水素基本戦略の前途と課題

水素基本戦略の前途と課題

環境が気になる

水素基本戦略って何ですか?

地球環境の専門家

水素基本戦略とは、水素社会を実現するための政府の基本戦略のことです。水素社会とは、水素をエネルギー源として活用する社会のことです。

環境が気になる

水素社会ってどんな社会ですか?

地球環境の専門家

水素社会では、水素をエネルギー源として活用することで、二酸化炭素排出量を削減し、環境負荷を軽減することができます。また、水素は貯蔵や輸送が容易なので、再生可能エネルギーの活用にも適しています。

水素基本戦略とは。

「水素基本戦略」とは、再生可能エネルギーや水素といった、環境に優しいエネルギー源の利活用を推進するための政府の基本戦略です。2017年(平成29年)12月に開催された「第2回再生可能エネルギー・水素等閣僚会議」において、この戦略が決定されました。

2017年(平成29年)4月に開催された「第1回再生可能エネルギー・水素等閣僚会議」で、安倍総理大臣は、政府一体となって水素社会の実現に取り組むため、年内に基本戦略を策定するように指示を出しました。この指示に基づき、政府は「水素基本戦略」を策定しました。

「水素基本戦略」では、水素の製造や流通、利用に関する具体的な施策が盛り込まれています。また、政府は、産業界や自治体、国民と連携して、水素社会の実現を目指しています。

水素基本戦略とは

水素基本戦略とは

水素基本戦略とは、2017年に閣議決定された政策です。経済社会・エネルギーシステムの変革を目指す中、二酸化炭素排出ゼロ社会の実現と長期的な経済成長を同時に達成するために、水素を中核とした我が国独自のエネルギー需給構造を構築することを目指しています。この戦略では、水素の製造、輸送、貯蔵、利用に関する技術開発・導入促進、水素需要の創出、水素供給網の整備、水素関連産業の育成、国際展開など、水素の産業化に向けた様々な施策が盛り込まれています。具体的には、2030年までに水素の製造コストを現状の1/2以下に、2050年までに1/10以下にすることを目指し、また、2030年までに水素の年間需要を100万トン、2050年までに2,000万トンにすることを目標としています。

水素社会の実現に向けて

水素社会の実現に向けて

水素社会の実現に向けて

水素社会の実現を阻む課題は数多くありますが、その中でも最も大きな課題は、水素の製造コストの高さです。水素は現在、主に天然ガスや石炭から作られていますが、これらの化石燃料を使用すると、大量の二酸化炭素が発生してしまいます。二酸化炭素は温室効果ガスであり、気候変動の原因となっています。そのため、水素社会を実現するためには、化石燃料を使用せずに水素を製造する技術を開発する必要があります。

もう一つの課題は、水素の貯蔵と輸送の難しさです。水素は気体であり、体積が大きいため、貯蔵と輸送が困難です。そのため、水素社会を実現するためには、水素を液体や固体に圧縮して、貯蔵と輸送を容易にする技術を開発する必要があります。

これらの課題を克服するために、日本政府は水素基本戦略を策定し、水素社会の実現に向けた取り組みを強化しています。水素基本戦略では、水素の製造コストの低減、水素の貯蔵と輸送の容易化、水素の需要の拡大など、水素社会の実現に必要な施策が盛り込まれています。

政府の支援を受けながら、企業も水素社会の実現に向けた取り組みを進めています。大手エネルギー会社である東京ガスは、水素製造の技術開発に取り組んでおり、2030年までに水素製造コストを現在の10分の1まで削減することを目指しています。また、トヨタ自動車は、水素燃料電池車の開発に取り組んでおり、2020年には水素燃料電池車を発売しました。

政府や企業の取り組みの結果、水素社会の実現に向けた動きは加速しています。2030年には、水素社会が実現し、水素がエネルギーの主役となる日が来るかもしれません。

水素経済の創出

水素経済の創出

水素経済とは、水素をエネルギー源として利用する経済のことです。水素は、石油や天然ガスなどの化石燃料と比べて、燃焼時に二酸化炭素を排出しないため、環境に優しいエネルギー源として期待されています。また、水素は、貯蔵や輸送が容易で、発電や燃料電池自動車の動力として利用することができます。

水素経済を実現するためには、水素の製造コストを下げ、水素のインフラを整備することが必要です。水素の製造コストを下げるためには、水素を製造する技術開発を進め、水素の製造に再生可能エネルギーを利用することが重要です。水素のインフラを整備するためには、水素ステーションを増設し、水素の貯蔵や輸送のための施設を整備することが必要です。

水素経済の創出は、脱炭素社会の実現に向けて重要な取り組みです。水素経済を実現することで、化石燃料への依存を減らし、環境負荷を軽減することができます。また、水素経済の創出は、新しい産業を生み出し、雇用を創出することも期待されています。

水素社会の課題

水素社会の課題

水素社会の課題水素社会の実現には、課題は多い。第一に、水素の製造コストが高いことだ。水素は、電気分解や水蒸気改質などの方法で製造されるが、どちらもエネルギーコストがかかる。そのため、水素のコストは、化石燃料のコストよりも高くなりがちだ。

第二に、水素の貯蔵・輸送が難しいことだ。水素は、常温常圧では気体なので、貯蔵・輸送には、圧縮や液化が必要になる。しかし、圧縮や液化には、エネルギーコストがかかる。また、水素は、金属と反応しやすい性質があるため、貯蔵・輸送には、特殊な容器が必要になる。

第三に、水素の利用インフラが未整備であることだ。水素は、燃料電池や水素エンジンなどの機器で利用されるが、これらの機器は、まだ普及していない。また、水素ステーションなどの水素の供給インフラも、まだ整備されていない。

これらの課題を解決するためには、政府や企業による支援が必要だ。政府は、水素の製造コストの低減や貯蔵・輸送技術の開発、水素の利用インフラの整備などに対して、支援を行う必要がある。また、企業は、水素の製造や利用の技術開発に投資し、水素社会の実現に向けて努力する必要がある。

水素基本戦略の今後

水素基本戦略の今後

水素基本戦略の今後においては、水素の製造、貯蔵、輸送、利用に関するインフラの整備や、水素を利用した燃料電池や発電設備の開発などが、今後さらに進められていく予定です。

また、水素の安全性と信頼性を確保するための基準や規制の整備なども、重要な課題となっています。

さらに、水素を利用した社会の実現に向けては、国民の理解や支持を得るための啓発活動や、産業界や自治体の連携を促進するための政策支援なども必要です。

水素基本戦略の今後については、水素エネルギーの実現に向けて、各方面の取り組みがさらに加速していくことが予想されます。このように、水素基本戦略は、水素の製造、貯蔵、輸送、利用に関するインフラの整備や、水素を利用した燃料電池や発電設備の開発など、さまざまな課題に焦点を当てた総合的な戦略です。

この戦略は、水素の潜在的な可能性を引き出し、水素社会の実現に向けて、今後さらに推進されていく予定です。

タイトルとURLをコピーしました