「ロ」

エネルギーに関すること

炉心溶融とは?原因と影響

炉心溶融とは、原子炉内の核燃料が溶融し、原子炉容器から漏洩する事故のことです。炉心溶融は、原子炉の安全性を脅かす重大な事故であり、放射性物質の放出や原発周辺の汚染など、甚大な影響を及ぼします。 炉心溶融の原因はいくつかありますが、主に原子炉の冷却機能が失われることが挙げられます。原子炉の冷却機能が失われると、核燃料の温度が上昇し、溶融に至ります。原子炉の冷却機能が失われる原因としては、原子炉の故障、地震や洪水などの自然災害、人為的なミスなどがあります。 炉心溶融の影響は、放射性物質の放出や原発周辺の汚染など、甚大なものとなります。放射性物質の放出は、人々の健康に悪影響を及ぼすだけでなく、環境汚染にもつながります。原発周辺の汚染は、住民の生活や経済活動に大きな影響を与えます。 炉心溶融は、原子炉の安全性を脅かす重大な事故であり、甚大な影響を及ぼします。炉心溶融を防ぐためには、原子炉の安全性を高め、冷却機能を強化することが重要です。
SDGsに関すること

ローカルアジェンダ21徹底解説! 環境保全の重要性を理解しよう

ローカルアジェンダ21とは、持続可能な開発を実現するための地域の行動計画です。持続可能な開発とは、将来の世代のニーズを損なうことなく、現在の世代のニーズを満たす開発です。ローカルアジェンダ21は、1992年にブラジルのリオデジャネイロで開催された「地球サミット」で採択された「アジェンダ21」に基づいて、地方公共団体が策定する地域レベルの行動計画です。 ローカルアジェンダ21は、環境保全、経済発展、社会福祉の3つの柱で構成されています。環境保全では、地球温暖化対策、生物多様性の保全、森林の保全などが盛り込まれています。経済発展では、地域産業の振興、雇用の創出、地域の活性化などが盛り込まれています。社会福祉では、教育、医療、福祉などの充実、地域コミュニティの活性化などが盛り込まれています。 ローカルアジェンダ21は、地方公共団体が策定する地域レベルの行動計画であり、地域住民の参加と協力が不可欠です。地域住民がローカルアジェンダ21の策定や実施に関わることで、持続可能な開発を実現するための行動が促進され、地域社会の持続可能な発展が実現されます。
環境問題に関すること

ロンドンダンピング条約とは?

ロンドンダンピング条約の概要 ロンドンダンピング条約は、1972年に開催された海洋汚染の防止のための国際会議を受けて、1972年に署名され、1975年に発効しました。この条約の目的は、海洋による廃棄物の投棄による海洋汚染を防ぐことです。条約は、廃棄物の定義、海洋投棄が禁止される廃棄物のリスト、海洋投棄が許可される廃棄物のリスト、海洋投棄の許可と監視の手続きなどを定めています。 条約は、廃棄物を「人間の活動に由来し、海洋投棄することを目的としている、または、通常の運営によって海洋中または空中へ排出される物質」と定義しています。条約は、海洋投棄が禁止される廃棄物をリストアップしています。このリストには、放射性廃棄物、水銀やカドミウムなどの有害金属、プラスチック、石油、油などが含まれています。条約は、海洋投棄が許可される廃棄物のリストも定めています。このリストには、浚渫物、魚介類の加工廃棄物、船舶の清掃廃棄物などが含まれています。 条約は、海洋投棄を許可するには、許可国の許可が必要であると規定しています。許可は、海洋投棄による海洋汚染の可能性を考慮して、許可国によって発給されます。条約は、海洋投棄の監視手続きも定めています。監視は、許可国の責任で行われます。
エネルギーに関すること

ロ・ハウス構想とは

ロ・ハウス構想の基本理念とは、持続可能な社会を実現するための総合的な取り組みです。この理念は、環境、経済、社会の3つの柱をバランスよく発展させることを目指しています。 環境の柱は、地球環境の保全と持続可能な資源利用を目的としています。経済の柱は、経済成長と雇用の創出を目的としています。そして、社会の柱は、公正な社会の実現と社会福祉の増進を目的としています。 ロ・ハウス構想は、これらの3つの柱をバランスよく発展させることで、持続可能な社会を実現することを目指しています。この構想は、現在、世界中の多くの国や地域で実施されており、持続可能な社会の実現に向けて大きな貢献を果たしています。
地球環境に関すること

ロハスとは?その意味や由来、注意点まで解説

環境にやさしく、健康的な生活を送るためのライフスタイルとは、持続可能な社会を築くために、環境への影響を最小限に抑え、健康を維持・増進するライフスタイルのことです。具体的には、3R(リデュース・リユース・リサイクル)を心がけ、再生可能エネルギーを利用し、地産地消を心がけるなどが挙げられます。また、健康的な食生活を送ることもロハスなライフスタイルの一つです。バランスのとれた食事を心がけ、加工食品や添加物の摂取を控え、旬の食材を食べることを意識しましょう。さらに、適度な運動や十分な睡眠も健康を維持するために重要です。ロハスなライフスタイルを送ることは、環境や健康だけでなく、心にも良い影響を与えます。自然と触れ合い、健康的な食事を摂り、適度な運動をすることで、ストレスが軽減され、幸福感を得ることができるでしょう。
化学物質に関すること

ロッテルダム条約とは?

ロッテルダム条約の目的 ロッテルダム条約の目的は、有害化学物質や農薬などの危険物質の国際取引における人々の健康と環境の保護です。条約は、これらの物質の輸出入を管理し、情報交換を促進し、安全な取り扱いと処分を確保することを目的としています。また、条約は、危険物質の国際取引に参加するすべての国の権利と義務を明確に規定し、危険物質の環境や健康への影響を削減するための国際協力の枠組みを確立しています。
地球環境に関すること

環境用語『ロンドン条約96年議定書』について

ロンドン条約96年議定書とは、海洋環境保護に関する条約であるロンドン条約の議定書の1つであり、海洋投棄を規制する内容となっています。ロンドン条約は1972年に採択され、1975年に発効しました。海洋環境の保全を目的としており、海洋投棄の禁止や規制、海洋汚染の防止などを定めています。 ロンドン条約は、条約本体と7つの議定書から構成されており、ロンドン条約96年議定書はそのうちの1つです。1996年に採択され、1998年に発効しました。海洋投棄を規制する内容となっており、海洋投棄禁止物質、海洋投棄許可物質、海洋投棄特別許可物質を定めています。 海洋投棄禁止物質とは、海洋環境に重大な悪影響を及ぼす物質であり、海洋投棄が原則として禁止されています。 海洋投棄許可物質とは、海洋環境に悪影響を及ぼさない物質であり、海洋投棄が許可されています。ただし、海洋投棄許可証の取得が必要となります。海洋投棄特別許可物質とは、海洋環境に悪影響を及ぼす可能性がある物質であり、海洋投棄が特別許可を得た場合にのみ認められます。