「カ」

環境問題に関すること

南極条約議定書ってなに?環境保護に関する国際条約

南極条約議定書とは、1991年に採択された南極条約の議定書です。南極の環境保護に関する国際条約であり、南極条約の精神をより具体的に規定しています。 南極条約議定書は、南極の環境保護を目的としており、以下のような内容が含まれています。 ・南極の鉱物資源の採掘を禁止すること。 ・南極での科学研究を促進すること。 ・南極の動植物を保護すること。 ・南極の環境汚染を防止すること。 南極条約議定書は、南極の環境保護に大きな役割を果たしています。南極条約議定書が採択されて以来、南極の環境は改善され、動植物も保護されています。 南極条約議定書は、南極の環境保護に関する国際条約であり、南極の環境保護に大きな役割を果たしています。南極条約議定書は、南極の鉱物資源の採掘を禁止し、南極での科学研究を促進し、南極の動植物を保護し、南極の環境汚染を防止することを目的としています。
組織・団体に関すること

環日本海環境協力会議とは?その目的と役割

環日本海環境協力会議とは、北極圏協力、北東アジア協力、東アジアサミットなど、現在の国際情勢に対応して、海洋環境保全、自然保護、持続可能な開発などの分野において、環日本海地域の環境協力活動を促進することを目的とした地域協力機構です。 環日本海環境協力会議の概要は、1990年9月に北海道・札幌で開催された第1回閣僚級会議において採択された「札幌宣言」に基づき、北極圏協力、北東アジア協力、東アジアサミットなど、現在の国際情勢に対応して、海洋環境保全、自然保護、持続可能な開発などの分野において、環日本海地域の環境協力活動を促進することを目的として設立されました。 環日本海環境協力会議は、日本、中国、韓国、ロシア、モンゴル、北朝鮮の6カ国が参加しており、隔年開催される閣僚級会議、毎年開催される事務局長会議、随時開催される作業部会などを通じて、環境協力活動を行っています。
組織・団体に関すること

環境に関する国際開発機関委員会(CIDIE)とは?

環境に関する国際開発機関委員会(CIDIE)とは? CIDIEは、2015年に国連総会で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に沿って、環境と開発に関する政策を支援するために設立された専門家委員会です。CIDIEは、持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けて、開発途上国や新興国が直面する環境問題に取り組み、開発協力の強化を図ることを目的としています。CIDIEは、世界銀行、国際通貨基金(IMF)、国連開発計画(UNDP)、国連環境計画(UNEP)などの国際機関の代表者で構成されています。 CIDIEの設立背景と目的 CIDIEの設立背景には、持続可能な開発目標(SDGs)の達成には、経済成長と環境保護の両立が不可欠であるという認識があります。経済成長を追求すれば環境に負荷がかかり、環境保護を重視すれば経済成長が鈍化するというトレードオフの関係にあるため、両立を図るためには新たなアプローチが必要とされています。CIDIEは、SDGsの達成に必要な政策を支援することで、持続可能な開発の実現を目指しています。 CIDIEの目的は、持続可能な開発のための環境資金へのアクセスを拡大し、環境に配慮した経済成長を促進し、気候変動や生物多様性の喪失などの地球規模の課題に対処することです。CIDIEは、開発途上国や新興国が直面する環境問題を特定し、開発協力の強化を図ることで、SDGsの達成に貢献します。
環境問題に関すること

環境正義とは?

環境正義とは、人種や所得にかかわらず、すべての人が環境上の恩恵と負担を公平に享受できる状態を指す。環境正義運動は、1960年代の公民権運動から始まった。環境正義運動は、環境破壊が人種差別と貧困に与える被害を明らかにし、環境政策に人種と所得を考慮するよう求めてきた。 環境正義の歴史は、1960年代の公民権運動に端を発する。 当時、アフリカ系アメリカ人は、汚染された地域に住み、不十分な環境規制にさらされることが多かった。環境正義運動は、これらの不平等を明らかにし、環境政策に人種と所得を考慮するよう求めてきた。 1970年代には、環境正義運動は、ラブキャナル事件を契機に注目を集めた。ラブキャナルは、ニューヨーク州にある町で、1942年から1953年まで化学物質の廃棄処分場として使用されていた。1976年、ラブキャナルの住民が、化学物質による健康被害を訴え始めた。政府は、ラブキャナルの住民を強制移住させ、廃棄処分場を閉鎖した。ラブキャナル事件は、環境破壊が人種差別と貧困に与える被害を明らかにし、環境正義運動の機運を高めた。 1980年代には、環境正義運動は、有色人種統一同盟(NAACP)やシエラクラブなどの環境保護団体と連携し、環境政策に人種と所得を考慮するよう求めた。1990年代には、環境保護庁(EPA)が、環境正義政策を策定した。環境正義政策は、人種や所得にかかわらず、すべての人が環境上の恩恵と負担を公平に享受できるようにすることを目的としている。
環境問題に関すること

環境安全保障の知られざる世界

新時代の安全保障課題 伝統的な安全保障の概念は、軍事的脅威やテロリズムに主に焦点を当てていました。しかし、近年、気候変動、資源枯渇、汚染など、環境を巡る問題が、国家安全保障に重大な影響を与えることが認識されるようになりました。 気候変動は、海面上昇、異常気象、水資源の不足など、さまざまな問題を引き起こしています。これらの問題は、沿岸地域や島嶼国の安全保障を脅かすだけでなく、食料生産にも悪影響を及ぼし、飢餓や社会不安定化につながる可能性があります。 資源枯渇も、国家安全保障に大きな影響を与えています。例えば、石油や天然ガスの枯渇は、エネルギー安全保障を脅かし、経済成長を阻害する可能性があります。また、水資源の枯渇は、紛争や移民の増加につながる可能性があります。 汚染も、国家安全保障に悪影響を及ぼしています。大気汚染や水質汚染は、国民の健康を損ない、経済活動にも悪影響を与えます。また、海洋汚染は、海洋生態系を破壊し、漁業や観光業に打撃を与えます。 これらの環境問題は、国家安全保障に重大な影響を与えるため、各国政府は、これらの問題に対処するための政策を策定することが求められています。
組織・団体に関すること

環境十全性グループとは

環境十全性グループとは、環境保全への取り組みを重視するグループです。環境十全性グループは、気候変動や汚染などの環境問題の深刻化を認識し、持続可能な社会の実現を目指して設立されました。このグループは、企業、政府、NGOなど様々なセクターから構成されており、環境保全に関する情報を共有し、協働して活動しています。環境十全性グループの目標は、持続可能な社会の実現を通じ、環境を保全し、環境に配慮した製品やサービスを提供することです。また、環境十全性グループは、環境保全に関する意識を高めるために、啓発活動も行っています。
環境問題に関すること

環境と開発に関するリオ宣言とは?

環境と開発に関するリオ宣言の歴史は、1992 年にブラジルのリオデジャネイロで開催された「地球サミット」で採択された、環境と開発に関する国際的な原則を定めた宣言です。この宣言は、環境保護と経済開発を両立させるための原則を示し、持続可能な開発の概念を国際社会に普及させました。宣言の主な原則には、以下のものが含まれます。 * 持続可能な開発は、経済、社会、環境のバランスのとれた発展を意味し、すべての国の権利と責任である。 * 貧困、飢餓、疾病は、環境悪化の主要な原因であり、貧困と環境悪化の悪循環を断ち切ることが重要である。 * 環境と開発は相互依存しており、環境を保護することなく持続可能な開発を達成することは不可能である。 * 開発は環境への影響を考慮して行われ、環境に悪影響を与える開発は避けるべきである。 * 環境への悪影響を減らすために、汚染者負担の原則が適用されるべきである。 * 環境に関する情報を共有することが重要であり、環境に影響を与える可能性のある活動について、事前の環境影響評価を実施することが望ましい。 * 環境問題の解決には、すべての国、地域、人々の参加が必要である。 リオ宣言は、環境と開発に関する国際的な議論に大きな影響を与え、持続可能な開発の概念を世界に広める上で重要な役割を果たしました。この宣言は、現在でも環境と開発に関する国際的な合意として広く認められており、持続可能な開発に向けた取り組みの重要な基礎となっています。
制度に関すること

オランダにおける環境管理法とは?

オランダにおける環境管理法とは、環境の保護と改善を目的とした法律である。この法律は、1979年に制定され、その後、何度か改正されている。この法律は、環境汚染の防止、自然保護、廃棄物の処理、水質管理、騒音規制などを定めている。 この法律の目的は、環境の保護とその改善を図ることである。この法律では、環境汚染の防止、自然保護、廃棄物の処理、水質管理、騒音規制などが定められている。この法律は、環境の保護を目的としているが、経済発展との両立も目指している。このため、この法律では、環境汚染の防止と改善を図りながら、経済発展を推進することが求められている。 この法律は、環境汚染の防止と改善、自然保護、廃棄物の処理、水質管理、騒音規制などを定めている。この法律は、環境の保護を目的としているが、経済発展との両立も目指している。このため、この法律では、環境汚染の防止と改善を図りながら、経済発展を推進することが求められている。
地球環境に関すること

カーボンオフセットって何?

カーボンオフセットとは、温室効果ガスの排出量を削減したり、吸収したりするという方法で、排出者自身が温室効果ガス排出削減することなく、他社の削減・吸収量を購入することで、排出者自身の排出量を削減したか吸収したのと同等の効果を得られる制度のことです。カーボンオフセットは、排出者が温室効果ガス排出削減に積極的な企業や個人を支援することで、排出削減に貢献することができます。カーボンオフセットの価格は排出削減量や吸収量によって異なりますが、一般的に1トンあたり数百円から数千円程度です。
大気環境に関すること

環境用語「ガス・バイ・ガス」の意味と削減方法

ガス・バイ・ガスは、国際法上、一方の国が他方の国の海岸から350カイリ以内に存在する鉱物資源を調査・開発・採掘し、利益を両国が共有する取り決めを意味します。 東西冷戦終結後の急速な海洋法制度の進歩と、天然ガス価格の高騰などを背景に、ガス・バイ・ガスは、近年、脚光を浴びつつあります。 ガス・バイ・ガスは、両国の合意によって行われることが原則です。 ただし、合意が得られなくても、一方の国が他方の国の同意なしにガス・バイ・ガスを行うことができます。この場合、相手国は、国際司法裁判所や国際海洋法裁判所に仲介を求めることができます。 ガス・バイ・ガスは、海洋資源の開発を促進し、両国の経済発展に貢献することができます。 しかし、ガス・バイ・ガスは、海洋環境を破壊する可能性もあります。そのため、ガス・バイ・ガスを行う際には、海洋環境への影響を最小限にするための措置を講じる必要があります。
環境問題に関すること

環境会計とは – 企業の環境パフォーマンスを測るためのツール

環境会計とは、企業の環境関連のコストや恩恵を測定し、報告するプロセスです。 これには、エネルギー使用、廃棄物管理、および環境規制への準拠のための支出が含まれます。環境会計は、企業が環境パフォーマンスを追跡し、環境関連のリスクを特定し、改善のための機会を特定するのに役立ちます。 環境会計は、企業が環境パフォーマンスを改善し、持続可能性を向上させるために使用できる貴重なツールです。企業が環境会計を実施することで、環境パフォーマンスに関する正確な情報を取得し、改善のための対策を講じることが可能になります。また、環境会計は、企業の環境に対する取り組みをステークホルダーにアピールし、企業の社会的責任を果たすことにも役立ちます。
化学物質に関すること

化学物質アドバイザーの役割と活動

化学物質アドバイザーとは、化学物質の安全な取り扱いに関する専門的な知識と経験を持つ専門家のことです。化学物質は、私たちの日常生活の中で広く利用されており、その安全な取り扱いは、健康と環境を守るために重要です。化学物質アドバイザーは、化学物質の特性や取り扱いの方法について、企業や個人に助言や指導を行うことで、化学物質による事故や健康被害の防止に貢献しています。 化学物質アドバイザーの仕事は、化学物質のリスクアセスメントや、化学物質の安全な取り扱い方法に関するアドバイス、化学物質規制に関するコンサルティングなど、多岐にわたります。また、化学物質に関する最新の情報を収集・分析し、それを企業や個人に提供することも重要な仕事です。 化学物質アドバイザーになるには、化学や環境に関する専門的な知識と経験が必要です。化学物質アドバイザーの資格を取得するには、化学物質の取り扱いに関する講習会を受講したり、試験に合格したりする必要があります。
環境問題に関すること

カーボンフットプリントとは?

-カーボンフットプリントとは?- -カーボンフットプリントの概要- カーボンフットプリントとは、製品の全ライフサイクルを通じて排出される二酸化炭素などの温室効果ガスをCO2に換算したものです。製品の製造、流通、使用、廃棄などの各段階での排出量を合計したものです。温室効果ガスは、気候変動の原因となるガスです。二酸化炭素(CO2)がその典型ですが、メタン(CH4)、一酸化二窒素(N2O)なども温室効果ガスです。カーボンフットプリントを小さくすることができれば、気候変動を抑制することができます。 企業や、国、地域、あるいは製品やサービス、イベントなど、様々な対象について、温室効果ガス排出量を換算して示すことができます。排出される温室効果ガスが、二酸化炭素だけでなく、メタンや亜酸化窒素も含まれる場合は、カーボンフットプリントではなく、GHG(温室効果ガス)フットプリントと呼びます。 カーボンフットプリントの概念は、1990年代に生まれたものです。国際標準化機構(ISO)では、カーボンフットプリントの算定方法を定めた国際規格ISO 14064を2006年に発行しました。ISO 14064は、温室効果ガス排出量の算定方法と報告方法を定めた規格です。この規格は、企業や団体がカーボンフットプリントを算定し、報告することを可能にしました。
制度に関すること

環境モニターとは?その役割や活動内容を解説

環境モニター制度とは、住民が環境保全に関する調査・監視活動を行い、その結果を自治体や関係機関に報告する制度のことです。環境モニターは、地域住民の中からボランティアで選ばれた人々が担当し、環境に関する情報を収集・記録し、自治体や関係機関に報告します。 環境モニターは、地域住民が環境保全に参加するための重要な役割を果たしています。環境モニターの活動を通して、地域住民は環境保全の重要性について理解を深めることができ、環境保全活動への参加意欲が高まります。また、環境モニターの活動は、自治体や関係機関が環境保全に関する政策を立案する際の貴重な情報源となります。
リサイクルに関すること

家電リサイクル法とは?対象品目・費用負担・処分方法を解説

家電リサイクル法の目的と概要 家電リサイクル法とは、廃棄物となった家電製品を適正に処理し、資源の有効利用と環境の保全を目的とした法律です。家電リサイクル法の対象となる家電製品は、テレビ、エアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機、電子レンジ、パソコン、携帯電話など、一定の基準を満たす製品です。 家電リサイクル法では、家電製品の処分に際して、製造業者と販売業者が費用負担することとなっており、消費者は家電製品を廃棄する際に、無料で引き取ってもらうことができます。家電製品の処分方法は、家電リサイクル法で定められた「家電リサイクル券」を利用して、指定された処分業者に引き渡すか、または、自治体の廃棄物処理施設に直接持ち込むかのいずれかになります。
地球環境に関すること

海洋島のすべて

海洋島とは、大陸に属さず、海に囲まれた島のことです。海洋島は、世界中に点在しており、その数は10万以上にもなります。海洋島は、その形成過程によって、いくつかの種類に分けられます。 最も一般的な海洋島は、マントルプルームの上に形成された火山島です。マントルプルームとは、地球の内部から上昇する高温の物質の流れのことです。マントルプルームが上昇すると、海底に火山の噴出が起こり、島が形成されます。火山島は、その形成過程によって、さらにいくつかの種類に分けられます。 海洋島は、動植物の宝庫でもあります。海洋島は、大陸から隔離されているため、固有種が数多く生息しています。固有種とは、その島にしか生息していない動植物のことです。海洋島は、その貴重な生態系を守るため、世界遺産に登録されている島も数多くあります。
環境問題に関すること

環境リテラシーとは?持続可能な社会の実現に向けた重要な知識と判断力

環境リテラシーとは、自然界の働きや環境問題に関する知識と理解、および環境問題の解決策を評価し、持続可能な社会の実現に向けて行動を起こす能力のことです。環境リテラシーは、持続可能な社会の実現のために不可欠な能力であり、世界中で注目されています。 環境リテラシーは、環境問題に関する知識や理解だけではなく、環境問題の解決策を評価し、持続可能な社会の実現に向けて行動を起こす能力も含まれます。環境リテラシーを身につけるためには、環境問題に関する知識や理解を深めるだけでなく、環境問題の解決策を評価する能力や、持続可能な社会の実現に向けて行動を起こす能力を養う必要があります。
環境対策技術に関すること

環境用語『カーボンリサイクル』とは?

カーボンリサイクルとは、簡単に言えば、二酸化炭素を資源として再利用することです。二酸化炭素は、化石燃料を燃やすことで発生する温室効果ガスです。温室効果ガスとは、地球の大気中に熱を閉じ込めてしまうガスのことです。二酸化炭素の濃度が高くなるほど、地球の気温は上昇します。カーボンリサイクルは、二酸化炭素を再利用することで、温室効果ガスの排出量を減らすことができます。 カーボンリサイクルの方法には、大きく分けて2つあります。1つは、二酸化炭素を燃料や化学製品の原料として利用する方法です。もう1つは、二酸化炭素を植物が光合成によって吸収する方法です。 二酸化炭素を燃料や化学製品の原料として利用する方法としては、メタノールの合成や、プラスチックの製造などがあります。メタノールは、自動車や発電所の燃料として利用することができます。プラスチックは、様々な製品の原料として利用することができます。 二酸化炭素を植物が光合成によって吸収する方法としては、森林の造成や、藻類の培養などがあります。森林は、二酸化炭素を吸収して酸素を排出する役割を果たします。藻類も、二酸化炭素を吸収して酸素を排出する役割を果たします。
環境問題に関すること

カーボンディスクロージャーとは?その重要性とメリット

カーボンディスクロージャーとは?その重要性とメリット カーボンディスクロージャーとは、企業が温室効果ガスの排出量やその他の環境関連情報を投資家やその他の利害関係者に公開することです。カーボンディスクロージャーは、企業の環境パフォーマンスに対する透明性と説明責任を高めることで、企業の環境に配慮した行動を促進することを目的としています。 カーボンディスクロージャーのメリットは、企業が温室効果ガスの削減目標を設定し、排出量をより正確に把握することを可能にすることです。また、企業の環境パフォーマンスに対する理解を深めることで投資家やその他の利害関係者の関心を高めることで、企業が環境に配慮した行動をとるためのインセンティブも提供します。
環境問題に関すること

海岸漂着物処理推進法の解説

海岸漂着物処理推進法とは、海岸に漂着したごみなどの漂着物の処理を促進し、海岸環境の保全と良好な景観の形成を図ることを目的とした法律です。 漂着物とは、海岸に漂着し、そのまま放置されているもので、廃棄物処理法上の廃棄物に該当しないものをいいます。漂着物には、プラスチックごみ、ガラスごみ、金属ごみ、布ごみ、木材ごみ、タイヤごみなどがあります。 漂着物は、海岸環境を汚染し、景観を損ない、海洋生物に悪影響を及ぼすなど、さまざまな問題を引き起こしています。漂着物を放置すると、ごみが海水を汚染し、海洋生物がごみを誤食したり、ごみに絡まったりして死亡する事故が起きやすくなります。また、漂着物が海岸に堆積すると、海岸の景観を損ない、観光地としての価値を低下させてしまいます。
環境問題に関すること

科学万能主義とは?メリットとデメリット

科学万能主義とは、科学が唯一の真実の手段であり、人間のあらゆる問題を解決できるとする考え方です。科学万能主義は、産業革命と啓蒙主義の時代、17世紀から19世紀にかけて、科学的な知識と技術が急激に進歩した時期に生まれました。この時代、科学者は「科学が人間のあらゆる問題を解決できる」と信じ、科学万能主義は広く受け入れられました。 科学万能主義にはいくつかのメリットがあります。科学は、人間の生活を向上させるための新しい技術や治療法を開発するのに役立ちます。たとえば、科学のおかげで私たちは、病気や怪我を治すための薬を開発したり、より効率的な農業技術を開発したりすることができました。科学万能主義はまた、私たちが世界を理解し、説明するのに役立ちます。例えば、科学のおかげで私たちは、宇宙の構造や、地球上の生命の進化について学ぶことができました。
制度に関すること

日本の開発協力大綱

日本の開発協力大綱とは、日本の開発協力の基本理念、目標、実施方策等を定めた政府の方針です。この大綱は、国際社会において日本の開発協力の果たすべき役割を明確にし、開発協力の効率的かつ効果的な実施を図ることを目的としています。 大綱では、日本の開発協力の基本理念として、「人類の平和と繁栄に寄与すること」「国際社会との調和ある発展を促進すること」「地球環境の保全に貢献すること」の3つを掲げています。また、大綱では、開発協力の目標として、「貧困の削減」「持続可能な開発の推進」「良い統治の促進」「平和と安全の強化」「地球環境の保全」の5つを掲げています。
環境問題に関すること

環境保全活動の活性化方策

環境保全活動の活性化方策 環境保全活動の必要性 環境保全活動は、地球環境を守るために不可欠な活動です。 地球温暖化、生物多様性の喪失、海洋汚染など、地球環境はさまざまな問題に直面しています。これらの問題を解決するためには、環境保全活動の活性化が欠かせません。 環境保全活動には、さまざまな種類があります。森林保全、自然保護、リサイクル、省エネなど、一人ひとりができることはたくさんあります。また、環境保全活動に取り組む団体や組織も数多くあります。政府、企業、NPOなど、さまざまな団体が協力して環境保全活動に取り組んでいます。 環境保全活動は、地球環境を守るだけでなく、私たちの健康や生活にも良い影響を与えます。 森林保全は、気候変動を抑制し、水源を守ります。自然保護は、生物多様性を守り、生態系のバランスを保ちます。リサイクルは、資源を節約し、廃棄物による環境汚染を防ぎます。省エネは、エネルギー資源を節約し、二酸化炭素の排出量を削減します。 環境保全活動は、地球環境を守るための重要な活動です。一人ひとりができることから始め、みんなで協力して環境保全に取り組みましょう。
水環境に関すること

海域/海洋に関する用語解説

海洋とは、地球の表面を覆う塩水の広大な塊のことである。海洋は、地球全体の表面積の約70パーセントを占めており、その体積は約13億立方キロメートルである。海洋は、地球上の生命の源であり、酸素や食物を供給し、気候を調節する役割を果たしている。 海洋は、いくつかの海に分けられている。海とは、海洋の一部で、陸地によって囲まれているか、または陸地から離れて存在する塩水の塊のことである。海には、大洋と内海がある。大洋とは、広大な海のことを言い、太平洋、大西洋、インド洋、北極海、南極海の5つがある。内海とは、陸地によって囲まれた海のことを言い、地中海、黒海、日本海などが内海である。 海洋は、地球上の気候を調節する役割を果たしている。海洋は、太陽熱を吸収し、それを貯蔵する。そのため、海洋の温度は、陸地の温度よりも変化が少なく、気候が安定している。また、海洋は、水蒸気を放出し、雲を発生させる。雲は、太陽光を遮り、地球の温度の上昇を防ぐ役割を果たしている。 海洋は、地球上の生命の源である。海洋には、多種多様な生物が生息している。海洋生物は、酸素や食物を供給し、気候を調節する役割を果たしている。また、海洋生物は、人間の生活に欠かせない資源となっている。例えば、魚介類は、人間の重要なタンパク質源である。また、海洋生物から抽出される成分は、医薬品や化粧品の原料として使用されている。