「て」

ゴミに関すること

適正処理困難物について

適正処理困難物とは 適正処理困難物とは、一般廃棄物や産業廃棄物など、通常の廃棄物処理方法では処理することが困難な廃棄物のことをいいます。適正処理困難物には、次のようなものがあります。 * アスベストアスベストは、かつて耐火性や断熱性などの特性から、建築材料として広く使用されていましたが、現在は発がん性物質であることが判明し、使用が禁止されています。 * PCBPCBは、電気機器の絶縁油として使用されていた物質ですが、現在は環境汚染物質として知られており、使用が禁止されています。 * ダイオキシンダイオキシンは、ごみ焼却や化学工場などから排出される有毒物質で、発がん性や生殖障害性などの健康被害を引き起こすことが知られています。 * 重金属重金属とは、鉛、水銀、ヒ素などの金属のことをいいます。重金属は、人体に蓄積され、健康被害を引き起こすことが知られています。 適正処理困難物は、通常の廃棄物処理方法では処理することが困難なため、特別な処理方法が必要です。適正処理困難物の処理方法は、廃棄物の種類によって異なりますが、一般的には、次のような方法があります。 * 焼却焼却は、適正処理困難物を高温で燃焼させて処理する方法です。焼却によって、廃棄物は無害化され、体積も減少します。ただし、焼却によって有害物質が発生するため、焼却炉の設計や運転には注意が必要です。 * 溶融溶融は、適正処理困難物を高温で溶かして処理する方法です。溶融によって、廃棄物は無害化され、体積も減少します。ただし、溶融によって有害物質が発生するため、溶融炉の設計や運転には注意が必要です。 * 固化・安定化固化・安定化は、適正処理困難物を固化剤や安定剤と混合して、固形物にして処理する方法です。固化・安定化によって、廃棄物は無害化され、体積も減少します。ただし、固化・安定化によって有害物質が発生するため、固化・安定化処理施設の設計や運転には注意が必要です。
環境問題に関すること

低炭素社会を築くための12の方策

低炭素社会とは、社会全体の温室効果ガス排出量を実質的にゼロにすることを目指す社会のことであり、長期的な気候変動に対処するためには不可欠なものです。低炭素社会を実現するためには、エネルギーの利用効率を高めること、再生可能エネルギーの利用を拡大すること、森林などの自然生態系を守ることに重点を置く必要があります。 また、低炭素社会を実現するためには、国民一人一人の意識改革も重要です。省エネやリサイクルを実践すること、再生可能エネルギーを利用することなど、一人一人ができることから始めていくことが大切です。
制度に関すること

知っておきたい電気用品安全法

電気用品安全法ってなに? 電気用品安全法とは、電気用品の安全性を確保し、国民の生命、身体及び財産を保護することを目的とした法律です。この法律は、電気用品の製造、輸入、販売及び使用について規定しています。電気用品安全法は、1961年4月1日に公布され、同年10月1日に施行されました。電気用品安全法は、電気用品を製造、輸入、販売、使用している事業者や国民に、電気用品の安全性を確保するために必要な措置を講じることを義務付けています。
環境問題に関すること

デカルト的自然観を理解する

デカルト的自然観とは何か デカルト的自然観とは、デカルトの哲学を基盤にして認識された自然観のことである。デカルト的自然観は、自然を「外延物」と「思考物」の二つに分け、外延物は数学的に説明でき、思考物は精神的に説明できるとする。外延物は量と運動の法則に従うが、思考物は自由意志に従う。デカルトは、自然を機械的に捉え、自然現象を数学的に説明できると主張した。デカルトの考えは、自然科学の発展に大きな影響を与えたが、同時に機械論的な自然観として批判もされている。 デカルト的自然観は、17世紀のフランスの哲学者、数学者であるデカルトが提唱した自然観です。デカルトは、自然を「外延物」と「思考物」の二つに分けました。「外延物」とは、空間を占める物体であり、「思考物」とは、意識や精神活動のことです。デカルトは、「外延物」は数学的に説明でき、「思考物」は精神的に説明できると考えました。 デカルト的自然観は、自然を機械的に捉えるものであり、自然現象を数学的に説明できると主張しています。この考え方は、自然科学の発展に大きな影響を与えましたが、同時に機械論的な自然観として批判もされています。
エネルギーに関すること

電気自動車って知っていますか?

電気自動車とは、内燃機関を搭載していない電気モーターのみで走る自動車のことです。電気自動車は、ガソリンや軽油などの化石燃料を燃やすことなく、バッテリーに蓄えられた電気エネルギーを動力源としているため、二酸化炭素や有害物質を排出しません。そのため、環境に優しく、持続可能な社会の実現に貢献しています。電気自動車は、内燃機関搭載車に比べて、走行音や振動が少ないため、静かで快適な乗り心地を実現しています。また、バッテリーの充放電による回生エネルギーを利用することで、エネルギー効率を向上させています。
エネルギーに関すること

天然ガス自動車とは?低公害車の一種の特徴を紹介

天然ガス自動車とは、天然ガスを燃料として走行する自動車のことです。天然ガスは、化石燃料の一種ですが、ガソリンや軽油と比べて、二酸化炭素や窒素酸化物などの排出量が少ないため、低公害車の一種として注目されています。天然ガス自動車は、ガソリン車や軽油車と同様に、エンジンを搭載しており、天然ガスを燃焼させて動力を得ています。ただし、天然ガス自動車のエンジンは、ガソリン車や軽油車のエンジンとは異なり、天然ガスを燃焼させるために特別に設計されています。
環境問題に関すること

ディープエコロジー入門:知っておくべきこと

ディープエコロジーとは何か? ディープエコロジーは、環境を保護し、持続可能な未来を創造するための哲学的および生態学的なアプローチです。ディープエコロジーの支持者は、人間は単に自然の一部であり、自然界は人間も含めたすべての生命体にとって価値のあるものだと信じています。ディープエコロジーは、人間中心主義と還元論を批判しています。人間中心主義は、人間が他のすべての生物よりも優れており、自然は人間のために利用されるべきだと考えることです。還元論は、複雑なシステムをより単純な部分に分解して理解することができると考えることです。ディープエコロジーは、これらの考え方では自然を十分に理解できないと主張しています。 ディープエコロジーは、持続可能な未来を創造するために、次のような行動を推奨しています。 * 自然の固有の価値を認識する。 * 人間の活動が自然に与える影響を減らす。 * 持続可能な経済モデルを開発する。 * 平等と社会正義を促進する。 ディープエコロジーは、環境を保護し、持続可能な未来を創造するための重要なアプローチです。
環境問題に関すること

低炭素社会の概要と取り組むべき課題

低炭素社会とは? 低炭素社会とは、二酸化炭素などの温室効果ガス排出量をできるだけ抑えた社会のことです。温室効果ガス排出量を削減することで、地球温暖化を抑制し、地球環境を守ることを目指しています。 低炭素社会を実現するためには、再生可能エネルギーの活用、省エネの推進、公共交通機関の利用促進など、さまざまな取り組みが必要です。家庭や企業、政府など、社会全体での取り組みが求められます。
環境問題に関すること

テレカップリングとは何か?

テレカップリングとは、離れた場所にある2つのシステムを相互に接続して、あたかも同じ場所に存在するかのように連携させる技術のことです。この技術は、テレコミュニケーション、コンピューター、制御システムなど、さまざまな分野で利用されています。 テレカップリングの目的は、離れた場所にあるシステム間の通信と制御を可能にすることです。これにより、システムの統合や、システム間のデータの交換、システムの遠隔操作などが可能になります。 テレカップリングを実現するには、通信回線、データ変換装置、制御装置などの機器が必要になります。通信回線は、システム間のデータの送受信に使用されます。データ変換装置は、システム間のデータの形式を変換します。制御装置は、システム間の制御信号の送受信に使用されます。 テレカップリングは、さまざまな分野で利用されています。例えば、テレコミュニケーションでは、テレカップリングを使って、離れた場所にある電話機やコンピューターを相互に接続しています。コンピューターでは、テレカップリングを使って、離れた場所にあるコンピューターを相互に接続して、ネットワークを構築しています。制御システムでは、テレカップリングを使って、離れた場所にある制御装置を相互に接続して、制御システムを構築しています。
ゴミに関すること

環境用語『適正処理』とは?

適正処理とは、廃棄物処理法において、廃棄物の安定化や無害化、資源化など、廃棄物の有害性をなくしたり、資源として再利用できるようにしたりすることと定義されています。 適正処理の目的は、廃棄物が環境や人体に悪影響を及ぼさないようにすることです。廃棄物を適切に処理することで、大気汚染、水質汚染、土壌汚染などを防ぎ、国民の健康と生活環境を守ることができます。 適正処理の方法には、焼却、埋め立て、リサイクル、コンポストなどがあります。焼却は、廃棄物を高温で燃やすことで、有害物質を分解して無害化する方法です。埋め立ては、廃棄物を地中に埋めて処分する方法です。リサイクルは、廃棄物を回収して再利用する方法です。コンポストは、有機性廃棄物を微生物の働きによって分解して堆肥にする方法です。
制度に関すること

低公害車普及を目指した行政計画

低公害車開発普及アクションプランとは、2009年に策定された、低公害車の開発と普及を促進するための行政計画です。この計画は、低公害車への需要を喚起し、低公害車の普及を促進することにより、大気汚染の削減と地球温暖化の抑制を図ることを目的としています。 この計画では、低公害車開発普及アクションプランの実施にあたって、以下の基本的な方針を定めています。 ・低公害車への需要を喚起する。 ・低公害車の普及を促進する。 ・低公害車に関する技術開発を推進する。 ・低公害車に関する情報を提供する。 低公害車開発普及アクションプランでは、これらの基本的な方針に基づき、以下のような施策を講じています。 ・低公害車の購入を促進するための補助金。 ・低公害車の保有を促進するための税制優遇措置。 ・低公害車の使用を促進するためのインフラ整備。 ・低公害車に関する情報提供。 低公害車開発普及アクションプランは、2020年までの目標として、低公害車の普及台数を200万台とすることを掲げています。この目標を達成するためには、引き続き、低公害車への需要を喚起し、低公害車の普及を促進することが重要です。
その他に関すること

伝統知を守り、生物多様性を保全する

伝統知とは何か 伝統知とは、先住民族や地域社会が世代を超えて受け継いできた知識、信念、慣習のことです。生態系や自然資源の持続可能な管理、医療、農業、建築、芸術など、さまざまな分野にわたります。伝統知は、先住民族や地域社会のアイデンティティや文化に深く根ざしており、彼らの生活や生計に不可欠な役割を果たしています。 伝統知は、先住民族や地域社会が自然と共生してきた歴史の証であり、貴重な文化遺産でもあります。また、現代の科学や技術の発展にも貢献しており、持続可能な開発や生物多様性の保全に役立てることができます。 しかし、近年、伝統知はグローバリゼーションや開発の影響を受けて、失われつつあります。先住民族や地域社会の土地や資源が侵害され、彼らの文化や伝統が破壊されることで、伝統知も失われていきます。また、近代教育やメディアの発展により、伝統知が若い世代に伝承されにくくなっていることも、伝統知の喪失に拍車をかけています。 伝統知は、先住民族や地域社会の権利や文化を守り、生物多様性を保全するために不可欠なものです。伝統知を失わないためには、先住民族や地域社会の権利を尊重し、彼らの文化や伝統を支援することが重要です。また、伝統知を記録し、若い世代に伝承するための取り組みも必要です。
リサイクルに関すること

デポジット制度とは?仕組みや導入事例を紹介

デポジット制度とは、容器や製品の購入時に一定額を預け、返却時に全額または一部を戻す制度のことです。この制度は、容器の再利用やリサイクルを促進し、廃棄物を削減することを目的としており、世界各国で広く導入されています。 デポジット制度には、容器の素材や回収方法、デポジット額など、さまざまな種類があります。例えば、プラスチック製のペットボトルのデポジット制度では、購入時に1円を預け、返却時に1円を戻します。ガラス製の瓶のデポジット制度では、購入時に10円を預け、返却時に10円を戻します。また、家電製品のデポジット制度では、購入時に1,000円を預け、廃棄時に1,000円を戻します。 デポジット制度は、容器や製品の再利用やリサイクルを促進し、廃棄物を削減する効果があります。また、容器や製品の購入時にデポジットを預けることで、消費者に容器や製品を大切に扱う意識が生まれ、廃棄物を減らすことができます。
環境問題に関すること

低炭素社会づくり行動計画とは?

低炭素社会づくり行動計画とは? 低炭素社会づくり行動計画とは、温室効果ガスの排出削減や、エネルギーの効率的な利用を促進するための計画のことです。この計画は、2050年までに温室効果ガスの排出量を2013年度比で80%削減することを目標として策定されました。この目標を達成するため、政府、企業、自治体、国民が一体となって、さまざまな取り組みを進めています。また、具体的な目標として、2030年までに温室効果ガスの排出量を2013年度比で26%削減し、エネルギー消費量を2010年度比で約10%削減することを掲げています。 行動計画は、エネルギーの効率的な利用や、再生可能エネルギーの導入、森林の保全や拡大など、さまざまな分野における取り組みを盛り込んでいます。また、国民一人ひとりが、省エネやエコな生活を実践することで、温室効果ガスの排出削減に貢献できるよう、さまざまな施策を実施しています。
エネルギーに関すること

電力自由化とは:仕組みとメリット

電力自由化とは、電力市場における競争を促進し、消費者により多くの選択肢とより低い価格を提供することを目的とした政策です。電力自由化は、消費者が電力会社を自由に選択できるようになるため、電力会社間での競争が促進されます。競争が促進されることにより、電力会社は安い価格で電力サービスを提供するようになり、消費者はより安い価格で電力を購入できるようになります。 また、電力自由化により、電力会社は新しいサービスや製品を開発するようにもなります。新しいサービスや製品の開発により、消費者はより良い電力サービスを受けることができるようになります。
エネルギーに関すること

デマンド・レスポンスの基礎知識

デマンド・レスポンスとは何か? デマンド・レスポンスとは、電力需要のピーク時に消費量を削減またはシフトすることで、電力需要を管理する需要側の戦略です。これは、電力の供給量を制御できないものの、需要量を制御することはできるという事実を利用しています。デマンド・レスポンスは、以下の2つの主要な方法で実施することができます。 ピーク時の需要削減この戦略では、電力消費者がピーク時に電力の使用を減らすことが奨励されます。これは、電化製品の使用を減らすことや、エアコンの設定温度を上げることなどによって行うことができます。ピーク時の需要削減は、電力需要を減らし、電力の価格の急騰を防ぐのに役立つ可能性があります。 ピーク時の需要シフトこの戦略では、電力消費者がピーク時以外に電力の使用を移すことが奨励されます。これは、電気自動車を充電することや、洗濯機や乾燥機を夜間や週末に使用するなどによって行うことができます。ピーク時の需要シフトは、電力需要をより平準化し、電力の信頼性を向上させるのに役立つ可能性があります。
環境対策技術に関すること

低公害車とは?メリットや今後の展望

低公害車とは?メリットや今後の展望 低公害車の定義と仕組み 低公害車は、従来の自動車よりも排出ガスを低減した自動車のことです。低公害車の定義は、国や地域によって異なりますが、一般的には、従来の自動車よりも排出ガスを低減している自動車を指します。低公害車は、ガソリン車、ディーゼル車、ハイブリッド車、電気自動車など、さまざまな種類があります。 低公害車の仕組みは、従来の自動車とは異なる点が多くあります。例えば、ガソリン車の場合は、エンジンを燃焼させる際に発生する排出ガスを触媒コンバータで浄化することが義務付けられています。触媒コンバータは、排出ガス中の有害物質を無害な物質に変換する装置です。ディーゼル車の場合は、エンジンを燃焼させる際に発生する排出ガスを、ディーゼル微粒子捕集フィルター(DPF)で除去することが義務付けられています。DPFは、排出ガス中の微粒子を除去する装置です。ハイブリッド車は、ガソリンエンジンと電気モーターを併用することで、排出ガスを低減しています。電気自動車は、ガソリンエンジンを使用せず、電気モーターのみで走行するため、排出ガスを排出しません。 低公害車は、従来の自動車よりも排出ガスを低減しているため、環境に優しい自動車です。また、低公害車は、燃費が良い傾向にあるため、経済的にもメリットがあります。さらに、低公害車は、政府からの補助金や優遇措置が受けられる場合もあります。
組織・団体に関すること

適応基金とは何か?仕組みや活用事例について

適応基金とは、開発途上国や最も気候変動の影響を受けやすい国々が、気候変動への適応のためのプロジェクトやプログラムに参加するための資金を提供し、気候変動の悪影響から人々や生態系を守ることを目的とした国際的な環境ファシリティです。 この基金は、2010年の国連気候変動枠組条約第16回締約国会議で設立され、2011年に運用を開始しました。世界銀行が基金の理事会を務め、プロジェクトやプログラムの実施は国連機関や国際的な非政府組織を通じて行われます。 適応基金の資金は、二酸化炭素などの温室効果ガスの排出量に応じて加盟国から徴収される拠出金と、国際銀行やその他の金融機関からの借入金によって賄われています。基金は、2010年から2019年までに、1億9,500万ドル以上の資金を拠出してきました。 適応基金は、気候変動への適応に取り組む国々に資金を提供することで、気候変動の悪影響を軽減し、人々や生態系の回復力を高めることに貢献しています。
環境問題に関すること

テサロニキ宣言とは?環境に関する国際的な協定

テサロニキ宣言概要 テサロニキ宣言は、環境に関する国際的な協定で、1997年3月11日から12日にギリシャのテサロニキで開催された「国連欧州経済委員会(UNECE)環境・住宅・土地管理委員会」第4回特別会合において採択された宣言です。この宣言は、環境と持続可能な開発の重要性を強調し、欧州諸国が環境分野での協力を強化する必要性を訴えています。 テサロニキ宣言は、7つの部分から構成されており、それぞれに環境に関する具体的な目標や行動が掲げられています。例えば、第1部では「環境と開発は密接に関連しており、持続可能な開発を実現するには、環境を考慮した政策や取り組みが必要である」と述べられています。また、第2部では「欧州諸国は、環境分野での協力を強化し、環境汚染や自然破壊の防止に取り組む必要がある」と述べられています。 テサロニキ宣言は、環境に関する国際的な協定として重要な意味を持っており、欧州諸国が環境分野での協力を強化し、持続可能な開発を実現するための指針となっています。
環境問題に関すること

テサロニキ会議とは?|国際会議の歴史を解説

テサロニキ会議の概要と目的 テサロニキ会議は、1915年3月15日から4月3日までギリシャのテサロニキで開催された国際会議です。この会議は、第一次世界大戦中の1915年に、イギリス、フランス、イタリア、ロシアの4カ国が参加して開催されました。 会議の主な目的は、連合国が第一次世界大戦で勝利するために必要な軍事戦略と経済戦略を協議することでした。また、連合国の戦後処理についても話し合われました。 テサロニキ会議では、いくつかの重要な決定がなされました。連合国は、ドイツとオーストリア・ハンガリーに対して共同で戦うことを決定し、また、戦後にはドイツに厳しい賠償金を求めることも決定しました。 さらに、テサロニキ会議では、連合国が第一次世界大戦後に国際連盟を設立することを決定しました。国際連盟は、将来の戦争を防ぎ、世界平和を維持することを目的とした国際組織です。
環境問題に関すること

電気事業法改正がもたらすもの

電気事業法とは、電気事業の運営の適正化を図り、もって国民経済の発展に寄与することを目的とした法律です。電気事業者による発電・送配電・販売などの電気事業活動を規制することで、電気事業の健全な発展を促しています。 電気事業法は、1964年に制定されました。その後、社会情勢や技術革新などの変化に合わせて、何度か改正されています。最新の改正は、2016年に行われました。この改正では、再エネ発電の促進や電気小売りの全面自由化などが盛り込まれました。 電気事業法は、日本の電気事業の根幹となる法律です。この法律の改正は、電気事業のあり方や国民生活に大きな影響を与えます。改正案が国会で審議されている際には、広く国民から意見を募り、慎重に審議することが求められます。
エネルギーに関すること

低燃費かつ低排出ガス認定車とは? its meaning and benefits for the environment

低燃費かつ低排出ガス認定車とは? its meaning and benefits for the environment 低燃費かつ低排出ガス認定車の概要 低燃費かつ低排出ガス認定車とは、日本の運輸省が定める燃費と排出ガスの基準を満たした自動車のことです。この認定を受けることで、自動車税や自動車重量税の減免などの優遇措置を受けることができます。 低燃費かつ低排出ガス認定車の基準は、車種や排気量によって異なりますが、一般的に、燃費は10・15モード走行で25km/L以上、排出ガスは、一酸化炭素(CO)が2.1g/km以下、炭化水素(HC)が0.25g/km以下、窒素酸化物(NOx)が0.1g/km以下となっています。 低燃費かつ低排出ガス認定車は、環境に優しい自動車として注目されており、近年はその販売台数が増加しています。2020年には、低燃費かつ低排出ガス認定車の販売台数が国内の新車販売台数の約4割を占めました。
エネルギーに関すること

電気事業者による再生可能エネルギーの調達に関する特別措置法とは?

電気事業者による再生可能エネルギーの調達に関する特別措置法の概要 電気事業者による再生可能エネルギーの調達に関する特別措置法とは、2012年に施行された法律です。この法律は、電気事業者による再生可能エネルギーの調達を促進することを目的としています。具体的には、電気事業者に対して、一定量の再生可能エネルギーを調達することを義務付けています。 この法律は、2030年までに、日本の再生可能エネルギーの導入量を現在の10%から20~30%に引き上げることを目指しています。この目標を達成するため、電気事業者に対して、2030年までに、再生可能エネルギーの調達量を現在の10%から20~30%に引き上げることを義務付けています。 この法律は、再生可能エネルギーの導入を促進することで、日本のエネルギー自給率の向上や温室効果ガスの排出量削減に貢献しています。また、再生可能エネルギー関連産業の振興にもつながっています。
制度に関すること

米国における適用除外行為とは?

適用除外行為とは、米国特許法第271(a)条に定義されている、米国特許を侵害する可能性がある行為ですが、実際に特許侵害ではないとみなされる行為のことです。一般に、米国特許を侵害する可能性がある発明、使用、販売、オファー、輸入の行為が該当します。特許侵害にならないとみなされる理由は、特許法の条文に定義されている適用除外行為に該当するためです。適用除外行為は、特許権の範囲を明確に定義したり、特許権の濫用を防止したりするために、特許法で認められています。 適用除外行為の例としては、次のものが挙げられます。 ・実験目的での特許発明の使用 ・非営利目的での特許発明の使用 ・米国外での特許発明の使用 ・米国内での特許発明の試験、または認定目的での使用 ・米国政府による特許発明の使用 ・米国政府に特許発明を販売または納入すること ・特許発明の修理または再建 適用除外行為は、特許権の範囲を明確に定義して特許権の濫用を防止するために特許法で認められているものです。特許権者は、適用除外行為を認識して、特許権の範囲を超えて主張しないようにすることが重要です。また、特許権侵害の可能性がある行為を行う場合は、適用除外行為に該当するかを事前に検討することが重要です。