NOx

大気環境に関すること

窒素酸化物とは?

窒素酸化物の種類と特徴 窒素酸化物は、窒素と酸素が化合してできる化合物の総称であり、窒素原子が+2から+6の酸化数をとる化合物です。 最も一般的な窒素酸化物は、一酸化窒素(NO)、二酸化窒素(NO2)、一酸化二窒素(N2O)です。 一酸化窒素(NO)は、無色の気体で、常温常圧では安定ですが、高温になると酸化されて二酸化窒素(NO2)になります。 一酸化窒素は、生体内で様々な役割を果たしており、血管を拡張して血流を良くしたり、神経伝達を促進したりする作用があります。 二酸化窒素(NO2)は、赤褐色の気体で、常温常圧では安定です。 二酸化窒素は、大気汚染の原因となる物質であり、呼吸器系に悪影響を及ぼすことがあります。 一酸化二窒素(N2O)は、無色の気体で、常温常圧では安定です。 一酸化二窒素は、麻酔薬やロケット燃料として使用されています。
地球環境に関すること

自動車グリーン税制とは?

自動車グリーン税制とは? 自動車グリーン税制とは、自動車の燃費性能や排出ガスを考慮した税制のことです。環境に優しい自動車を普及させることを目的として、燃費性能の良い車には税金が軽減され、燃費性能の悪い車には税金が増加する仕組みになっています。自動車グリーン税制は、2010年4月に導入されました。 自動車グリーン税制は、具体的には、自動車取得税、自動車重量税、自動車税の3つの税目で構成されています。この中で、自動車取得税は新車を購入する際に課税され、自動車重量税は車検証の交付を受ける際に課税されます。自動車税は自動車を所有している期間中、毎年課税されます。 自動車グリーン税制では、燃費性能が良い車ほど税金が軽減され、燃費性能の悪い車ほど税金が増加します。燃費性能は、JC08モード燃費(10・15モード燃費)で測定されます。JC08モード燃費とは、国土交通省が定めた燃費測定方法の一つです。 自動車グリーン税制は、環境に優しい自動車の普及を促進し、地球温暖化対策に貢献しています。
制度に関すること

米国酸性降下物法とNAPAPの取り組み

米国酸性降下物法の概要 米国酸性降下物法は、1990年にジョージ・H・W・ブッシュ大統領により署名された法律です。この法律は、酸性雨とその原因となる汚染物質の排出を削減することを目的としています。同法は、酸性雨に関する調査やモニタリングを強化し、酸性雨の原因となる汚染物質の排出量を削減するために、火力発電所などの排出源に排出量の制限を課しました。 この法律は、2つの主要なタイトルで構成されています。第1のタイトルは、酸性雨に関する調査やモニタリングを強化するものです。このタイトルは、酸性雨の生態系や人間の健康への影響を調査するための研究プログラムを確立し、酸性雨の発生状況を監視するためのモニタリングネットワークを整備しました。 第2のタイトルは、酸性雨の原因となる汚染物質の排出量を削減するためのものです。このタイトルは、火力発電所などの排出源に排出量の制限を課し、酸性雨の原因となる汚染物質の排出量を削減することを目指しています。