「と」

エネルギーに関すること

トップランナー方式:省エネと持続可能性への道

トップランナー方式省エネと持続可能性への道 トップランナー方式とは? トップランナー方式とは、省エネ性能や環境性能において最も優れている製品や技術を「トップランナー」として設定し、他の製品や技術はそのトップランナーの性能を目標として向上することを促す制度のことです。この制度は、省エネや環境への負荷低減を目的として、多くの国や地域で導入されています。日本では、1999年に「省エネ法」が制定され、トップランナー方式が導入されました。この制度は、家電製品やオフィス機器、自動車など、様々な製品を対象としており、各製品の省エネ性能や環境性能の基準を定めています。 トップランナー方式は、製品の省エネ性能や環境性能の向上を促すことで、省エネや環境への負荷低減に貢献しています。また、この制度は、消費者に省エネ製品や環境に優しい製品を選択する機会を提供しており、消費者の環境意識の向上にも寄与しています。
環境問題に関すること

特別気候変動基金とは?

特別気候変動基金とは? -特別気候変動基金ってなに?- 特別気候変動基金とは、開発途上国が気候変動の影響に適応し、温室効果ガス排出を削減するための支援を行うために設立された資金です。2009年の国連気候変動枠組条約第15回締約国会議(COP15)で設置が決まり、2010年から運用が開始されました。基金の資金源は、先進国からの拠出金と、国際民間銀行からの融資、市場メカニズム(排出削減取引)からの収入などです。
地球環境に関すること

土地利用、土地利用変化及び林業とは?

LULUCFとは、土地利用、土地利用変化及び林業の略です。これは、人間活動による土地利用の変化と、それが地球の気候に与える影響を研究する分野です。LULUCFは、気候変動に関する国際的な枠組みである気候変動枠組条約(UNFCCC)において、重要な役割を果たしています。 LULUCFの研究は、土地利用の変化が気候変動にどのような影響を与えるかを理解することを目的としています。土地利用の変化には、森林伐採、農業の拡大、都市化などがあります。これらの変化は、大気中の二酸化炭素の量を増やし、地球温暖化を促進します。一方で、森林植林や森林管理などの活動は、二酸化炭素を吸収し、地球温暖化を抑制する効果があります。 LULUCFの研究は、気候変動対策を立案する上で重要な役割を果たしています。LULUCFの研究成果に基づいて、森林伐採を減らすための政策や、森林植林を促進するための政策などが立案されます。また、LULUCFの研究成果は、気候変動に関する国際交渉においても重要な役割を果たしています。
制度に関すること

都市の低炭素化の促進に関する法律とは?

都市の低炭素化の促進に関する法律とは? 都市の低炭素化の促進に関する法律は、都市の低炭素化の促進を図るための基本理念、基本方針、基本計画、実行計画、財政措置などを定めた法律です。 都市の低炭素化の促進に関する法律の概要 この法律の目的は、都市の低炭素化の促進を図ることにより、地球温暖化対策及びエネルギーの安定供給を推進し、もって国民経済の持続可能な発展に寄与することです。 この法律の基本理念は、都市の低炭素化の促進は、政府、地方公共団体、事業者及び国民の相互の連携の下に総合的かつ計画的に推進されるべきことです。 この法律の基本方針は、都市の低炭素化の促進を図るに当たっては、次の事項に留意しなければならないことです。 温室効果ガスの排出抑制とエネルギーの効率的な利用 再生可能エネルギーの利用の促進 コンパクトな都市構造の形成 公共交通機関の利用の促進 自転車利用環境の整備 歩行空間の整備 都市緑地の保全・整備 都市の低炭素化に関する国民への啓発
リサイクルに関すること

家畜のふん尿:農業と環境

家畜のふん尿とは何か 家畜のふん尿とは、家畜が排泄する固形物や液状物の総称です。家畜の種類や飼育方法によって異なりますが、一般的には、牛、豚、鶏などの糞尿が含まれます。家畜のふん尿は、農業や環境に大きな影響を与えます。 農業において、家畜のふん尿は肥料として利用することで、土壌の肥沃度を高め、作物の生産量を増やすことができます。また、家畜のふん尿を発酵させてバイオガスを製造したり、家畜のふん尿を原料とした堆肥を作ったりすることもできます。 一方で、環境面においては、家畜のふん尿は水質汚染や大気汚染の原因となることがあります。家畜のふん尿が河川や湖沼に流れ込むと、水質汚染を引き起こし、魚介類などの生態系に悪影響を及ぼす可能性があります。また、家畜のふん尿を適切に処理せずに放置すると、悪臭が発生したり、病原菌が繁殖したりして、公衆衛生に悪影響を及ぼす可能性もあります。 そのため、家畜のふん尿は適切に処理することが重要です。家畜のふん尿を処理する方法は、堆肥化、バイオガス化、焼却などがあります。堆肥化は、家畜のふん尿を微生物の働きで分解して堆肥を作る方法です。バイオガス化は、家畜のふん尿を嫌気性細菌の働きで分解してバイオガスを作る方法です。焼却は、家畜のふん尿を燃やして灰にする方法です。 家畜のふん尿を適切に処理することで、農業や環境への悪影響を軽減することができます。
地球環境に関すること

ドナー間連携 ~世界の発展を支える国際連携とは?~

ドナー間連携とは国境を越えた共同支援 ドナー間連携とは、複数の政府開発援助(ODA)機関が協力して、開発途上国や国際機関に援助を提供することです。また、共通の開発目標や優先事項を特定し、協働して取り組むことを目的としています。国際社会が複雑で相互依存している状況において、開発途上国の課題は世界的な問題として認識されることが多くなっています。そのため、単独の国や機関では解決できない問題にも対応できるよう、ドナー間連携が重要となっています。 ドナー間連携には、さまざまなメリットがあります。第一に、援助受入国のオーバーラップや重複を減らすことができます。第二に、援助の質を高めることができます。第三に、開発途上国のオーナーシップを促進することができます。第四に、援助の透明性と説明責任を高めることができます。
エネルギーに関すること

統一省エネルギーラベルで省エネ生活を

エネルギー消費の増大が懸念される今日、省エネ生活の実践が重要視されています。省エネ生活とは、エネルギーを節約しながら快適な生活を送ることであり、環境負荷の軽減や電気代の節約など、さまざまなメリットがあります。 省エネ生活を推進する取り組みの一つに、統一省エネルギーラベルがあります。統一省エネルギーラベルとは、家電製品などのエネルギー消費効率を示すラベルのことです。ラベルには、製品のエネルギー消費効率を表す星の数や、年間消費電力量などが記載されています。このラベルを参考に、エネルギー消費効率の高い製品を選ぶことで、省エネ生活を実現することができます。 統一省エネルギーラベルは、家電量販店やインターネット通販サイトなどで見ることができます。製品を選ぶ際には、必ず統一省エネルギーラベルを確認し、エネルギー消費効率の高い製品を選ぶようにしましょう。また、省エネ生活を心がけることで、環境負荷の軽減や電気代の節約にもつながります。
その他に関すること

トランジットモールとは?その魅力と導入事例

トランジットモールとは?その魅力と導入事例 トランジットモールの意味と特徴 トランジットモールとは、モータリゼーションが進む中、都市核部等の商業地の活性化や公共交通機関の利用促進、歩行者等による買物客の増加を図るとともに、交通事故防止や大気環境の改善など、都市環境整備上の諸問題を解決するために都市計画道路上における歩行者専用空間等の設置、乗り合いバス・タクシー専用レーンを含む車両優先道路等の整備、店舗の前面における歩道の拡張などを行い、公共交通機関によるアクセス重視のまちづくりが行われる道路空間である。 トランジットモールの導入事例 トランジットモールは、世界各地で導入されており、その成功例として、英国ロンドン市オックスフォード・ストリート、米国カリフォルニア州サンフランシスコ市マーケットストリート、オーストラリアシドニー市ジョージストリートなどが挙げられる。 日本では、東京都渋谷区のセンター街や、神奈川県横浜市中区の伊勢佐木町などが代表的なトランジットモールである。これらは、いずれも公共交通機関の利用促進や歩行者空間の拡大、自動車交通の抑制などによって、都市環境の改善に成功している。
環境問題に関すること

バーゼル条約国内法とは?目的や規制内容をわかりやすく解説

バーゼル条約とは、国境を越える有害廃棄物の移動とその処分を管理するための国際条約のことです。1989年にスイスのバーゼルで採択されたことから、バーゼル条約と呼ばれるようになりました。この条約の目的は、国境を越える有害廃棄物の移動を減らし、廃棄物の発生を抑制し、廃棄物を適切に処分することによって、環境と人々の健康を保護することです。 バーゼル条約は、締約国が国境を越える有害廃棄物の移動を管理するための国内法を整備することを義務付けています。また、この条約では、有害廃棄物を他の国に輸出する際には、事前にその国の同意を得ることが義務付けられています。さらに、有害廃棄物を処分する際には、その廃棄物が環境や人々の健康を害さないように適切に処理することが義務付けられています。
環境問題に関すること

ドーナツ経済学とは?

ドーナツ経済学の考え方とは、経済発展と環境保護が相互に矛盾することではなく、むしろ相乗的な関係にあることを説いた理論です。社会的な基礎と環境的な天井の2つの境界をドーナツの輪で表現し、この境界内にある経済活動を推進することが望ましいとされます。 社会的な基礎とは、食料、水、住居、教育、医療などの、人間が生存し、生活するために必要な最低限の資源とサービスを指します。環境的な天井とは、地球の温暖化、生物多様性の喪失、水質汚染などの、人間の活動によって引き起こされる環境への負荷のことです。 ドーナツ経済学では、社会的な基礎と環境的な天井の境界内に収まる経済活動を推進することが、持続可能な経済成長を実現する鍵であると主張しています。これにより、経済発展と環境保護を両立させることができるとされています。
リサイクルに関すること

特定容器製造等事業者とは?わかりやすく解説

特定容器製造等事業者とは? 特定容器製造等事業者とは、容器包装リサイクル法に基づき、容器包装を製造等する事業者を指します。具体的には、プラスチック容器、ガラスびん、紙製容器、金属製容器、繊維製容器等を製造する事業者が該当します。特定容器製造等事業者は、容器包装リサイクル法に基づき、容器包装の回収及び再利用等に関する事業計画を作成し、実施することが義務付けられています。また、特定容器製造等事業者は、容器包装リサイクル法に基づき、容器包装リサイクル推進協議会に加入することが義務付けられています。
環境問題に関すること

特定外来生物について理解する

特定外来生物とは、生息地などから離れた地域に人為的に導入された生物であり、生態系に危害を加え、または危害を加える可能性があると認定された生物のことです。特定外来生物は、外来生物法によって規制されており、その導入、飼育、運搬、販売などが禁止されています。 特定外来生物は、さまざまな経路で日本に侵入しています。例えば、旅行者や貨物船が持ち込んだもの、ペットとして輸入されたものが野生化したもの、あるいは自然災害などで生息地が破壊された結果、移動してきたものなどです。 特定外在生物は、生態系にさまざまな危害を及ぼします。在来種との競合、在来種の捕食、在来種の病気の媒介、農作物や森林への被害などです。また、特定外来生物は、人間にも被害を及ぼすことがあります。例えば、カミツキガメは人を咬んだり、アカミミガメはサルモネラ菌を媒介したりします。 特定外来生物の侵入を防ぐためには、外来生物の持ち込みを禁止する、外来生物の飼育や販売を規制する、外来生物の駆除を行うなどの対策が必要です。また、特定外来生物の侵入を防ぐためには、私たち一人ひとりの協力も重要です。例えば、海外旅行の際に外来生物を持ち帰らない、ペットを野に捨てない、農作物に被害を与える外来生物を見つけたら駆除するなどです。
ゴミに関すること

特別管理産業廃棄物の正しい知識で環境を守ろう

特別管理産業廃棄物とは、廃棄物処理法で定められた特に有害性が高い産業廃棄物のことです。 具体的には、シアン化合物、ヒ素化合物、鉛化合物、水銀化合物などの金属類、ダイオキシン類、PCB類、有機溶剤、農薬、感染性廃棄物などが含まれます。これらの産業廃棄物は、環境や人体に重大な悪影響を及ぼす可能性があるため、特別に厳しい管理が義務付けられています。 特別管理産業廃棄物の処理方法は、廃棄物処理法で定められており、事業者は処理基準を順守して処理しなければなりません。一般的には、焼却、溶融、破砕、埋め立てなどの方法で処理されます。また、特別管理産業廃棄物の排出を減らすため、事業者には廃棄物削減やリサイクルなどの対策が義務付けられています。 特別管理産業廃棄物の適正な処理は、環境を守り、人体への悪影響を防ぐために不可欠です。事業者は、廃棄物処理法を遵守し、特別管理産業廃棄物を適正に処理することが求められています。
大気環境に関すること

所沢ダイオキシン事件で起こったこと

所沢ダイオキシン事件とは 所沢ダイオキシン事件とは、1979年7月に埼玉県所沢市内で発生した、ダイオキシン類による環境汚染事件である。 この事件は、1979年7月に埼玉県所沢市内で、ダイオキシン類を含む廃油が不法投棄され、それによって付近の土壌や水質が汚染されたものである。 廃油を不法投棄した業者は、廃油処理業を営んでいた2社で、いずれも無許可で廃油処理を行っていた。 廃油は、ドラム缶に詰められて、所沢市内の複数の場所に不法投棄された。 不法投棄された廃油は、ドラム缶から漏れ出して、土壌や水質を汚染した。 汚染された土壌や水質は、周辺住民の健康に被害を及ぼした。 事件発覚後、埼玉県や所沢市は、汚染された土壌や水質の浄化作業を行った。 また、廃油を不法投棄した業者は、逮捕されて、有罪判決を受けた。
水環境に関すること

土壌・湖沼の酸性化と生態系への影響

酸性化の原因とメカニズム 土壌や湖沼の酸性化は、主に人の経済活動によって排出される硫黄酸化物や窒素酸化物などの酸性物質が大気や水に溶け込み、土壌や湖沼の酸性度を上昇させることで起こります。酸性物質は、火力発電所や工場、自動車などから排出されるものが多く、大気中を移動して土壌や湖沼に降り注ぎます。また、酸性物質を含む雨水や雪解け水などが土壌や湖沼に流れ込むことで、酸性化が進行します。 酸性化は、土壌や湖沼の生態系に大きな影響を与えます。酸性化した土壌では、植物の生育が阻害され、土壌中の微生物の活動も弱まります。酸性化した湖沼では、魚類やその他の水生生物が死滅し、湖沼の透明度も低下します。また、酸性化した土壌や湖沼からは、酸性物質が地下水や河川に流出するため、地下水や河川も酸性化が進みます。
環境問題に関すること

豊島事件とは?国立公園内での開発行為がもたらした環境問題

豊島事件とは、1960年代に起こった国立公園内での開発行為がもたらした環境問題である。豊島は、瀬戸内海に浮かぶ小島で、1955年に国立公園に指定された。しかし、1960年代に入ると、観光開発の波が押し寄せ、島の開発が計画された。 豊島事件の概要は、以下の通りである。1963年、豊島にホテルやゴルフ場、別荘地を建設する計画が持ち上がった。この計画は、地元の住民の間で賛否両論を巻き起こした。賛成派は、開発によって島の経済が活性化し、雇用が創出されると主張した。反対派は、開発によって自然が破壊され、国立公園の価値が損なわれると主張した。 開発計画は、最終的に1965年に承認された。しかし、開発が始まると、環境破壊が懸念されるようになった。建設工事によって、島の山が削られ、緑が失われた。また、開発に伴う廃棄物処理が不十分なため、島の環境が汚染された。 開発計画に反対する住民らは、1967年に「豊島を守る会」を結成し、開発の中止を求めて運動を始めた。住民らの運動は、全国的な注目を集め、1970年には開発計画が中止された。 豊島事件は、国立公園内での開発行為がもたらした環境問題を顕在化させた事件である。この事件をきっかけに、国立公園の保護と開発のあり方が見直されることになった。
環境問題に関すること

世界自然遺産と生物圏保護区についてのトビリシ勧告

トビリシ勧告とは、1977年に開催されたユネスコ主催の「世界自然遺産と生物圏保護区に関する政府間会議」において作成された勧告のことです。 この勧告では、世界自然遺産と生物圏保護区の保護と管理に関する原則が定められており、各国がこれらの地域の保護と管理に努めるよう求めています。 トビリシ勧告の主な内容は、以下の通りです。 * 世界自然遺産と生物圏保護区は、科学的、文化的、美学的に重要な場所である。 * これらの地域は、地域住民の生活と文化に密接に関連している。 * これらの地域は、人間活動の影響により、脅威にさらされている。 * 各国は、これらの地域の保護と管理に努める必要がある。 トビリシ勧告は、世界自然遺産と生物圏保護区の保護と管理に関する画期的な文書であり、各国がこれらの地域の保護と管理に努めるよう求めています。
環境問題に関すること

都市の生物多様性指標とは?

都市の生物多様性指標は、都市の生物多様性を定量化し、評価するために使用される一連の指標です。都市の環境における生物多様性を評価するために使用され、都市における生物多様性に関する情報を提供することにより、生物多様性を管理するための意思決定や政策立案に役立ちます。 都市の生物多様性指標は、都市の緑地の量や質、生物の種類や数、生態系サービスの提供量など、さまざまな要素を考慮して作成されます。これらの指標は、都市における生物多様性のパターンや傾向を追跡し、時間経過に伴う変化を評価するために使用することができます。また、都市の生物多様性を他の都市と比較するためにも使用することができます。 また、これらの指標は、生物多様性を考慮した都市計画や開発を実施し、都市の生物多様性を保全するための方策を立案するための重要なツールとなります。
環境問題に関すること

トビリシ会議とは?1977年のUNESCO主催の会議について解説

トビリシ会議とは、1977年9月14日から22日まで、当時のソ連領ジョージア共和国の首都トビリシで開催された、ユネスコ主催の国際会議のことである。正式名称は、「文化政策と発展に関する政府間会議」である。 トビリシ会議の目的は、文化政策と開発の関係を検討し、文化政策のあり方について各国政府の合意を得ることだった。会議には、125カ国から約1,000人の代表者が参加した。会議では、文化政策は国の開発の重要な一部であること、文化政策は国の文化的アイデンティティを保護し、促進する役割を果たすこと、文化政策は国際協力と理解を促進する役割を果たすことなどが確認された。
ゴミに関すること

動植物性残渣について

動植物性残渣とは何か 動植物性残渣とは、動物や植物由来の廃棄物のことです。具体的には、食肉処理場の廃棄物、魚介類の廃棄物、農作物の残渣、林業由来の残渣などが挙げられます。これらの残渣は、そのまま廃棄すると環境汚染を引き起こす原因となります。そのため、適正に処理することが求められています。 動植物性残渣の処理方法としては、堆肥化、バイオガス化、焼却などが挙げられます。堆肥化は、動植物性残渣を微生物の力で分解して堆肥にする方法です。バイオガス化は、動植物性残渣を嫌気性発酵させてバイオガスを発生させる方法です。焼却は、動植物性残渣を燃焼させて灰にする方法です。 これらの処理方法のうち、最も環境に優しいのは堆肥化です。堆肥化は、動植物性残渣を微生物の力で分解するため、二酸化炭素を排出せずに有機物をリサイクルすることができます。また、堆肥化によって生成される堆肥は、土壌改良材として利用することができ、土壌の肥沃度を高めることができます。
リサイクルに関すること

特定容器利用事業者ってなに?

特定容器利用事業者とは? 特定容器利用事業者は、容器包装リサイクル法に基づき、対象容器を製造や輸入して販売業者に提供したり、容器を充填したりする事業者のことです。特定容器利用事業者は、容器包装リサイクル法の施行に伴い、容器包装リサイクル法に基づき、特定容器の廃棄物の適正な処理および利用の確保等を目的として、容器包装リサイクル法を遵守し、特定容器の回収・リサイクルを推進するための費用を負担する義務があります。 特定容器利用事業者は、容器包装リサイクル法の施行に伴い、容器包装リサイクル法に基づき、特定容器の廃棄物の適正な処理および利用の確保等を目的として、容器包装リサイクル法を遵守し、特定容器の回収・リサイクルを推進するための費用を負担する義務があります。 また、容器包装リサイクル法に基づき、特定容器利用事業者は、特定容器の回収・リサイクルを推進するための費用を負担する義務があります。費用負担の詳細は、容器包装リサイクル法の施行規則に規定されています。
環境問題に関すること

土地倫理とは?

アルド・レオポルドとは、アメリカの生態学者、林学者であり、環境倫理の父として知られています。1949年に出版された『砂郡への賛歌』は、環境倫理の古典的名著であり、生態系に対する人間の責任を説いた彼の「土地倫理」は、環境倫理の基礎を築きました。 レオポルドは、1887年、アイオワ州バーリントンに生まれました。ウィスコンシン大学で林学を学び、卒業後は林業局に勤務しました。1924年にウィスコンシン大学に戻り、林学の教授となりました。1933年に、ウィスコンシン州南西部にある砂郡を購入し、そこで余生を過ごしました。 レオポルドは、森や野生動物の保護に熱心に取り組み、自然保護運動を推進しました。彼は、自然界は相互に関連し合っており、人間はその一部であると主張しました。そして、人間は自然界に対して責任を持ち、それを守るべきだと訴えました。 レオポルドの「土地倫理」は、人間の倫理を共同体全体にまで拡大したものであり、人間は「土地」の一部であり、「土地」に対する責任を負うべきだと説いています。彼は、「土地」を単なる自然資源としてではなく、生命を育む場であり、人間の精神的な故郷であると考えました。 レオポルドの「土地倫理」は、環境倫理の基礎を築き、今日の環境保護運動に大きな影響を与えています。彼は、自然界を敬い、その一部であることを認識し、それを守るために努力すべきだと訴えました。
制度に関すること

ドナー化支援とは?

ドナー化支援とは、貧しい国や地域の人々がドナーとして他人を助けることができるように支援することです。 貧しい国や地域では、人々はしばしば自分自身を養うだけで精一杯であり、他人を助ける余裕がありません。ドナー化支援は、人々が自分自身を養いながら他人を助けることができるように支援することで、貧困の連鎖を断ち切ることを目指しています。 ドナー化支援には、さまざまな方法があります。直接的に貧しい人々に金銭や物資を援助する方法もあれば、貧しい人々が自分自身で収入を得ることができるように支援する方法もあります。また、貧しい人々の教育や医療を支援することで、貧困から抜け出すための能力を高める方法もあります。 ドナー化支援は、貧しい国や地域の人々の生活を改善し、貧困の連鎖を断ち切るために重要な役割を果たしています。ドナー化支援によって、貧しい人々が自分自身を養いながら他人を助けることができるようになれば、貧困は減少し、世界はより良い場所になるでしょう。
環境対策技術に関すること

道路交通情報通信システムとは?VICSの仕組みと導入目的について

VICS(道路交通情報通信システム)の概要と目的 VICS(道路交通情報通信システム)は、道路交通情報を収集・処理・伝送して、ドライバーに提供するシステムです。目的は、ドライバーに渋滞や事故などの交通情報をリアルタイムに提供し、安全で快適な走行を支援することです。また、交通量の分散化や、交通流の改善を図ることで、交通渋滞の緩和、大気汚染の低減にも貢献しています。 VICSは、道路に設置されたセンサーや、自動車に搭載されたカーナビゲーションシステムなどの機器から交通情報を収集します。収集した情報は、道路交通情報センターに送られ、処理・分析されて、ドライバーに提供されます。ドライバーは、カーナビゲーションシステムや、道路情報板、ラジオ、インターネットなどのメディアを通じて、VICSの情報を取得することができます。