「グ」

環境問題に関すること

グロスアプローチとは?温室効果ガスの排出量算定方法を解説

- グロスアプローチとは何か? グロスアプローチとは、温室効果ガス(GHG)の排出量を算定する方法論の一つです。この方法は、温室効果ガスを排出するすべてのプロセスを考慮して排出量を算定します。言い換えると、グロスアプローチは、温室効果ガス排出量の合計量を算定する方法です。排出量の合計量を算定するため、グロスアプローチは、エネルギーの使用、産業活動、農業活動、森林減少など、温室効果ガスを排出するすべての人為的な活動から排出される温室効果ガス量を合計します。 グロスアプローチは、京都議定書の付属書Bに記載されている方法論であり、京都議定書に参加している国々が温室効果ガス排出量を算定する際に使用する必要があります。グロスアプローチは、温室効果ガス排出量を算定する方法として、比較的高度な精度を有しております。しかし、すべての温室効果ガス排出源を考慮する必要があるため、非常に複雑な方法論でもあります。
エネルギーに関すること

環境に優しいグリーンエネルギーについて

環境に優しいグリーンエネルギーについて 再生可能エネルギーの必要性 私たちは今、地球温暖化や大気汚染など、多くの環境問題に直面しています。これらの問題を解決するためには、再生可能エネルギーの導入が急務です。再生可能エネルギーとは、太陽光、風力、水力、地熱など、自然界に存在するエネルギー源を利用したエネルギーのことです。再生可能エネルギーは、二酸化炭素を排出しないため、地球温暖化を抑制することができます。また、化石燃料に比べてエネルギーコストが低いため、経済的にもメリットがあります。今後、再生可能エネルギーの導入が進めば、環境問題の解決に大きく貢献することが期待されています。
環境問題に関すること

グリーングループ:環境に関する用語

グリーングループとは? グリーングループとは、環境に関連する様々な課題に取り組む、民間セクターを主体とした組織です。世界の持続可能な発展を促進するため、環境問題に取り組んでいます。このグループは、1988年に設立され、今日では世界中の100カ国以上に拠点を置く800以上の組織が参加しています。グリーングループは、環境問題に関する調査、政策提言、教育、啓発活動などを行っています。また、環境に関する法律や規制の制定を推進し、企業や政府との協力を通じて、持続可能な発展を促進しています。このグループは、多くの成功を収めており、環境問題への認識を高め、環境政策の変更につなげてきました。グリーングループの活動は、持続可能な未来の創造に貢献しています。
環境問題に関すること

クリーンな環境のための北九州イニシアティブ

「クリーンな環境のための北九州イニシアティブ」は、持続可能で質の高い環境を実現するための地域の取り組みです。北九州イニシアティブは、1990年代初頭に、北九州市が直面していた深刻な環境問題に対処するために立ち上げられました。当時の北九州市は、公害に悩まされ、市民の健康や生活環境に悪影響を及ぼしていました。 北九州イニシアティブは、北九州市をクリーンで住みやすい都市にすることを目的として、さまざまな施策を実施しました。具体的には、公害の原因となる工場の削減、公共交通機関の整備、緑地の拡大、市民の環境意識向上のための教育活動などを行いました。 北九州イニシアティブは、北九州市の環境を大きく改善するのに成功しました。現在、北九州市は、公害から解放され、美しい自然と調和した都市として知られています。北九州イニシアティブは、環境問題に取り組む地域の手本として、世界各国から注目されています。
その他に関すること

クリアリングハウスメカニズムとは?仕組みと役割

クリアリングハウスメカニズムの概要 クリアリングハウスメカニズムは、金融市場において取引の決済と清算を行うためのシステムです。クリアリングハウスは、取引の当事者である買い手と売り手が取引を成立させ、決済や清算を行うためのプラットフォームを提供します。クリアリングハウスは、取引の当事者から取引情報を収集し、取引の決済や清算に必要な資金を管理します。また、取引の当事者間の信用リスクを軽減し、金融市場の安定性を確保する役割を果たします。 クリアリングハウスは、一般的に、金融市場の参加者である金融機関や証券会社によって設立されます。クリアリングハウスは、金融市場の安定性を確保するために、取引の決済や清算を行うためのルールや手順を定めています。また、取引の当事者間の信用リスクを軽減するため、取引の当事者に対して資金を拠出することを義務付けています。 クリアリングハウスは、金融市場の安定性を確保するために不可欠な役割を果たしています。クリアリングハウスがなければ、金融市場において取引の決済や清算を行うことは困難であり、金融市場は不安定化します。
大気環境に関すること

黒い三角地帯とは?1960年代の酸性雨被害で甚大な被害を受けた国境地帯

黒い三角地帯とは、1960年代に酸性雨の被害により甚大な被害を受けた地域である。この地域は、チェコスロバキア、東ドイツ、ポーランドの国境地帯に位置しており、酸性雨によって森林や湖沼が被害を受けた。 黒い三角地帯は、1960年代にチェコスロバキア、東ドイツ、ポーランドの国境地帯で発生した酸性雨による大気汚染によって生まれた地域である。この地域では、酸性雨によって森林や湖沼が被害を受け、生態系が破壊された。黒い三角地帯は、酸性雨による環境被害の深刻さを世界に知らしめ、環境保護運動を促進するきっかけとなった。
環境問題に関すること

グリーン購入とは?環境に優しい商品の選び方

グリーン購入とは、生活や仕事の中で利用する商品やサービスを選択する際に、環境保全や省資源、リサイクルなどに配慮した商品・サービスを選択することを意味します。 また、グリーン購入のメリットとして、環境負荷の低減に加え、企業における環境意識の向上、企業のイメージアップ、コスト削減、リサイクルの促進などが挙げられます。環境負荷の低減により、温室効果ガスの排出量を削減し、気候変動の緩和に貢献することができます。さらに、企業における環境意識の向上により、環境への配慮をした商品やサービスの開発や生産が進み、結果的に環境負荷の低減につながります。
大気環境に関すること

クロロフルオロカーボンとは?環境への影響や代替物質について

クロロフルオロカーボン(CFC)とは、フッ素原子と塩素原子が結合した炭化水素の総称です。 CFCは、不燃性、無毒、無臭、不活性であるため、冷蔵庫、冷凍庫、エアコン、スプレー缶などの様々な製品に使用されていました。しかし、1970年代にCFCが大気中に放出されるとオゾン層を破壊することが判明し、オゾン層破壊物質として規制されるようになりました。 CFCは、大気中に放出されるとオゾン層を破壊します。 オゾン層は、太陽からの紫外線から地球を守る働きをしており、オゾン層が破壊されると紫外線が地表に降り注いで皮膚がんや白内障などの健康被害を引き起こします。また、オゾン層が破壊されると地球温暖化も進行すると考えられています。 CFCの規制により、現在ではCFCの使用は大幅に削減されていますが、依然として大気中には多くのCFCが存在しており、オゾン層破壊や地球温暖化に影響を与えています。 CFCの代替物質としては、ハイドロフルオロカーボン(HFC)やハイドロクロロフルオロカーボン(HCFC)などが使用されていますが、これらの物質もオゾン層を破壊する可能性があるため、さらなる規制が必要とされています。
組織・団体に関すること

環境団体「グリーンピース」とは?その設立背景と活動内容を解説

グリーンピースとは、1971年にカナダで設立された国際的な環境保護団体です。グリーンピースの設立のきっかけとなったのは、1969年にアラスカのアムチトカ島で行われた核実験に対する抗議運動でした。グリーンピースのメンバーは、米国の核実験に抗議するため、船に乗ってアムチトカ島へと向かい、核実験を阻止しようとしました。 グリーンピースは、その後も核実験や捕鯨、森林破壊など、様々な環境問題に取り組んできました。グリーンピースの活動は、しばしば過激だとして批判されることもありますが、環境問題に対する意識を高めることに大きく貢献してきました。 グリーンピースは、世界各国に支部を持ち、約300万人の会員を擁しています。グリーンピースの活動資金は、会員からの寄付や募金によってまかなわれています。グリーンピースは、環境問題に取り組む国際的なネットワークを構築しており、環境問題の解決に向けて重要な役割を果たしています。
組織・団体に関すること

グリーン物流パートナーシップ会議とは?

-グリーン物流パートナーシップ会議の目的- グリーン物流パートナーシップ会議とは、政府、自治体、民間事業者が連携し、環境に配慮した物流の実現を目指す会議である。この会議の目的は、グリーン物流の普及を図り、物流の効率化を促進することによって、持続可能な社会を実現することである。 この会議では、グリーン物流の普及を図るための様々な施策について議論されている。具体的には、次のような施策が検討されている。 * 物流の効率化物流の効率化を図ることにより、エネルギー消費を削減することができる。これは、トラックの台数を減らしたり、物流センターの配置を最適化したりすることによって実現できる。 * 再生可能エネルギーの利用物流施設に再生可能エネルギーを利用することにより、エネルギー消費を削減することができる。これは、太陽光発電や風力発電を利用することによって実現できる。 * モーダルシフトの推進モーダルシフトとは、トラック輸送から鉄道輸送や海運輸送に切り替えることである。モーダルシフトを推進することにより、エネルギー消費を削減することができる。 * 環境負荷の低い輸送手段の開発環境負荷の低い輸送手段を開発することにより、エネルギー消費を削減することができる。これは、電気自動車やハイブリッドカーを利用することによって実現できる。 この会議の取り組みは、持続可能な社会の実現に貢献することが期待されている。
環境問題に関すること

グリーンボンドを知る

グリーンボンドとは、環境に配慮した事業やプロジェクトに資金を調達するために発行される債券のことです。グリーンボンドで調達した資金は、再生可能エネルギー、省エネ、汚染防止、持続可能な交通機関、持続可能な水管理、生物多様性保全など、環境に配慮した事業やプロジェクトにのみ使用されます。 グリーンボンドは、従来の債券と同様に、投資家から資金を集めて発行体である企業や政府機関に貸し付けて利息を受け取るという仕組みです。しかし、グリーンボンドの場合には、調達した資金が環境に配慮した事業やプロジェクトにのみ使用されることを条件としています。これは、投資家がグリーンボンドに投資することで、環境保護や持続可能な社会の実現に貢献できることを意味します。 グリーンボンドは、世界中で発行されており、その発行額は年々増加しています。2021年には、世界全体で1兆ドルを超えるグリーンボンドが発行されました。日本でも、2016年に初めてグリーンボンドが発行され、その後、発行額は増加しています。2021年には、日本国内で発行されたグリーンボンドの発行額は1兆円を超えました。 グリーンボンドは、環境保護や持続可能な社会の実現に貢献できる投資手段として注目を集めています。今後、グリーンボンドの発行額はさらに増加していくことが予想されています。
環境問題に関すること

グリーン成長とは?環境用語をわかりやすく解説

グリーン成長とは、経済成長と環境の持続可能性を両立させることです。従来の経済成長モデルは、環境破壊を伴うことが多く、気候変動や生物多様性の喪失など、多くの問題を引き起こしてきました。グリーン成長は、これらの問題を解決するために、経済成長と環境保護を同時に目指すものです。 グリーン成長を実現するためには、さまざまな取り組みが必要です。例えば、再生可能エネルギーの利用を促進したり、エネルギー効率を向上させたり、持続可能な農業や林業を実践したりすることが挙げられます。 グリーン成長は、持続可能な社会を実現するために欠かせない考え方です。グリーン成長を実現することで、経済成長と環境の持続可能性を両立させ、将来の世代に豊かな地球を残すことができます。
環境対策技術に関すること

グリーン・レメディエーションとは?

グリーン・レメディエーションとは、汚染土壌や汚染水など、環境汚染を引き起こす物質を微生物や植物などの生物を利用して分解・浄化する方法です。従来の物理的・化学的方法に比べて、環境負荷が低く、コストも抑えることができるため、近年注目を集めています。 グリーン・レメディエーションの概念は、生態系が本来持っている自然浄化能力を利用することです。微生物や植物は、汚染物質を分解して無害なものに変換する能力を持っています。この能力を利用することで、汚染された環境を浄化することが可能になります。 グリーン・レメディエーションは、さまざまな環境汚染問題に応用することができます。例えば、重金属で汚染された土壌を浄化するためには、重金属を分解する微生物を利用します。また、有機溶剤で汚染された水を浄化するためには、有機溶剤を分解する植物を利用します。このように、汚染物質の種類や汚染環境に合わせて、適切な微生物や植物を選択することで、効果的な浄化を行うことができます。
環境問題に関すること

グリーン投資スキームの概要と実践例

グリーン投資スキームとは、環境省が策定した制度で、環境への負荷が少なく、かつ経済的に持続可能な投資を促進することを目的としています。この制度では、投資家がグリーン投資対象資産を購入すると、投資額の一部が補助金として付与されます。グリーン投資対象資産とは、再生可能エネルギー、省エネルギー、循環型社会、低炭素社会、気候変動適応、自然共生社会、生物多様性保全に関連する資産のことをいいます。 グリーン投資スキームは、2020年4月に開始され、2025年3月まで実施される予定です。この制度を利用するためには、投資家がグリーン投資対象資産を購入する前に、環境省に登録する必要があります。登録が完了すると、投資家がグリーン投資対象資産を購入した際に、投資額の一部が補助金として付与されます。補助金の額は、投資額の20%が上限です。 グリーン投資スキームは、環境への負荷が少なく、かつ経済的に持続可能な投資を促進する制度であり、環境省は、この制度を活用して、環境負荷の低減と経済の活性化を図っています。
環境問題に関すること

国別約束草案とは?2020年以降の気候変動対策

国別約束草案とは? 国別約束草案とは、気候変動に関するパリ協定に基づき、各国が自主的に削減する温室効果ガス排出量の目標を定めたものです。2015年12月に開催された国連気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)において、パリ協定が採択され、国際社会は気候変動抑制の長期目標として、地球の平均気温上昇を産業革命前と比較して2℃未満に抑えることを目指し、努力を払うことで、1.5℃に抑えることを追求することとしました。これに伴い、2020年以降の気候変動対策を定めた国別約束草案が各国から提出されました。国別約束草案には、温室効果ガスの削減目標、排出削減策、目標達成のための資金支援などの内容が含まれています。
制度に関すること

グローバル閣僚級環境フォーラムとは?その役割を解説

グローバル閣僚級環境フォーラムは、環境分野の意思決定者である閣僚レベルの政治家が参加する国際会議です。1972年のストックホルム環境会議を機に設立され、環境分野の最重要課題について議論し、国際的な協力体制を強化することを目的としています。 フォーラムは通常年1回開催され、参加国は、環境汚染や気候変動などの環境問題に関する最新の知見を共有し、これらの問題に対処するための政策について議論します。フォーラムの議題は幅広く、環境政策の評価、環境分野の国際協力の促進、持続可能な開発の推進などが含まれます。 フォーラムは、環境分野の意思決定者にとって重要な情報交換と意見交換の場となっており、環境分野の国際協力の強化に貢献しています。フォーラムの成果は、国連環境計画(UNEP)や地球環境ファシリティ(GEF)などの国際機関の活動に反映され、環境分野の国際的な協力体制を強化する役割を果たしています。
環境問題に関すること

グリーントランスフォーメーションとは?持続可能な社会を実現するための鍵

グリーントランスフォーメーションとは、持続可能な社会を実現するために、環境に与える悪影響を最小限に抑えながら、経済成長と社会の繁栄を追求する経済・社会システムの変革です。これは、気候変動や資源の枯渇などの環境課題に対応するために、エネルギー、食料、水、住居、交通などの分野で、革新的な技術や政策を導入する必要があります。特に、化石燃料への依存度を下げ、再生可能エネルギーへのシフトを促進することが重要です。 グリーントランスフォーメーションは、経済成長と環境保護の両立を目指すものであり、経済社会の持続可能性を高めるために不可欠です。グリーントランスフォーメーションを推進することで、気候変動や資源の枯渇などの環境課題に対応し、持続可能な社会を実現することが期待されています。
環境問題に関すること

「グランピング」を徹底解剖

グランピングとは、グラマラス+キャンピングの造語で、簡単に言うと、キャンプの豪華版のようなものです。テントやキャビンの中にベッド、テーブル、椅子、照明、コンロなどの設備を備え、食事やアウトドアアクティビティを楽しむことができます。キャンプファイヤーやバーベキュー、ハイキングや釣りなど、キャンプ場の施設やアクティビティを利用することができます。 グランピングの醍醐味は、自然の中で過ごすことができるのに、ホテルのような快適さを味わえることです。テントやキャビンは、アウトドアを感じられるデザインで、中に入るとラグジュアリーな空間が広がっています。ベッドやソファ、キッチンやバスルームなどの設備も充実しているので、快適に過ごすことができます。 グランピングは、キャンプ初心者や、キャンプに慣れていない人でも、安心して楽しむことができるのが魅力です。キャンプ道具を揃えたり、テントを設営したりする必要がないので、手ぶらで行くことができます。また、食事やアクティビティも用意されているので、気軽にアウトドアを楽しむことができます。
エネルギーに関すること

環境用語『グリーン・エネルギー・パートナーシップ』を学ぶ

環境用語『グリーン・エネルギー・パートナーシップ』を学ぶ グリーン・エネルギー・パートナーシップの概要 グリーン・エネルギー・パートナーシップとは、エネルギー政策において重要な役割を果たす、政府、民間企業、非営利団体などが協力して実施するプロジェクトのことです。再生可能エネルギーやエネルギー効率の向上を促進し、環境負荷を軽減することを目的としています。パートナーシップは、技術開発、インフラ整備、資金調達など、さまざまな分野で実施されています。 パートナーシップに参加する各主体は、独自の専門知識とリソースを持ち寄ることで、プロジェクトの成功に貢献します。政府は、政策や規制の整備、財政支援などを行うことでプロジェクトを支援します。民間企業は、技術開発やインフラ整備などを行うことでプロジェクトに貢献します。非営利団体は、プロジェクトの社会的影響や環境への影響を評価し、プロジェクトの改善に貢献します。 グリーン・エネルギー・パートナーシップは、持続可能な社会の実現に向けて、重要な役割を果たしています。再生可能エネルギーの普及やエネルギー効率の向上を促進することで、環境負荷を軽減し、地球温暖化を防ぐのに貢献します。また、経済成長と雇用創出にもつながります。 グリーン・エネルギー・パートナーシップは、世界各地で実施されています。例えば、アメリカでは、政府と民間企業が協力して、再生可能エネルギーの導入を促進するプロジェクトを実施しています。中国では、政府と民間企業が協力して、エネルギー効率の向上を促進するプロジェクトを実施しています。日本では、政府と民間企業が協力して、次世代自動車の開発を促進するプロジェクトを実施しています。 グリーン・エネルギー・パートナーシップは、持続可能な社会の実現に向けて、重要な役割を果たしています。再生可能エネルギーの普及やエネルギー効率の向上を促進することで、環境負荷を軽減し、地球温暖化を防ぐのに貢献します。また、経済成長と雇用創出にもつながります。
環境問題に関すること

クールアース・デーとは?その意味と由来

クールアース・デーとは、地球温暖化への意識を高め、地球を救う行動を呼びかける国際的なイベントです。毎年12月8日に行われ、世界中の人々が参加しています。 クールアース・デーの起源は、2007年にイギリスの映画監督であるリアム・ピーター・アトウェル氏が、地球温暖化への意識を高めるために始めた「デジタル地球デー」にあります。デジタル地球デーは、オンライン上で人々が地球温暖化について議論し、解決策を共有するイベントでしたが、その後、オフラインのイベントとしても開催されるようになりました。 クールアース・デーの目的は、地球温暖化への意識を高め、地球を救う行動を呼びかけることです。クールアース・デーには、様々なイベントが行われます。例えば、講演会、シンポジウム、ワークショップ、デモなどが行われます。また、世界中の人々が、温暖化対策に貢献している企業や団体を支援したり、温暖化対策に貢献する製品を購入したりするなど、様々な方法でクールアース・デーに参加しています。
制度に関すること

グローバル500賞とは?環境を守る個人・団体を称える賞

グローバル500賞とは、国連環境計画(UNEP)が制定した、環境の保護と改善に貢献した個人や組織に贈られる賞です。 この賞は、1977年に設立され、毎年、500人の個人や組織が受賞しています。 受賞者は、環境問題に対する認識を高め、環境保護のための行動を促進する役割を担っています。 グローバル500賞には、いくつかの部門があります。 部門には、気候変動、生物多様性、水と衛生、森林、持続可能な農業、環境教育などが含まれます。 受賞者は、各部門における優れた成果が認められた個人や組織です。
環境問題に関すること

グリーン水素とは?分類や製造方法について解説

-グリーン水素とは何か- グリーン水素とは、再生可能エネルギーを利用して製造された水素のことです。水素は、水分子(H2O)を構成する元素で、燃焼しても二酸化炭素(CO2)を排出しないため、クリーンなエネルギー源として注目されています。しかし、従来の水素製造法である天然ガス改質法では、CO2が排出されてしまいます。 グリーン水素は、水電解法、光電解水法、バイオマスガス化法など、再生可能エネルギーを利用して水素を製造する技術によって生産されます。これらの技術は、まだ実用化段階にありますが、急速にコストが低下しており、将来のクリーンエネルギーとして期待されています。
環境問題に関すること

グリーンディールとは?環境問題解決に向けた経済再生政策

グリーンディールとは、気候変動や環境問題の解決を目指した経済再生政策です。欧州委員会が2019年12月に発表し、2050年までに温室効果ガスの排出量をネットゼロにすることを目標としています。 グリーンディールの概要と目的は以下の通りです。 * 気候変動と環境問題の解決 * 経済の持続可能な成長 * 新しい雇用の創出 * 社会的公正の確保 グリーンディールは、経済活動と環境保護を両立させることを目指しています。そのため、再生可能エネルギーへの投資、エネルギー効率の向上、環境に優しい交通手段の推進、農業や林業の持続可能な発展などが盛り込まれています。 グリーンディールは、気候変動や環境問題の解決に貢献するのみならず、経済の持続可能な成長や雇用の創出にもつながることが期待されています。欧州委員会は、グリーンディールの実施によって、2030年までに欧州連合の経済成長率が2%上昇し、300万人の新しい雇用が創出されると見込んでいます。 グリーンディールは、気候変動や環境問題の解決に向けた国際的な取り組みにおいても重要な役割を果たすことが期待されています。欧州委員会は、グリーンディールの実施によって、欧州連合が世界の気候変動対策のリーダーとなり、他の国々の取り組みを促すことができると考えています。
環境問題に関すること

グリーン気候基金とは?その役割と仕組みを解説

グリーン気候基金(GCF)は、途上国における気候変動関連プロジェクトやプログラムへの資金提供を支援することを目的として設立された国際機関です。同機関は、2010年の国連気候変動枠組条約第16回締約国会議(COP16)で採択されたカンヌン合意に基づき、2011年に設立されました。GCFは、政府、民間部門、市民社会団体、国際機関など、幅広いステークホルダーの参加を得て運営されています。 GCFの目的は、途上国が気候変動の影響を軽減し、気候変動に適応するための能力を構築することです。具体的には、再生可能エネルギーの導入、エネルギー効率の改善、森林や農業などの生態系の保護、気候変動の影響を受けやすい脆弱なコミュニティの支援など、様々なプロジェクトやプログラムへの資金提供を行っています。 GCFは、資金提供を行う前に、プロジェクトやプログラムの環境、社会、経済への影響を評価し、持続可能性を確保することを重視しています。また、資金提供を受けたプロジェクトやプログラムの実施状況をモニターし、評価を行うことで、資金の有効活用と透明性を確保しています。 GCFは、気候変動の緩和と適応のための国際的な資金提供メカニズムとして、重要な役割を果たしています。同機関の活動は、途上国が気候変動の影響から守られ、持続可能な開発を実現するために不可欠です。