UNESCO

環境問題に関すること

トビリシ会議とは?1977年のUNESCO主催の会議について解説

トビリシ会議とは、1977年9月14日から22日まで、当時のソ連領ジョージア共和国の首都トビリシで開催された、ユネスコ主催の国際会議のことである。正式名称は、「文化政策と発展に関する政府間会議」である。 トビリシ会議の目的は、文化政策と開発の関係を検討し、文化政策のあり方について各国政府の合意を得ることだった。会議には、125カ国から約1,000人の代表者が参加した。会議では、文化政策は国の開発の重要な一部であること、文化政策は国の文化的アイデンティティを保護し、促進する役割を果たすこと、文化政策は国際協力と理解を促進する役割を果たすことなどが確認された。
組織・団体に関すること

環境教育地域専門家会議とは

環境教育地域専門家会議の概要 環境教育地域専門家会議は、環境省が設置した会議です。環境教育の推進に関する事項を調査審議し、環境大臣に答申することを目的としています。 会議は、委員長1名、委員15名、専門委員若干名で構成されています。委員は、環境教育の専門家や関係団体の代表者などから委嘱されます。専門委員は、環境教育の専門家の中から委嘱されます。 会議は、年数回開催されます。会議では、環境教育に関する最新の情報を共有したり、環境教育の課題や問題点について議論したりします。また、環境教育の推進に向けて必要な施策について検討したり、答申をまとめたりします。 環境教育地域専門家会議は、環境教育の推進に重要な役割を果たしています。会議での議論や答申は、環境省の環境教育政策の策定に反映されます。また、会議に参加する委員や専門委員は、環境教育の普及啓発活動にも貢献しています。
SDGsに関すること

ESDのグローバル・アクション・プログラム(GAP)とは?

ESDのグローバル・アクション・プログラム(GAP)とは? これは、ユネスコが中心となって推進する、ESDの国際的な行動計画である。2014年のユネスコ総会で採択され、2020年までに達成することを目指している。GAPは、ESDの重要性と、その促進の必要性を強調している。また、ESDの促進のための様々な具体的な行動を提案している。 GAPは、ESDの4つの重点分野を特定している。 * 教育政策と計画におけるESDの統合 * 教員とその他の教育関係者の訓練 * 教材と学習用リソースの開発 * ESDに関する研究と評価 GAPは、ESDの促進のための具体的な行動を提案している。 * ESDを教育政策と計画に統合する。 * 教員とその他の教育関係者にESDに関する研修を実施する。 * ESDに関する教材と学習用リソースを開発する。 * ESDに関する研究と評価を実施する。 * ESDに関する国際的な協力とパートナーシップを促進する。
組織・団体に関すること

ユネスコ政府間海洋学委員会とは?その目的と活動

ユネスコ政府間海洋学委員会の歴史 ユネスコ政府間海洋学委員会(IOC)は、ユネスコ内の海洋科学の政府間機関であり、海洋科学分野における国際協力を促進するために1960年に設立されました。IOCの目的は、海洋科学の知識を拡大し、海洋資源の持続可能な開発を促進し、海洋に関する政策と意思決定を改善することです。IOCは、海洋観測システムの開発、海洋研究の実施、海洋科学に関する能力開発、海洋に関する政策とガバナンスの強化など、幅広い活動を行っています。 IOCは、各国政府、科学者、海洋関係機関、その他の関係者を含む幅広いステークホルダーと協力して活動しています。IOCは、海洋科学分野における世界的な協力を促進し、海洋の持続可能な管理と開発に貢献しています。