「せ」

環境問題に関すること

生活環境主義とは?環境問題の解決に向けた住民参加型の取り組み

生活環境主義とは、地域住民が自らの生活環境の改善に取り組み、生活環境をよりよくしていくことを目指す社会運動です。生活環境主義の主な活動は、環境問題に関する情報収集や発信、環境保全活動への参加、環境改善を目的とした政策や制度の提言などです。生活環境主義は、環境問題の解決に向けた住民参加型の取り組みとして注目されています。 生活環境主義が注目されている背景には、近年、環境問題が深刻化していることが挙げられます。地球温暖化や大気汚染、水質汚染など、環境問題は私たちの生活に大きな影響を与えています。生活環境主義は、こうした環境問題を解決するために、住民が自ら行動を起こすことを目指す取り組みです。 生活環境主義の意義は、住民が環境問題に関心を持ち、環境保全活動に参加することで、環境問題の解決に向けた意識を高めることができる点にあります。また、住民が自らの生活環境の改善に取り組むことで、地域コミュニティの活性化にもつながります。生活環境主義は、環境問題の解決と地域コミュニティの活性化の両方を目指す取り組みとして、今後も注目されることが予想されます。
組織・団体に関すること

ゼロ・アワーとは?活動目的と広がり

ゼロ・アワーとは、ある特定の目標を達成するために、限られた時間内に集団が集まって行う活動のことです。この活動は、社会問題への意識を高めたり、環境保護に取り組んだり、コミュニティを強化したりするなど、さまざまな目的で行われます。 ゼロ・アワーの理念は、短い時間でも、多くの人々が集まれば大きな変化を起こすことができるというものです。また、ゼロ・アワーは、人々が団結して行動することで、自分たちの力を感じ、社会に貢献するという意識を高めることができます。
環境問題に関すること

繊維強化プラスチック っって何?

繊維強化プラスチックとは、ガラス繊維や炭素繊維といった繊維をプラスチックに強化するために使用する方法です。この繊維はプラスチックに強度と剛性を付与し、軽量で耐久性のある材料を作成します。繊維強化プラスチックは、自動車、航空宇宙、スポーツ用品、さらには建設業界など、さまざまな業界で使用されています。 繊維強化プラスチックは、基材となるプラスチックと、その強度を向上させるために使用される繊維という2つの主要な構成要素で構成されています。基材となるプラスチックは、通常、熱硬化性樹脂または熱硬化性樹脂のどちらかです。熱硬化性樹脂は、加熱すると永久に硬化しており、一般的により強度が高くなります。一方、熱硬化性樹脂は加熱すると柔らかく、再利用可能です。 繊維強化プラスチックはさまざまな方法で製造できます。最も一般的な方法の1つは、繊維をプラスチック樹脂に含浸させ、次に加圧したり、加熱したりして固める方法です。別の方法は、繊維がプラスチック樹脂に織り込まれた布を作り、次にこの布が成形されて必要な形状に成形される方法です。 繊維強化プラスチックにはさまざまな利点があります。それらは強度が高く、剛性と耐久性に優れています。また、軽量であり、成形が容易なため、さまざまな形状で使用できます。さらに、耐食性と耐熱性に優れているため、過酷な環境での使用に適しています。 繊維強化プラスチックは、さまざまな用途に使用されています。それらは、自動車、航空宇宙、スポーツ用品、レジャー用品、さらには建設業界で使用されています。これらはまた、風力タービンブレード、配管、貯蔵容器の製造にも使用されています。
環境問題に関すること

生物季節観測で気候変化を探る

生物季節観測とは何か? 生物季節観測とは、生物の季節的な変化を継続して観測し、気候変動の影響を調べるための取り組みです。生物の季節的な変化には、植物の開花や落葉、動物の渡りや産卵など、さまざまなものがあります。これらの変化は、気温や降水量などの気候条件に影響されるため、気候変動の影響を知る上で重要な指標となります。 生物季節観測は、世界各地で行われており、日本でも環境省が中心となって、全国規模の観測が行われています。植物の開花や落葉の観測は、一般市民の参加も呼びかけて行われており、誰でも気軽に気候変動の研究に協力することができます。
その他に関すること

世界分類学イニシアチブの重要性

世界分類学イニシアチブとは何か? 世界分類学イニシアチブ(Global Taxonomic Initiative GTI)とは、世界中の生物多様性を記述、分類、理解することを目的とした国際的な取り組みです。GTIは1992年の地球サミット(リオデジャネイロ環境と開発に関する国連会議)で採択された生物多様性条約に基づき、1997年に発足しました。 GTIの主な目的は、生物多様性に関する情報を集め、共有し、利用できるようにすることです。これにより、生物多様性の保全と持続可能な利用を促進することが期待されています。GTIは、世界中の科学者や政府、国際機関など、さまざまな組織や機関が参加しています。 GTIの活動は、生物多様性の記述と分類に重点を置いています。生物多様性の記述とは、生物の種類を特定し、その特徴を記録することです。生物の分類とは、生物の種類をグループ分けし、その関係性を明らかにすることです。 GTIは、生物多様性の記述と分類を促進するため、さまざまなプロジェクトを実施しています。その中には、生物多様性に関する情報を収集し、データベースを作成するプロジェクトや、生物多様性の記述と分類を行うための訓練プログラムを実施するプロジェクトなどがあります。
エネルギーに関すること

石油代替エネルギーとは

石油代替エネルギーとは 石油代替エネルギーとは、石油に代わるエネルギー源のことである。石油は、自動車や飛行機、船舶などの燃料として使用されているが、石油は有限な資源であり、枯渇する可能性がある。また、石油の使用は、大気汚染や気候変動などの環境問題を引き起こす。そのため、石油に代わるエネルギー源の開発が求められている。 石油代替エネルギーには、太陽光発電、風力発電、水力発電、地熱発電、バイオマス発電などがある。これらのエネルギー源は、石油とは異なり、再生可能であり、枯渇する心配がない。また、これらのエネルギー源の使用は、大気汚染や気候変動などの環境問題を引き起こさない。 石油代替エネルギーの開発は、エネルギーの安定供給と環境保全の両立を目指しており、世界各国で研究開発が進められている。石油代替エネルギーの導入が進むことで、石油への依存を減らし、環境問題の解決に貢献することが期待されている。
環境問題に関すること

生物多様性とは?その重要性と保全方法を解説

生物多様性とは、地球上に生息するすべての生物の多様性を指します。 これは、生物種の多様性、遺伝子多様性、生態系多様性の3つのレベルで構成されています。生物種の多様性は、地球上に存在する異なる生物種の数です。遺伝子多様性は、個体群内の遺伝子の変異の程度です。生態系多様性は、異なる生態系タイプ、例えば森林、草原、海洋の多様性の程度です。 生物多様性は、地球にとって非常に重要です。それは、生態系が機能するのに不可欠であり、生態系サービスを提供してくれます。生態系サービスとは、きれいな空気や水、食料や燃料、レクリエーションの機会など、人間が生態系から得る利益のことです。また、生物多様性は、気候変動や環境変化に対するレジリエンスを高めるのに役立ちます。 生物多様性を保全するためには、いくつかの方法があります。 1つは、生物多様性の重要性を認識し、保全活動への支援を拡大することです。もう1つは、保護区や国立公園などの自然保護区を設立することです。また、持続可能な農業や林業を実践し、汚染を減らし、気候変動を抑制することも重要です。
SDGsに関すること

生物多様性プロジェクトの概要と重要性

生物多様性プロジェクトとは何か? 生物多様性プロジェクトとは、生物多様性を保全・回復するためのプロジェクトのことです。 生物多様性は、地球上に存在するすべての生物の多様性であり、生態系の安定や人間の健康に欠かせないものです。しかし、人間の活動によって、生物多様性は脅かされており、多くの動植物が絶滅の危機に瀕しています。 生物多様性プロジェクトは、絶滅危惧種の保護、生息地の復元、外来種の駆除など、生物多様性を保全・回復するためのさまざまな活動を行っています。 また、地域住民や企業、政府機関と協力して、生物多様性を尊重した持続可能な開発を推進しています。
環境問題に関すること

環境・未来世代のために行動する:世代間倫理

-世代間倫理とは?- 世代間倫理とは、現在の世代と将来の世代の双方の利益とニーズを考慮する倫理的枠組みです。これは、現在の人々が自分の行動の将来世代への影響を考慮し、その影響が可能な限りプラスになるよう努力すべきであるという考えに基づいています。 世代間倫理は、環境保護、気候変動、資源枯渇など、多くの重要な問題に関連しています。例えば、温室効果ガスの排出を削減することで気候変動の影響を軽減したり、再生可能エネルギーへの投資によって化石燃料への依存を減らしたりすることができます。また、資源を効率的に利用したり、リサイクルやリユースを促進したりすることも、将来の世代のために貴重な資源を保存するのに役立ちます。 世代間倫理の実践は、簡単なことではありません。なぜなら、現在の世代が自分たちの利益と将来の世代の利益を比較検討する必要があるからです。しかし、地球と人類の未来を守るためには、世代間倫理を考慮して行動することが不可欠です。
地球環境に関すること

世界低炭素成長ビジョンとは?

世界低炭素成長ビジョンとは、気候変動問題への対応と経済成長の両立を目的として、2010年に経済産業省が策定したビジョンです。 石油や天然ガスなどの化石燃料に頼らない低炭素社会を目指すもので、2050年までに温室効果ガス排出量を2010年比で25%削減することを目標としています。 ビジョンでは、2020年代の重点目標として、太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーの拡大、省エネ対策の推進、電気自動車やハイブリッド車などの次世代自動車の普及などに取り組むとしています。また、2030年代以降の目標として、Carbon Capture and Storage(CCS)やCarbon Capture and Utilization(CCU)などの技術開発を進め、2050年までに温室効果ガス排出量を2010年比で80%削減することを掲げています。 世界低炭素成長ビジョンは、2015年に国連で採択されたパリ協定の目標にも合致しており、世界各国が低炭素社会の実現に向けて取り組むための指針として期待されています。
エネルギーに関すること

石油特別会計とは-エネルギー需給や炭素税の概要を解説

石油特別会計の目的と役割 石油特別会計は、石油関連の事業や施策を推進するために設けられた特別会計です。石油特別会計の主な目的は以下の通りです。 * 石油の開発、生産、流通を促進すること * 石油の価格変動による国民生活や経済への影響を緩和すること * 石油の安定供給を確保すること 石油特別会計は、以下の役割を果たしています。 * 石油開発事業者への補助金の交付 * 石油備蓄事業の実施 * 石油製品の価格変動を抑制するための資金の運用 * 石油関連の研究開発の支援 石油特別会計は、石油関連の事業や施策を推進することで、石油の安定供給と国民生活や経済への影響を緩和することを目指しています。
地球環境に関すること

気候変動の最前線にある世界気候研究計画とは

世界気候研究計画とは、1979年に世界気象機関(WMO)と国連環境計画(UNEP)によって設立された国際的な研究プログラムであり、気候変動の科学的理解を深め、気候変動の影響を評価し、気候変動に適応するための戦略を策定することを目的としています。 WCRPは、世界各地の気候研究者や機関によって構成されており、気候変動に関する研究を支援し、研究成果を共有することで、気候変動の科学的理解を深め、気候変動の影響を評価し、気候変動に適応するための戦略を策定することを目的としています。 WCRPは、世界気象機関、国連環境計画、国際科学会議の3つの機関によって運営されており、世界各地の気候研究者や機関によって構成されています。科学的理解を深め、気候変動の影響を評価し、気候変動に適応するための戦略を策定することを目的としています。
地球環境に関すること

生物多様性情報クリアリングハウスメカニズムとは?

生物多様性情報クリアリングハウスメカニズムとは? 生物多様性情報クリアリングハウスメカニズム(CHCM)とは、生物多様性条約の締結国が、生物多様性に関する情報やデータ、経験を交換し、共有するためのプラットフォームです。CHCMは、生物多様性の保全と持続可能な利用、ならびに遺伝資源の公平かつ衡平な配分を促進することを目的としています。 CHCMは、2002年の生物多様性条約第6回締約国会議(COP6)で設立され、2004年に運用が開始されました。CHCMは、生物多様性条約の事務局である生物多様性事務局(CBD事務局)によって管理されており、世界中のさまざまな機関や組織が参加しています。 CHCMは、生物多様性に関するさまざまな情報を提供しています。具体的には、生物多様性の保全に関する政策や法律、条例、生物多様性の調査結果や研究報告、生物多様性の保全のためのベストプラクティスや事例、遺伝資源の利用に関する情報などが提供されています。 CHCMは、生物多様性に関する情報やデータ、経験を交換し、共有するためのプラットフォームを提供することで、生物多様性の保全と持続可能な利用、ならびに遺伝資源の公平かつ衡平な配分を促進しています。
環境問題に関すること

世界資源アウトルック2019を読んで環境について考える

世界資源アウトルック2019とは、国際連合環境計画(UNEP)が毎年公表している報告書です。環境問題の現状と将来的に起こり得るリスクを分析し、持続可能な未来に向けた政策を提言しています。 報告書の主な内容は、以下の通りです。 * 気候変動温室効果ガスの排出量は、過去最高レベルに達しており、2017年には前年比1.6%増加しました。気温上昇は産業革命前より1℃上昇し、2017年には観測史上最も暑い年となりました。 * 生態系の損失森林伐採や湿地の埋め立てなどにより、生態系が破壊されています。世界の森林面積は、過去10年間で約1億3000万ヘクタール減少しました。 * 汚染大気汚染、水質汚染、土壌汚染などにより、人間の健康に悪影響を及ぼしています。大気汚染により、毎年約700万人が死亡していると推定されています。 報告書は、こうした環境問題を解決するために、以下の対策が必要であると提言しています。 * 温室効果ガスの排出量を削減する。 * 森林伐採と湿地の埋め立てを阻止する。 * 汚染を削減する。 * 持続可能な消費と生産を促進する。 世界資源アウトルック2019は、環境問題の深刻さを警告するとともに、環境問題を解決するための具体的な対策を提言しています。この報告書は、環境問題に取り組む上で重要な資料となっています。
環境問題に関すること

剪定枝 – 環境を守り、街を美しくする

剪定枝とは、木や草の枝を剪定した際に発生する木くずのことです。剪定は、木の形を整えたり、枯れた枝を取り除いたりするために定期的に行われます。剪定枝は、そのまま放置しておくと景観を損ねるだけでなく、害虫や病気の温床にもなります。そのため、剪定枝は適切に処理することが重要です。 剪定枝を処理するには、いくつかの方法があります。最も一般的な方法は、剪定枝を細かく砕いて堆肥にすることです。堆肥は、植物の成長に必要な栄養素を豊富に含んでいるため、土壌改良材として利用することができます。また、剪定枝を燃やして灰にする方法もあります。灰は、アルカリ性のため、土壌の酸性を中和する効果があります。さらに、剪定枝をチップにして、園芸用の敷料として利用することもできます。 剪定枝を適切に処理することで、環境を守り、街を美しくすることができます。また、剪定枝を再利用することで、資源を有効活用することができます。
エネルギーに関すること

石炭ガス化複合発電とは?メリットとデメリットを解説

石炭ガス化複合発電とは、石炭をガス化して発電する方式です。石炭をガス化することで、石炭を燃やした際に発生する二酸化炭素や硫黄酸化物などの有害物質を大幅に削減することができます。石炭ガス化複合発電は、世界のエネルギー需要の約3分の1をまかなっており、非常に重要な発電方式です。 石炭ガス化複合発電は、石炭をガス化して発電する方式です。石炭は、主に炭素と水素で構成されており、これを高温でガス化すると、水素、一酸化炭素、二酸化炭素などのガスが発生します。これらのガスを燃焼させてタービンを回し、発電します。 石炭ガス化複合発電のメリットは、石炭を効率よく利用できることです。石炭をそのまま燃やすよりも、ガス化して発電する方が、発電効率が高くなります。また、石炭ガス化複合発電では、石炭を燃やした際に発生する二酸化炭素や硫黄酸化物などの有害物質を大幅に削減することができます。
SDGsに関すること

知っておきたい『世界食料デー(10月16日)』

世界食料デーは、毎年10月16日に実施される国際デーである。 国連食糧農業機関(FAO)によって制定されたもので、食料安全保障と飢餓撲滅の重要性を認識し、世界の食料問題について考える日である。 この記念日は、1945年にFAOが設立された日を記念して定められた。 それ以降、世界各地で食料生産や食料安全保障に関するイベントやキャンペーンが行われている。 世界食料デーの目的は、飢餓と栄養失調に苦しんでいる人々のために、食料生産と食料安全保障を促進することである。 また、食料生産に携わる人々や、食料の供給に関わる人々の功績を称える日でもある。
地球環境に関すること

世界砂漠化・干ばつ対処の日

世界砂漠化・干ばつ対処の日は、毎年6月17日に世界各地で実施される記念日です。この日の制定は、1977年9月に開催された国連砂漠化会議で決定され、1995年に国連総会で採択されました。 砂漠化とは、本来は砂漠の周縁部で起こる乾燥化現象を指しますが、現在では広く乾燥地帯の劣化を意味します。主な原因は、人間による過剰な農業や牧畜、森林伐採などにより、土地が乾燥し、栄養を失うことです。また、気候変動の影響による降水量の減少も、砂漠化を加速させています。 砂漠化は、世界中の多くの地域で深刻な問題となっています。国連環境計画(UNEP)の報告書によると、世界の人口の約10億人が砂漠化の影響を受けており、毎年約1200万ヘクタールの土地が砂漠化しています。 砂漠化は、食料生産の低下、水不足、貧困、環境難民の発生など、さまざまな問題を引き起こすため、国際社会では砂漠化を防ぐための取り組みが強化されています。その一つが、1994年に採択された国連砂漠化対処条約です。この条約は、砂漠化を防ぎ、砂漠化がすでに進行している地域を回復するための法的枠組みを提供しています。 また、砂漠化を防ぐためには、農業や牧畜の持続可能な方法の導入、森林伐採の防止、気候変動対策など、さまざまな取り組みが必要です。
地球環境に関すること

生物多様性条約COP10

生物多様性条約とは、1992年に国連環境開発会議(UNCED)の議題の一つとして採択された国際条約である。生物多様性、その構成要素および生態系の保全、持続可能な利用及びこれらの利用から得られる利益の公正かつ衡平な配分を実現することを目的とする。1993年12月29日に発効し、現在196カ国・地域が加盟している。 生物多様性条約は、生物多様性の保全、持続可能な利用、遺伝資源の利益配分という3つの柱で構成されている。生物多様性の保全とは、生物多様性が減少しないようにすることである。生物多様性の保全には、次のようなことが含まれる。 ・生息地の保全 ・希少種の保護 ・外来種の駆除 ・汚染や気候変動などの環境問題への対策 生物多様性の持続可能な利用とは、生物多様性を将来の世代のために利用できるようにすることである。生物多様性の持続可能な利用には、次のようなことが含まれる。 ・食糧生産 ・薬品の開発 ・観光 ・教育 遺伝資源の利益配分とは、遺伝資源の利用から得られる利益を公正かつ衡平に配分することである。遺伝資源の利益配分には、次のようなことが含まれる。 ・特許料の配分 ・技術移転 ・能力開発
組織・団体に関すること

世界銀行と環境:持続可能な開発への取り組み

世界銀行は、1944年に創設された国際金融機関です。本部は米国ワシントンD.C.にあり、加盟国は189カ国。世界銀行の目的は、貧困削減と持続可能な経済発展を支援することです。世界銀行は、融資、助成金、技術支援などを通じて、開発途上国や新興国を支援しています。 世界銀行の活動は多岐にわたり、教育、保健、インフラ、農業、環境などさまざまな分野に及んでいます。世界銀行は、特に環境問題に力を入れており、持続可能な開発を支援するためにさまざまな取り組みを行っています。 世界銀行は、気候変動対策、森林保護、水資源管理、汚染防止など、さまざまな分野で環境問題に取り組んでいます。世界銀行は、開発途上国や新興国が環境問題に対処するための資金や技術支援を提供しています。 世界銀行は、持続可能な開発を支援するために重要な役割を果たしている国際金融機関です。世界銀行の取り組みは、開発途上国や新興国の環境問題の解決に貢献しています。
環境問題に関すること

世界生物多様性保全戦略:地球の生命を未来につなげる指針

世界生物多様性保全戦略とは、1980年代に国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)と国連環境計画(UNEP)が協力して策定した、地球上の生物多様性を保全するための国際的な戦略です。この戦略は、1992年に開催された「地球サミット」で採択され、世界160カ国以上が署名しました。 この戦略の目標は、生物多様性を保全し、持続可能な開発を促進することです。生物多様性を保全するために、この戦略では、以下のことが定められています。 * 生態系の保全と復元 * 持続可能な資源利用 * 汚染の削減 * 生物学的な多様性の評価と監視 * 公衆啓発と教育 この戦略は、地球上の生物多様性を保全するための重要な指針となっています。この戦略に基づいて、各国では、生物多様性を保全するためのさまざまな施策を実施しています。
環境問題に関すること

生物多様性国家戦略2010とは?

生物多様性国家戦略2010は、生物多様性の保全及び持続可能な利用の促進を図るための方針を定めた戦略です。その目的は、生物多様性の重要性を国民に広く理解してもらい、生物多様性を保全し、持続可能な利用を促進することにあります。 生物多様性は、人類の生存と福祉にとって不可欠なものです。食料、水、空気、医薬品、燃料などの資源を提供し、気候変動や自然災害から人間を守ってくれます。また、生物多様性は文化的、精神的な価値も持っています。 しかし、近年の経済活動や人口増加に伴い、生物多様性は脅かされています。森林伐採、土地開発、汚染、気候変動などにより、多くの生物種が絶滅の危機に瀕しています。 生物多様性国家戦略2010は、これらの脅威から生物多様性を保全し、持続可能な利用を促進するための施策を定めた戦略です。この戦略は、生物多様性の保全と持続可能な利用を促進するため、国民、企業、地方公共団体、国がそれぞれ果たすべき役割を明らかにしています。
地球環境に関すること

海洋の生物ポンプについて知ろう

-# 海洋の生物ポンプについて知ろう -- 生物ポンプとは何か 生物ポンプとは、海洋生態系において、二酸化炭素を大気から海洋に輸送し、海底に固定するプロセスです。主に、海洋生物の成長と分解によって実行されます。海洋生物は、二酸化炭素を吸収して酸素を放出する光合成を行います。そして、海洋生物は、死亡すると分解され、その際に二酸化炭素が放出されます。しかし、一部の二酸化炭素は、海洋生物の死骸や糞便とともに海底に沈みます。このプロセスが生物ポンプです。 生物ポンプは、地球の気候変動を緩和する上で重要な役割を果たしています。二酸化炭素は、温室効果ガスであり、大気中の二酸化炭素が増加すると、地球の気温が上昇します。生物ポンプは、二酸化炭素を大気から海洋に輸送することで、地球の気温上昇を抑制する効果があります。
エネルギーに関すること

セル/モジュールがわかる!太陽電池の基本知識

セルとモジュールは、どちらも太陽電池の重要な構成要素です。セルは、太陽光を電気エネルギーに変換する半導体製の小さな単位です。モジュールは、複数のセルを接続して作られた、より大きな太陽電池パネルです。 セルの主な役割は、太陽光を電気エネルギーに変換することです。セルは、シリコンやガリウム砒素などの半導体材料でできており、光を吸収すると電子が放出されます。この電子が流れることで電流が生じ、それが電気エネルギーとして利用されます。一方、モジュールの主な役割は、複数のセルを接続して、より大きな面積の太陽電池パネルを作ることです。モジュールは、セルを保護するためのガラスや樹脂で覆われており、フレームで固定されています。モジュールは、屋根や壁に取り付けられたり、地上に設置されたりして、太陽光発電に使われます。 セルとモジュールの違いは、大きさ、役割、使用方法などです。セルはより小さく、単独では電気エネルギーを供給することはできません。モジュールはより大きく、複数のセルを接続して作られているため、より大きな面積の太陽電池パネルを作ることができます。また、セルは太陽光発電システムの重要な構成要素ですが、モジュールは太陽光発電システムの主要な構成要素です。セルはモジュールの基本的な単位であり、モジュールはセルの集合体であると言えるでしょう。