「G」

SDGsに関すること

GRIガイドラインってなに?企業の持続可能な取り組みを支援するガイドライン

GRIガイドラインとは、持続可能な発展に対する企業の取り組みを支援するために作られた国際的な報告ガイドラインのことです。GRIガイドラインは、企業が環境、社会、経済の観点から持続可能性をどのように管理しているかについて報告するのを支援するため、グローバル・レポーティング・イニシアチブ(GRI)によって開発されました。 GRIガイドラインは、様々な業界や規模の企業に適するように設計されており、企業が持続可能性に関する情報を透明かつ比較可能な方法で報告することを可能にします。GRIガイドラインは、企業が持続可能性に関する取り組みを改善し、ステークホルダーとの信頼を構築するのにも役立ちます。
エネルギーに関すること

GBEPってなに?バイオエネルギーを推進する国際機関

GBEPについて バイオエネルギーを推進する国際機関であるGBEP(Global Bioenergy Partnership)は、2005年に設立されました。設立の背景には、世界におけるエネルギー需要の高まりと、その需要を満たすための化石燃料への依存に対する懸念がありました。バイオエネルギーは、化石燃料に代わる持続可能なエネルギー源として注目されており、GBEPはバイオエネルギーの生産と利用を促進するために設立されました。 GBEPは、政府、企業、研究機関など、バイオエネルギーに関心を持つさまざまな団体が参加する国際的な組織です。GBEPの活動は、バイオエネルギー政策の策定、バイオエネルギー技術の研究開発、バイオエネルギーの普及促進など多岐にわたります。GBEPは、バイオエネルギーの普及によって、エネルギー安全保障の強化、温室効果ガスの排出削減、雇用の創出など、さまざまな社会経済的利益をもたらすと考えています。
環境問題に関すること

GMOとは?メリットとデメリットを解説

GMO(Genetically Modified Organism)とは、遺伝子組み換え生物のことです。遺伝子組み換え技術とは、生物の遺伝子を人工的に改変する技術です。遺伝子組み換え生物は、農作物、畜産物、魚類、微生物など、様々な生物に適用されています。 遺伝子組み換え生物の開発には、様々なメリットがあります。例えば、農作物の場合、害虫や病気に対する抵抗力を高めたり、収量を増やしたりすることができます。また、畜産物の場合、成長を促進したり、肉質を改善したりすることができます。さらに、魚類の場合、成長を促進したり、病気に対する抵抗力を高めたりすることができます。 一方で、遺伝子組み換え生物には、様々なデメリットもあります。例えば、アレルギー反応や健康被害を引き起こす可能性があります。また、遺伝子組み換え生物が他の生物に影響を与える可能性もあります。さらに、遺伝子組み換え生物の開発には、コストがかかります。
組織・団体に関すること

G77+中国って?分かりやすい解説

G77+中国とは、発展途上国による経済協力組織です。1964年に設立され、現在は134カ国が加盟しています。G77+中国の目的は、加盟国の社会経済開発を促進し、国際経済秩序の確立を図ることです。 G77+中国は、国連総会の下部組織として設立されました。G77+中国の事務局は、ニューヨークの国連本部内に置かれています。G77+中国は、毎年、閣僚級会合を開催し、加盟国の開発政策について話し合っています。また、G77+中国は、他の国際機関とも協力して、開発援助事業を実施しています。 G77+中国は、発展途上国にとって重要な組織です。G77+中国は、加盟国が開発のための資金や技術を獲得するのを支援し、また、加盟国の国際社会における交渉力を強化しています。G77+中国は、南北問題の解決に貢献してきた組織として評価されています。