建築物省エネルギー性能表示制度とは?

建築物省エネルギー性能表示制度とは?

環境が気になる

建築物省エネルギー性能表示制度って何ですか?

地球環境の専門家

建築物省エネルギー性能表示制度とは、非住宅建築物の省エネルギー性能の向上及び不動産市場等において省エネルギー性能の高い建物が適切に評価されるようにするための制度です。

環境が気になる

なるほど。対象となる建物や評価の方法を教えていただけますか?

地球環境の専門家

対象となる建物は、新築、改修、既存ストック建物などです。評価方法は、一般社団法人住宅性能評価・表示協会が定めた評価ガイドラインに基づいて行われます。

建築物省エネルギー性能表示制度とは。

「建築物省エネルギー性能表示制度」とは、環境に関する用語の一つです。国土交通省は、非住宅建築物の省エネルギー性能の向上と、不動産市場などにおいて省エネルギー性能が高い建築物が適切に評価されるように、平成25年10月に「非住宅建築物に係る省エネルギー性能の表示のための評価ガイドライン(2013)」をまとめました。このガイドラインでは、評価・表示の考え方や評価手法などが示されています。

このガイドラインに基づいて、一般社団法人住宅性能評価・表示協会が第三者評価制度として運用を開始したのが、建築物省エネルギー性能表示制度です。この制度は、新築や改修だけでなく、既存のストック建物も対象としています。申請者は、非住宅建築物の省エネルギー性能を計算した上で、評価実施機関に申請を行います。評価が完了すると、評価書や表示プレートなどが発行されます。

建築物省エネルギー性能表示制度の概要

建築物省エネルギー性能表示制度の概要

建築物省エネルギー性能表示制度とは、建築物の省エネルギー性能を評価し、表示する制度である。この制度は、建築物の省エネルギー性能を可視化することで、建築物の省エネルギー性能を向上させることを目的としている。

建築物省エネルギー性能表示制度の概要は以下の通りである。

・対象となる建築物は、新築の住宅、事務所、店舗、ホテル、病院、学校、公共施設などである。
・省エネルギー性能は、建築物の断熱性能、冷暖房設備の効率、照明設備の効率など、複数の要素を総合的に評価して算出される。
・省エネルギー性能は、ランク分けされ、最高ランクは5つ星、最低ランクは1つ星である。
・省エネルギー性能は、建築物の外壁や窓ガラスに表示される。

建築物省エネルギー性能表示制度は、2010年4月に施行された。この制度は、建築物の省エネルギー性能を向上させることで、地球温暖化の防止やエネルギーの節約に貢献している。

建築物省エネルギー性能表示制度の目的

建築物省エネルギー性能表示制度の目的

建築物省エネルギー性能表示制度の目的

建築物省エネルギー性能表示制度の目的は、建築物の省エネルギー性能を評価し、表示することで、建築物の省エネルギー性能を向上させることです。これにより、建築物のエネルギー消費量の削減、地球温暖化対策の推進、快適な居住環境の確保、建築物の資産価値の向上などが期待されます。

建築物の省エネルギー性能は、建築物の断熱性能、設備の効率性、日射遮蔽性能などの要素によって決まります。これらの要素を総合的に評価し、建築物の省エネルギー性能を等級で表示するのが建築物省エネルギー性能表示制度です。

建築物省エネルギー性能表示制度は、2009年に施行された建築物省エネルギー法に基づいて定められています。建築主は、建築物を新築または増改築する場合、建築物の省エネルギー性能を評価し、表示することが義務付けられています。

建築物省エネルギー性能表示制度は、建築物の省エネルギー性能を向上させるために重要な制度です。この制度を利用することで、建築主は建築物の省エネルギー性能を客観的に評価し、エネルギー消費量の削減や快適な居住環境の確保を図ることができます。

建築物省エネルギー性能表示制度の対象

建築物省エネルギー性能表示制度の対象

建築物省エネルギー性能表示制度とは、建築物の省エネルギー性能を評価し、その結果を公表する制度です。この制度は、省エネルギー法に基づいて制定されたもので、2002年4月から施行されています。

建築物省エネルギー性能表示制度の対象は、建築面積500平方メートル以上の建築物です。ただし、特定の用途の建築物(例えば、神社、仏閣、墓地など)や、特定の規模の建築物(例えば、住宅など)は、この制度の対象外となっています。

建築物省エネルギー性能表示制度の評価方法

建築物省エネルギー性能表示制度の評価方法

建築物省エネルギー性能表示制度の評価方法

建築物省エネルギー性能表示制度の評価方法は、省エネルギー法に基づいて定められています。 評価方法は、建築物の外皮性能や設備性能、計画・管理方法などを総合的に評価するものです。外皮性能とは、建築物の断熱性能や日射遮蔽性能などを指します。設備性能とは、空調設備や給湯設備などの性能を指します。計画・管理方法とは、建物の使用状況に応じたエネルギー消費を計画的に管理する方法を指します。

評価方法は、建築物の規模や用途によって異なります。小規模な建築物は、簡易な評価方法で評価されます。大規模な建築物は、詳細な評価方法で評価されます。評価方法は、評価機関によって実施されます。評価機関は、国土交通省が指定した機関です。

評価結果は、建築物の省エネルギー性能に応じて、格付けされます。格付けは、最高ランクの「5つ星」から、最低ランクの「1つ星」までの5段階です。格付けは、建築物の外壁に掲示されます。格付けは、建築物の売買や賃貸の際に活用されます。

建築物省エネルギー性能表示制度の利用方法

建築物省エネルギー性能表示制度の利用方法

建築物省エネルギー性能表示制度の利用方法は以下のとおりです。

1. 省エネ性能評価建築物を評価する専門家である省エネ性能評価員に、建築物の省エネ性能を評価してもらう必要があります。
2. 省エネ性能表示ラベル省エネ性能評価員は、評価結果を元に省エネ性能表示ラベルを作成します。このラベルには、建築物の省エネ性能を1~5段階で表し、建物の断熱性や設備の効率性などが記載されています。
3. 省エネ性能表示の公表建築物の所有者は、省エネ性能表示ラベルを建築物の目立つ場所に掲示する必要があります。また、省エネ性能表示ラベルを公表するウェブサイトもあります。
4. 省エネ性能表示の活用省エネ性能表示ラベルは、建築物の購入や賃貸を検討している人が、その建築物の省エネ性能を比較検討する際に役立ちます。また、省エネ性能表示ラベルは、建築物の所有者が、省エネ対策を行う際に、その効果を評価する際にも役立ちます。

タイトルとURLをコピーしました