バスケット方式のしくみと温室効果ガス抑制への活用法

バスケット方式のしくみと温室効果ガス抑制への活用法

環境が気になる

バスケット方式ってなんでしょうか?

地球環境の専門家

バスケット方式とは、数種類ある温室効果ガスの総排出量を、係数を使って合算する方式です。

環境が気になる

係数ってなんでしょうか?

地球環境の専門家

係数とは、温室効果ガスの種類ごとに排出量が温室効果ガス全体に与える影響の大きさを表したものです。

バスケット方式とは。

環境用語の「バスケット方式」とは、数種類の温室効果ガスの総排出量を、係数を使って合算する方式のことです。この方式は、京都議定書で用いられることになりました。

バスケット方式とは?

バスケット方式とは?

バスケット方式とは?

バスケット方式とは、排出量取引制度の一種で、複数の排出者(排出源)が共通の排出枠を保有し、その枠内で排出量を配分して取引することができる制度です。排出量取引制度のもう1つの代表的な制度であるキャップ・アンド・トレード制度と同様に、温室効果ガス排出量を削減し、各排出者の排出量を削減するために経済的インセンティブを与えるための市場メカニズムです。

キャップ・アンド・トレード制度は、排出枠の総量を最初に決定し、その枠を排出者にオークションなどで配分し、排出者は排出量に応じて排出枠を売買して、排出量の削減や排出削減量の増加を図るという仕組みです。一方、バスケット方式では、複数の排出者が共通の排出枠を保有し、その枠内で排出量を配分して取引することができるという点で、キャップ・アンド・トレード制度とは異なります。

バスケット方式のメリットとしては、キャップ・アンド・トレード制度と比べて、排出量を削減するコストを削減できることが挙げられます。キャップ・アンド・トレード制度では、排出量が排出枠を超えた場合、排出枠を購入する必要がありますが、バスケット方式では、バスケット全体として排出枠を超えた場合でも、排出枠を購入する必要がありません。これは、バスケット方式では、排出量を削減するコストをバスケット内の排出者間で分担することができるためです。

バスケット方式のしくみ

バスケット方式のしくみ

バスケット方式は、温室効果ガスの排出量削減のための国際的な枠組みのことです。このしくみは、各国が温室効果ガス排出の上限を決め、その上限を超えて排出しないようにするというものです。排出量の上限は、各国の排出量削減目標によって決まります。

バスケット方式は、京都議定書で初めて導入されました。京都議定書は、1997年に採択された国際的な温室効果ガス排出削減のための条約です。この条約は、先進国に温室効果ガス排出の上限を課しており、その上限を超えて排出しないようにすることを求めています。

京都議定書で導入されたバスケット方式は、各国が温室効果ガス排出の上限を決め、その上限を超えて排出しないようにするというものです。排出量の上限は、各国の排出量削減目標によって決まります。

バスケット方式は、温室効果ガスの排出量を削減するための効果的な手段とされています。京都議定書が採択されてから、先進国の温室効果ガス排出量は大幅に削減されました。これは、バスケット方式が温室効果ガス排出量削減に効果的であることを示しています。

バスケット方式は、温室効果ガス排出量削減のための国際的な枠組みです。このしくみは、各国が温室効果ガス排出の上限を決め、その上限を超えて排出しないようにするというものです。排出量の上限は、各国の排出量削減目標によって決まります。バスケット方式は、京都議定書で初めて導入され、先進国の温室効果ガス排出量を大幅に削減することに成功しました。

バスケット方式が適用される温室効果ガス

バスケット方式が適用される温室効果ガス

バスケット方式が適用される温室効果ガスは、主に二酸化炭素(CO2)メタン(CH4)亜酸化窒素(N2O)の3種類である。

二酸化炭素は、人間の呼吸や化石燃料の燃焼によって発生する。大気中の二酸化炭素濃度は、産業革命前と比較して40%以上上昇しており、温室効果ガスの中では最も大きな影響を及ぼしている。

メタンは、湿地帯や家畜のゲップなどによって発生する。大気中のメタン濃度は、産業革命前と比較して2.5倍以上上昇しており、二酸化炭素に次いで大きな影響を及ぼしている。

亜酸化窒素は、肥料の使用や化石燃料の燃焼によって発生する。大気中の亜酸化窒素濃度は、産業革命前と比較して30%以上上昇しており、二酸化炭素やメタンに比べて影響は小さいが、温室効果ガスの中では第三位の規模である。

これらの温室効果ガスを削減するため、様々な取り組みが行われている。バスケット方式は、その中でも特に有効な手段の一つである。

バスケット方式が用いられる理由

バスケット方式が用いられる理由

バスケット方式が用いられる理由は、温室効果ガス排出量を削減するという目標を達成するための効果的な方法であるからです。バスケット方式とは、複数の排出源から排出される温室効果ガスの排出量を合計し、それを一定の基準に基づいて配分するというものです。この方式を採用することで、排出源ごとに個別に排出量を削減するよりも、全体としてより効率的に排出量を削減することができます。

バスケット方式のもう一つの利点は、排出源間の公平性を確保できることです。バスケット方式では、排出源ごとに排出量を削減する目標を設定するのではなく、全体として排出量を削減するための目標を設定します。そのため、排出量の多い排出源はより多くの排出量を削減する必要がありますが、排出量の少ない排出源はそれほど排出量を削減する必要がありません。これにより、すべての排出源が公平に排出量を削減する責任を負うことができます。

バスケット方式は、すでに多くの国や地域で導入されています。例えば、欧州連合(EU)は、2005年から排出量取引制度(ETS)を導入しており、この制度では、排出源ごとに排出量を削減する目標を設定するのではなく、全体として排出量を削減するための目標を設定しています。ETSは、温室効果ガス排出量の削減に一定の効果を上げており、他の国や地域でも同様の制度を導入する動きが広がっています。

バスケット方式のメリットとデメリット

バスケット方式のメリットとデメリット

バスケット方式とは、温室効果ガスを削減するために使用される市場ベースの制度です。 この制度では、温室効果ガスを排出する企業に排出量の上限が設定され、その上限を超えた排出量に対しては罰金を支払う必要があります。排出量の上限は、時間とともに厳しくなっていくため、企業は温室効果ガス排出量を削減する努力を強いられます。

バスケット方式のメリットは、コスト効率が高いことです。 この制度では、排出量削減の最もコスト効率の高い方法を選択することができるため、企業は温室効果ガスを削減するコストを最小限に抑えることができます。また、バスケット方式は、技術革新を促進することができます。 排出量削減に努めることで、企業は温室効果ガス排出量を削減するために新しい技術を開発するようになり、その技術は他の企業にも波及していきます。

しかし、バスケット方式にはデメリットもあります。その一つは、複雑で管理が難しい制度であることです。 この制度には、排出量の上限を設定し、排出量を監視し、罰金を課すといった複雑なプロセスが含まれています。また、バスケット方式は、不公平な結果をもたらす可能性があります。 この制度では、排出量削減コストが低い企業が排出量削減コストが高い企業よりも有利になるため、一部の企業が他の企業よりも不利益を被る可能性があります。

タイトルとURLをコピーしました