「I」

環境問題に関すること

ISO14000とは何か?環境マネジメントの国際規格

ISO14000 とは、国際標準化機構 (ISO) が制定した、環境マネジメントに関する国際規格のシリーズです。環境マネジメントとは、企業や組織が、事業活動による環境への影響を適切に管理し、環境保全を推進するための仕組みや活動のことです。ISO14000 は、環境マネジメントを効果的に行うための指針や要求事項を提供しています。 ISO14000 は、1996年に最初の規格である ISO14001 が発行されて以来、継続的に改訂されています。現行のISO14001は、2015年に発行され、組織が環境マネジメントシステムを構築し、運用するための要求事項が定められています。ISO14001は、環境マネジメントシステムを構築し、運用するための要求事項が定められています。組織は、この要求事項を満たすことで、環境マネジメントを効果的に行うことができ、環境保全に貢献することができます。
制度に関すること

ISO26000とは?社会的責任に関するガイダンス規格をわかりやすく解説

ISO26000の概要 ISO26000は、社会的責任に関するガイダンス規格であり、組織が社会的責任をどのように実践すればよいかについて、包括的な指針を提供しています。 この規格は、2010年に国際標準化機構(ISO)によって発行され、世界中の組織で使用されています。 ISO26000は、組織が社会的責任を実践する際に考慮すべき7つのコア主題を特定しています。それらは、 ・組織のガバナンス ・人権 ・労働慣行 ・環境 ・公正な事業慣行 ・消費者の問題 ・地域社会への関与 です。 ISO26000は、組織がこれらのコア主題に関する課題を特定し、それらを解決するための計画を策定し、その計画を実施し、その結果を監視するためのフレームワークを提供しています。この規格は、組織が社会的責任を効果的に実践し、ステークホルダーからの信頼を獲得するのに役立ちます。
組織・団体に関すること

INFOTERRA:環境に関する用語解説

INFOTERRA環境に関する用語解説 INFOTERAとは何か? INFOTERRA(国際環境技術情報ネットワーク)は、国連環境計画(UNEP)が設立する政府間機関等の公的機関や大学等の研究機関、民間公益団体、民間企業等の非政府機関によって構成されたネットワークです。 INFOTERRAネットワークは、環境用語の定義や環境問題に関する情報、データ、経験を提供しています。 さらに、環境分野における知識を共有し、各国の環境管理能力を強化することを目的とした情報交換、技術協力、研修などを行っています。
制度に関すること

ISO9001とは?環境に関する用語を解説

ISO9001とは、国際標準化機構(ISO)によって制定された、品質マネジメントシステム(QMS)に関する規格です。ISO9001の目的は、組織が顧客に満足を提供し、顧客の満足を継続的に向上させることを目的としています。 ISO9001は、組織が製品やサービスの品質を向上させるために、品質マネジメントシステムを導入し、維持し、改善することが求められます。ISO9001の要求事項は、組織の規模や業種に関係なく、あらゆる組織に適用することができます。 ISO9001は、組織が顧客に満足を提供し、顧客の満足を継続的に向上させることで、組織の業績を向上させることができます。また、ISO9001は、組織が効率的に運営され、リスクを管理することができるよう支援します。
組織・団体に関すること

IIASAとは?国際応用システム分析研究所の目的と活動

IIASAとは?国際応用システム分析研究所の目的と活動 -IIASAの設立目的と背景- 国際応用システム分析研究所(IIASA)は、1972年に設立された国際的な研究機関です。IIASAは、世界的な課題を解決するために、システム分析と応用研究を行うことを目的としています。IIASAは、世界各国から集まった約100人の研究員と、約50人のスタッフによって構成されています。 IIASAの設立には、冷戦時代の東西対立が背景にあります。1960年代後半、米国とソ連は、核兵器の開発競争を激化させていました。この競争は、地球規模の核戦争のリスクを高めるものでした。そこで、米国とソ連は、核戦争のリスクを軽減するために、IIASAを設立することで合意しました。 IIASAは、当初、核兵器の開発競争を分析し、核戦争のリスクを軽減するための政策を策定することを目的としていました。しかし、その後、IIASAの研究対象は、環境問題、エネルギー問題、食糧問題など、世界的な課題全般に拡大していきました。 現在、IIASAは、世界的な課題を解決するための政策を策定することを目的として、システム分析と応用研究を行っています。IIASAの研究成果は、世界の政策立案者や企業に広く利用されています。
環境問題に関すること

IPCC1.5℃特別報告とは何か?その概要と重要性

-IPCC1.5℃特別報告とは?- IPCC1.5℃特別報告とは、2018年にIPCC(気候変動に関する政府間パネル)によって発表された報告書です。この報告書は、産業革命前と比べて地球の平均気温の上昇を1.5℃未満に抑えることの影響と、その達成に必要な対策について焦点を当てています。 IPCC1.5℃特別報告は、1.5℃の温暖化がもたらす影響は、2℃の温暖化よりもはるかに小さく、また、1.5℃の温暖化を達成するために必要な措置は、2℃の温暖化を達成するために必要な措置よりもはるかに少ないことを明らかにしています。しかし、1.5℃の温暖化を達成するためには、温室効果ガスの排出量を大幅に削減する必要があります。 IPCC1.5℃特別報告は、1.5℃の温暖化を達成するために必要な対策として、再生可能エネルギーへの移行、エネルギー効率の向上、森林伐採の抑制などを挙げています。また、報告書は、1.5℃の温暖化を達成するためには、国際協調が必要であることも強調しています。 IPCC1.5℃特別報告は、気候変動対策にとって重要な報告書であり、世界各国が気候変動対策を検討する上で重要な役割を果たしています。
環境問題に関すること

ISO14001とは?環境マネジメントシステム規格の基本

ISO14001とは、環境マネジメントシステムの規格です。 環境への負荷を軽減し、環境保全を促進することを目的としています。 ISO14001は、1996年に国際標準化機構(ISO)によって制定されました。現在は、世界160カ国以上で採用されており、環境マネジメントシステムの国際的な基準となっています。 ISO14001は、企業や組織が環境への影響を管理するためのフレームワークを提供しており、環境保全への取り組みを評価するための基準としても使用されています。 ISO14001の認証を取得するためには、ISO14001の要求事項を満たした環境マネジメントシステムを構築する必要があります。環境マネジメントシステムの構築には、環境方針の策定、環境アスペクトの特定、環境目的・目標の設定、環境マネジメントプログラムの策定などが含まれます。
環境問題に関すること

IPCC第3次評価報告書とは?概要と内容を解説

IPCCとは?その役割と目的 IPCC(気候変動に関する政府間パネル)は、1988年に国連環境計画(UNEP)と世界気象機関(WMO)によって設立された気候変動に関する科学、技術、社会経済的な側面を包括的に評価する国際機関です。IPCCの主な目的は、気候変動に関する科学的な情報を提供し、政策立案者や世間の意思決定を支援することです。IPCCは、世界中の気候変動の専門家によって構成されており、その評価報告書は、気候変動に関する最新の科学的知見をまとめた権威ある文書として世界的に高く評価されています。
環境問題に関すること

IPCC第4次評価報告書とは?

IPCCとは、気候変動に関する政府間パネルの略称であり、気候変動に関する科学的、技術的、社会経済的情報提供を目的として、1988年に世界気象機関(WMO)と国連環境計画(UNEP)によって設立されました。IPCCは気候変動に関する最新の科学的情報を定期的に評価・報告することで、気候変動政策に関する意思決定を支援しています。
環境問題に関すること

IPCC第二次評価報告書:気候変動に関する理解を深める

IPCC第二次評価報告書とは何か IPCC第二次評価報告書とは、1995年に当時の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)議長であるロバート・ワッツによって発行された報告書である。 この報告書は、1992年に発行されたIPCCの第一次評価報告書に続くものです。第二次評価報告書は、気候変動の科学、影響、緩和、適応に関する包括的な評価を提供した。 この報告書は、気候変動の科学的側面について、いくつかの重要な結論を導き出した。第一に、人間の活動が気候変動の原因であるという証拠が確実であると結論づけた。第二に、気候変動の影響はすでに世界中で感じられており、今後さらに悪化すると結論づけた。第三に、気候変動を緩和し、それに適応するための政策や行動をとることが可能であると結論づけた。 IPCC第二次評価報告書は、気候変動に関する理解を深め、気候変動に対処するための行動を促進する上で重要な役割を果たした。この報告書は、京都議定書やパリ協定などの気候変動に関する国際的な取り組みの基礎となった。
環境問題に関すること

IPCC第5次評価報告書とは何か

IPCC第5次評価報告書とは何か IPCC第5次評価報告書(AR5)とは、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が2013年から2014年にかけて発表した気候変動に関する評価報告書である。 IPCCは、気候変動が環境、経済、社会に与える影響を科学的に評価し、政策立案者に情報提供することを目的とした国際機関であり、世界気象機関(WMO)と国連環境計画(UNEP)によって1988年に設立された。 IPCC第5次評価報告書の概要 IPCC第5次評価報告書は、気候変動に関する最も包括的な科学的評価であり、1951年から2010年までの気候変動の観察結果、気候変動の原因と影響、および気候変動を緩和するための対策についてまとめられている。 この報告書は、8人の共同議長と、40カ国から選出された250人の科学者によって作成された。 IPCC第5次評価報告書は、気候変動が人間の影響によって引き起こされていることを強く示している。報告書は、1951年から2010年までの温暖化の0.2~0.3℃の増加のうち、少なくとも0.5℃は人間の影響によるものであるとしている。この温暖化は、産業革命以降の大気中の温室効果ガスの排出量の大幅な増加が主な原因である。 IPCC第5次評価報告書はまた、気候変動がすでに世界中に影響を及ぼしており、今後さらに影響が大きくなる可能性が高いことも指摘している。報告書は、海面上昇、極端な気象現象の増加、生態系の変化など、気候変動がもたらす影響を詳細に分析している。 IPCC第5次評価報告書は、気候変動を緩和するための対策についても検討している。報告書は、温室効果ガスの排出量を削減するためのさまざまな政策や技術について分析し、気候変動を2℃未満に抑えるためには、2050年までに世界の温室効果ガス排出量を40~70%削減する必要があると結論づけている。
制度に関すること

ISO9000とは?環境に関する重要な用語

ISO9000とは、製品やサービスの品質を確保するための国際規格です。1987年に初めて発行され、現在では170カ国以上で使用されています。ISO9000は、組織が品質管理システムを構築し、維持するための要件を規定しています。これにより、組織が製品やサービスの品質を継続的に改善することができ、顧客満足度の向上につながります。 ISO9000は、品質に関する以下の重要な用語を定義しています。 * -品質-顧客のニーズや期待を満たす製品やサービスの特性のことです。 * -品質管理システム-組織が製品やサービスの品質を管理するために構築するシステムのことです。 * -品質保証-製品やサービスの品質を確保するために実施する活動のことです。 * -品質改善-製品やサービスの品質を継続的に改善するために実施する活動のことです。 ISO9000は、組織が製品やサービスの品質を確保するためのフレームワークを提供します。このフレームワークに従うことで、組織は顧客満足度の向上、コスト削減、生産性の向上など、さまざまなメリットを得ることができます。