾性沈着とは、大気中の汚染物質が大気中にある粒子や表面に付着するプロセスである。乾性沈着は、粒子が汚染物質と衝突する際の慣性力、重力、ブラウン運動によって引き起こされる。乾性沈着は、粒子径が大きいほど、粒子密度が高いほど、風速が小さいほど、表面が粗いほど、表面が湿っているほど、汚染物質が大気中に存在する時間の長さが長くなるほど、その割合が高くなる。乾性沈着は、大気中の汚染物質の濃度に影響を与える重要な要因であり、大気質を改善するための対策を検討する際に考慮されなければならない。
環境問題に関すること

環境責任指令とは?

-環境責任指令の概要- 環境責任指令(Environmental Liability Directive)は、2004年に制定された欧州連合の環境指令です。その目的は、環境汚染の被害を軽減し、汚染者に対して被害の回復を義務付けることです。 環境責任指令は、産業活動、廃棄物管理、土壌汚染など、さまざまな環境分野を対象としています。 環境責任指令は、汚染者の厳格責任を原則としています。 つまり、汚染者には、過失の有無にかかわらず、環境汚染の被害を回復する責任があるということです。しかし、環境責任指令は、汚染者が汚染を回避するため合理的な注意を払っていた場合や、環境汚染が不可避であった場合など、免責される場合も定めています。 環境責任指令は、汚染者に対し、環境汚染の被害回復に必要な措置を講じることを義務付けています。 具体的な措置としては、汚染物質の除去、汚染された土壌の浄化、汚染された水域の再生などが含まれます。また、環境汚染指令は、汚染者が被害者に対して損害賠償を支払うことを求めることもあります。 環境責任指令は、環境汚染の被害を軽減し、汚染者に対して被害の回復を義務付けることで、環境の保護に役立っています。 環境責任指令は、環境汚染を防止するための予防措置を講じることで、環境汚染の被害を軽減することができます。また、環境責任指令は、汚染者に対して被害の回復を義務付けることで、汚染者が環境汚染を防止するため合理的な注意を払うことを促しています。
環境問題に関すること

環境容量とは?環境汚染物質の許容量を解説

-環境容量の意味と重要性- 環境容量とは、ある環境が汚染物質の負荷を受け入れて処理できる最大限の量のことです。環境容量は、環境の生態系や人間活動への影響を考慮して設定されます。 環境容量は重要です。環境容量を超えて汚染物質が排出されると、環境の生態系や人間活動に悪影響を及ぼすからです。例えば、汚染物質が水域に排出されると、水質が汚染されて魚やプランクトンなどが死滅してしまいます。また、汚染物質が大気中に排出されると、大気汚染が起こり、呼吸器系や循環器系の疾患を引き起こす可能性があります。 環境容量を守るために、汚染物質の排出を抑制することが重要です。汚染物質の排出を抑制するためには、工場や自動車などから排出される汚染物質を削減する必要があります。また、森林や湿地など、環境の浄化機能を高める対策を講じることも重要です。 環境容量は、環境の保全と持続可能な発展のための重要な概念です。環境容量を守ることで、環境の生態系と人間活動を守ることができます。
環境問題に関すること

カエルツボカビ症とは何か?生態、感染経路、世界への影響

カエルツボカビ症とは、カビの一種であるツボカビの一種によって引き起こされる致命的な水生菌感染症です。この菌は、カエルの皮膚に侵入し、心臓や他の臓器に広がります。感染したカエルは、体重減少、食欲不振、皮膚の異常、そして最終的には死に至ります。 カエルツボカビ症は、世界中のカエルに壊滅的な影響を与えており、すでに数百種のカエルが絶滅したと考えられています。この病気は、特に温暖で湿気の多い気候のカエルに影響を与えやすいです。また、カエルの生息地の破壊や、ペットとしての人間との接触によっても、この病気の蔓延を助長していると考えられています。 カエルツボカビ症の感染経路は、まだ完全に解明されていません。しかし、感染したカエルとの接触、または汚染された水や土壌を介して広がることが分かっています。感染したカエルの皮膚に傷がある場合、細菌が侵入しやすくなります。 カエルツボカビ症は、カエルに壊滅的な影響を与えており、多くの種類の絶滅を招いています。この病気の蔓延を防ぐためには、カエルの生息地を保護し、ペットとしての人間との接触を避けることが重要です。また、感染したカエルの早期発見と治療も重要です。
環境問題に関すること

環境リスクとは何か?

環境リスクとは、人間の活動によって引き起こされる自然環境に対する悪影響のことです。 例えば、大気汚染や水質汚染、廃棄物の不適切な処理などが挙げられます。環境リスクは、自然生態系の破壊、生物多様性の喪失、人間の健康被害など、さまざまな悪影響をもたらします。 環境リスクは、自然環境を保護する法律や規制によって管理されています。しかし、環境リスクを完全に排除することはできません。なぜなら、人間の活動が自然環境に与える影響は複雑で、予測することが難しいからです。 そのため、環境リスクを管理するためには、自然環境に関する知識を深め、人間の活動が自然環境に与える影響を理解することが重要です。また、自然環境を保護するための法律や規制を整備し、それらを厳格に執行することが必要です。
環境問題に関すること

乾溜ガス化とは?産業廃棄物処理に利用される技術

乾溜ガス化とは、廃棄物に熱を掛け、酸素の供給を少なくして分解し、ガス化する処理技術のことです。このプロセスでは、廃棄物に含まれる有機物が熱によって分解され、水素、メタン、一酸化炭素などの可燃性ガスが生成されます。生成されたガスはそのまま燃料として利用したり、精製して水素やメタンなどの有用な化学原料として利用したりすることができます。 乾溜ガス化は、産業廃棄物の処理に適した技術として注目されています。産業廃棄物には、プラスチック、ゴム、木材、繊維など、様々な種類の有機物が含まれていますが、乾溜ガス化では、これらの有機物を効率的にガス化することが可能です。さらに、乾溜ガス化は、 dioxin などの有害物質の生成を抑えることができるため、環境にも優しい技術として評価されています。
環境問題に関すること

環境危機時計とは?地球環境の現状と危機感を学ぶ

公益財団法人旭硝子財団とは、1932 年に設立された公益財団法人です。同財団は、ガラスの研究開発や文化振興に関する事業、ならびに社会貢献活動を行っています。また、環境問題に関する事業にも積極的に取り組んでおり、その一環として「環境危機時計」の運営を支援しています。 環境危機時計は、地球環境の現状と将来の見通しを示した世界的な指標です。その内容は、気候変動、生物多様性、水資源、森林、海洋汚染の 5 つの分野で構成されています。各分野の状況は、科学者や専門家による調査に基づき、時計の針として表示されます。針が 12 時に近いほど、その分野の危機感が高まっていることを意味します。 環境危機時計は、地球環境の現状と将来の見通しをわかりやすく示すことで、人々に危機感を呼び起こし、環境問題への取り組みを促すことを目的としています。公益財団法人旭硝子財団は、このプロジェクトを支援することで、地球環境の保全に貢献しています。
ゴミに関すること

紙くずってなに?環境に与える影響とは

紙くずとは? 紙くずとは、一般的に使用済み紙を指す。主に新聞、雑誌、紙の包装材、段ボール、コピー用紙、印刷用紙、事務書類などである。紙くずは、私たちの日常生活の中で大量に発生している。2019年の日本の紙くずの発生量は約3,000万トンであり、これは、1人当たり年間約237kgに相当する。紙くずの発生量は、年々増加傾向にあり、2030年には約3,500万トンに達すると推定されている。
リサイクルに関すること

紙製容器包装のすべてがわかる!知っておきたい基礎知識

紙製容器包装とは、紙や段ボールなどの紙系材料を主原料として作られた、食品や日用品などの容器や包装のことです。一般的には、紙でできた箱や袋のことを指します。紙製容器包装は、その軽さとリサイクル性の高さから、環境に優しい容器包装として注目されています。また、紙の表面に印刷を施すことで、商品のアピールや宣伝を行うこともできます。紙製容器包装は、食品、日用品、医薬品、化粧品など、さまざまな分野で使用されています。 紙製容器包装には、主に以下のような種類があります。 * 紙箱食品や日用品、医薬品、化粧品など、さまざまな商品を包装するために使用されます。 * 紙袋食品や日用品、衣類など、さまざまな商品を包装するために使用されます。 * 段ボール箱家具や家電製品、機械部品など、重量物の梱包に使用されます。 * 段ボールシート家具や家電製品、機械部品など、重量物の梱包に使用されます。 * 紙管食品や日用品、医薬品、化粧品など、さまざまな商品を包装するために使用されます。 紙製容器包装は、その軽さとリサイクル性の高さから、環境に優しい容器包装として注目されています。また、紙の表面に印刷を施すことで、商品のアピールや宣伝を行うこともできます。紙製容器包装は、食品、日用品、医薬品、化粧品など、さまざまな分野で使用されています。
環境問題に関すること

科学万能主義とは?メリットとデメリット

科学万能主義とは、科学が唯一の真実の手段であり、人間のあらゆる問題を解決できるとする考え方です。科学万能主義は、産業革命と啓蒙主義の時代、17世紀から19世紀にかけて、科学的な知識と技術が急激に進歩した時期に生まれました。この時代、科学者は「科学が人間のあらゆる問題を解決できる」と信じ、科学万能主義は広く受け入れられました。 科学万能主義にはいくつかのメリットがあります。科学は、人間の生活を向上させるための新しい技術や治療法を開発するのに役立ちます。たとえば、科学のおかげで私たちは、病気や怪我を治すための薬を開発したり、より効率的な農業技術を開発したりすることができました。科学万能主義はまた、私たちが世界を理解し、説明するのに役立ちます。例えば、科学のおかげで私たちは、宇宙の構造や、地球上の生命の進化について学ぶことができました。
組織・団体に関すること

環境諮問委員会【米国】とは?役割と目的を解説

環境諮問委員会【米国】とは、大統領に環境に関する助言を行うために設置された諮問機関です。大統領によって任命された15人のメンバーで構成され、環境保護団体、企業、労働組合、学界、地方政府など、さまざまな分野の専門家が含まれています。 環境諮問委員会の役割は、環境保護に関する大統領への助言、環境政策の策定、環境に関する世論の啓発などです。また、環境に関する調査や研究も行い、その結果を大統領や議会に報告しています。 環境保護が重要な課題となっている米国において、環境諮問委員会は重要な役割を果たしています。委員会の助言は、環境政策の策定に大きな影響を与えており、環境保護に関する世論の啓発にも貢献しています。
環境問題に関すること

海面上昇とは?原因・影響・対策まとめ

海面上昇とは、海面が長期的に上昇する現象を指します。 気候変動に関連する海面上昇は、1880年以降、約20センチメートル上昇しており、現在も加速しています。海面上昇の原因は、主に2つあります。 1つは、氷河や氷床が溶けることによるものです。地球温暖化により、氷河や氷床が溶けて海に流れ込み、海面が上昇しています。もう1つの原因は、海水が膨張することによるものです。地球温暖化により、海水温が上昇しています。海水の温度が上がると、体積が膨張し、海面が上昇します。これらの原因により、海面上昇が加速しており、世界の沿岸地域に大きな影響を与えています。
制度に関すること

家電エコポイントを知ろう

家電エコポイントとは、エネルギー消費の少ない家電製品の購入に対して、ポイントが還元される制度のことです。この制度は、エネルギー消費の少ない家電製品の購入を促進し、省エネ化を図ることを目的としています。 家電エコポイント制度は、2009年10月に開始され、2012年3月末に終了しました。この制度では、エネルギー消費の少ない家電製品の購入に対して、購入金額に応じてポイントが還元されました。 家電エコポイントの還元額は、製品の種類や省エネ性能によって異なりました。例えば、省エネ性能の高いエアコンを購入した場合には、10,000円のポイントが還元されました。 家電エコポイント制度は、省エネ化を図るために有効な制度でしたが、現在は終了しています。しかし、現在でも、省エネ家電製品を購入すると、税制上の優遇措置を受けることができます。