「S」

地球環境に関すること

里山イニシアティブ:自然共生の知恵を取り戻す

里山イニシアティブとは、地域の特性を活かしながら持続可能な里山づくりを実践していく試みです。里山は、農地、森林、草地など様々な土地利用が混在している地域であり、多様な動植物が生息しています。しかし、近年は過疎化や高齢化が進み、里山の管理が行き届かなくなってきています。そのため、荒廃が進み、動植物の生息地が失われています。 里山イニシアティブは、こうした里山の荒廃を食い止めるために、地域住民や自治体、企業などが協力して里山を保全・再生していく取り組みです。里山の保全・再生には、様々な方法があります。例えば、農地の放棄を防ぐために、農家の収入源を確保する支援を行う、森林を伐採して荒れ地になった土地を植林する、草地を刈り取って放牧地として利用する、などです。 里山イニシアティブは、単に里山の自然環境を守るだけでなく、地域の活性化にもつながります。里山には、農産物や木材、野草など、様々な資源があります。これらの資源を活用することで、地域産業を振興することができます。また、里山は、ハイキングやキャンプなどのレクリエーションの場としても利用できます。里山イニシアティブは、地域の自然環境を守りながら、地域経済を活性化し、地域住民の生活を豊かにする取り組みなのです。
SDGsに関すること

SDGコンパスとは?持続可能な企業を目指す指針

SDGコンパスとは、持続可能な企業を目指すための指針です。国連が定めた持続可能な開発目標(SDGs)を軸に、企業が社会課題の解決と自社の持続可能な成長を両立するための考え方や取り組み方を示しています。 SDGコンパスの概要は、大きく3つの部分から構成されています。第1部は、SDGsの概要と、企業がSDGsに貢献するための基本的な考え方について説明しています。第2部は、SDGsの各目標に沿って、企業が具体的に取り組むべき課題や事例を紹介しています。第3部は、企業がSDGsに取り組む際に役立つツールやノウハウを提供しています。 SDGコンパスは、企業がSDGsに取り組むための羅針盤です。企業がSDGsを理解し、自社の事業活動とSDGsを結びつけ、持続可能な企業へと変革するための指針として活用することができます。
SDGsに関すること

環境に配慮した投資とは?SRIを解説

SRIとは、サステナブル・アンド・レスポンシブル・インベストメント(Sustainable and Responsible Investment)の略で、持続可能な社会の実現を目指し、環境、社会、企業統治に配慮した投資のことです。 従来の投資手法では、経済的なリターンを最優先としていましたが、SRIは、経済的なリターンだけでなく、環境や社会への影響も考慮して投資先を選択します。 SRIは、環境や社会に配慮した企業に投資することで、持続可能な社会の実現を目指しています。また、SRIは、企業に環境や社会への配慮を求めることで、企業の社会的責任を促進する効果もあります。
SDGsに関すること

SDGsウォッシュとは?

SDGsウォッシュの本質とは、企業が自社の製品やサービスを宣伝するためにSDGsを活用しているものの、実際にはSDGsの精神に沿った行動をしていないことを指します。SDGsウォッシュは、企業がSDGsに取り組んでいるように見せかけ、消費者の信頼を得て利益を上げようとする行為です。 近年、SDGsへの関心が高まるにつれて、SDGsウォッシュを行う企業が増加しています。これは、SDGsが企業の社会的責任を果たすための重要な課題であると認識されているためです。しかし、SDGsウォッシュは、SDGsの真の精神を損ない、消費者を欺く行為です。
大気環境に関すること

SPFの基本と選び方

SPFとは、紫外線防止効果を示す指標のことです。SPFは、Sun Protection Factorの略で、紫外線B波(UVB)を防ぐ効果を表しています。SPFの数値は、紫外線B波を浴びてから赤くなるまでの時間を、SPFの数値を掛けた時間だけ遅らせることができることを意味します。例えば、SPF30の日焼け止めを使えば、紫外線B波を浴びてから赤くなるまでの時間を30倍遅らせることができます。 SPFは、紫外線B波を防ぐ効果を表す指標ではありますが、紫外線A波(UVA)を防ぐ効果を表すものではありません。UVAは、UVBよりも肌の奥まで届き、シワやたるみなどの光老化を引き起こす原因となります。そのため、SPFの数値が高い日焼け止めを選んでも、UVAを防ぐ効果がなければ、光老化を防ぐことはできません。 SPFの数値は、紫外線B波を防ぐ効果を表すものであり、UVAを防ぐ効果を表すものではありません。そのため、SPFの数値が高い日焼け止めを選んでも、UVAを防ぐ効果がなければ、光老化を防ぐことはできません。
環境問題に関すること

SEAガイドラインとは?~環境影響評価を戦略的に行うための指針~

SEAガイドラインとは、環境影響評価を戦略的に行うための指針です。環境省が2004年に策定し、2019年に改定されました。このガイドラインは、環境影響評価法に基づく環境影響評価の実施に当たって、戦略的な環境影響評価を行うための枠組みを示しています。 SEAガイドラインの目的は、環境影響評価法に基づく環境影響評価の実施に当たって、戦略的な環境影響評価を行うための枠組みを示すことです。これにより、環境影響評価の質の向上と、環境影響評価の実施の円滑化を図っています。 SEAガイドラインの概要は、以下の通りです。 * 環境影響評価の対象となる事業の範囲を明確にする。 * 環境影響評価の実施に当たって考慮すべき事項を明確にする。 * 環境影響評価の結果を反映した事業の実施を確保するための措置を明確にする。 SEAガイドラインは、環境影響評価の質の向上と、環境影響評価の実施の円滑化を図るために有効なツールです。
制度に関すること

SBTイニシアチブとは?

SBTイニシアチブとは? SBTイニシアチブの概要 SBTイニシアチブは、「温室効果ガスの排出削減の野心を科学的に裏付ける取り組み」です。これは、気候科学者と企業や他の組織が協力して、パリ協定の目標と整合した野心的な温室効果ガス削減目標を設定することを目指しています。 SBTイニシアチブは、2つの主要な目的を持っています。1つ目は、「世界の企業や機関の温室効果ガス削減目標の設定を支援すること」です。2つ目は、「削減目標の透明性と説明責任を確保すること」です。 SBTイニシアチブは、2015年12月にパリで開催された国連気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)で発表されました。気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の報告書に沿って、世界の気温上昇を産業革命前と比べて2度未満、できれば1.5度に抑えることを目指しています。 SBTイニシアチブは、世界経済フォーラム(WEF)とCDP(旧カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト)が共同で運営しています。WEFは、「企業や政府、その他の組織の国際的な協力フォーラム」であり、CDPは、「企業や政府の温室効果ガス排出量やその他の環境情報を開示するよう要請する国際的な非営利組織」です。 SBTイニシアチブは、2021年9月までに、世界中の3,000以上の企業やその他の組織が参加しています。これらの組織は、合わせて世界全体の温室効果ガス排出量の25%を占めています。 SBTイニシアチブは、企業やその他の組織が気候変動対策に貢献する重要なイニシアチブです。SBTイニシアチブに参加することで、企業やその他の組織は、「温室効果ガス削減目標の設定と削減活動の透明性と説明責任を確保することが可能」になります。
SDGsに関すること

SDGsコンパスとは何か?その目的と活用方法を解説

SDGsコンパスとは、持続可能な開発目標(SDGs)に関する情報やリソースを網羅的に提供するオンラインプラットフォームです。 SDGsコンパスは、国連開発計画(UNDP)とスウェーデン政府の共同イニシアチブとして、2015年に設立されました。 SDGsコンパスには、SDGsに関するさまざまな情報やリソースが掲載されています。例えば、SDGsの17の目標と169のターゲットに関する詳細な情報、SDGsを達成するためのさまざまな事例、SDGsに関する最新のニュースやイベント情報などです。 SDGsコンパスは、SDGsに取り組むあらゆる人にとって役立つツールです。SDGsに関する情報を収集したり、SDGsを達成するためのアイデアを得たり、SDGsに関する最新情報を把握したりするのに役立ちます。SDGsコンパスは、SDGsを達成するための世界的な取り組みを支援するために設立されました。SDGsコンパスは、SDGsに関する情報を収集したり、SDGsを達成するためのアイデアを得たり、SDGsに関する最新情報を把握したりするのに役立ちます。
その他に関すること

STS教育とは?科学・技術・社会の相互関連性を学ぶ教育

STS教育とは、科学・技術・社会の相互関連性を学ぶ教育のことです。STS教育の目的は、生徒に科学と技術の知識と技能を身につけさせるだけでなく、科学と技術が社会に与える影響を理解させ、科学技術社会の課題を解決するための能力を養うことです。 STS教育を通じて、生徒は科学技術社会における科学と技術の役割を理解し、科学技術社会の課題を解決するために科学と技術を活用する能力を身につけます。 STS教育の意義は、生徒が科学技術社会における科学と技術の役割を理解し、科学技術社会の課題を解決するために科学と技術を活用する能力を身につけるところにあります。STS教育は、生徒が科学と技術の知識と技能を身につけ、科学と技術が社会に与える影響を理解するだけでなく、科学技術社会の課題を解決するための能力を養うことを目的としています。
組織・団体に関すること

SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ

SATOYAMAイニシアティブとは、里地里山の多様な生物とそれを取り巻く環境を保全し、持続可能な利用を推進することを目的とした国際的な取り組みです。里地里山とは、人々が暮らし、農業や林業などの生業を行い、自然と共生してきた地域のことです。SATOYAMAイニシアティブでは、里地里山の保全と持続可能な利用を推進するため、里地里山の保全や利用に関する情報交換や連携、研究や政策提言活動などを行っています。 SATOYAMAイニシアティブは、2010年に国連大学、国連環境計画、生物多様性条約事務局の3機関によって設立されました。その後、多くの国や機関が参加し、現在は世界100カ国以上で活動しています。SATOYAMAイニシアティブの活動は、里地里山の保全と持続可能な利用を推進し、生物多様性の保全や気候変動対策、食料安全保障など、様々な地球規模課題の解決に貢献しています。
SDGsに関すること

環境とSociety5.0の関係

-Society5.0とは- Society5.0とは、狩猟社会、農業社会、工業社会、情報社会に続く、5番目の社会の姿を指します。Society5.0の基本理念は、あらゆるモノがインターネットにつながることで、様々なデータが集まり、そのデータがAIを活用して分析されることで、人々の生活がより豊かになるというものです。 Society5.0実現のための重点分野としては、AI(人工知能)、ビッグデータ、IoT(モノのインターネット)、ロボット工学、仮想現実(VR)などがあります。これらの技術を活用し、自動運転車、遠隔医療、スマートグリッド、スマートシティなど、様々なサービスが実現される予定です。 また、Society5.0は経済成長と環境保護を両立させることも目指しています。再生可能エネルギーの導入、エネルギー効率の向上、廃棄物の削減などに取り組むことで、経済発展と環境保全を実現する持続可能な社会を目指すのがSociety5.0です。