「C」

環境問題に関すること

CEPAとは?環境に関する用語をわかりやすく解説

CEPAとは、環境に関する用語をわかりやすく解説したサイトです。環境問題に関する情報を提供し、環境意識を高めることを目的として、環境省が運営しています。 CEPAでは、環境用語や環境問題に関する記事を掲載しており、検索機能や用語集も利用できます。また、環境に関するイベントや展示会などの情報も掲載しています。 CEPAは、環境問題に興味がある人や、環境について学びたい人におすすめのサイトです。環境に関する用語や環境問題に関する記事を掲載しており、検索機能や用語集も利用できます。また、環境に関するイベントや展示会などの情報も掲載しています。
地球環境に関すること

CMIPとは?気候変動予測の不確実性を把握する取り組み

CMIPとは?気候変動予測の不確実性を把握する取り組み 気候変動予測の不確実性 気候変動の予測は、気候変動を推進する人間の活動(温室効果ガスの排出など)と、気候変動の影響を緩和する自然のプロセスの両方の不確実性に影響を受けます。 これらの不確実性は、気候変動予測の間の大きなばらつきにつながる可能性があります。 CMIPとは CMIP(Coupled Model Intercomparison Project)は、気候変動予測の不確実性を把握するために設計された国際的なプロジェクトです。 CMIPに参加する気候モデルは、共通のシナリオに従って気候変動を予測し、その結果を比較します。 CMIPの目的 CMIPの目的は、気候変動予測の不確実性を特定し、気候変動予測の精度を高めることです。 CMIPの結果は、気候変動政策の策定や気候変動への適応を計画する際に役立てることができます。
環境問題に関すること

「CSV」の理解と実践 – 企業が環境と利益を両立させる方法

CSVとは、Creating Shared Value(共有価値の創造)の略で、企業が経済的価値を創造すると同時に、社会や環境にも価値を提供する考え方や取り組みのことです。これは、企業が単に利益を追求するのではなく、社会や環境に良い影響を与えることで長期的な持続可能性と成長を達成することを目指しています。 CSVは、2006年にハーバード・ビジネス・スクールのマイケル・E・ポーター氏が提唱した概念です。ポーター氏は、企業が社会や環境に価値を提供することで、市場や顧客、従業員、サプライヤー、地域社会との関係を改善することができ、最終的には経済的価値の創造につながると主張しました。 CSVは、企業が社会や環境に良い影響を与えることで、長期的な持続可能性と成長を達成することを目指しています。これは、企業が単に利益を追求するのではなく、社会や環境に良い影響を与えることで、市場や顧客、従業員、サプライヤー、地域社会との関係を改善することができ、最終的には経済的価値の創造につながると主張しました。
その他に関すること

CSRについて

CSR(Corporate Social Responsibility)とは、企業が社会に対して果たすべき責任のことです。CSRは、企業が利益を追求するだけでなく、社会にも貢献すべきであるという考えに基づいています。CSRの理念は、企業は社会の一員であり、社会に対して責任を負っているというものです。CSRの活動には、環境保護、人権尊重、労働者の安全確保、社会貢献などがあります。 CSRは、企業が持続可能な発展を遂げるために重要な要素です。CSRを推進することで、企業は社会からの信頼を高め、評判を向上させることができます。また、CSRを推進することで、企業は従業員のモチベーションを高め、生産性を向上させることができます。CSRは、企業が長期的に成長するための重要な戦略です。 CSRの重要性は、近年ますます高まっています。グローバリゼーションの進展により、企業は世界中で事業を展開するようになりました。そのため、企業は、自社の事業活動が社会にどのような影響を与えるかを認識し、責任を持って行動することが求められるようになりました。CSRは、企業が社会に責任を持って行動するための重要なツールです。CSRを推進することで、企業は、持続可能な発展を遂げ、社会からの信頼を高めることができます。
環境対策技術に関すること

二酸化炭素貯留技術CO2-EORの有効性を検証

CO2貯留とは? 大気中の二酸化炭素を削減するため、様々な取り組みが行われていますが、その中で有効な方法として注目されているのが、CO2貯留技術です。 CO2貯留技術とは、大気中や産業活動から排出される二酸化炭素を回収・圧縮して地下の地層に貯蔵する技術のことです。 CO2貯留技術は、二酸化炭素を回収・圧縮するプロセスと、二酸化炭素を地下の地層に貯蔵するプロセスの2つから構成されています。二酸化炭素の回収・圧縮プロセスでは、大気中や産業活動から排出される二酸化炭素を回収し、圧縮して液体化します。次に、二酸化炭素の貯蔵プロセスでは、液化された二酸化炭素を地下の地層に圧入して貯蔵します。 CO2貯留技術は、二酸化炭素を大気中から除去することができるため、地球温暖化対策として有効な技術と考えられています。また、CO2貯留技術は、二酸化炭素を回収・圧縮することによって新たなエネルギー源として利用することができるため、経済的なメリットもあります。
環境対策技術に関すること

産業から廃棄されたCO2を有効活用!CCUでカーボンリサイクルを実現

CCU(Carbon Capture and Utilization)とは、産業から排出されたCO2を回収・利用して、新たな製品やエネルギー源を生み出す技術のことです。従来のCO2削減対策は、CO2排出量を削減することに重点を置いていましたが、CCUはCO2を排出せずに有効活用することで、カーボンリサイクルを実現し、持続可能な社会の実現に貢献しています。 CCUにはさまざまな技術がありますが、その一つが「CO2ガス化法」です。これは、CO2を高温・高圧の条件下でガス化して、一酸化炭素(CO)と水素(H2)などの有用なガスに変換する技術です。これらのガスは、そのまま化学製品や燃料として利用したり、合成ガスとして燃料電池やガス発電に使用したりすることができます。 また、CCUには「CO2固定化法」という技術もあります。これは、CO2を固体や液体などの物質に固定して、長期間貯蔵・利用する技術です。例えば、CO2をコンクリートやセメントに固定して建材として利用したり、CO2を海水中や地中に貯蔵して大気中への放出を防ぐことができます。 CCUは、CO2削減対策として大きな期待が寄せられている技術です。しかし、現状ではまだ技術開発の段階であり、コストや効率などの課題を克服することが必要です。しかし、これらの課題を克服することで、CCUは持続可能な社会の実現に貢献することが期待されています。
地球環境に関すること

CDM登録簿とは?仕組みや概要を解説

CDM登録簿の役割と目的 CDM登録簿は、CDMプロジェクトの登録、発行、管理、取引を行うためのプラットフォームです。CDMプロジェクトとは、発展途上国で実施される温室効果ガス削減・吸収プロジェクトのことです。CDM登録簿は、これらのプロジェクトの情報を一元的に管理し、プロジェクトの登録や発行されたクレジットの取引を円滑に行うことを目的としています。 CDM登録簿には、プロジェクトの登録、発行、管理、取引に関する情報が記録されています。プロジェクトの登録には、プロジェクトの実施主体、プロジェクトの規模、削減・吸収される温室効果ガスの量などの情報が必要です。プロジェクトが登録されると、プロジェクトの実施主体はクレジットを発行することができます。クレジットは、1トン当たりの温室効果ガスの削減・吸収量を表す単位です。クレジットは、発展途上国と先進国の間で取引されることで、温室効果ガスの削減・吸収を促進することができます。 CDM登録簿は、CDMプロジェクトの透明性と説明責任を確保するためにも重要な役割を果たしています。CDMプロジェクトの実施主体は、プロジェクトの進捗状況や削減・吸収された温室効果ガスの量を定期的に報告する必要があります。これらの情報はCDM登録簿に記録され、公開されます。これにより、CDMプロジェクトの透明性と説明責任が確保され、プロジェクトの実施主体が適切な削減・吸収活動を行っていることを確認することができます。
環境問題に関すること

環境用語『CDP』とは

CDPとは、世界中の企業や政府機関が環境影響を測定、管理、報告することをサポートする国際的な非営利団体です。1999年に設立され、現在では8,600社以上の企業や政府機関が参加しています。CDPの目標は、企業や政府機関が環境への影響を軽減し、持続可能なビジネスの構築を支援することです。 CDPの主な活動は、企業や政府機関に環境に関する質問状を送付し、その回答を分析することです。この質問状は、気候変動、水資源、森林保全など、さまざまな環境問題を網羅しています。CDPは、企業や政府機関の環境に関する取り組みを評価し、その結果を投資家や他の利害関係者に報告します。 CDPの活動は、企業や政府機関の環境への影響を軽減することに大きな貢献を果たしています。CDPの参加企業は、CDPに参加する前よりも温室効果ガス排出量を削減し、持続可能なビジネスの構築を進めています。また、CDPの活動は、投資家や他の利害関係者に企業や政府機関の環境に関する情報を提供し、企業や政府機関の環境への取り組みを評価するのに役立っています。
組織・団体に関すること

CERESとは?環境に関する用語解説

CERESとは、温室効果ガス排出量に関する調査や企業環境開示に関する世界的な基準です。「Climate Registry」の略であり、米国およびカナダで2007年に創設されました。CERESは、企業の温室効果ガス排出量をはじめとする環境データの調査・開示をサポートする制度のことです。この制度では、企業が自社の温室効果ガス排出量やエネルギー消費量などを報告し、それを第三者機関が審査して認証します。認証された企業は、環境への取り組みが評価され、社会的信用を高めることができます。また、CERESは、企業の環境パフォーマンスを評価する投資家や消費者にとっても、重要な情報源となっています。 CERESは、企業の環境パフォーマンスを評価する世界的な基準として、広く認知されています。2020年には、4,000社以上の企業がCERESに報告しました。参加企業の総売上高は、世界全体のGDPの3分の1以上に相当します。CERESへの報告は、企業の環境への取り組みを評価する投資家や消費者にとって、重要な情報源となっています。
環境問題に関すること

CFIって何?温室効果ガス排出に関する取引証券について解説

CFIとは「カーボンフットプリントインターナショナル」の略で、温室効果ガス排出量に関する取引証券です。温室効果ガス排出量を削減するため、国や企業が発行する証券のことです。CFIは、2008年に開催された「G8北海道洞爺湖サミット」において、温室効果ガス排出量の削減を目的とした新しい金融商品の創設が提案されました。その後、2009年に「国連気候変動枠組条約第15回締約国会議(COP15)」において、CFIの創設が決定されました。 CFIの取引は、「CFI市場」と呼ばれる市場で行われます。CFI市場では、国や企業が発行したCFIの売買が行われています。CFIの価格は、市場の需給によって決まります。CFIの需要が高まれば、CFIの価格は上昇します。逆に、CFIの需要が低迷すれば、CFIの価格は下落します。 CFIの取引は、「温室効果ガス排出量の削減」に貢献します。国や企業は、CFIを発行することで、温室効果ガス排出量の削減を約束することになります。そして、CFIを保有している国や企業は、CFIを売却することで、温室効果ガス排出量の削減に貢献することができます。
環境問題に関すること

COP27のすべてを理解する

COP27とは何か COP27とは、2022年11月6日から18日までエジプトのシャルムエルシェイクで開催された第27回国連気候変動枠組条約締約国会議のことです。COPとは、Conference of the Partiesの略で、気候変動枠組条約の締約国が集まって、気候変動への取り組みについて話し合う会議のことです。COPは毎年開催されており、今回で27回目となります。 COP27の主な目的は、パリ協定の履行状況を確認し、気候変動への取り組みをさらに加速させることです。パリ協定とは、2015年に採択された気候変動に関する国際協定のことです。パリ協定では、世界の平均気温の上昇を産業革命前と比較して2℃未満に抑え、1.5℃に抑えるよう努力することが目標として掲げられています。 COP27では、パリ協定の履行状況を確認し、気候変動への取り組みをさらに加速させるための様々な議論が行われました。その中で、特に注目を集めたのは、気候変動による損失と被害に対する資金支援の問題です。気候変動による損失と被害とは、気候変動の影響で発生する被害のことです。例えば、海面上昇による沿岸地域の浸水や、干ばつによる農作物の被害などが挙げられます。