「J」

制度に関すること

【JBIC解説】環境分野におけるJBICの取り組み

JBICとは、国際協力銀行の略称であり、1999年に国際協力事業団や海外経済協力基金などの政府系金融機関が統合して誕生した金融機関です。国際協力金融として、途上国や新興国における経済開発や社会インフラの整備、国際貿易の促進などに資金協力を実施しています。また、環境分野では、低炭素社会の構築や気候変動への対策に資する事業を支援しています。
環境問題に関すること

J-クレジット制度とは?仕組みや活用方法を解説

J-クレジット制度の概要 J-クレジット制度とは、国内の温室効果ガス排出削減・吸収量を国が認証し、クレジットとして発行する制度です。このクレジットは、企業や団体が温室効果ガス排出量を削減するために活用することができます。J-クレジット制度は、2013年4月にスタートし、これまでに約1億トンのクレジットが発行されています。 J-クレジット制度の仕組みは、まず、温室効果ガス排出削減・吸収量を算定する必要があります。算定方法は、国が定めた「J-クレジット算定・認証基準」に従って行います。算定した排出削減・吸収量は、J-クレジットセンターに申請し、審査を受けます。審査に合格すると、J-クレジットが発行されます。J-クレジットは、取引所で売買することができます。企業や団体は、J-クレジットを購入して、温室効果ガス排出量を削減することができます。 J-クレジット制度は、温室効果ガス排出削減を促進し、地球温暖化対策に貢献する制度です。企業や団体は、J-クレジット制度を活用することで、温室効果ガス排出量を削減し、環境への負荷を軽減することができます。
組織・団体に関すること

JICAとは何か?その役割と活動について

JICAの役割と活動は、途上国への支援として、技術協力、資金協力、青年海外協力隊などの事業を行っています。技術協力では、途上国の人材を日本に招いて研修を行ったり、日本の専門家を派遣して途上国で支援活動を行ったりしています。資金協力では、途上国のインフラ整備や経済開発などのプロジェクトに資金を提供しています。青年海外協力隊は、日本の若者を途上国に派遣して、現地の生活や文化を学びながら、途上国の人々と協力して開発活動を行う事業です。JICAの事業は、途上国の経済発展や社会開発に貢献しています。
制度に関すること

JUSSCANNZとは?EUに所属しない先進国のグループ

JUSSCANNZは、EUに所属しない先進国グループであり、日本、米国、スイス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの6か国で構成されています。このグループは、1981年に日本の提案により設立され、以来、定期的に会合を開いて経済や安全保障などの幅広い問題について協議を行ってきました。 JUSSCANNZの目的は、加盟国の間の協力関係を強化し、共通の問題や課題への対応を図くことです。このグループは、加盟国の間での貿易や投資の自由化を促進し、経済成長と繁栄を図ることを目指しています。また、加盟国の間の安全保障協力や、国際社会における共通の利益の促進にも取り組んでいます。 JUSSCANNZは、加盟国にとって重要な役割を果たしており、加盟国の間での協力関係の強化に貢献してきました。このグループは、加盟国の間の経済や安全保障に関する政策の調整を促進し、共通の問題や課題への対応を図ることにより、加盟国の利益を守り、加盟国の繁栄に寄与しています。