SDGsに関すること

SDGsに関すること

SDGコンパスとは?持続可能な企業を目指す指針

SDGコンパスとは、持続可能な企業を目指すための指針です。国連が定めた持続可能な開発目標(SDGs)を軸に、企業が社会課題の解決と自社の持続可能な成長を両立するための考え方や取り組み方を示しています。 SDGコンパスの概要は、大きく3つの部分から構成されています。第1部は、SDGsの概要と、企業がSDGsに貢献するための基本的な考え方について説明しています。第2部は、SDGsの各目標に沿って、企業が具体的に取り組むべき課題や事例を紹介しています。第3部は、企業がSDGsに取り組む際に役立つツールやノウハウを提供しています。 SDGコンパスは、企業がSDGsに取り組むための羅針盤です。企業がSDGsを理解し、自社の事業活動とSDGsを結びつけ、持続可能な企業へと変革するための指針として活用することができます。
SDGsに関すること

サマータイムとは?地球温暖化との関係は?

サマータイムとは、夏季の間、標準時よりも1時間進めた時刻を使用することです。夏の間は日照時間が長いため、標準時よりも1時間進めた時刻を使用することで、日没までの時間に余裕が生まれ、夏場の節電に効果的です。 サマータイムは、1916年にドイツで初めて導入されました。その後、多くの国で導入され、現在では世界約70か国で実施されています。日本でも、1948年から1951年まで実施されましたが、現在は実施されていません。 サマータイムの導入目的は、夏場の節電です。夏の間は日照時間が長いため、標準時よりも1時間進めた時刻を使用することで、日没までの時間に余裕が生まれ、照明の使用時間を短縮することができます。日本では、サマータイムを導入することで、年間約100万キロリットルの石油を節約できると推定されています。 また、サマータイムは、国民の健康にも良い影響を与えると考えられています。日照時間が長くなることで、人々が屋外で活動する時間が増え、運動不足や肥満を防ぐ効果が期待できます。また、日没までの時間が長くなることで、ストレスが軽減され、睡眠の質が高まるという研究結果もあります。
SDGsに関すること

環境とSociety5.0の関係

-Society5.0とは- Society5.0とは、狩猟社会、農業社会、工業社会、情報社会に続く、5番目の社会の姿を指します。Society5.0の基本理念は、あらゆるモノがインターネットにつながることで、様々なデータが集まり、そのデータがAIを活用して分析されることで、人々の生活がより豊かになるというものです。 Society5.0実現のための重点分野としては、AI(人工知能)、ビッグデータ、IoT(モノのインターネット)、ロボット工学、仮想現実(VR)などがあります。これらの技術を活用し、自動運転車、遠隔医療、スマートグリッド、スマートシティなど、様々なサービスが実現される予定です。 また、Society5.0は経済成長と環境保護を両立させることも目指しています。再生可能エネルギーの導入、エネルギー効率の向上、廃棄物の削減などに取り組むことで、経済発展と環境保全を実現する持続可能な社会を目指すのがSociety5.0です。
SDGsに関すること

サステノミクスとは何か?経済と環境の調和を実現する方法

サステノミクスとは、経済と環境の調和を実現するための新しい経済政策です。この政策は、持続可能な経済発展を促進し、気候変動や資源枯渇などの環境問題への対応を強化することを目的としています。サステノミクスは、経済成長と環境保護を両立させることを目指した政策です。サステノミクスは、経済と環境の調和を図り、持続可能な社会を実現することを目指しています。 サステノミクスの意味は、サステナブル(持続可能)とエコノミクス(経済学)を組み合わせた言葉で、持続可能な経済を目指した経済政策を意味します。サステノミクスの目的は、経済成長と環境保護を両立させ、持続可能な社会を実現することです。サステノミクスは、環境保全と経済成長の両立を目指した経済政策であり、持続可能な経済社会の実現を目指しています。
SDGsに関すること

あいち・なごや宣言の重要性

あいち・なごや宣言の重要性 宣言の背景と目的 あいち・なごや宣言は、2010年10月に愛知県名古屋市で開催された生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)で採択された宣言です。この宣言は、生物多様性の保全と持続可能な利用の重要性を強調し、2050年までに生物多様性の損失をくい止めることを目標としています。 宣言が採択された背景には、世界中で生物多様性が急速に失われているという危機感があります。森林破壊、気候変動、汚染などによって、多くの動植物種が絶滅の危機に瀕しています。また、生物多様性の保全は、人間の生活にも重要な意味を持っています。生物多様性は、食料、水、医薬品、木材など、私たちが生活するために必要な資源を提供しています。また、生物多様性は、生態系の健康を維持する役割も果たしています。 あいち・なごや宣言は、生物多様性の保全と持続可能な利用を促進するために、20の目標と50のターゲットを掲げています。これらの目標とターゲットは、生物多様性の保全と持続可能な利用に向けた世界共通の指針として、各国政府や国際機関、市民社会などによって広く利用されています。 あいち・なごや宣言は、生物多様性の保全と持続可能な利用を促進するために、重要な役割を果たしています。この宣言は、世界共通の指針として、各国政府や国際機関、市民社会などによって広く利用されており、生物多様性の保全と持続可能な利用に向けた世界的な取り組みを推進しています。
SDGsに関すること

ローカルアジェンダ21徹底解説! 環境保全の重要性を理解しよう

ローカルアジェンダ21とは、持続可能な開発を実現するための地域の行動計画です。持続可能な開発とは、将来の世代のニーズを損なうことなく、現在の世代のニーズを満たす開発です。ローカルアジェンダ21は、1992年にブラジルのリオデジャネイロで開催された「地球サミット」で採択された「アジェンダ21」に基づいて、地方公共団体が策定する地域レベルの行動計画です。 ローカルアジェンダ21は、環境保全、経済発展、社会福祉の3つの柱で構成されています。環境保全では、地球温暖化対策、生物多様性の保全、森林の保全などが盛り込まれています。経済発展では、地域産業の振興、雇用の創出、地域の活性化などが盛り込まれています。社会福祉では、教育、医療、福祉などの充実、地域コミュニティの活性化などが盛り込まれています。 ローカルアジェンダ21は、地方公共団体が策定する地域レベルの行動計画であり、地域住民の参加と協力が不可欠です。地域住民がローカルアジェンダ21の策定や実施に関わることで、持続可能な開発を実現するための行動が促進され、地域社会の持続可能な発展が実現されます。
SDGsに関すること

環境を守るために必要な教育

持続可能な開発のための教育とは何ですか? 持続可能な開発のための教育(ESD)とは、 持続可能な開発を実現するために必要とされる知識、スキル、価値観、態度を育てることを目的とした教育です。持続可能な開発とは、将来の世代のニーズを損なうことなく、現在の世代のニーズを満たすような開発のことです。ESDは、環境保護、社会正義、経済発展の3つの柱をバランスよく重視しています。 ESDは、単に環境問題について学ぶことではありません。環境問題について学ぶことはESDの一部ですが、ESDはそれ以上のものです。ESDは、生徒たちに問題解決能力、批判的思考能力、創造的思考能力を養うことを目的としています。また、ESDは生徒たちに持続可能な開発の重要性と、持続可能な開発を実現するために自分たちにできることを理解させることを目的としています。
SDGsに関すること

製品課徴金とは?仕組みや目的を解説!

製品課徴金とは? 製品課徴金とは、独占的または優越的地位を乱用した企業に対して課される課徴金のことです。独占的または優越的地位を乱用した行為には、不当な価格設定、不当な取引条件の押し付け、新規参入の妨害などが挙げられます。製品課徴金は、独占的または優越的地位を乱用した企業に対して罰則を科すことによって、公正な競争を促進し、消費者の利益を守ることを目的としています。製品課徴金は、独占禁止法に基づいて課されます。独占禁止法は、独占的または優越的地位を乱用した行為を禁止しており、違反した企業に対しては、課徴金が課されることになっています。独占禁止法は、公正な競争を促進し、消費者の利益を守るために制定された法律です。独占禁止法に基づいて課される課徴金は、独占禁止法違反行為に対する罰則となります。
SDGsに関すること

国連ミレニアム開発目標とは何か?

国連ミレニアム開発目標とは、2000年に国連加盟国が採択した、2015年までに達成すべき8つの国際開発目標のことです。 この目標は、貧困、飢餓、病気、教育、ジェンダー平等、環境、パートナーシップの7つの分野で構成されています。 国連ミレニアム開発目標が採択された背景には、20世紀後半に世界で急速に拡大した貧困と不平等があります。世界銀行の報告書によると、1990年には世界の貧困人口は12億人でしたが、2000年には18億人に増加しました。また、格差も拡大し、最も裕福な20%の人口が世界全体の収入の82%を占める一方、最も貧しい20%の人口はわずか1%の収入しか得ていませんでした。 国連ミレニアム開発目標は、こうした貧困と不平等を解消し、持続可能な開発を達成するための世界的な枠組みとして採択されました。目標の達成には、先進国と途上国の協力が必要です。先進国は、途上国に資金援助や技術協力を行うことで目標達成を支援する必要があります。また、途上国は、自助努力を行い、目標達成に向けて国内の政策や制度を整備する必要があります。
SDGsに関すること

グリーン・エコノミーとは?持続可能な経済実現の鍵となる考え方

持続可能な経済実現に向けた重要な考え方として「グリーン・エコノミー」があります。この概念は、経済成長を追求しながらも、環境や社会への悪影響を最小限に抑えることを目指した経済システムです。グリーン・エコノミーの基本理念は、以下の3つの柱で構成されています。 * 自然的資本の保全と持続可能な利用。天然資源や生態系の保全を図り、持続可能な方法で利用することで、将来世代のために健康で生産的な環境を残すことを目指します。 * 環境汚染の削減と予防。温室効果ガスの排出削減や廃棄物の適切な処理など、環境汚染を削減し、予防することで、人間と環境の健康を守ります。 * 社会的包摂と雇用の創出。グリーン・エコノミーへの移行を通じて、社会的包摂を促進し、雇用を創出することで、すべての人が恩恵を受けられる経済を実現することを目指します。 グリーン・エコノミーは、環境と経済を両立させるための重要な考え方です。この理念を実践することで、持続可能な経済を実現し、将来世代に健全な地球を残すことができます。
SDGsに関すること

持続可能な開発指標(英国)の概要と目的

「持続可能な開発指標(英国)の概要と目的」の下に作られたの「持続可能な開発指標(英国)とは?」 持続可能な開発指標(英国)(Sustainable Development Indicator(SDI))とは、英国政府が2005年から発表している、英国の持続可能性を測る指標のことである。SDIは、経済、社会、環境の3つの観点から、英国の持続可能性を評価している。SDIは、英国の持続可能性を測るために重要なツールであり、英国政府はSDIを基に、英国の持続可能性を改善するための政策を策定している。
SDGsに関すること

SDGsコンパスとは何か?その目的と活用方法を解説

SDGsコンパスとは、持続可能な開発目標(SDGs)に関する情報やリソースを網羅的に提供するオンラインプラットフォームです。 SDGsコンパスは、国連開発計画(UNDP)とスウェーデン政府の共同イニシアチブとして、2015年に設立されました。 SDGsコンパスには、SDGsに関するさまざまな情報やリソースが掲載されています。例えば、SDGsの17の目標と169のターゲットに関する詳細な情報、SDGsを達成するためのさまざまな事例、SDGsに関する最新のニュースやイベント情報などです。 SDGsコンパスは、SDGsに取り組むあらゆる人にとって役立つツールです。SDGsに関する情報を収集したり、SDGsを達成するためのアイデアを得たり、SDGsに関する最新情報を把握したりするのに役立ちます。SDGsコンパスは、SDGsを達成するための世界的な取り組みを支援するために設立されました。SDGsコンパスは、SDGsに関する情報を収集したり、SDGsを達成するためのアイデアを得たり、SDGsに関する最新情報を把握したりするのに役立ちます。
SDGsに関すること

2030アジェンダとは?その意味と重要性

2030アジェンダとは、2015年9月に国連サミットで採択された持続可能な開発目標(SDGs)を達成するための国際的な行動計画です。SDGsは、貧困、飢餓、気候変動、不平等の削減など17の目標と169のターゲットから構成されています。 2030アジェンダの概要は、以下の5つの主要部分で構成されています。 1. -序文- 持続可能な開発の重要性を強調し、SDGsの必要性を説明しています。 2. -17の目標と169のターゲット- 2030年までに達成すべき具体的な目標とターゲットを示しています。 3. -実施手段- SDGsを達成するための手段と方法を説明しています。 4. -フォローアップとレビュー- SDGsの進捗状況をフォローアップし、レビューするための仕組みを説明しています。 5. -グローバル・パートナーシップ- SDGsを達成するための国際的な協力とパートナーシップの重要性を強調しています。 2030アジェンダは、持続可能な開発を達成するための重要な国際的枠組みです。SDGsは、世界中の政府、企業、市民社会団体などあらゆるステークホルダーが協力して取り組むべき課題です。
SDGsに関すること

知っておきたい『世界食料デー(10月16日)』

世界食料デーは、毎年10月16日に実施される国際デーである。 国連食糧農業機関(FAO)によって制定されたもので、食料安全保障と飢餓撲滅の重要性を認識し、世界の食料問題について考える日である。 この記念日は、1945年にFAOが設立された日を記念して定められた。 それ以降、世界各地で食料生産や食料安全保障に関するイベントやキャンペーンが行われている。 世界食料デーの目的は、飢餓と栄養失調に苦しんでいる人々のために、食料生産と食料安全保障を促進することである。 また、食料生産に携わる人々や、食料の供給に関わる人々の功績を称える日でもある。
SDGsに関すること

愛知目標とは何か? 2010年愛知県名古屋市COP10採択

愛知目標とは何か? 2010年愛知県名古屋市COP10採択 生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が、愛知県名古屋市で開催されたことを踏まえ、愛知目標とは、2010年10月に採択された「生物多様性新戦略計画」における20の目標です。 生物多様性新戦略計画とは、生物多様性条約第9回締約国会議(COP9)において採択された「2010年までの生物多様性のための行動計画」に代わるものです。愛知県名古屋市で開催されたCOP10で採択され、2011年から2020年までの10年間を目標期間としています。 生物多様性新戦略計画の目標は、生物多様性の保全と持続可能な利用を促進し、生態系サービスの恩恵を人類が享受できるようにすることです。そのために、生物多様性の保全を強化し、生物多様性の持続可能な利用を促進し、生態系サービスの恩恵を公平かつ衡平に共有することを目指しています。 愛知目標は、生物多様性新戦略計画の目標を達成するための具体的かつ定量的な目標です。生物多様性の保全、持続可能な利用、生態系サービスの恩恵の共有の3つの領域で、それぞれ5つの目標が設定されています。愛知目標は、生物多様性の保全と持続可能な利用を促進するための重要な手段であり、その達成に向けて、世界各国が努力しています。
SDGsに関すること

エシカル消費とは?

エシカル消費の意味 エシカル消費とは、環境や社会に配慮しながら商品やサービスを選択し、消費する行動のことです。エシカル消費の目的は、環境や社会に悪影響を及ぼす企業や商品を避け、持続可能な社会を実現することです。エシカル消費は、単に環境に優しい商品やサービスを選ぶだけでなく、労働者の権利や動物の権利を尊重する商品やサービスを選ぶことも含まれます。エシカル消費は、近年注目が高まっており、多くの企業がエシカルな商品やサービスを提供するようになっています。また、消費者もエシカル消費について意識が高まり、エシカルな商品やサービスを積極的に選ぶようになっています。
SDGsに関すること

循環型社会形成推進基本計画とは? その内容と意義

循環型社会形成推進基本計画とは、日本の産業構造や社会システムを循環型社会へと移行させるために定められた計画です。この計画は、環境省が中心となって作成され、2000年6月に閣議決定されました。 循環型社会とは、資源を循環させることで、廃棄物を減らし、環境への負荷を軽減することを目指した社会のことです。循環型社会形成推進基本計画は、この循環型社会の実現に向けて、さまざまな施策を定めています。 循環型社会形成推進基本計画の主な内容は以下の通りです。 1. 循環型社会の構築に向けた基本的な考え方と目標 2. 循環型社会の構築に向けた施策の基本的方向 3. 循環型社会の構築に向けた施策の重点分野 4. 循環型社会の構築に向けた施策の実施体制 循環型社会形成推進基本計画は、循環型社会の実現に向けて重要な計画です。この計画に基づいて、さまざまな施策が実施され、循環型社会の実現に向けて努力されています。
SDGsに関すること

持続可能な消費と生産でSDGs達成を

持続可能な消費と生産でSDGs達成を 地球の資源は有限であり、気候変動や環境汚染など、人類の活動によって環境に悪影響を及ぼしていることは明らかです。持続可能な消費と生産とは、環境に悪影響を与えずに経済成長を促進することです。 SDGsのゴール12『つくる責任、つかう責任』は、 持続可能な消費と生産を推進し、天然資源の持続可能な管理を達成するための目標です。具体的には、以下の取り組みを掲げています。 * 廃棄物削減 * リユース・リデュース・リサイク * 低炭素化 * 再生可能エネルギーの利用拡大 * 持続可能な消費と生産のパターンを推進するための情報と教育の提供 持続可能な消費と生産は、個人の行動や企業の経営戦略など、あらゆるレベルで取り組むことが重要です。私たちは、環境に配慮した消費や生産活動を意識し、持続可能な社会の実現を目指すべきです。
SDGsに関すること

いのちの共生イニシアティブとは?

いのちの共生イニシアティブは、さまざまな分野の専門家や市民が集まり、いのちの共生に関する課題を解決することを目指した取り組みです。いのちの共生とは、人間と他の生物が調和して生きることを意味し、環境保全や生物多様性の保全、持続可能な開発など、さまざまな課題が含まれます。 このイニシアティブは、2010年に東京で開催された生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)を機に立ち上げられました。COP10では、生物多様性の保全と持続可能な開発を推進することを目指した愛知ターゲットが採択されました。いのちの共生イニシアティブは、愛知ターゲットの実現に向けて、さまざまな活動に取り組んでいます。 いのちの共生イニシアティブは、生物多様性や環境保全、持続可能な開発など、さまざまな分野の専門家や市民が参加しています。また、自治体や企業、NPOなど、さまざまな組織も参加しています。このイニシアティブは、これらの参加者同士の連携を促進し、いのちの共生に関する課題の解決を目指しています。
SDGsに関すること

生物多様性プロジェクトの概要と重要性

生物多様性プロジェクトとは何か? 生物多様性プロジェクトとは、生物多様性を保全・回復するためのプロジェクトのことです。 生物多様性は、地球上に存在するすべての生物の多様性であり、生態系の安定や人間の健康に欠かせないものです。しかし、人間の活動によって、生物多様性は脅かされており、多くの動植物が絶滅の危機に瀕しています。 生物多様性プロジェクトは、絶滅危惧種の保護、生息地の復元、外来種の駆除など、生物多様性を保全・回復するためのさまざまな活動を行っています。 また、地域住民や企業、政府機関と協力して、生物多様性を尊重した持続可能な開発を推進しています。
SDGsに関すること

GRIガイドラインってなに?企業の持続可能な取り組みを支援するガイドライン

GRIガイドラインとは、持続可能な発展に対する企業の取り組みを支援するために作られた国際的な報告ガイドラインのことです。GRIガイドラインは、企業が環境、社会、経済の観点から持続可能性をどのように管理しているかについて報告するのを支援するため、グローバル・レポーティング・イニシアチブ(GRI)によって開発されました。 GRIガイドラインは、様々な業界や規模の企業に適するように設計されており、企業が持続可能性に関する情報を透明かつ比較可能な方法で報告することを可能にします。GRIガイドラインは、企業が持続可能性に関する取り組みを改善し、ステークホルダーとの信頼を構築するのにも役立ちます。
SDGsに関すること

ESDのグローバル・アクション・プログラム(GAP)とは?

ESDのグローバル・アクション・プログラム(GAP)とは? これは、ユネスコが中心となって推進する、ESDの国際的な行動計画である。2014年のユネスコ総会で採択され、2020年までに達成することを目指している。GAPは、ESDの重要性と、その促進の必要性を強調している。また、ESDの促進のための様々な具体的な行動を提案している。 GAPは、ESDの4つの重点分野を特定している。 * 教育政策と計画におけるESDの統合 * 教員とその他の教育関係者の訓練 * 教材と学習用リソースの開発 * ESDに関する研究と評価 GAPは、ESDの促進のための具体的な行動を提案している。 * ESDを教育政策と計画に統合する。 * 教員とその他の教育関係者にESDに関する研修を実施する。 * ESDに関する教材と学習用リソースを開発する。 * ESDに関する研究と評価を実施する。 * ESDに関する国際的な協力とパートナーシップを促進する。
SDGsに関すること

持続可能な開発のための教育とは?その概要と重要性

持続可能な開発のための教育とは何か? 持続可能な開発のための教育(ESD)とは、持続可能な開発に必要な知識、スキル、価値観、態度などを育てる教育のことです。持続可能な開発とは、地球の資源や環境を守りながら、経済や社会の発展を目指すことです。ESDは、持続可能な開発に貢献するために、人々の意識や行動を変えることを目指しています。 ESDは、1992年の「環境と開発に関する国際連合会議(UNCED)」で採択された「アジェンダ21」において、初めて国際的に合意された教育の概念です。その後、2002年の「持続可能な開発に関する世界首脳会議」において、ESDの推進が世界の優先課題であることが確認されました。
SDGsに関すること

環境に配慮した投資とは?SRIを解説

SRIとは、サステナブル・アンド・レスポンシブル・インベストメント(Sustainable and Responsible Investment)の略で、持続可能な社会の実現を目指し、環境、社会、企業統治に配慮した投資のことです。 従来の投資手法では、経済的なリターンを最優先としていましたが、SRIは、経済的なリターンだけでなく、環境や社会への影響も考慮して投資先を選択します。 SRIは、環境や社会に配慮した企業に投資することで、持続可能な社会の実現を目指しています。また、SRIは、企業に環境や社会への配慮を求めることで、企業の社会的責任を促進する効果もあります。