「ほ」

環境問題に関すること

北西太平洋地域海行動計画とは?

北西太平洋地域海行動計画とは、北西太平洋地域の海洋環境と沿岸資源を保護するための国際的な協力枠組みです。この計画は、1994年に採択され、10カ国(日本、中国、韓国、ロシア、北朝鮮、モンゴル、ベトナム、フィリピン、インドネシア、マレーシア)が参加しています。 北西太平洋地域海行動計画の概要 北西太平洋地域海行動計画は、次のような4つの主要な目標を掲げています。 1. 海洋環境の保全と管理 2. 持続可能な開発の促進 3. 海洋汚染の防止と削減 4. 地域協力の強化 この計画は、これらの目標を達成するために、次のような活動を実施しています。 * 海洋環境のモニタリングと評価 * 海洋汚染の防止と削減のための措置 * 持続可能な開発を促進するための政策の策定と実施 * 地域協力の強化 北西太平洋地域海行動計画は、北西太平洋地域の海洋環境と沿岸資源を保護するための重要な枠組みです。この計画は、地域の各国が協力して海洋環境の保全と持続可能な開発を推進するための重要な役割を果たしています。
環境問題に関すること

保全生物学とは?

保全生物学とは? 保全生物学の定義 保全生物学は、地球上の生物多様性を保全し、持続可能な形で利用することを目指す学問分野です。 生物多様性は、地球上の生命の多様性であり、生態系を維持する上で重要な役割を果たしています。しかし、近年、人間の活動によって生物多様性が脅かされています。 保全生物学は、生物多様性を保全するための科学的知識や技術を開発し、保全活動を実践することを目的としています。保全生物学の研究対象は、生物多様性の現状や変化、生物多様性を脅かす要因、生物多様性を保全するための方法などです。 保全生物学の研究は、生物多様性の保全だけでなく、生態系の健康を維持し、人間を含む生物の生存を確保するための基盤を提供しています。
環境問題に関すること

北東アジア地域環境プログラムとは?

北東アジア地域環境プログラムとは? -北東アジア地域環境プログラムの背景と概要- 北東アジア地域環境プログラムは、北東アジア地域の国々(日本、中国、韓国、ロシア、モンゴル)が、環境問題に関する協力を行うことを目的としたプログラムです。1993年に開催された「北東アジア諸国環境大臣会議」において、環境分野での協力強化を目的として発足しました。 このプログラムは、北東アジア地域の共通の環境問題を解決するために、各国が協力して取り組むことを目指しています。 具体的な取り組み内容としては、大気汚染、水質汚染、生物多様性の保全、気候変動対策などがあります。また、環境教育や環境に関する情報の交換なども行っています。 北東アジア地域環境プログラムは、北東アジア地域の環境問題を解決するための重要な枠組みとなっています。各国の協力により、地域の環境を改善し、持続可能な社会の実現を目指しています。
環境問題に関すること

ボン合意とは?歴史的背景と主な内容

ボン合意とは? ボン合意とは、2001年12月5日にアフガニスタンにおける内戦終結のための国際会議として開催された「ボン会議」で採択された和平協定のことです。 この会議には、アフガニスタンの中央政府および地方代表者、アフガニスタン周辺国、国連、米国、ロシアなどの主要国が参加しました。ボン合意は、アフガニスタンの将来について主要な合意点となる文書であり、アフガニスタンの政治、経済、社会の再建を規定しています。
地球環境に関すること

ホットエアを知っていますか?

ホットエアとは、温かい空気のことです。通常、空気は加熱されると膨張します。これは、空気中の分子が熱エネルギーを得て、より速く動き回るためです。分子がより速く動き回ると、空気はより多くの空間を占めるようになります。これが、空気の膨張です。 空気は、太陽からの熱エネルギー、地熱、火などによって加熱されます。ホットエアは、気球を浮き上がらせるために使用されます。気球は、比較的軽量な袋にホットエアを入れて作られています。袋が温められると、中の空気が膨張して軽くなり、気球が浮き上がります。 ホットエアは、暖房や乾燥にも使用されます。暖房システムには、空気を温めるためにホットエアが使用されます。乾燥機には、衣類を乾かすためにホットエアが使用されます。 ホットエアは、私たちが生活する上で欠かせないものです。暖房、乾燥、気球など、さまざまな用途に使用されています。
大気環境に関すること

放射強制力とは?わかりやすく解説

放射強制力とは、地球の表面と大気の上端との間のエネルギー差のことです。太陽からの入射エネルギーと地球からの放射エネルギーの差であり、正の値なら地球の温暖化が進み、負の値なら地球が冷却されることを意味します。 放射強制力の単位はW/m2です。1W/m2は、1平方メートル当たりのエネルギーが1秒間に1ワット増加または減少することを意味します。 放射強制力は、地球のエネルギー収支を決定する重要な要素です。エネルギー収支とは、地球が受け取るエネルギーと放射するエネルギーのバランスのことです。エネルギー収支が正の場合、地球はエネルギーを蓄積し、温暖化が進みます。逆にエネルギー収支が負の場合、地球はエネルギーを失い、冷却されます。 放射強制力は、自然要因と人為的な要因の両方の影響を受けます。自然要因としては、太陽活動の変化や火山噴火などがあります。人為的な要因としては、温室効果ガスの排出などが挙げられます。
大気環境に関すること

北極かすみ:北極圏を汚染する謎の現象

北極かすみ北極圏を汚染する謎の現象 北極かすみとは 北極かすみとは、北極圏に観測される大気汚染の一種です。人間の活動によって排出される汚染物質が北極圏にまで運ばれ、大気が汚染されることで発生します。北極かすみは、主にアジアから排出される汚染物質が、偏西風に乗って北極圏に運ばれることで発生します。北極かすみは、偏西風に乗って北極圏に運ばれることで発生します。北極かすみは、大気中に含まれる微小粒子によって発生しています。これらの微小粒子は、主に工場や自動車から排出される汚染物質です。北極かすみは、太陽光線や紫外線などの光線を吸収し、大気を暖める効果があります。そのため、北極の温暖化が加速する原因のひとつとなっています。
ゴミに関すること

ボトムアッシュとは?種類や特徴、処分方法を解説

ボトムアッシュとは、廃棄物や工業燃料などを焼却した後に残る灰の一種です。一般的に石炭火力発電所やごみ焼却炉など、燃焼プロセスでボイラーの底に堆積する灰のことを指します。その組成は、主にシリカ、アルミニウム、鉄、カルシウムなどの元素で構成されており、燃焼条件や燃焼される廃棄物によってその組成は変化します。ボトムアッシュは、その性質から建設資材や農業資材など、さまざまな用途に活用されています。
制度に関すること

環境を守る包装廃棄物指令【EU】

包装廃棄物指令とは、環境を守るために EU が定めた指令です。 この指令は、包装廃棄物の削減、再利用、リサイクルを促進することを目的としています。 包装廃棄物指令は、1994 年に初めて導入され、その後、何度か改正されています。現在の指令は、2018 年に改正されたもので、2020 年 1 月 5 日から施行されています。 包装廃棄物指令は、加盟国に対して、包装廃棄物の削減、再利用、リサイクルに関する目標を設定することを求めています。また、加盟国は、包装廃棄物の管理に関する計画を策定し、実施することが義務付けられています。 包装廃棄物指令は、EU の加盟国だけでなく、EU に輸出する企業にも適用されます。EU に輸出する企業は、包装廃棄物指令の要件を遵守することが義務付けられています。 包装廃棄物指令は、環境を守るための重要な指令です。この指令は、包装廃棄物の削減、再利用、リサイクルを促進し、環境汚染の防止に役立っています。
地球環境に関すること

保護地域作業プログラムとは?

保護地域作業プログラムの歴史 保護地域作業プログラムは、1933年に米国で始まった。当時の米国は、大不況の真っ只中で、多くの人が失業していた。政府は、失業者に雇用の機会を提供するため、さまざまな公共事業を実施していた。その一つが、国立公園や森林などの保護地域での作業プログラムだった。 保護地域作業プログラムは、当初は、失業者に一時的な雇用を提供することを目的としていた。しかし、次第に、保護地域の環境を保護し、復元することを目的とするようになった。現在では、保護地域作業プログラムは、国立公園局、森林局、魚類野生生物局など、さまざまな政府機関によって実施されている。 保護地域作業プログラムに参加する労働者は、さまざまな作業に従事する。森林の伐採や道路の建設、野生の生物の保護、自然教育プログラムの実施など、さまざまな作業がある。保護地域作業プログラムは、失業者に雇用の機会を提供するだけでなく、保護地域の環境を保護し、復元する重要な役割を果たしている。
地球環境に関すること

ボン条約とは?環境用語を解説

ボン条約の概要 ボン条約とは、多様な生物種の保全、持続可能な利用、遺伝資源の公平な共有を目的とした国際条約です。1972年にスウェーデンのストックホルムで開催された国連人間環境会議で採択され、1993年に発効しました。 条約の主な目的は、生物多様性を保全し、持続可能な利用を促進し、遺伝資源の公平な共有を確保することです。また、条約は、絶滅危惧種の国際取引を規制し、遺伝子組み換え生物の利用を管理しています。 ボン条約は、締約国が国内法を整備し、条約の目的を達成するための措置を講じることを義務づけています。締約国は、生物多様性に関する国家戦略を策定し、保護区を指定し、絶滅危惧種の保護活動を実施することが求められています。また、条約は、締約国が遺伝資源の利用から得られる利益を公平に配分することを義務づけています。 ボン条約は、生物多様性の保全に重要な役割を果たしています。2020年までに、生物多様性の損失を食い止めることを目標とする愛知目標を採択しました。愛知目標は、生物多様性の保全と持続可能な利用、および遺伝資源の公平な共有を促進することを目指しています。
環境問題に関すること

放射性廃棄物の基礎知識

放射性廃棄物の基礎知識 放射性廃棄物とは何か? 放射性廃棄物とは、使用済燃料や医療現場で発生する放射性廃棄物、原子力発電所から発生する放射性廃棄物などです。放射性廃棄物は、その放射能の強さや半減期によって、高レベル放射性廃棄物、低レベル放射性廃棄物、およびその他の放射性廃棄物に分類されます。高レベル放射性廃棄物は、ウランやプルトニウムなどの放射能の強い元素を含み、使用済燃料や再処理施設で発生する廃棄物です。低レベル放射性廃棄物は、放射能の強さが比較的弱い放射性廃棄物で、原子力発電所や医療現場で発生します。その他の放射性廃棄物には、放射性同位元素を含む機器や機器の一部、死体や動物の組織などがあります。
リサイクルに関すること

包装・容器廃棄物の発生回避に関する政令【ドイツ】とは

包装・容器廃棄物の発生回避に関する政令の概要 包装・容器廃棄物の発生回避に関する政令は、包装・容器廃棄物の発生を回避するために、製造業者、流通業者、消費者など、包装・容器のライフサイクルに関わるすべての主体に対して、包装・容器の使用を削減するための措置を義務付けるものです。この政令は、2020年1月1日に施行され、これにより、ドイツ国内で包装・容器廃棄物の発生量が大幅に削減されることが期待されています。 政令では、まず、製造業者に対して、包装・容器の使用量を減らすための措置を義務付けています。製造業者は、包装・容器の使用量を減らすために、以下のような措置を講じなければなりません。 ・包装・容器の軽量化や薄型化 ・リサイクル可能な素材の使用 ・複数回使用可能な包装・容器の使用 ・包装・容器の使用量を減らすための技術の開発 政令では、次に、流通業者に対して、包装・容器の使用量を減らすための措置を義務付けています。流通業者は、包装・容器の使用量を減らすために、以下のような措置を講じなければなりません。 ・包装・容器の使用量を減らすための計画の作成と実施 ・包装・容器の使用量を減らすための措置を講じている製造業者からの商品を優先的に仕入れる ・包装・容器の使用量を減らすための措置を講じている消費者に割引や特典を提供する 政令では、最後に、消費者に対して、包装・容器の使用量を減らすための措置を義務付けています。消費者は、包装・容器の使用量を減らすために、以下のような措置を講じなければなりません。 ・包装・容器の使用量を減らすための計画の作成と実施 ・包装・容器の使用量を減らすための措置を講じている製造業者や流通業者からの商品を優先的に購入する ・包装・容器の使用量を減らすための措置を講じている自治体の施策を利用する
地球環境に関すること

北極という用語について

北極という用語について 北極とは何か 北極とは、地球の北端にある地域のことです。 北極圏は、北緯66度33分44秒の北極線から北極点まである地域のことで、日本の北海道や、ロシア、カナダ、アメリカ、グリーンランドなどにまたがっています。北極地域は、氷河やツンドラ、永久凍土などが広がる寒冷地です。北極圏には、イヌイットをはじめとする先住民族が暮らしています。
地球環境に関すること

保護地域・開発統合プロジェクトとは?

保護地域・開発統合プロジェクトとは、開発と自然保護の両立を図るプロジェクトであり、世界各地で実施されています。このプロジェクトでは、保護地域を設置し、その地域内の開発を規制することで、自然保護と開発のバランスを保つことを目指しています。 保護地域・開発統合プロジェクトは、1992年の地球サミットで採択された「生物多様性条約」に基づいて実施されています。生物多様性条約は、生物多様性の保全、持続可能な利用、アクセスと利益配分など、生物多様性に関する国際的な枠組みを定めた条約です。 保護地域・開発統合プロジェクトには、いくつかのメリットがあります。まず、自然保護と開発の両立を図ることができるため、経済発展と環境保全のバランスをとることができます。また、保護地域を設置することで、生物多様性を保全し、生態系を保護することができます。さらに、保護地域は、地域の観光資源として利用することができ、地域の経済発展にも貢献することができます。
エネルギーに関すること

放射性廃棄物処理の基礎知識と安全な処分方法を解説

放射性廃棄物処理とは? 放射性廃棄物処理とは、放射性物質を含む廃棄物を安全かつ適切に処理するプロセスです。放射性物質は、原子力発電所や医療施設、工業施設など様々な場所から発生します。放射性物質は、放射線の一種であるガンマ線やベータ線を放出するため、健康に有害です。 放射性廃棄物処理の目的は、環境と人々を放射線の害から守ることです。放射性廃棄物処理には、様々な方法があり、放射性物質の性質や量に応じて適切な方法を選択する必要があります。 放射性廃棄物処理の主な方法には、貯蔵、処分、再利用があります。貯蔵は、放射性廃棄物を一時的に保管するもので、処理や処分を行うまでの間に行われます。処分は、放射性廃棄物を最終的に廃棄するもので、地下埋設や海洋投棄など様々な方法があります。再利用は、放射性廃棄物の一部を再利用するもので、医療用同位元素の製造や、工業用放射線源の製造などに利用されます。
化学物質に関すること

ポリ塩化ジベンゾフランとは?ダイオキシン類について

ポリ塩化ジベンゾフランとは?ダイオキシン類について ポリ塩化ジベンゾフランとは、2つのベンゼン環がフッ素原子によって結合された化学物質です。これはダイオキシン類の一種であり、環境および人体に悪影響を及ぼす可能性があります。 ポリ塩化ジベンゾフランの概要 ポリ塩化ジベンゾフランは、ごみ焼却、産業プロセス、自動車排気などのさまざまな発生源から生成されます。環境中では大気、土壌、水に存在します。ポリ塩化ジベンゾフランは、脂肪に蓄積され、食物連鎖を通じて生物に蓄積されます。 ポリ塩化ジベンゾフランは、生殖障害、発達障害、免疫系障害などのさまざまな健康被害を引き起こす可能性があります。また、がんのリスクを高める可能性もあります。ポリ塩化ジベンゾフランは、環境および人体に悪影響を及ぼす可能性があるため、その発生源を削減することが重要です。
地球環境に関すること

知られざる北極圏の世界

北極圏とは何か 北極圏とは、北極点を中心に北緯66度34分以北の地域を指します。高緯度にあるため、夏の間は太陽が24時間沈まない白夜現象が見られ、冬の間は太陽が24時間昇らない極夜現象が見られます。また、北極圏の気候は極寒で、平均気温は-30℃以下です。 北極圏の生態系は、厳しい気候条件に適応した動植物が生息しています。代表的な動物には、ホッキョクグマ、ホッキョクギツネ、セイウチ、トナカイなどがいます。代表的な植物には、コケ類、地衣類、高山植物などがあります。 北極圏は、その厳しい気候条件と独特の生態系から、人類の生活には不向きな地域とされてきました。しかし、近年では、北極圏には豊富な石油や鉱物資源が眠っていることが判明し、開発が進められています。また、地球温暖化の影響で北極圏の氷が溶け始め、新たな航路が開拓されるなど、北極圏の重要性はますます高まっています。
環境問題に関すること

ポスト京都議定書-国際社会の気候変動対策の行方-

ポスト京都議定書とは、京都議定書が失効する2012年以降の気候変動対策の枠組みのことである。京都議定書は、1997年に採択された気候変動に関する国際条約であり、先進国に対して温室効果ガス排出量削減義務を課している。しかし、京都議定書は2012年で失効するため、その後継となる新たな気候変動対策の枠組みが必要とされている。 ポスト京都議定書の交渉は、2007年から開始された。交渉は難航し、2009年のCOP15では合意に達することができなかった。しかし、2010年のCOP16でついに合意が成立した。COP16で採択された「気候変動に関するカン昆合意」は、ポスト京都議定書の основные принципыとなることが期待されている。 カン昆合意は、2020年までに世界の温室効果ガス排出量を1990年レベルより5%削減することを目指している。また、カン昆合意は、先進国に対して途上国への資金援助を義務付けている。途上国への資金援助は、途上国が気候変動対策を実施するために必要となる資金を提供するものである。 ポスト京都議定書は、気候変動問題の解決に向けて重要な一歩である。しかし、ポスト京都議定書は、まだ十分な成果を上げていないという指摘もある。ポスト京都議定書をより効果的なものにするためには、先進国と途上国の双方が、気候変動対策に真剣に取り組む必要がある。
環境問題に関すること

ポスト2010年目標:生物多様性の保全に向けて

ポスト2010年目標とは? 生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)は、2010年10月に日本の名古屋市で開催されました。このCOP10で採択された「名古屋議定書」には、生物多様性の保全と持続可能な利用に関する目標が掲げられています。この目標を「ポスト2010年目標」といいます。 ポスト2010年目標は、2020年までに達成すべき目標と、2050年までに達成すべき長期目標を定めています。2020年までに達成すべき目標には、生物多様性の損失を阻止し、生態系を回復させること、生物資源の持続可能な利用を促進すること、遺伝資源の公平かつ衡平な配分を確保することなどが含まれています。2050年までに達成すべき長期目標には、生物多様性を保全し、生態系の機能を回復させ、生物資源を持続可能な形で利用することなどが含まれています。 ポスト2010年目標は、生物多様性の保全と持続可能な利用に向けて、国際社会が協力して取り組むべき目標を示したものです。この目標を達成するためには、各国政府、地方自治体、企業、市民団体など、あらゆるステークホルダーの協力が必要です。生物多様性に関する法律や条約の整備、生態系の保全や復元の取り組み、生物資源の持続可能な利用の促進など、さまざまな施策を講じていく必要があります。
化学物質に関すること

ダイオキシンとは?を知って理解する!

ダイオキシンとは、210種類以上ある化学物質の総称です。ポリ塩化ジベンゾジオキシン類とポリ塩化ジベンゾフラン類の略称で、略してダイオキシン類とも呼ばれます。 ダイオキシン類は、通常、自然界には存在せず、人間の活動によって生成される人工的な物質です。ダイオキシン類は、塩素を含む化学物質の製造過程や、廃棄物の焼却、森林火災などの際に発生します。ダイオキシン類は、環境中に放出されると、大気や水、土壌に蓄積され、食物連鎖を通じて人体に摂取されます。 ダイオキシン類は、人体に様々な健康被害を引き起こすことが知られています。ダイオキシン類は、発がん性、生殖毒性、免疫毒性、神経毒性など、様々な毒性を有しています。ダイオキシン類は、人体に蓄積され、長期間にわたって健康被害を引き起こす可能性があります。
環境問題に関すること

ボローイングとは?温室効果ガス削減の数値目標に影響を与える仕組みを解説

ボローイングとは、ある国の温室効果ガス排出量の一部を他の国の排出量と相殺し、削減目標を達成する方法です。これは、UNFCCC(気候変動に関する国際連合枠組条約)の第12回締約国会議(COP12)で採択された条約に基づいています。ボローイングは、削減目標を達成できない国や、温室効果ガス排出量を削減するプロジェクトへの資金を提供できない国にとって有用な手段です。しかし、ボローイングは、排出削減の真の進歩につながるのか、排出削減目標を水増しすることになるのかについて懸念があります。懸念があるにもかかわらず、ボローイングは、温室効果ガス排出量を削減するための重要な方法として注目されています。
環境問題に関すること

ポリシーミックスとは?環境政策の有効な活用方法

ポリシーミックスとは、環境政策を効果的に実施するために、複数の政策を組み合わせることです。環境問題の解決は、単一の政策では十分ではなく、複数の政策を組み合わせることで、より効果的に解決することができます。 ポリシーミックスの重要性は、以下の点にあります。 * 環境問題の複雑性環境問題は、大気汚染、水質汚染、廃棄物処理など、さまざまな問題が複雑に絡み合っています。したがって、単一の政策では、すべての環境問題を解決することはできません。 * 政策間の相乗効果複数の政策を組み合わせることで、政策間の相乗効果を生み出すことができます。たとえば、排出量削減政策と再生可能エネルギー政策を組み合わせることで、排出量を削減すると同時に、再生可能エネルギーの普及を促進することができます。 * 政策の柔軟性ポリシーミックスは、政策の柔軟性をもたらします。環境問題が変化するにつれて、政策を柔軟に変更することができるため、より効果的に環境問題を解決することができます。
環境問題に関すること

環境保全を推進するボランティア活動

ボランティア活動とは、自分の意思に基づいて、社会の役に立つ活動を行うことです。 報酬を目的とせず、無償で他者を援助することを指します。ボランティア活動には、環境保全、福祉、教育、文化などさまざまな分野があり、年齢や性別、国籍を問わず、誰でも参加することができます。環境保全のボランティア活動は、近年、地球温暖化や海洋汚染など、環境問題が深刻化していることから、注目を集めています。ボランティア活動を通じて、環境を守る意識を高め、持続可能な社会の実現に貢献することが可能です。