環境対策技術に関すること

環境対策技術に関すること

グリーン・レメディエーションとは?

グリーン・レメディエーションとは、汚染土壌や汚染水など、環境汚染を引き起こす物質を微生物や植物などの生物を利用して分解・浄化する方法です。従来の物理的・化学的方法に比べて、環境負荷が低く、コストも抑えることができるため、近年注目を集めています。 グリーン・レメディエーションの概念は、生態系が本来持っている自然浄化能力を利用することです。微生物や植物は、汚染物質を分解して無害なものに変換する能力を持っています。この能力を利用することで、汚染された環境を浄化することが可能になります。 グリーン・レメディエーションは、さまざまな環境汚染問題に応用することができます。例えば、重金属で汚染された土壌を浄化するためには、重金属を分解する微生物を利用します。また、有機溶剤で汚染された水を浄化するためには、有機溶剤を分解する植物を利用します。このように、汚染物質の種類や汚染環境に合わせて、適切な微生物や植物を選択することで、効果的な浄化を行うことができます。
環境対策技術に関すること

廃食油エステル化燃料とは?

廃食油エステル化燃料とは? 廃食油エステル化燃料とは、廃食油を原料として化学反応させた再生可能な燃料のことです。 エステル化とは、酸とアルコールを反応させてエステルを作る化学反応のことです。廃食油エステル化燃料は、廃食油とメタノールをエステル化反応させて作られます。廃食油エステル化燃料は、バイオディーゼル燃料の一種です。バイオディーゼル燃料とは、植物油や動物油を原料として作られた再生可能な燃料のことです。廃食油エステル化燃料は、廃食油を原料としているため、廃棄物削減や環境負荷低減に貢献しています。また、廃食油エステル化燃料は、軽油や重油に比べて、有害物質の排出量が少なく、環境への負荷が少ない燃料です。
環境対策技術に関すること

BECCSを徹底解説!環境に優しい次世代技術の仕組み

BECCS(バイオエネルギーCCS)とは、バイオマス(植物や動物などの生物由来の物質)から得られるバイオエネルギーを利用して発電や燃料を作り、その際に発生する二酸化炭素を回収・貯蔵する技術のことです。バイオマスを燃やすことで二酸化炭素は発生しますが、バイオマスは植物が育つ過程で大気中の二酸化炭素を吸収しているため、差し引きすると二酸化炭素を大気中から取り除くことができます。 BECCSは、化石燃料を燃やすことで排出される二酸化炭素を削減する有効な手段として注目されています。化石燃料を燃やすと、大気中に大量の二酸化炭素が排出され、地球温暖化の原因となっています。BECCSは、バイオマスを活用することで大気中の二酸化炭素を削減し、地球温暖化を防ぐのに役立ちます。 BECCSは、まだ開発途上の技術ですが、世界各国で研究が進められています。日本では、経済産業省が「バイオマスエネルギー技術支援事業」を立ち上げ、BECCSの研究開発を支援しています。また、民間企業でもBECCSの研究開発が進められており、実用化に向けて期待が高まっています。
環境対策技術に関すること

高度道路交通システム(ITS)とは?

高度道路交通システム(ITS)とは、道路や車両、交通インフラなどを情報通信技術(ICT)で高度に統合し、交通の安全性、効率性、快適性、環境への負荷の軽減などを総合的に向上させるシステムです。ITS導入のメリットは多岐にわたりますが、主なメリットとして以下の点が挙げられます。 1. 交通事故の削減 ITSは、車両や道路、交通管制センターなどに様々なセンサーを設置し、交通状況をリアルタイムで収集・分析します。これにより、危険な運転行為を検知したり、渋滞を回避したりすることができ、交通事故の削減につながります。 2. 交通渋滞の緩和 ITSは、交通状況をリアルタイムで収集・分析することで、渋滞を回避するための最適なルートをドライバーに提供します。また、交通信号機や高速道路のランプメータを制御することで、渋滞を緩和することができます。 3. 公共交通機関の利便性向上 ITSは、公共交通機関の時刻表や運行状況をリアルタイムで提供することで、公共交通機関の利便性を向上させます。また、公共交通機関と他の交通手段との連携を強化することで、シームレスな移動を実現することができます。 4. 環境負荷の軽減 ITSは、交通状況をリアルタイムで収集・分析することで、燃費を向上させ、排出ガスを削減することができます。また、公共交通機関の利便性を向上させることで、マイカー利用を減らし、環境負荷を軽減することができます。
環境対策技術に関すること

パッシブソーラーシステムとは?環境にやさしい住宅づくりに欠かせない技術

パッシブソーラーシステムとは、太陽の光や熱を活用して快適な室内環境を維持する住宅設計のシステムです。太陽の光や熱を取り入れる方法としては、窓の位置や大きさ、建物の向き、断熱材の選択、屋根材の選択などがあります。パッシブソーラーシステムは、自然の力を活用するため、エネルギー消費量を削減するだけでなく、環境への負荷も軽減することができます。 パッシブソーラーシステムには、主に「直接日射型」と「間接日射型」の2種類があります。直接日射型とは、太陽光を直接室内に取り入れるシステムで、太陽の光が当たる側の壁や窓に大きな窓を設置したり、南向きの窓を増やしたりすることで、太陽光を効果的に取り入れることができます。間接日射型とは、太陽光を蓄熱材に蓄えて、その熱を室内に放出するシステムで、屋根や外壁に蓄熱材を設置したり、床や壁に蓄熱材を組み込んだりすることで、太陽光の熱を有効に利用することができます。
環境対策技術に関すること

エコセメントとは?環境に優しいセメントの実態

エコセメントとは、環境に配慮して作られたセメントのことです。セメントはコンクリートの主原料として使われていますが、その製造過程で多くの二酸化炭素を排出しています。エコセメントは、二酸化炭素の排出量を削減しながら、セメントと同等の性能を持つように作られています。 エコセメントには、さまざまな種類があります。その中でも、近年注目を集めているのが「フライアッシュセメント」です。フライアッシュセメントは、石炭火力発電所の燃焼灰であるフライアッシュをセメントの原料として使用しています。フライアッシュは、セメントの強度を向上させ、耐久性を高める効果があります。また、フライアッシュセメントは、二酸化炭素の排出量を約20%削減することができるとされています。 エコセメントは、環境負荷を軽減しながら、セメントと同等の性能を備えています。そのため、近年、世界中で使用されるようになってきています。日本では、国土交通省がエコセメントの使用を推進しており、公共工事ではエコセメントの使用が義務化されています。
環境対策技術に関すること

LED照明の基礎知識と環境への影響

LED照明とは、発光ダイオード(LED)を用いた照明のことです。LEDは、電流を流すことで発光する半導体の一種です。従来の照明器具である白熱電球や蛍光灯よりもエネルギー効率が良く、長寿命で、環境にも優しいことから、近年急速に普及しています。 LED照明は、LEDチップ、駆動電源、放熱機構、光学系で構成されています。LEDチップは、電流を流すことで発光する半導体の一種です。駆動電源は、LEDチップに電流を供給する装置です。放熱機構は、LEDチップの発熱を逃がすための装置です。光学系は、LEDチップから発せられた光を拡散させたり、方向付けたりする装置です。 LED照明のメリットは、従来の照明器具よりもエネルギー効率が良いことです。白熱電球や蛍光灯よりも、消費電力が少ないため、電気代を節約することができます。また、LED照明は長寿命です。白熱電球は約1,000時間、蛍光灯は約10,000時間の寿命ですが、LED照明は約50,000時間の寿命があります。そのため、ランプ交換の頻度が減り、メンテナンスコストを削減することができます。さらに、LED照明は環境にも優しいです。白熱電球や蛍光灯よりも、二酸化炭素の排出量が少なく、水銀などの有害物質も含まれていません。
環境対策技術に関すること

うちエコ!を徹底して環境問題の解決に貢献しよう

うちエコ!とは何か? うちエコ!とは、家庭でできるエコ活動のことを言います。地球温暖化や海洋汚染などの環境問題は、私たちの生活に大きな影響を与えています。うちエコ!は、一人ひとりが家庭でできる小さなエコ活動によって、環境問題の解決に貢献することを目的としています。うちエコ!には、節電、節水、ゴミの削減、リサイクルなど、さまざまな活動があります。 節電とは、電気の使用量を減らすことです。電気の使用量を減らすことで、二酸化炭素の排出量を減らすことができます。節電には、家電製品の使用時間を短くする、外出時には電気を消す、省エネ家電製品を使用するなど、さまざまな方法があります。 節水とは、水の使用量を減らすことです。水の使用量を減らすことで、水資源の保護につながります。節水には、シャワーを短時間にする、歯磨きや洗顔時には水を止め、洗濯物をまとめて洗うなど、さまざまな方法があります。 ゴミの削減とは、ゴミの量を減らすことです。ゴミの量を減らすことで、ゴミ処理場の負担を減らし、環境汚染を防ぐことができます。ゴミの削減には、リサイクルやリユース、コンポストなど、さまざまな方法があります。 リサイクルとは、廃棄物を再生利用することです。リサイクルには、ペットボトルや缶、古紙などを回収し、新しい製品の原料として利用する方法があります。 リユースとは、廃棄物を再利用することです。リユースには、古着や家具をリサイクルショップで販売したり、不要になったものをフリマアプリで販売したりする方法があります。 コンポストとは、生ゴミを微生物の力で分解し、堆肥にすることです。堆肥は、植物の栄養源として利用することができます。
環境対策技術に関すること

高速堆肥化:有機性資源をリサイクルする革新的な技術

-高速堆肥化とは- 高速堆肥化とは、高温好気性細菌の働きを利用して、有機性廃棄物を短期間で堆肥化する技術です。従来の堆肥化とは異なり、専用の発酵槽を用いて、温度や湿度、酸素濃度を管理しながら行うため、数日~数週間で堆肥化を完了させることができます。 高速堆肥化では、まず有機性廃棄物を細断し、発酵槽に投入します。発酵槽内では、高温好気性細菌が有機性廃棄物を分解し、熱が発生します。この熱により、発酵槽内の温度は60~70℃程度まで上昇し、病原菌や雑草の種を死滅させることができます。また、高温好気性細菌は、有機性廃棄物を分解する際に、二酸化炭素と水分を生成します。この二酸化炭素と水分が、堆肥の熟成を促進します。 このように、高速堆肥化は、従来の堆肥化に比べて、短期間で堆肥化を完了させることができ、病原菌や雑草の種を死滅させることができます。また、二酸化炭素と水分を生成するため、堆肥の熟成を促進することができます。
環境対策技術に関すること

「温室効果ガス観測技術衛星(いぶき)」とは?

温室効果ガス観測技術衛星(いぶき)は温室効果ガスの濃度分布を大気中の上空から観測する世界の観測衛星です。いぶきは、宇宙航空研究開発機関(JAXA)と環境省が共同で開発した。いぶきは、2009年1月27日に種子島宇宙センターからH-IIAロケット15号機で打ち上げられ、軌道上で約3年間にわたって温室効果ガスの観測を行いました。 いぶきは「温室効果ガス観測技術衛星」の略称で、炭素 dioxide(CO2)とメタン(CH4)などの温室効果ガスの濃度を大気中の上空から観測する世界の観測衛星です。 いぶきは、2009年1月27日に種子島宇宙センターからH-IIAロケット15号機で打ち上げられ、軌道上で約3年間にわたって温室効果ガスの観測を行いました。
環境対策技術に関すること

ハイブリッド自動車の仕組みと特徴

ハイブリッド自動車は、2つ以上の動力源を組み合わせた自動車のことであり、ガソリンエンジンと電気モーターの組み合わせが一般的です。ハイブリッド自動車は、電気モーターのみで走行するEVモード、ガソリンエンジンのみで走行するHVモード、電気モーターとガソリンエンジンの両方を併用して走行するハイブリッドモードの3つの走行モードがあります。 ハイブリッド自動車は、ガソリンエンジン車よりも燃費が良く、排気ガスが少ないのが特徴です。また、電気モーターによる走行は静かで、乗り心地も良く、街中での走行に適しています。ガソリンエンジン車に比べて基本的には高価ですが、モデルによっては政府の補助金や税金の優遇を受けることができます。 ハイブリッド自動車には、大きく分けてシリーズ式とパラレル式という2つの方式があります。シリーズ式は、電気モーターのみで走行し、駆動用バッテリーに電気を供給するために内燃機関を使用します。一方、パラレル式は、電気モーターと内燃機関の両方で走行することができ、駆動用バッテリーの状態や走行条件に応じて、電気モーターのみ、内燃機関のみ、または電気モーターと内燃機関の両方を組み合わせて走行します。また、ハイブリッド自動車には、プラグインハイブリッド車(PHV)という種類があります。プラグインハイブリッド車は、バッテリーを外部から充電することができ、ガソリンエンジンを使用せずに走行することができます。
環境対策技術に関すること

温DOWN化計画とは?

温DOWN化計画とは? 温DOWN化計画の概要 温DOWN化計画とは、自治体が主体となって実施する、温室効果ガスの排出量を削減するための計画のことです。温室効果ガスの排出量を削減することで、地球温暖化を防止し、気候変動による影響を軽減することを目的としています。この計画は、自治体の温室効果ガス排出量削減目標を定め、その目標を達成するための施策を盛り込んだものです。 温DOWN化計画は、2015年に開催された気候変動に関するパリ協定を受けて、日本政府が策定した「温室効果ガス排出削減計画」に基づいて作成されます。温室効果ガス排出削減計画は、日本が2030年度までに温室効果ガスの排出量を2013年度比で26%削減することを目標としています。 温DOWN化計画は、各自治体の温室効果ガス排出量削減目標や施策は異なりますが、共通して以下のような内容が盛り込まれています。 温室効果ガス排出量削減目標の明示 温室効果ガス排出量削減のための施策の具体化 温室効果ガス排出量削減の進捗状況の把握と評価 温室効果ガス排出量削減に関する情報提供と啓発 温DOWN化計画は、自治体が温室効果ガスの排出量削減に積極的に取り組むための重要なツールです。温DOWN化計画を策定することで、自治体の温室効果ガス排出量削減目標を明確にし、その目標を達成するための施策を具体化することができます。また、温DOWN化計画を策定することで、自治体の温室効果ガス排出量削減の進捗状況を把握し、評価することができます。さらに、温DOWN化計画を策定することで、自治体における温室効果ガス排出量削減に関する情報提供と啓発を行うことができます。
環境対策技術に関すること

ごみ溶融化処理の基本を徹底解説!ゼロエミッションで発電も可能!

ごみ溶融化処理とは、可燃ごみを高温で燃焼させて、その熱エネルギーを利用して発電する処理方法のことです。ごみ溶融化処理は、焼却処理の一種ですが、焼却処理とは異なり、ごみを燃やす際に発生する有害物質を処理することができるため、環境への影響を軽減することができます。 ごみ溶融化処理を行うことで、ごみ焼却処理に比べて有害物質の発生量を少なくすることができます。有害物質の発生量は、ごみ焼却処理の場合は、ばいじん、ダイオキシン類、重金属類、塩素類などですが、ごみ溶融化処理の場合は、ばいじん、ダイオキシン類、重金属類のみとなります。また、ごみ溶融化処理を行うことで、ごみ焼却処理に比べて有害物質の拡散を少なくすることができます。有害物質の拡散量は、ごみ焼却処理の場合は、煙突から排出されますが、ごみ溶融化処理の場合は、煙突から排出される量が少なくなり、大気に拡散される量が少なくなります。 また、ごみ溶融化処理を行うことで、ごみの減容化を図ることができます。ごみ焼却処理を行う場合、ごみの重量は1/10程度になります。しかし、ごみ溶融化処理を行う場合、ごみの重量は1/100程度になります。ごみの減容化を図ることで、ごみの貯蔵や運搬にかかる費用を削減することができます。 さらに、ごみ溶融化処理を行うことで、発電を行うことができます。ごみ溶融化処理を行うと、ごみから発生した熱エネルギーを利用して発電を行うことができます。発電を行うことで、電力エネルギーを確保することができます。電力エネルギーを確保することで、エネルギー自給率を高めることができます。
環境対策技術に関すること

環境用語『カーボンリサイクル』とは?

カーボンリサイクルとは、簡単に言えば、二酸化炭素を資源として再利用することです。二酸化炭素は、化石燃料を燃やすことで発生する温室効果ガスです。温室効果ガスとは、地球の大気中に熱を閉じ込めてしまうガスのことです。二酸化炭素の濃度が高くなるほど、地球の気温は上昇します。カーボンリサイクルは、二酸化炭素を再利用することで、温室効果ガスの排出量を減らすことができます。 カーボンリサイクルの方法には、大きく分けて2つあります。1つは、二酸化炭素を燃料や化学製品の原料として利用する方法です。もう1つは、二酸化炭素を植物が光合成によって吸収する方法です。 二酸化炭素を燃料や化学製品の原料として利用する方法としては、メタノールの合成や、プラスチックの製造などがあります。メタノールは、自動車や発電所の燃料として利用することができます。プラスチックは、様々な製品の原料として利用することができます。 二酸化炭素を植物が光合成によって吸収する方法としては、森林の造成や、藻類の培養などがあります。森林は、二酸化炭素を吸収して酸素を排出する役割を果たします。藻類も、二酸化炭素を吸収して酸素を排出する役割を果たします。
環境対策技術に関すること

産業から廃棄されたCO2を有効活用!CCUでカーボンリサイクルを実現

CCU(Carbon Capture and Utilization)とは、産業から排出されたCO2を回収・利用して、新たな製品やエネルギー源を生み出す技術のことです。従来のCO2削減対策は、CO2排出量を削減することに重点を置いていましたが、CCUはCO2を排出せずに有効活用することで、カーボンリサイクルを実現し、持続可能な社会の実現に貢献しています。 CCUにはさまざまな技術がありますが、その一つが「CO2ガス化法」です。これは、CO2を高温・高圧の条件下でガス化して、一酸化炭素(CO)と水素(H2)などの有用なガスに変換する技術です。これらのガスは、そのまま化学製品や燃料として利用したり、合成ガスとして燃料電池やガス発電に使用したりすることができます。 また、CCUには「CO2固定化法」という技術もあります。これは、CO2を固体や液体などの物質に固定して、長期間貯蔵・利用する技術です。例えば、CO2をコンクリートやセメントに固定して建材として利用したり、CO2を海水中や地中に貯蔵して大気中への放出を防ぐことができます。 CCUは、CO2削減対策として大きな期待が寄せられている技術です。しかし、現状ではまだ技術開発の段階であり、コストや効率などの課題を克服することが必要です。しかし、これらの課題を克服することで、CCUは持続可能な社会の実現に貢献することが期待されています。
環境対策技術に関すること

水平隔壁付二重船側タンカーの概要と仕組み

水平隔壁付二重船側タンカーとは、タンカーの船体の側面と底面を2重構造にし、船体の中央部に水平隔壁を設けたタンカーのことです。従来のタンカーでは、船体の側面と底面は一枚構造でしたが、水平隔壁付二重船側タンカーでは、船体の側面と底面が二重構造になっているため、船体が損傷しても、燃料や貨物を積んでいる部分に損傷が及ぶのを防ぐことができます。水平隔壁は、船体の側面と底面を貫く隔壁であり、船体の中央部にあります。水平隔壁は、船体の側面と底面を2つの部分に分けており、片側が損傷しても、もう片側は損傷しないようになっています。
環境対策技術に関すること

サスティナブル・レメディエーションとは? 2つの団体の定義

サスティナブル・レメディエーションの基本 サスティナブル・レメディエーションの基本原則は、環境と人間の健康を保護しながら、環境汚染を削減または除去することです。 これには、汚染された場所を回復・再生するために、持続可能で倫理的な方法を使用することが含まれます。 サスティナブル・レメディエーションの基本的な原則は以下の通りです。 * 汚染の防止が最優先事項であること。 * 汚染された場所の回復には、持続可能な技術を使用すること。 * 汚染を軽減するための解決策は、環境と人間の健康の両方を考慮すること。 * サスティナブル・レメディエーションの実践は、地域のコミュニティや利害関係者の参加を得ること。 サスティナブル・レメディエーションは、環境と人間の健康を保護するための重要なツールです。 この原則に従うことで、汚染された場所を回復させ、将来の世代のために安全で健康な環境を確保することができます。
環境対策技術に関すること

廃プラスチックガス化リサイクルとは?知っておきたい知識

廃プラスチックガス化リサイクルとは?知っておきたい知識 廃プラスチックガス化リサイクルの概要 廃プラスチックガス化リサイクルとは、廃プラスチックを化学反応によりガス化する処理方法です。 原油や天然ガスを原料とする従来のプラスチックと異なり、廃プラスチックを原料とすることで、石油資源の節約や廃棄物削減に貢献します。 廃プラスチックガス化リサイクルの方法はいくつかありますが、最も一般的な方法は「熱分解法」です。熱分解法は、廃プラスチックを加熱することでガスと液体に分離する処理方法です。ガスは、燃料や化学原料として利用することができます。液体は、燃料や潤滑油として利用することができます。 廃プラスチックガス化リサイクルのメリットは、石油資源の節約や廃棄物削減以外にもあります。例えば、廃プラスチックガス化リサイクルによって発生するガスは、二酸化炭素や硫黄酸化物などの有害物質が少ないという特徴があります。そのため、廃プラスチックガス化リサイクルは、環境に優しいリサイクル方法として注目されています。 廃プラスチックガス化リサイクルは、まだ新しい技術ですが、急速に普及しつつあります。今後、廃プラスチックガス化リサイクルの技術がさらに発展することで、廃プラスチック問題の解決に大きく貢献することが期待されています。
環境対策技術に関すること

オーシャンクリーンアップとは?海洋プラスチック問題を解決する非営利団体

オーシャンクリーンアップは、海洋プラスチック問題の解決に取り組む非営利団体です。 2013年にオランダのボイアン・スラット氏によって設立され、太平洋を中心とした海域で、プラスチックごみを回収しています。 スラット氏は、16歳の時に海洋プラスチック問題に関心を持ち、海洋プラスチックごみを回収する方法を研究し始めました。2012年に、太陽光発電や海流を利用して海洋プラスチックごみを回収するシステムを提案し、注目を集めました。 オーシャンクリーンアップの目的は、海洋プラスチックごみを回収して、海洋環境を保護することです。同団体は、太平洋を中心とした海域に、プラスチックごみを回収するためのシステムを設置し、回収したごみをリサイクルしています。 オーシャンクリーンアップは、海洋プラスチック問題の解決に向けて、世界中から注目されている団体です。同団体の取り組みは、持続可能な地球社会の実現に貢献するとして、国際社会からも高く評価されています。
環境対策技術に関すること

ナノファイバーとは?その種類と特徴を解説

ナノファイバーとは、直径が100ナノメートル以下の超極細繊維のことです。ナノファイバーは、さまざまな材料から作ることができ、その性質は材料によって異なります。ナノファイバーは、軽量で強靭、柔軟性があり、耐熱性や耐薬品性に優れているという特徴があります。また、ナノファイバーは、その表面積が非常に大きいため、吸着性や触媒活性に優れています。これらの特徴から、ナノファイバーは、さまざまな分野で応用されています。
環境対策技術に関すること

DAC技術で気候変動を食い止めろ!

「DAC技術で気候変動を食い止めろ!」の下に作られたの「DACとは何か?」 DAC(Direct Air Capture)とは、大気中から二酸化炭素を取り除く技術のことです。 DACは、気候変動を食い止めるための重要な技術として期待されています。DAC技術は、大気中から二酸化炭素を分離・回収し、地中や海洋に貯蔵または利用することで、大気中の二酸化炭素濃度を削減します。DAC技術は、主に化学的プロセスと物理的プロセスによって二酸化炭素を回収します。化学的プロセスとしては、アミン溶液や水酸化物溶液を用いて二酸化炭素を吸収する方法があります。物理的プロセスとしては、膜分離や吸着法を用いて二酸化炭素を分離する方法があります。DAC技術は、まだ開発途上の段階ですが、気候変動を食い止めるための重要な技術として期待されています。
環境対策技術に関すること

道路交通情報通信システムとは?VICSの仕組みと導入目的について

VICS(道路交通情報通信システム)の概要と目的 VICS(道路交通情報通信システム)は、道路交通情報を収集・処理・伝送して、ドライバーに提供するシステムです。目的は、ドライバーに渋滞や事故などの交通情報をリアルタイムに提供し、安全で快適な走行を支援することです。また、交通量の分散化や、交通流の改善を図ることで、交通渋滞の緩和、大気汚染の低減にも貢献しています。 VICSは、道路に設置されたセンサーや、自動車に搭載されたカーナビゲーションシステムなどの機器から交通情報を収集します。収集した情報は、道路交通情報センターに送られ、処理・分析されて、ドライバーに提供されます。ドライバーは、カーナビゲーションシステムや、道路情報板、ラジオ、インターネットなどのメディアを通じて、VICSの情報を取得することができます。
環境対策技術に関すること

ネガティブエミッション技術で地球温暖化を食い止めよう

ネガティブエミッション技術とは、大気中から二酸化炭素を取り除き、貯蔵・埋設することによって、大気中の温室効果ガス濃度を下げる技術のことです。この技術は、気候変動に対処する上で有効な手段として期待されています。 ネガティブエミッション技術には、さまざまな種類があります。その中でも、最も有望視されているのが、バイオエネルギーCCS(BECCS)です。BECCSとは、バイオマス(植物由来の燃料)を燃焼して発電し、発電時に発生する二酸化炭素を回収・貯蔵する技術のことです。バイオマスは、二酸化炭素を吸収して成長するため、燃焼しても二酸化炭素の排出量を実質ゼロにすることができます。 ネガティブエミッション技術は、気候変動に対処する上で重要な役割を果たすと期待されています。しかし、これらの技術は、まだ開発途上であり、コストも高いです。そのため、これらの技術を普及させるためには、政策的な支援が必要とされています。
環境対策技術に関すること

大気の二酸化炭素を隔離するCCSとは?

二酸化炭素回収貯留(CCS)とは、大気中に出る二酸化炭素の除去や削減を行い、貯蔵することも可能とする技術のことを指します。まず、二酸化炭素排出の多い火力発電などから出る二酸化炭素を回収します。回収した二酸化炭素は、海中や地下、鉱山などの貯留場所まで運ばれ、貯蔵されます。CCSは、二酸化炭素の排出を削減して地球温暖化を抑制することに役立つ技術として期待されています。 CCSの仕組みは、以下の通りです。 1. 発電所や工場などから排出される二酸化炭素を回収する 2. 回収した二酸化炭素を圧縮して液化または固体化する 3. 液化または固体化した二酸化炭素を輸送する 4. 輸送された二酸化炭素を地中や海底に貯蔵する CCSは、二酸化炭素の排出量を削減できるため、地球温暖化の抑制に貢献できる技術として期待されています。しかし、CCSには、二酸化炭素の回収や貯蔵にかかるコストが高い、貯蔵した二酸化炭素が漏洩する可能性があるなどの課題もあります。