「ス」

エネルギーに関すること

水素化社会ってなに?

水素化社会とは、化石燃料に頼らず、水素をエネルギー源として利用する社会のことです。水素は宇宙で最も豊富な元素であり、地球上には水蒸気の形で存在しています。水素は燃焼しても二酸化炭素を排出しないため、クリーンなエネルギー源として注目されています。 水素化社会を実現するためには、水素を効率的に生産し、貯蔵し、輸送する必要があります。現在、水素は主に天然ガスや石炭から製造されていますが、これらは二酸化炭素を排出します。水素をクリーンな方法で製造するためには、再生可能エネルギーを利用する必要があります。 水素は、発電、自動車、工業など、さまざまな分野で利用することができます。水素は燃焼させて発電したり、燃料電池で電気を作ったりすることができます。また、水素はガソリンや軽油の代わりに自動車を動かす燃料としても利用することができます。さらに、水素は工業原料としても利用することができます。 水素化社会は、二酸化炭素排出量を削減し、環境を保全するために不可欠な社会です。水素化社会の実現に向けて、各国で研究開発が進められています。
エネルギーに関すること

水素社会とは?

水素社会とは? 水素社会とは、水素をエネルギー源として活用する社会のことです。水素は燃焼しても二酸化炭素を排出しないため、温暖化ガスを削減することができ、クリーンなエネルギー源として注目されています。また、水素は常温常圧では気体ですが、液化すると体積が1/800になるため、貯蔵や輸送が容易で、エネルギー密度も高いという特徴があります。 水素社会を実現するためには、水素の製造、貯蔵、輸送、利用のインフラ整備が必要になります。また、水素を製造する際に二酸化炭素を排出しないことが重要です。水素の製造方法には、化石燃料を原料とする方法と、再生可能エネルギーを原料とする方法があります。化石燃料を原料とする方法では、二酸化炭素を排出するため、水素社会を実現するためには、再生可能エネルギーを原料とする方法が不可欠です。
環境問題に関すること

スリップ、スラップ、スロップアンドラップってなに?

スリップ、スラップ、スロップアンドラップ(Slip, Slop, Slap and Wrap)とは、オーストラリアで、多くの人に受け入れられている、太陽や紫外線から身を守るためのキャンペーンです。スリップは薄手の長袖のシャツの着用を、スロップは日焼け止めローションを塗ることを、スラップは年中帽子を着用することを、そしてラップはサングラスを使用することを意味します。紫外線はシミやしわなど、美容面での悩みだけでなく、健康面でのリスクも高まります。シミやしわなど、美容面での悩みだけでなく、健康面でのリスクも高まります。皮膚がん、白内障、免疫力の低下など、深刻な症状につながる可能性があります。さらには、紫外線は肌の老化を促進し、たるみを引き起こす原因にもなります。
環境問題に関すること

杉並病とは?

杉並病とは? 杉並病の原因と症状 杉並病とは、杉並区に住む人々の一部に見られる症状のことで、その原因は完全には解明されていません。しかし、可能性のある原因としては、大気汚染、ストレス、過労などが挙げられています。大気汚染は、杉並区の住宅地や商業地域に多く見られ、その影響を受ける人が多いと考えられています。また、杉並区は、人口密度が高く、生活環境も複雑なため、ストレスや過労を感じやすい人が多いと考えられています。 杉並病の症状としては、頭痛、肩こり、腰痛、疲労、不眠、下痢、便秘などがあります。また、うつ病や不安症などの精神的な症状が現れることもあります。これらの症状は、日常生活に支障をきたすほどひどくなる人もいれば、軽い症状で済む人もいます。 杉並病は、特別な治療法はなく、症状に合わせて対症療法が行われます。たとえば、頭痛や肩こりには鎮痛剤や湿布が処方され、うつ病や不安症には抗うつ薬や抗不安薬が処方されます。また、大気汚染やストレス、過労を避けることも大切です。
エネルギーに関すること

水素の色とは?製造方法による区分とIEAのスタンス

水素の色とは、その製造方法によって分類される概念のことです。水素にも天然ガスや石油と同様に「製造方法」によって二酸化炭素(CO2)の排出量や製造コストが異なります。現在、IEA(国際エネルギー機関)では、水素製造方法によって「グリーン」「ブルー」「グレー」「ターコイズ」の4つに分類しており、それぞれ色で区別しています。これらの水素の色によって、環境への負荷は大きく異なります。
環境問題に関すること

数量的排出制限及び削減目標とは?

京都議定書とは、1997年に日本の京都で開催された第3回気候変動枠組み条約締約国会議(COP3)において採択された国際的な気候変動対策の枠組みである。京都議定書は、先進国に対して、2008年から2012年までの期間に、1990年の温室効果ガス排出量に比べて一定量削減することを義務づけている。京都議定書は、現在、192カ国以上が批准しており、法的に拘束力のある国際条約として機能している。 京都議定書は、先進国に対して、温室効果ガス排出量を削減することを義務づけているが、その削減目標は国によって異なる。例えば、日本は、2008年から2012年までの期間に、1990年の温室効果ガス排出量に比べて6%削減することを目標としている。一方で、アメリカ合衆国は、2008年から2012年までの期間に、1990年の温室効果ガス排出量に比べて7%削減することを目標としている。 京都議定書は、温室効果ガス排出量を削減するために、さまざまな対策を実施している。その対策には、再生可能エネルギーの利用促進、エネルギー効率の向上、森林の保全などが含まれる。京都議定書は、温室効果ガス排出量を削減するための国際的な枠組みとして重要な役割を果たしており、世界の温室効果ガス排出量の削減に貢献している。
エネルギーに関すること

スマートグリッドとは?メリットと課題

スマートグリッドとは、従来の電気グリッドに情報通信技術(ICT)を融合させることで、電力の需要と供給をリアルタイムで調整し、効率的な電力系統を実現するシステムのことです。スマートグリッドは、再生可能エネルギーの大量導入、エネルギー消費の削減、電力系統の安定化など、様々なメリットがあります。 スマートグリッドは、需要と供給のバランスをリアルタイムで調整することで、電力の安定供給を図ることができます。また、再生可能エネルギーの大量導入を可能にし、エネルギー消費の削減にも貢献します。さらに、スマートグリッドは、電力の使用状況をリアルタイムで把握することができるので、エネルギー消費の見える化を促進し、エネルギーの無駄遣いを削減することができます。 しかし、スマートグリッドには課題もあります。その一つは、スマートグリッドを導入するためのコストです。スマートグリッドは、従来の電気グリッドよりも多くの設備やシステムが必要となるため、導入コストがかさみます。また、スマートグリッドは、サイバー攻撃のリスクにさらされるため、セキュリティ対策を強化する必要があります。
環境問題に関すること

スマートシティとは?環境に優しい街づくりの概要

* スマート化へのコストと人材不足 スマート化へのコスト スマート化に向けた取組みは、インフラの整備やデータの収集、分析など、多額のコストがかかります。また、その維持・管理にも費用がかかります。導入するメリットとコストが釣り合わない場合もあるため、スマート化に向けた取組みを行う際には慎重な検討が必要です。 人材不足 スマート化には、IoTやビッグデータ、AIなどの最先端の技術が必要となります。しかし、これらの分野の専門家は不足しており、採用が困難となっています。スマート化に向けた取組みを進めるためには、人材育成や採用に力を入れていく必要があります。 * 課題の解決策 官民連携の推進 スマート化に向けた取組みを進めるためには、官民連携が重要です。「官民連携」とは、行政と 民間企業が連携して、社会課題の解決を目指すことです。スマート化に向けた取組みには、多額のコストがかかります。そのため、行政だけでは負担が大きく、民間企業の協力が必要です。 市民の参画 スマート化に向けた取組みを進めるためには、市民の参画が不可欠です。市民がスマート化のメリットを理解し、賛同することが重要です。市民が参加しやすい施策を講じ、スマート化を市民の身近なものにしていく必要があります。
環境問題に関すること

スコーピングとは?環境アセスメントにおけるその役割と重要性

スコーピングとは、環境アセスメントのプロセスにおいて、アセスメントの範囲や方法を決定するための調査や協議を行うことです。このような調査や協議は、潜在的な環境影響や環境影響を軽減するための対策を特定するために行われます。また、スコーピングはアセスメントの対象となる地域や時期、検討すべき環境要素などを決めるためにも使用されます。 スコーピングは環境アセスメントにおいて重要な役割を果たします。スコーピングを適切に行うことで、アセスメントの対象範囲を絞り、アセスメントに必要な調査や分析を明確にすることができます。また、スコーピングを通じてステークホルダーの意見を収集することで、アセスメントの結果をより信頼性のあるものにすることができます。
エネルギーに関すること

ストレージパリティとは?これを知れば太陽光発電がもっとお得に!

ストレージパリティとは、太陽光発電システムに蓄電池を併用することで、電気を貯めておくことによって、電気代を節約できる仕組みです。従来、太陽光発電は、日中のみ発電するため、夜間や悪天候時には電気を貯めておくことができず、余った電気を売電するか、捨てていました。しかし、蓄電池を併用することで、余った電気を蓄電池に貯めておき、夜間や悪天候時に使用することができるようになります。これにより、電気代を節約することができます。日本では、2020年にFIT(固定価格買取制度)が終了し、太陽光発電の余剰電力の買取価格が大幅に低下しました。そのため、太陽光発電を設置しても、以前ほど収益が得られなくなりました。しかし、ストレージパリティを活用することで、電気代を節約することができるので、太陽光発電のメリットを享受することができます。
エネルギーに関すること

水素自動車の仕組みとメリット

水素自動車とは、水素を燃料として走行する自動車です。水素自動車は、ガソリンや軽油などの化石燃料を燃焼させる従来の自動車と異なり、水素を燃料電池で化学反応させて電気を取り出し、モーターを駆動することで走行します。水素を燃料とすることで、化石燃料の消費量を削減し、温室効果ガスの排出量を低減できます。また、水素自動車は、ガソリン車やディーゼル車よりも静かで、走行中の振動も少ないため、快適な乗り心地を実現できます。さらに、水素自動車は、化石燃料に依存しないため、エネルギー安全保障の観点からも注目されています。
その他に関すること

日焼けに対する肌の性質『スキンタイプ』とは

スキンタイプの種類 一般的に肌を分類すると6種類のスキンタイプに分けることができます。病的な肌の状態や肌荒れなどは除外した状態での分類です。 -スキンタイプⅠ色白でとても焼けやすく、すぐにヒリヒリしたり炎症を起こしたりすることが多い。-日焼け止めを塗っても容易に日焼けしてしまう。 -スキンタイプⅡ色白で焼けやすく、ヒリヒリしたり炎症を起こすこともある。-日焼け止めを塗れば日焼けしづらいが、塗り忘れたり少量で済ませたりしていると日焼けしてしまう。 -スキンタイプⅢ日焼けしにくい色白~やや地黒。-日焼け止めを塗れば日焼けしづらいが、塗り忘れたり少量で済ませたりしていると日焼けしてしまう。 -スキンタイプⅣやや地黒で焼けても赤くならず、やけどしにくい。-日焼け止めを塗れば日焼けはあまりしないが、長時間外出している場合は日焼け止めを忘れずに。 -スキンタイプⅤ地黒で、非常に焼けない。-日焼け止めを塗る必要はあまりないが、将来の肌トラブルを心配する場合は使用しても良い。 -スキンタイプⅥ黒人の方の肌。-日焼けしないが、将来の肌トラブルを心配する場合は日焼け止めを使用しても良い。
化学物質に関すること

水銀電池ってどんな電池?特徴や使用上の注意点を紹介

水銀電池とは? 水銀電池は、その名の通り、水銀を電極として使用し、電気化学反応によって電気を発生させる一次電池のことです。比較的安価で、長寿命であることから、古くからボタン電池や懐中電灯など、様々な電子機器に使用されてきました。しかし、水銀は重金属であり、人体や環境に悪影響を及ぼすため、現在では使用が禁止されています。
環境問題に関すること

スターンレビューとは?

スターンレビューの目的 スターンレビューは、英国で設立された気候変動に関する独立検証委員会が2006年10月に発表した報告書です。気候変動が経済に与える影響を評価し、温室効果ガス排出削減の費用便益を分析するために実施されました。 スターンレビューの主な目的は、気候変動が経済に与える影響を評価し、温室効果ガス排出削減の費用便益を分析することでした。具体的には、気候変動がもたらす経済的影響を分析し、温室効果ガス排出削減の費用と便益を比較検討することでした。 スターンレビューは、気候変動が経済に与える影響を定量的に分析し、温室効果ガス排出削減の費用と便益を比較検討した初めての報告書として世界的に注目されました。また、スターンレビューは、気候変動がもたらす経済的影響は甚大であり、温室効果ガス排出削減の費用は削減の便益よりもはるかに小さいという結論を導き出しました。これは、気候変動対策の重要性を認識させ、世界各国での温室効果ガス排出削減対策を促進するきっかけとなりました。
環境問題に関すること

環境アセスメントの手順の最初に実施されるスクリーニングについて

スクリーニングとは何か? 環境影響評価(Environmental Impact Assessment EIA)は、開発プロジェクトの実施に先立って、そのプロジェクトが環境に与える影響を予測・評価し、必要な環境対策を講じるための手続きである。スクリーニングは、EIAの手順の最初に実施されるプロセスであり、対象プロジェクトがEIAの対象になるかどうかを判断するための調査である。スクリーニングは、法令やガイドラインに基づいて実施され、通常はプロジェクトの概要や立地点の状況などを調査して行われる。スクリーニングの結果、対象プロジェクトがEIAの対象になると判断された場合、EIAのプロセスが開始される。
エネルギーに関すること

水素経済のための国際的パートナシップの意義

「水素経済とは?」 水素経済とは、エネルギー源として水素を利用する経済システムのことです。 水素は、燃焼しても二酸化炭素を排出しないため、環境に優しいエネルギー源として注目されています。また、水素は、貯蔵や輸送が容易であるという特徴もあります。 水素経済を実現するためには、水素の製造、貯蔵、輸送、利用に関する技術開発が必要です。また、水素経済への移行を支援する政策や制度の整備も必要です。 水素経済を実現できれば、化石燃料への依存を減らし、環境負荷を軽減することができます。また、水素は、エネルギー源としてだけでなく、産業や交通分野でも利用することができるため、経済成長にも貢献することが期待されています。
水環境に関すること

水素イオン濃度指数とは何か

水素イオン濃度指数(pH)とは、水溶液中の水素イオン(H+)の濃度をあらわす指標である。 pHの値が大きいほど、水溶液中の水素イオン濃度は低く、中性から塩基性になる。逆にpHの値が小さいほど、水溶液中の水素イオン濃度は高く、中性から酸性になる。 pHスケールとは、水溶液の酸性度を0から14までの数字で表したものである。pHの値が7の場合、水溶液は中性である。pHの値が7より小さければ酸性であり、pHの値が7より大きければ塩基性である。 pHスケールは、水溶液の酸性度を簡単に測定することができるため、様々な分野で使用されている。例えば、農業では土壌の酸性度を測って、作物の栽培に適した土壌なのかを判断している。また、工業では、金属の腐食を防止するために、溶液のpHを調整している。
環境対策技術に関すること

水平隔壁付二重船側タンカーの概要と仕組み

水平隔壁付二重船側タンカーとは、タンカーの船体の側面と底面を2重構造にし、船体の中央部に水平隔壁を設けたタンカーのことです。従来のタンカーでは、船体の側面と底面は一枚構造でしたが、水平隔壁付二重船側タンカーでは、船体の側面と底面が二重構造になっているため、船体が損傷しても、燃料や貨物を積んでいる部分に損傷が及ぶのを防ぐことができます。水平隔壁は、船体の側面と底面を貫く隔壁であり、船体の中央部にあります。水平隔壁は、船体の側面と底面を2つの部分に分けており、片側が損傷しても、もう片側は損傷しないようになっています。
エネルギーに関すること

スマートメーターとは?仕組みと導入メリット・デメリット

スマートメーターとは、従来のアナログメーターに代わる新しいタイプの電気メーターのことです。スマートメーターは、電気使用量をリアルタイムで計測し、そのデータを通信回線を通じて電力会社に送信します。これにより、電力会社は、需要に応じた発電量を調整することができるようになり、停電などのトラブルを未然に防ぐことができます。また、スマートメーターを利用することで、電気使用量を細かく把握することができるため、節電対策にも役立てることができます。
環境問題に関すること

スローライフとは?暮らしを豊かにするヒント

スローライフとは、慌ただしい現代社会から離れ、自然や人間関係を大切にし、自分のペースで人生を楽しむライフスタイルです。スローライフの定義は明確に定められていませんが、一般的に、物質的な豊かさを追求することよりも、精神的な豊かさを追求することを重視する傾向があります。また、スローライフを実践する人は、環境問題や社会問題にも関心が高く、持続可能な社会の実現を目指していることが多いです。スローライフを実践する方法は人それぞれですが、共通しているのは、自分の時間が豊かで充実していることを大切にしているということです。例えば、スローライフを実践している人は、仕事や家事に追われることなく、自分の好きなことに時間を費やしたり、自然の中でリラックスしたり、友人や家族との時間を大切にしていたりします。また、スローライフを実践している人は、過剰な消費を避け、身の丈にあった暮らしをしています。スローライフは、慌ただしい現代社会に疲れた人や、人生の豊かさを求めている人に適したライフスタイルです。
エネルギーに関すること

水素基本戦略の前途と課題

水素基本戦略とは、2017年に閣議決定された政策です。経済社会・エネルギーシステムの変革を目指す中、二酸化炭素排出ゼロ社会の実現と長期的な経済成長を同時に達成するために、水素を中核とした我が国独自のエネルギー需給構造を構築することを目指しています。この戦略では、水素の製造、輸送、貯蔵、利用に関する技術開発・導入促進、水素需要の創出、水素供給網の整備、水素関連産業の育成、国際展開など、水素の産業化に向けた様々な施策が盛り込まれています。具体的には、2030年までに水素の製造コストを現状の1/2以下に、2050年までに1/10以下にすることを目指し、また、2030年までに水素の年間需要を100万トン、2050年までに2,000万トンにすることを目標としています。
エネルギーに関すること

環境を守る水素貯蔵の最先端

水素貯蔵とは、水素をその純粋な形または化合物の形で貯蔵するプロセスです。 水素は燃焼時に温室効果ガスや汚染物質を生成しないため、クリーンで持続可能なエネルギー源として注目されています。しかし、水素は常温常圧では気体であり、貯蔵や輸送が容易ではないことが課題です。 水素貯蔵の方法は、水素の性質に合わせてさまざまなものが考えられています。 水素を液化水素として貯蔵する方法、金属や吸蔵剤に吸蔵する方法、化学物質と反応させて水素化物として貯蔵する方法などがあります。 水素貯蔵技術の発展は、クリーンで持続可能なエネルギー社会を実現するために重要な課題です。 水素貯蔵技術が実用化されれば、水素をエネルギー源として広く利用できるようになり、温室効果ガスの排出削減や環境保全に大きく貢献することが期待されています。
地球環境に関すること

スマートムーブでエコなライフスタイルを実現!

スマートムーブとは、私たちの日常生活の中で、環境への負荷を減らすことを目的とした取り組みのことです。例えば、公共交通機関や自転車を利用して移動したり、省エネ家電を使用したり、再生可能エネルギーを利用したりすることなどが挙げられます。 スマートムーブを実践することで、温室効果ガスの排出量を削減し、地球温暖化を防ぐことに貢献することができます。また、電気代の節約や食費の節約など、経済的なメリットも得ることができます。 スマートムーブは、私たち一人ひとりがすぐに始められる取り組みです。一人ひとりの小さな行動が、大きな変化につながります。ぜひ、スマートムーブを実践して、エコなライフスタイルを実現しましょう。
エネルギーに関すること

スマートハウスとは何か?基礎知識と最新事情

スマートハウスとは、省エネ、快適性、安全性などを追求した住宅のことです。省エネルギー対策として、太陽光発電や蓄電池、断熱材の使用などが挙げられます。快適性対策としては、室温や照明の自動制御、音声による家電操作などが挙げられます。安全性対策としては、火災報知器や防犯カメラ、自動ドアの設置などが挙げられます。 スマートハウスの目的は、住む人の生活をより快適で安全なものにすることです。また、省エネ対策によって光熱費を節約する効果もあります。さらに、再生可能エネルギーを利用することで、環境にも貢献することができます。