「パ」

化学物質に関すること

バイオプラスチックとは?生分解性プラスチックの基礎知識

バイオプラスチックとは、再生可能な生物由来の資源から作られたプラスチックのことです。石油由来のプラスチックとは異なり、環境に優しい素材として注目されています。バイオプラスチックは生分解性プラスチックの一種ですが、全ての生分解性プラスチックがバイオプラスチックというわけではありません。 生分解性プラスチックとは、微生物によって分解されて最終的に水と二酸化炭素になるプラスチックのことです。生分解性プラスチックは、石油由来のものとバイオ由来のものがあります。石油由来の生分解性プラスチックは、石油を原料として作られたプラスチックですが、微生物によって分解されるように作られています。バイオ由来の生分解性プラスチックは、再生可能な生物由来の資源を原料として作られたプラスチックで、微生物によって分解されるように作られています。
環境問題に関すること

バッファーゾーンとは?環境保護地域の設定方法

バッファーゾーンとは、環境や生物を保護するために設定される特別な地域のことです。通常、自然保護区や国定公園などの自然保護区の周辺に設置され、その保護区をより良い状態に維持することを目的としています。バッファーゾーンは、自然保護区の境界線を明確にし、保護区内の生物の移動を促進し、保護区外の環境への影響を緩和するためにも利用されています。 バッファーゾーンには、様々な目的や機能があります。その1つは、自然保護区の境界線を明確にすることです。自然保護区の境界線は、しばしば不明瞭である場合が多く、そのため、保護区の管理や保護活動が困難になる場合があります。バッファーゾーンは、自然保護区の境界線を明確にすることで、管理や保護活動が容易になります。 バッファーゾーンのもう1つの目的は、保護区内の生物の移動を促進することです。生物は、生活や繁殖のために、様々な場所を移動しています。バッファーゾーンは、生物の移動を促進することで、生物の生存や繁殖を支援しています。 バッファーゾーンは、保護区外の環境への影響を緩和することもできます。環境と生物への悪影響を抑えるため、保護区外で様々な活動が制限される場合があります。バッファーゾーンはこのような制限を緩和し、保護区外での活動の自由度を高めます。
環境問題に関すること

バスケット方式のしくみと温室効果ガス抑制への活用法

バスケット方式とは? バスケット方式とは、排出量取引制度の一種で、複数の排出者(排出源)が共通の排出枠を保有し、その枠内で排出量を配分して取引することができる制度です。排出量取引制度のもう1つの代表的な制度であるキャップ・アンド・トレード制度と同様に、温室効果ガス排出量を削減し、各排出者の排出量を削減するために経済的インセンティブを与えるための市場メカニズムです。 キャップ・アンド・トレード制度は、排出枠の総量を最初に決定し、その枠を排出者にオークションなどで配分し、排出者は排出量に応じて排出枠を売買して、排出量の削減や排出削減量の増加を図るという仕組みです。一方、バスケット方式では、複数の排出者が共通の排出枠を保有し、その枠内で排出量を配分して取引することができるという点で、キャップ・アンド・トレード制度とは異なります。 バスケット方式のメリットとしては、キャップ・アンド・トレード制度と比べて、排出量を削減するコストを削減できることが挙げられます。キャップ・アンド・トレード制度では、排出量が排出枠を超えた場合、排出枠を購入する必要がありますが、バスケット方式では、バスケット全体として排出枠を超えた場合でも、排出枠を購入する必要がありません。これは、バスケット方式では、排出量を削減するコストをバスケット内の排出者間で分担することができるためです。
大気環境に関すること

気候変動の一時的な停滞:ハイエイタス

ハイエイタスとは何か 近年、気候変動の「一時的な停滞」を指摘する研究がいくつか発表され、大きな注目を集めています。この「一時的な停滞」は、ハイエイタスと呼ばれています。ハイエイタスとは、地球の表面温度の上昇率が、1998年頃から2012年頃まで、それ以前と比べて低下していたことを指しています。この期間は、地球温暖化が一時的に止まった、または逆転したと考える研究者もいました。 ハイエイタスの原因は、まだ十分には解明されていませんが、いくつかの説があります。1つは、太平洋のエルニーニョ・ラニーニャ現象が関係しているという説です。エルニーニョ・ラニーニャ現象は、太平洋の温度が周期的に変化する現象で、この変化が地球の表面温度に影響を与えることが知られています。もう1つは、大気圏のエアロゾルが増加していることが原因であるという説です。エアロゾルとは、大気中に浮遊する微粒子状の物質で、太陽光を反射する性質があります。このエアロゾルが増加すると、太陽光が地球に届く量が減少し、地球の表面温度の上昇が抑えられると考えられています。
環境問題に関すること

産業廃棄物と排出事業者処理責任の原則

産業廃棄物と排出事業者処理責任の原則 産業廃棄物とは、事業活動によって生じた廃棄物であり、廃棄物の処理や処分には、排出事業者が責任を持つことが原則です。この原則は、排出事業者処理責任の原則と呼ばれています。 排出事業者処理責任の原則は、廃棄物を発生させた事業者が、その廃棄物の処理や処分についても責任を持つべきという考え方に基づいています。この原則は、廃棄物処理法や産業廃棄物管理法などの法律で定められており、排出事業者は、廃棄物を適正に処理・処分することが義務付けられています。 排出事業者処理責任の原則は、廃棄物の発生を抑制し、廃棄物の適正な処理・処分を促進することを目的としています。排出事業者は、廃棄物を発生させないように努め、発生した廃棄物については、適正に処理・処分する必要があります。また、廃棄物の発生を抑制するために、事業活動の見直しや、リサイクルの推進などに取り組むことも求められています。
環境問題に関すること

ばいじんとは何か?その意味と仕組み

ばいじんとは、工場や発電所などから排出される微粒子状の物質のことです。ばいじんは、大気汚染の原因となるだけでなく、人体にも悪影響を及ぼす可能性があります。 ばいじんは、様々な物質で構成されており、その中には有害物質が含まれていることがあります。有害物質には、鉛、水銀、カドミウム、ヒ素などがあります。これらの物質は、呼吸器系や循環器系に悪影響を及ぼす可能性があります。 ばいじんは、大気中に排出されると、長距離を移動することがあります。ばいじんは、風に乗って遠くまで運ばれ、大気汚染を引き起こす可能性があります。また、ばいじんは、雨や雪に混ざって地上に降り注ぐこともあります。ばいじんが地上に降り注ぐと、土壌を汚染したり、水質を悪化させたりする可能性があります。
エネルギーに関すること

バイオエタノールの魅力と課題

バイオエタノールとは、植物由来のバイオマスからつくられたエタノールです。エタノールというとアルコールとして使われることが多いため、飲酒を思い浮かべる人も多いでしょう。しかしバイオエタノールは、自動車や産業用の燃料として利用されることが多く、近年注目を集めています。 バイオエタノールの原料となるのは、とうもろこしやサトウキビ、小麦、ジャガイモ、稲わらなどです。これらの植物由来のバイオマスを、発酵させてエタノールを生産します。バイオエタノールは、ガソリンなどの化石燃料と混合して使用することができ、環境負荷の軽減につながります。 バイオエタノールの魅力の一つは、再生可能エネルギーであるということです。バイオエタノールの原料となる植物は、成長する際に二酸化炭素を吸収するため、二酸化炭素排出量を増やすことなくエネルギーを生産することができます。また、バイオエタノールは、化石燃料と比べて燃焼時の二酸化炭素排出量が少なく、大気汚染の軽減にもつながります。 しかしバイオエタノールには、課題もあります。その一つは、バイオエタノールの生産には大量の農作物が必要なことです。そのため、バイオエタノールの大規模な生産が行われると、食料価格の上昇や森林破壊などの問題が起こりうるといわれています。また、バイオエタノールの生産には、エネルギーを大量に消費することも課題です。
化学物質に関すること

ハロンとは?その全廃の背景と現在

ハロンとは、不燃ガスであり、消火剤として使用されてきた物質です。ハロンは、大気中に放出されるとオゾン層を破壊するとして、1987年のモントリオール議定書で全廃が決定されました。ハロンは、消火剤として非常に有効でしたが、オゾン層を破壊する物質であることがわかり、使用が禁止されました。
環境問題に関すること

バイオセーフティとは?

バイオセーフティの概要 バイオセーフティとは、生物学的危害から人間と環境を守るための手段の総称です。それは、生物学的危害の特定、評価、予防、制御、管理の5つの要素で構成されています。 バイオセーフティの特定は、生物学的危害の可能性がある生物学的物質やプロセスを特定することです。生物学的危害の評価は、生物学的危害の可能性がある生物学的物質やプロセスの危険性を評価することです。生物学的危害の予防は、生物学的危害が発生するのを防ぐための措置を講じることです。生物学的危害の制御は、生物学的危害が発生した際に被害を最小限に抑えるための措置を講じることです。生物学的危害の管理は、生物学的危害が発生した際に被害を最小限に抑えるための措置を講じることです。 バイオセーフティは、医療、研究、産業、農業など、さまざまな分野で重要です。医療では、バイオセーフティは、医療従事者や患者を生物学的危害から守るために重要です。研究では、バイオセーフティは、研究者や実験動物を生物学的危害から守るために重要です。産業では、バイオセーフティは、労働者を生物学的危害から守るために重要です。農業では、バイオセーフティは、家畜や植物を生物学的危害から守るために重要です。
制度に関すること

環境に関する用語『パートナーシッププログラム』とは?

パートナーシッププログラムの概要 パートナーシッププログラムとは、企業や団体が社会貢献活動の一環として、環境保護や社会福祉などの分野で協力し合うことを目的とした仕組みです。 一般的に、企業や団体が資金や技術を提供し、パートナーであるNPOやNGOなどの非営利団体が、それらを使って環境保全や社会貢献活動を実施します。 パートナーシッププログラムの目的は、企業や団体の社会貢献活動の一環として、環境保護や社会福祉などの分野で協力し合うことによって、社会課題の解決に貢献することです。 パートナーシッププログラムのメリットは、企業や団体が資金や技術を提供することで、社会課題の解決に貢献できること、また、パートナーであるNPOやNGOなどの非営利団体が、企業や団体の資金や技術を活用して、より効果的な活動を実施することができることなどが挙げられます。 パートナーシッププログラムは、企業や団体とNPOやNGOなどの非営利団体が、それぞれの強みを活かして協力し合うことで、社会課題の解決に貢献する、効果的な仕組みと言えるでしょう。
環境問題に関すること

生物資源を巡る盗賊行為、バイオパイラシーの実態

バイオパイラシーとは、植物、動物などの生物資源やそれに由来する遺伝情報を無断で持ち去ったり、利用したりする行為を指します。生物資源には、医薬品や化粧品、食品などの開発につながる貴重な物質が含まれていることが多く、開発途上国に存在する生物資源は、先進国の企業や研究機関にとって貴重な資源となっています。しかし、先進国の企業や研究機関が、開発途上国から生物資源を持ち去ったり、地元の住民から正当な対価を支払わずに利用したりするケースが問題となっています。 バイオパイラシーは、開発途上国にとって大きな損失となっています。開発途上国の生物資源は、先進国の企業や研究機関によって開発され、医薬品や化粧品、食品などの高価格な製品として販売されることが多く、開発途上国は、その利益を享受することができません。また、バイオパイラシーは、開発途上国の伝統的な知識や文化を侵害する行為でもあり、開発途上国の人々にとっては大きな問題となっています。
環境問題に関すること

鳩山イニシアチブとは?途上国支援に繋がる気候変動政策

鳩山イニシアチブの背景には、気候変動への国際的な取り組みが不十分であるという認識がありました。2007年に国連気候変動枠組条約締約国会議(COP13)がバリで開催されましたが、そこで採択されたバリロードマップは、2012年までに温室効果ガス排出量の削減目標を定めることを目指したものでした。しかし、この目標は十分に野心的であるとは言えず、かつ十分な資金措置や技術支援が約束されていませんでした。 また、気候変動は途上国に大きな影響を与えることが懸念されていました。低緯度にある多くの途上国は、海面上昇やハリケーンなどの気候変動による悪影響を受けやすく、また、貧困や食料不足などの問題を抱えているため、気候変動に適応するための資金や技術が不足していました。 このような状況を踏まえ、鳩山元首相は、2008年に国連総会で演説を行い、気候変動への国際的な取り組みを強化するために、途上国の排出削減と適応を支援する新たな基金を創設することを提案しました。この提案は鳩山イニシアチブと呼ばれ、多くの途上国や気候変動対策に取り組むNGOから支持されました。
大気環境に関すること

排煙脱硫とは?仕組みと概要を分かりやすく解説

排煙脱硫とは、火力発電所や工場などから排出される排煙中の二酸化硫黄(SO2)を除去する技術です。火力発電所では燃料を燃焼させて発電しますが、この際に発生する排煙中にはSO2が含まれています。SO2は大気中に放出されると酸性雨の原因となったり、人体に悪影響を及ぼしたりします。そのため、排煙中のSO2を除去することが重要なのです。 排煙脱硫には、湿式脱硫法、乾式脱硫法、半乾式脱硫法など、いくつかの方法があります。湿式脱硫法は、排煙中に石灰水などのアルカリ性の溶液を噴霧してSO2を吸収する方法です。SO2がアルカリ性の溶液と反応すると、硫酸塩となって沈殿します。乾式脱硫法は、排煙中に石灰や活性炭などのアルカリ性の粉末を噴霧してSO2を吸収する方法です。乾式脱硫法は、湿式脱硫法よりもコストが安いですが、SO2除去率は湿式脱硫法よりも低くなります。半乾式脱硫法は、湿式脱硫法と乾式脱硫法を組み合わせた方法です。
エネルギーに関すること

波力発電とその仕組み

# 波力発電とその仕組み - 波力発電の基本原理と種類 波力発電とは、波の動きを利用して電気を生み出す発電方式です。波力のエネルギーは、波長の2乗と波の高さの3乗に比例します。そのため、波の高い海域や、波長が長い海域では、より多くの電気を生成することができます。波力発電には、大きく分けて2つの種類があります。 * 浮体式波力発電(Floating Offshore Wind Turbine、FOWT) * 陸上式波力発電(Onshore Wave Power Plant、OWPP) 浮体式波力発電は、波の動きに合わせて上下に動く浮体に発電機を取り付けたものです。浮体式のメリットは、海上の波の影響を受けにくく、大規模な発電所を設置することができる点です。ただし、浮体式のデメリットは、建設費やメンテナンスコストが高い点です。 陸上式波力発電は、海岸線に沿って設置された発電機を利用して、波のエネルギーを電力に変換するものです。陸上式のメリットは、建設費やメンテナンスコストが安い点です。ただし、陸上式のデメリットは、波の影響を受けやすく、発電量が不安定になりやすい点です。 波力発電は、まだ新しい発電方式ですが、世界中で注目を集めています。波力発電は、再生可能エネルギーであり、二酸化炭素を排出しないため、環境に優しい発電方式として期待されています。
SDGsに関すること

バイオエコノミーとは?:石油資源への依存から脱却する新しい経済システム

バイオエコノミーとは、生き物の細胞や生物学的プロセスを利用して、新しい製品やサービスを作り出す持続可能な経済システムのことです。バイオエコノミーは、石油資源への依存から脱却し、環境負荷を軽減することを目的としています。バイオエコノミーの定義は、生物資源を利用して付加価値のある製品やサービスを生産・流通・消費する経済システムであり、化石燃料に依存した経済システムからの脱却を目指すものです。バイオエコノミーは、再生可能な生物資源やバイオテクノロジーを用いて、エネルギー、食品、医薬品、工業製品などの様々な製品やサービスを生み出します。
ゴミに関すること

発泡スチロールとは? その特徴と処分方法について

-広義の発泡スチロールとは?- 発泡スチロールと聞いて、白色くて軽い、いわゆる「梱包材」を思い浮かべる方が多いでしょう。しかし、広義の発泡スチロールには、梱包材以外にもさまざまな種類があります。 建築資材として使われる断熱材や、土木資材として使われる軽量充填材、農業資材として使われる保温材など、さまざまな分野で使われています。 発泡スチロールは、その名の通り、空気の泡を含むプラスチックの一種です。空気の泡が、軽量で断熱性に優れた素材となっているのです。 また、発泡スチロールは、リサイクルが可能です。回収された発泡スチロールは、再生材として、再びさまざまな製品に生まれ変わります。
制度に関すること

廃棄物処理法とは?定義や処理責任、方法などを解説

廃棄物処理法とは、廃棄物の適正な処理及び処分に関する基本理念を定め、廃棄物の適正な処理及び処分を推進するための施策を総合的に講ずることを目的とする法律です。この法律は、1970年(昭和45年)に制定され、その後、数次にわたって改正されています。 廃棄物処理法では、廃棄物を「不要になったもの」と定義しており、産業廃棄物、一般廃棄物、建設廃棄物の3種類に分類しています。産業廃棄物は、事業活動に伴って排出される廃棄物であり、一般廃棄物は、家庭やオフィスなどから排出される廃棄物です。建設廃棄物は、建設工事などに伴って排出される廃棄物です。 廃棄物処理法では、廃棄物の排出事業者や所有者には、廃棄物を適正に処理する責任があることを定めています。また、廃棄物の適正な処理を推進するため、国や地方公共団体は、廃棄物処理施設の整備や廃棄物のリサイクルに関する施策を実施しています。
環境対策技術に関すること

廃プラスチックガス化リサイクルとは?知っておきたい知識

廃プラスチックガス化リサイクルとは?知っておきたい知識 廃プラスチックガス化リサイクルの概要 廃プラスチックガス化リサイクルとは、廃プラスチックを化学反応によりガス化する処理方法です。 原油や天然ガスを原料とする従来のプラスチックと異なり、廃プラスチックを原料とすることで、石油資源の節約や廃棄物削減に貢献します。 廃プラスチックガス化リサイクルの方法はいくつかありますが、最も一般的な方法は「熱分解法」です。熱分解法は、廃プラスチックを加熱することでガスと液体に分離する処理方法です。ガスは、燃料や化学原料として利用することができます。液体は、燃料や潤滑油として利用することができます。 廃プラスチックガス化リサイクルのメリットは、石油資源の節約や廃棄物削減以外にもあります。例えば、廃プラスチックガス化リサイクルによって発生するガスは、二酸化炭素や硫黄酸化物などの有害物質が少ないという特徴があります。そのため、廃プラスチックガス化リサイクルは、環境に優しいリサイクル方法として注目されています。 廃プラスチックガス化リサイクルは、まだ新しい技術ですが、急速に普及しつつあります。今後、廃プラスチックガス化リサイクルの技術がさらに発展することで、廃プラスチック問題の解決に大きく貢献することが期待されています。
化学物質に関すること

廃アルカリとは?性質や処理方法を解説

廃アルカリとは 廃アルカリとは、産業活動や家庭活動において発生するアルカリ性の廃棄物のことです。廃アルカリは、強アルカリ性であるため、環境や人体に悪影響を及ぼす可能性があります。そのため、廃アルカリを適切に処理することが重要です。廃アルカリの性質や処理方法について解説します。
水環境に関すること

バラスト水とは?生態系に与える影響と対策

-バラスト水とは?- バラスト水とは、船の安定性を保つために船舶のタンクに積載される水のことです。船舶は貨物を積載するとその分だけ重さが増すため、バランスをとるために空いているスペースに水を積みます。これがバラスト水です。バラスト水は、船舶が港を出発するときにも、港に到着したときにも、積載したり排出したりします。 バラスト水は、世界中の海を旅する船舶によって異なる海域に持ち込まれます。バラスト水の中には、その海域に本来生息していない様々な生物が含まれていることがあります。こうした生物がバラスト水とともに海域に持ち込まれることで、生態系に悪影響を及ぼすことがあります。
環境問題に関すること

バラスト水規制条約とは?

- バラスト水規制条約とは? 概要 バラスト水規制条約とは、船舶のバラスト水に含まれる生物の侵入と分布を防止するための国際条約です。船舶のバラスト水は、船舶の安定性を保つために積み込まれる水で、船舶が航行するに伴い、様々な生物が水と一緒に移動します。これらの生物の中には、侵略的外来生物として、新しい生息地で生態系を破壊したり、経済的損害を引き起こしたりするものもいます。 この条約は、2004年に国際海事機関(IMO)によって採択され、2017年に施行されました。加盟国は、自国の船舶が条約の要件を満たしていることを確認し、条約の遵守を監督する責任を負っています。 条約の主な要件は、以下の通りです。 - 船舶は、航海中にバラスト水を交換し、有害な生物を除去する必要があります。 - 船舶は、バラスト水の排出前に、水を処理して有害な生物を除去する必要があります。 - 船舶は、バラスト水の管理に関する計画書を備えている必要があります。 - 船舶は、バラスト水の管理に関する記録を備えている必要があります。 条約は、加盟国、船舶運航者、海事当局の協力によって実施されています。条約の施行により、船舶による生物の侵入と分布が防止され、海洋環境が保全されています。
ゴミに関すること

廃プラスチック類とは?環境への影響・対策を解説

廃プラスチック類とは、使用済みとなり、廃棄されるプラスチック製品を指します。これには、ペットボトルやレジ袋、食品容器、電化製品の筐体など、多種多様なプラスチック製品が含まれます。プラスチック製品は、非常に便利で私たちの生活に欠かせないものですが、その一方で、廃プラスチック類が環境に与える影響が大きな問題となっています。 プラスチックは、自然界で分解されるのに数百年間もかかるため、環境に長期的に残留する可能性があります。廃プラスチック類が適切に処理されずに野積みや不法投棄されると、土壌や水質を汚染し、野生生物に悪影響を及ぼします。また、廃プラスチック類を燃却処分すると、ダイオキシンなどの有害物質が発生し、大気汚染を引き起こす可能性があります。
リサイクルに関すること

廃酸とは?その定義と処理方法について

廃酸とは?その定義と処理方法について 廃酸とは、酸性物質を含む廃棄物のことです。工場排水の多くは酸性です。これは、金属工業、化学工業、電池製造、写真現像、鉱業など、さまざまな産業活動から排出されるためです。廃酸は、水酸化ナトリウムや水酸化カルシウムなどのアルカリ性物質で中和して処理するか、専用処理施設で無害化することが一般的です。 廃酸は、廃棄物の処理および清掃法(廃棄物清掃法)で、「酸性度がpH2以下であるもの」と定義されています。なお、廃棄物の処理および清掃法は、廃棄物処理法の略称で、正式には廃棄物の処理及び清掃に関する法律といいます。この法律は、廃棄物の適正な処理と清掃を推進し、環境と国民の健康を守り、生活環境の改善を図ることを目的としています。 廃酸には、硫酸、塩酸、硝酸、フッ酸などがあります。これらの多くは、強酸であり、皮膚や粘膜に接触すると、やけどなどの被害を引き起こす危険性があります。また、環境に放出されると、土壌や水質を汚染する可能性があります。したがって、廃酸の適切な処理は、環境や国民の健康を守るために不可欠です。 廃酸の処理方法は、廃酸の種類や濃度によって異なります。一般的には、廃酸をアルカリ性物質で中和して処理する方法が用いられています。中和処理とは、酸とアルカリを反応させて、水と塩を生成させる処理方法です。中和処理を行うことで、廃酸の酸性を下げて、無害化することができます。廃酸の中和処理には、水酸化ナトリウムや水酸化カルシウムなどのアルカリ性物質が使用されます。 廃酸の中には、中和処理だけでは処理できないものもあります。そのような廃酸は、専用処理施設で無害化されます。専用処理施設では、廃酸を高温で燃焼させたり、電気化学的に処理したりして、無害化を行います。廃酸の適切な処理は、環境や国民の健康を守るために不可欠です。
ゴミに関すること

廃棄物処理センター制度とは?

-廃棄物処理センター制度の目的- 廃棄物処理センター制度とは、廃棄物の埋め立て処分や焼却処分などの処理を効率的に行うために、複数の自治体が共同で設立する組織のことです。この制度の目的は、廃棄物の減量化や再利用を促進し、環境への負荷を軽減することです。また、廃棄物処理の適正化を図り、住民の健康や生活環境を守ることにもつながります。 廃棄物処理センター制度は、平成12年(2000年)に施行された廃棄物処理法に基づいて創設されました。この法律では、廃棄物の減量化や再利用を促進し、環境への負荷を軽減することを目的としています。また、廃棄物処理の適正化を図り、住民の健康や生活環境を守ることにもつながっています。 廃棄物処理センター制度は、複数の自治体が共同で設立する組織であるため、広範囲にわたる廃棄物の処理を行うことができます。また、複数の自治体が共同で運営しているため、経済的な負担を軽減することができます。さらに、廃棄物処理センター制度は、専門的な知識や技術を持つ職員が常駐しているため、適正な廃棄物処理を行うことができます。 廃棄物処理センター制度は、廃棄物の減量化や再利用を促進し、環境への負荷を軽減するためには欠かせない制度です。また、廃棄物処理の適正化を図り、住民の健康や生活環境を守ることにもつながっています。