「き」

環境問題に関すること

気候変動適応計画ってなに!?

気候変動適応計画とは、気候変動の影響を軽減し、適応するための計画のことです。 気候変動による影響は、すでに世界中で発生しており、今後さらに深刻化することが予測されています。そのため、気候変動の影響を軽減し、適応するための計画を策定することが急務となっています。 気候変動適応計画には、様々な要素が含まれます。例えば、洪水や干ばつなどの気候変動による災害への備え、気候変動による海面上昇への適応、気候変動による農業や生態系への影響への対応などが挙げられます。また、気候変動適応計画は、地域の実情に合わせて策定することが重要です。 気候変動適応計画を策定することで、気候変動による影響を軽減し、適応することができ、持続可能な社会の実現に貢献することができます。
環境問題に関すること

気候変動のための2つの措置とは。

「気候変動のための2つの措置とは。」の下に作られたの「気温変動の緩和策と適応策の違い」 気候変動の緩和策とは、気候変動の原因である温室効果ガスの排出量を削減して、気候変動の進行を遅らせる取り組みのことです。具体的には、再生可能エネルギーの普及、エネルギー効率の向上、森林の保全などが挙げられます。 一方、気候変動の適応策とは、気候変動の影響を軽減し、気候変動の影響に適応するための取り組みのことです。具体的には、海面上昇対策、洪水対策、干ばつ対策などが挙げられます。 気候変動の緩和策と適応策は、どちらも気候変動に対処する上で重要な取り組みです。しかし、気候変動の緩和策は、気候変動の原因である温室効果ガスの排出量を削減することで、気候変動の進行を遅らせることを目的としています。一方、気候変動の緩和策は、気候変動の影響を軽減し、気候変動の影響に適応することを目的としています。 気候変動の緩和策と気候変動の適応策を両輪として推進することが、気候変動対策の鍵となります。
環境問題に関すること

旗国主義とは?

旗国主義とは、船舶の旗(国籍)を、船舶が実際に運航されている国の法律や規制に適合させることを原則とする法律や政治的立場のことです。 この場合、船舶の所有者がその船舶の通航国籍を管理し、その船舶に対して責任を負うことになります。旗国主義は、船舶が行う活動や責任を明確にし、船舶の安全と環境保護を確保するために行われます。 船舶の所有者は、船舶の登録を行うことで、船舶の旗国を選択することができます。船舶の登録は、通常、船舶の所有者の居住地または船舶の航行エリアである国の海事当局によって行われます。船舶が登録されると、その船舶には船舶の旗を与えられ、その船舶は旗国によって管理されることになります。旗国は、船舶の安全や環境への負荷など、船舶の運航に関する規制を定める責任を負います。また、旗国の海事当局は、船舶の検査や調査を実施し、船舶が旗国の規制に適合していることを確認する責任を負います。
制度に関すること

気候変動枠組条約第7回締約国会議(COP7)のポイント

COP7とは何か 気候変動枠組条約第7回締約国会議(COP7)は、地球温暖化防止に向けた国際的な枠組みを定める「京都議定書」を採択した重要な会議です。1997年12月1日から12月10日まで日本の京都で開催されました。 COP7は、京都議定書を採択するだけでなく、温室効果ガスの削減目標や排出量取引制度など、その後の気候変動対策の基礎となる重要な決定を行いました。また、気候変動に関する科学的知見を共有し、各国政府の取り組みを評価する場ともなりました。 COP7は、気候変動対策の歴史において重要な節目の会議であり、その後の気候変動対策の進展に大きな影響を与えた会議です。
制度に関すること

キャップ・アンド・トレードとは?環境保全のための仕組みとその課題

キャップ・アンド・トレードとは、環境保全を目的とした制度のひとつです。排出権取引制度とも呼ばれ、大気中に排出される温室効果ガスの総量を一定のレベルに設定し、その排出枠を企業や組織に割り当てます。各企業は、排出枠の範囲内で温室効果ガスを排出することができますが、排出枠を超過した場合は、排出権を他の企業から購入する必要があります。 キャップ・アンド・トレードの仕組みは、以下の通りです。 1. 政府や国際機関が、排出枠を設定します。 2. 排出枠は、企業や組織に割り当てられます。 3. 企業や組織は、排出枠の範囲内で温室効果ガスを排出することができます。 4. 排出枠を超過した場合は、排出権を他の企業から購入する必要があります。 5. 排出権は、市場で取引することができます。 キャップ・アンド・トレードの目的は、温室効果ガスの排出量を削減し、気候変動を抑制することです。排出枠を設定することで、企業や組織は、温室効果ガスの排出量を削減するよう促されます。また、排出権取引市場を通じて、排出量の少ない企業が排出量の多い企業に排出権を販売することができるため、排出量の削減が効率的に進みます。
環境問題に関すること

ギガトンギャップとは?

ギガトンギャップとは、パリ協定の目標と現状のギャップのことです。 パリ協定は、世界の平均気温上昇を産業革命前と比べて2℃以下に抑え、1.5℃に抑える努力をするという目標を掲げています。しかし、現在の温室効果ガスの排出量では、この目標は達成不可能であるとされています。 パリ協定が採択された2015年、世界の温室効果ガス排出量は年間36ギガトンでした。このうち、先進国は12ギガトン、途上国は24ギガトンを排出していました。2030年には、世界の温室効果ガス排出量は42ギガトンに達すると予測されています。これは、パリ協定の目標を達成するためには、2030年までに年間10ギガトンの温室効果ガスを削減する必要があることを意味しています。 しかし、現在の削減努力では、この削減目標は達成不可能であるとされています。国際エネルギー機関(IEA)は、現在の政策では、2030年の世界の温室効果ガス排出量は39ギガトンになると予測しています。これは、パリ協定の目標を達成するためには、さらに21ギガトンの温室効果ガスを削減する必要があることを意味しています。 ギガトンギャップは、パリ協定の目標と現状のギャップを表す言葉です。 このギャップを埋めるためには、再生可能エネルギーの導入やエネルギー効率の改善など、さらなる削減努力が必要となります。
地球環境に関すること

気候変動枠組条約第15回締約国会議

気候変動枠組条約第15回締約国会議(COP15)とは、2009年12月にデンマークのコペンハーゲンで開催された、気候変動に関する国際会議のことである。この会議は、気候変動枠組条約の締結国が集まり、気候変動対策について議論する場として開催された。COP15では、2020年以降の温室効果ガス排出削減目標について議論が行われたが、合意には至らなかった。しかし、COP15では、気候変動対策の重要性について認識を高めることができた。
環境問題に関すること

共通だが差異ある責任:地球環境問題への取り組みを考える

「共通だが差異ある責任」という考え方は、地球環境問題における各国の責任を明確にし、国際協力の在り方を考える上で重要な概念です。この考え方は、1992年の「環境と開発に関するリオデジャネイロ宣言」で初めて導入されました。リオ宣言では、「すべての国が環境保全に責任を負うが、その責任は共通であるが差異がある」と述べ、各国の責任には違いがあることを認めました。この考え方は、その後、気候変動枠組条約や生物多様性条約など、様々な国際条約で採用されています。 共通だが差異ある責任の考え方の根底にあるのは、各国が環境問題に貢献する能力が異なるという認識です。例えば、先進国は発展途上国よりも多くの温室効果ガスを排出しており、環境汚染もより深刻です。そのため、先進国には環境保全のためのより大きな責任があると考えられています。しかし、一方で、発展途上国は環境保全に必要な資金や技術が不足しているため、先進国よりも環境保全が難しいという現実もあります。そのため、発展途上国には先進国よりも緩やかな責任が課せられることが一般的です。 共通だが差異ある責任の考え方は、地球環境問題への国際協力の在り方を考える上で重要な意味を持ちます。この考え方のもとでは、各国の責任を明確にし、各国の事情を考慮した上で、公平かつ効果的な国際協力を行うことが求められます。
環境問題に関すること

気候安全保障:環境、平和、繁栄を守るための新しいアプローチ

気候変動は、国家、社会、個人にとって重大な安全保障上の脅威となります。 気候変動は、海面上昇、極端な気象現象、生態系の変化をもたらし、それらはすべて安全保障に悪影響を及ぼす可能性があります。 気候変動による海面上昇は、沿岸地域に住む何百万もの人々を避難させ、彼らを生計を立てる場所や住む場所から奪う可能性があります。 海面上昇はまた、重要なインフラや資源を破壊する可能性があり、それは国家の安全と経済に大きな影響を与える可能性があります。 気候変動による極端な気象現象は、洪水、干ばつ、熱波、山火事などの自然災害を引き起こし、これらはすべて人間の生活や経済に壊滅的な影響を与える可能性があります。 これらの災害は、食料や水の不足、病気の蔓延、インフラの破壊、社会不安を招く可能性があり、それらはすべて国家の安全保障を脅かす可能性があります。 気候変動による生態系の変化は、生物多様性の喪失、作物の収量の低下、水資源の枯渇につながる可能性があります。 これらの変化は、食料や水の安全保障を脅かし、紛争や社会不安を引き起こす可能性があります。 また、生態系の変化は、人間の健康に悪影響を及ぼす可能性があり、それは国の安全保障にもマイナスの影響を与える可能性があります。
環境問題に関すること

京都議定書第1回締約国会議ってなに?

京都議定書とは、1997年に採択された気候変動に関する国際条約です。地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出削減を目的としており、参加国はそれぞれの排出量削減目標を定め、その目標達成に向けて努力する義務を負っています。 京都議定書は、1992年の「地球サミット」で採択された「気候変動枠組条約」に基づいて交渉が進められました。条約では、先進国を中心とする締約国が温室効果ガスの排出量を削減する義務を負うことが定められました。 京都議定書は、2005年2月に発効し、日本を含む192カ国・地域が参加しています。議定書は、排出量削減目標を定める第1約束期間(2008~2012年)と、第2約束期間(2013~2020年)の2つの期間に分かれています。第1約束期間では、日本は1990年比で6%の排出量削減目標を掲げ、第2約束期間では、2005年比で25%の削減目標を掲げています。 京都議定書は、温室効果ガスの排出量削減を目的とした初めての国際条約であり、その後の気候変動対策の枠組みの基礎となっています。
環境問題に関すること

気候変動枠組条約第24回条約国会議:概要と主な成果

気候変動枠組条約第24回条約国会議(COP24)は、2018年12月2日から14日までポーランドの都市カトヴィツェで開催された。会議の主な目的は、気候変動に関するパリ協定の実施規則を策定することであった。COP24には、約200カ国から、約2万5000人の代表者が出席した。 会議では、パリ協定の実施規則について議論が行われ、合意に達した。主な合意は以下の通りである。 ・温室効果ガスの削減目標の見直しを5年ごとに行うこと。 ・気候変動による損害に対する支援を行うための資金メカニズムを設立すること。 ・気候変動による影響を受けやすい途上国への支援を行うための資金メカニズムを設立すること。 COP24では、パリ協定の実施規則について合意が得られたが、温室効果ガスの削減目標については、EUや日本などが削減目標の引き上げを求めたのに対し、中国やインドなどが削減目標の引き下げを求めるなど、意見が対立した。また、気候変動による損害に対する支援を行うための資金メカニズムについては、先進国と途上国との間で意見が対立した。 COP24では、パリ協定の実施規則について合意が得られたことは大きな成果であったが、温室効果ガスの削減目標については、意見が対立したままとなった。また、気候変動による損害に対する支援を行うための資金メカニズムについては、先進国と途上国との間で意見が対立した。COP24では、これらの問題については、さらなる議論が必要であることが確認された。
SDGsに関すること

気候投資基金:途上国の気候変動対策支援

気候投資基金とは? 気候投資基金(CIF)とは、気候変動に関する国際連携基金であり、世界銀行が管理している。先進国からの資金を途上国に提供し、低炭素・気候変動に強い経済発展を支援する。 2008年の第1回気候変動に関する国連枠組条約締約国会議(COP14)で設立が決定され、2010年1月に運用開始した。 CIFは、気候変動の被害を受けやすい途上国を支援することを目的としており、以下の3つのプログラムで構成されている。 1. クリーン技術資金(CTF)再生可能エネルギーやエネルギー効率などのクリーン技術の導入を支援する。 2. 気候変動適応基金(AF)気候変動の影響に適応するためのプロジェクトを支援する。 3. 森林投資プログラム(FIP)森林減少を抑制し、森林の持続可能な管理を促進することを支援する。 CIFは、途上国の気候変動対策を支援する重要な役割を果たしている。2010年1月の運用開始から2020年12月までに、CIFは126か国に約80億ドルの資金を提供し、約1,200件のプロジェクトを支援してきた。
地球環境に関すること

気候変動枠組条約とは?

気候変動枠組条約とは? 気候変動枠組条約は、1992年に採択された国際条約であり、気候変動を抑制し、その悪影響を軽減することを目的としています。条約は、先進国と途上国を区別し、先進国には温室効果ガスの排出削減義務を課す一方、途上国には緩和と適応のための支援を提供しています。 気候変動枠組条約の目的 気候変動枠組条約の目的は、大気中の温室効果ガスの濃度を安定させ、気候システムへの人為的な干渉が危険なレベルに達することを防ぐことです。また、条約は、気候変動の影響を受けやすい国々への支援、気候変動に関する研究、気候変動に関する情報と知識の共有も目的としています。
地球環境に関すること

共同実施って何?~地球温暖化対策の仕組みを解説~

共同実施とは、地球温暖化対策として、先進国と途上国が協力して排出削減を行う制度です。先進国が途上国に資金や技術を提供し、途上国は排出削減を実施します。排出削減によって得られた削減量は、先進国の排出量から差し引くことができます。 共同実施は、1997年に採択された京都議定書に基づいて実施されています。京都議定書では、先進国に2008年~2012年の期間で温室効果ガスの排出量を1990年比で5%削減することが義務付けられています。先進国は、共同実施制度を活用することで、排出削減の目標を達成することができます。
地球環境に関すること

気候の漸増応答とは?

気候の漸増応答とは 気候の漸増応答とは、温暖化による気温上昇に対して、生態系や社会システムが時間をかけて少しずつ適応していくことです。 これは、温暖化が急速に進展した場合には、生態系や社会システムがすぐに適応できず、大きな被害を受ける可能性があることを意味します。 温暖化による気温上昇に対して、生態系や社会システムが適応する方法は様々です。例えば、生態系では、より暑さに強い植物や動物が増えたり、社会システムでは、より暑さに強い住宅やインフラが整備されたりします。しかし、生態系や社会システムが適応できる速度には限界があるため、温暖化が急速に進展した場合には、生態系や社会システムがすぐに適応できず、大きな被害を受ける可能性があります。 したがって、温暖化を抑制し、気候の漸増応答を促すことが重要です。これにより、生態系や社会システムが温暖化による影響に適応する時間を確保することができ、大きな被害を避けることができます。
地球環境に関すること

京都議定書の歴史と成果

気候変動枠組条約と京都議定書の関係 気候変動枠組条約とは、1992年に採択された国際条約で、地球温暖化対策に関する国際的な枠組みを定めたものです。気候変動枠組条約は、すべての締約国が温室効果ガスの排出量を削減する義務を負っており、先進国は途上国を支援することが求められています。 京都議定書は、1997年に採択された議定書で、気候変動枠組条約を具体化するためのものです。京都議定書は、先進国に温室効果ガスの排出量削減目標を定めており、目標達成のための具体的な方法も規定しています。 気候変動枠組条約と京都議定書は、ともに地球温暖化対策を目的とした国際条約ですが、その内容は異なります。気候変動枠組条約は、地球温暖化対策に関する国際的な枠組みを定めたものですが、京都議定書は、気候変動枠組条約を具体化するためのものです。 気候変動枠組条約と京都議定書は、どちらも地球温暖化対策に重要な役割を果たしています。気候変動枠組条約は、すべての締約国に温室効果ガスの排出量を削減する義務を負わせており、先進国は途上国を支援することが求められています。京都議定書は、先進国に温室効果ガスの排出量削減目標を定めており、目標達成のための具体的な方法も規定しています。 気候変動枠組条約と京都議定書は、ともに地球温暖化対策に重要な役割を果たしていますが、その内容は異なります。気候変動枠組条約は、地球温暖化対策に関する国際的な枠組みを定めたものですが、京都議定書は、気候変動枠組条約を具体化するためのものです。
ゴミに関すること

牛乳パックの歴史と利便性

牛乳パックの歴史 牛乳パックの歴史は、1882年に米国で発行された特許にまでさかのぼります。 特許の所有者は、このパックを牛乳の安全で簡単かつ低コストの保存法と宣伝しました。このパックは、厚紙でできているので、強化するためにワックスやプラスチックがコーティングされていました。しかし、このパックは使い捨てではなく、洗浄して繰り返し使用することが想定されていました。 20世紀に入ると、牛乳パックの設計は大きく変化しました。1915年に、紙のパックは立方体形状になり、紙の品質も向上しました。 これにより、より耐久性のあるパックが実現し、洗浄することなく使い捨てできるようになりました。この新しいパックは、牛乳の保存法として迅速に普及しました。 1950年代には、牛乳パックに新しいアイデアが登場しました。それは、パック上面に蓋をするというものでした。この新しいパックは、牛乳をより新鮮に保つことができ、使用がさらに便利になりました。 その後、1960年代には、牛乳パックがより薄く、より軽量化されました。これは、製造コストの削減に貢献しました。 牛乳パックは、100年以上もの間、牛乳の保存法として使用されてきました。この間、その設計は大きく変化しましたが、牛乳を新鮮で安全に保つという基本的な目的は変わりませんでした。牛乳パックは、牛乳を食卓に届けるために不可欠な存在となっており、今後もその利便性は続きそうです。
環境問題に関すること

気候正義の実現に向けて

気候正義とは、気候変動の影響が社会的不平等を悪化させることへの認識と、気候変動対策が社会正義を促進する方法で行われるべきであるという信念に基づく運動です。気候正義運動は、気候変動の影響を最も受けやすい人々やコミュニティが、気候変動の対策と適応に十分に参加できるようにすることを目指しています。気候正義運動は、気候変動の科学に基づいて、低炭素で回復力のある経済への移行を促進し、気候変動の影響を受けやすい人々やコミュニティへの投資を促進することを求めています。気候正義運動は、気候変動と社会正義の交わりを認識し、気候変動対策と社会正義の推進を同時に目指す運動です。
環境問題に関すること

気候変動によっていま現在私たちが直面している悪影響

気候変動は世界中の多くの人々の生活に重大な影響を与えています。これらの影響は、すでに現在進行形で、将来さらに悪化すると予測されています。気候変動の影響には、以下のものが含まれます。 ・海面上昇気候変動により氷河と氷床が溶け、海面が上昇しています。この海面上昇は、沿岸地域に洪水や浸食を引き起こす可能性があります。 ・異常気象気候変動は、より頻繁でより激しい異常気象を引き起こしています。これらには、熱波、干ばつ、洪水、ハリケーンなどが含まれます。異常気象は、人々の健康、安全、生活に悪影響を及ぼす可能性があります。 ・食糧生産への影響気候変動は、世界の食糧生産に悪影響を及ぼしています。高温と干ばつは、作物の収穫量を減少させ、農家を困窮させる可能性があります。 ・生態系の変化気候変動は、世界中の生態系に変化を引き起こしています。これらには、動植物の生活範囲の変化、種の数や多様性の減少などが含まれます。生態系の変化は、人間の健康と福祉に大きな影響を与える可能性があります。 気候変動の影響はすでに見られており、将来さらに悪化すると予測されています。気候変動の影響を軽減するためには、温室効果ガスの排出量を削減する必要があります。
環境問題に関すること

環境用語『規制的手法』とは?その意味と意義

規制的手法とは、環境問題を解決するために、政府や自治体が企業や国民に対して行う規制や禁止などの方法のことです。環境汚染や自然破壊を防ぎ、環境の保全を目的としています。規制的手法には、排出規制、排出量取引、環境アセスメント、環境基準、環境税などがあります。 排出規制とは、企業や工場が排出する汚染物質の量を制限することです。排出量取引とは、企業や工場が排出する汚染物質の量を制限し、その排出量を売買できるようにすることです。環境アセスメントとは、開発事業などが環境に与える影響を事前に調査し、評価することです。環境基準とは、環境中の汚染物質の濃度や、騒音や振動のレベルなど、環境の許容できる限界値のことです。環境税とは、環境汚染や自然破壊を引き起こす行為に対して課される税金のことです。 規制的手法は、環境問題を解決するために有効な手段とされています。しかし、規制的手法には、企業や国民の負担が大きいこと、規制が厳しすぎると経済活動が停滞してしまうことなどの課題もあります。そのため、規制的手法は、環境保護と経済発展のバランスを考慮しながら、適切に実施することが重要です。
環境問題に関すること

東京都の気候変動対策方針とは?

東京都の気候変動対策方針の概要 東京都の気候変動対策方針とは、東京都が気候変動問題への対応として掲げた政策であり、2007年に策定されたものです。 この方針は、気候変動の現状と影響、東京都の気候変動対策の目標、対策の推進体制、対策の具体的内容などから構成されています。 東京都の気候変動対策の目標は、2030年までに温室効果ガスの排出量を2000年比で40%削減することです。 これは、日本の温室効果ガス排出削減目標である2030年までに26%削減よりもさらに厳しい目標です。 東京都は、気候変動対策の目標を達成するために、さまざまな対策を実施しています。その主なものとしては、再生可能エネルギーの導入、省エネルギーの推進、森林の保全・拡大、公共交通機関の充実などが挙げられます。 また、東京都は、気候変動対策の推進体制として、東京都環境局に気候変動対策推進部を設置し、気候変動対策に関する総合的な調整を行っています。さらに、東京都地球温暖化対策審議会を設置し、専門家の意見を踏まえた気候変動対策の検討を行っています。 東京都の気候変動対策方針は、気候変動問題への対応として、東京都が掲げた重要な政策であり、東京都の気候変動対策の推進に大きな役割を果たしています。
環境問題に関すること

気候変動とは?

気候変動とは? 気候変動とは、地球の気候が長期的に変化することです。気候変動は、地球のエネルギー収支が変化することによって引き起こされます。 地球のエネルギー収支とは、地球に入ってくるエネルギーと地球から出ていくエネルギーのバランスです。地球に入ってくるエネルギーには、太陽からの放射線があります。地球から出ていくエネルギーには、地球から宇宙への放射線があります。 地球のエネルギー収支が変化すると、地球の温度が変わります。地球の温度が上昇すると、海面上昇、異常気象、生物多様性の減少など、さまざまな問題が発生します。気候変動は、人間の活動が主な原因であると考えられています。人間の活動によって、温室効果ガスの排出量が増加しています。温室効果ガスは、地球の大気中に蓄積して地球の温度を上昇させます。 気候変動は、地球にとって大きな脅威となっています。気候変動を食い止めるためには、温室効果ガスの排出量を削減する必要があります。温室効果ガスの排出量を削減するためには、再生可能エネルギーの利用を促進し、森林を保護し、エネルギー効率を高める必要があります。
地球環境に関すること

気候変動枠組条約第19回条約国会議

2013年にポーランドのワルシャワで開催された気候変動枠組条約第19回条約国会議(COP19)は、世界中の国々が参加して気候変動問題に対処するための国際会議です。COP19では、先進国と途上国が温室効果ガス排出を削減するための具体的な目標と期限を定め、また、気候変動の影響に適応するために必要な資金や技術支援を提供する枠組みについて協議が行われました。 COP19では、2020年までに温室効果ガス排出量を2005年比で5%削減することなどを盛り込んだ「ワルシャワ合意」が採択されました。また、途上国が気候変動の影響に適応するために必要な資金や技術支援を提供する「緑の気候基金」の設立も決定されました。 COP19は、気候変動問題に対処するための重要な前進となったと評価されています。しかし、COP19では世界全体の温室効果ガス排出量を削減するための具体的な目標は定められず、また、途上国が気候変動の影響に適応するために十分な資金や技術支援が確保されるかについても不透明な部分が残っています。COP19以降も、気候変動問題に対処するための国際的な努力が継続されることが求められています。
地球環境に関すること

気候変動枠組条約第8回締約国会議の成果

2009年12月にデンマークのコペンハーゲンで開催された気候変動枠組条約第8回締約国会議(COP8)では、温室効果ガスの排出削減に向けた国際的な枠組みを確立するため、様々な決議が行われました。そのうちの一つが、「京都議定書の締結を強く求める決議」です。 COP8に参加した各国は、地球温暖化の原因となる二酸化炭素の排出量を削減し、地球の気候変動を遅らせる取り組みを行うことで合意しました。この決議では、温室効果ガスの排出削減目標を達成するために、京都議定書の締結を強く求めています。 京都議定書は、1997年の気候変動枠組条約第3回締約国会議(COP3)で採択された、温室効果ガスの排出量を削減することを目的とした条約です。京都議定書では、先進国に排出削減目標が課せられ、発展途上国には資金と技術支援を行うことが決められています。しかし、京都議定書は2008年に有効期限を迎え、それ以降は新たな国際的な枠組みが作られていません。 COP8では、京都議定書の締結を強く求める決議が採択されましたが、新条約の交渉は難航しています。日本は、京都議定書の第2約束期間に参加しないことを表明しており、アメリカ合衆国も新条約に慎重な姿勢を見せています。COP8で採択された決議が現実のものとなるかは不透明な状況です。