「エ」

水環境に関すること

塩類集積とは何か?その原因と対策

-# 塩類集積とは? 塩類集積とは、土壌中の塩分の濃度が高くなる現象のことです。塩類集積の原因は、主に2つあります。1つ目は、灌漑によって土壌に過剰な水分が与えられることです。水分が蒸発すると、土壌中の塩分が濃縮されてしまいます。2つ目は、海水や塩分を含む地下水が土壌に浸入することです。塩類集積が進むと、土壌の浸透圧が高くなり、植物が水分を吸収しにくくなります。その結果、植物の生育が阻害され、最悪の場合、枯死してしまいます。塩類集積を防ぐためには、土壌の排水性を改善することや、塩分を含まない水の使用などが有効です。
エネルギーに関すること

エネルギー基本計画のすべて

エネルギー基本計画とは、エネルギーの安定供給と持続可能なエネルギー社会の実現を目指して、政府が策定する基本的な指針のことです。エネルギー基本計画は、10年ごとに改定されており、最新のエネルギー基本計画は2021年7月に閣議決定されました。 エネルギー基本計画は、我が国のエネルギー政策の基本的な枠組みを示したものであり、エネルギーの安定供給、環境の保全、経済の活性化の3つの基本目標を掲げています。また、エネルギー基本計画には、エネルギーの安定供給を確保するための方策、エネルギーの効率的な利用や再生可能エネルギーの導入を推進するための施策、地球温暖化対策を推進するための施策などが盛り込まれています。 エネルギー基本計画は、我が国のエネルギー政策の基本的な指針となるものであり、我が国のエネルギー政策の推進に大きな役割を果たしています。
地球環境に関すること

エコアクションポイントとは?

- エコアクションポイントとは? -# エコアクションポイントの概要 エコアクションポイントとは、事業者や個人が環境に配慮した取り組みを行うことで、ポイントを獲得できる制度です。 ポイントは、商品やサービスの割引、公共交通機関の利用券、寄付など、さまざまなことに交換することができます。 エコアクションポイント制度は、環境省が2008年に開始した制度で、現在では全国の多くの自治体や企業が導入しています。 エコアクションポイントを獲得する方法には、次のようなものがあります。 * 省エネや節水に取り組む * 再生可能エネルギーを使用する * ごみを減らす * リサイクルに取り組む * 公共交通機関を利用する など。 エコアクションポイント制度は、環境への意識を高め、環境に配慮した行動を促進することを目的としています。 また、ポイントは商品やサービスの割引など、すぐに実感できるメリットがあるため、参加者にとって魅力的な制度となっています。
環境問題に関すること

エコスペースとは?

2エコスペースとは何か エコスペースとは、環境負荷を軽減する工夫を取り入れた空間を指します。 省エネルギーや資源の有効活用、健康や快適性の向上などが目的としています。 エコスペースの例としては、以下のようなものがあります。 1.省エネ設計の建物断熱材や高効率機器(照明や空調)を使用し、エネルギー消費を抑える。 2.再生可能エネルギーの導入太陽光発電や風力発電など、再生可能エネルギーを活用することで、CO2排出量を削減できます。 3.自然素材の活用木や石など、自然素材を建物や家具に使用することで、室内空気質を改善し、健康的な空間を作ることができます。 4.緑化植物を配置することで、空気清浄や、景観の改善、快適性の向上などが期待できます。 エコスペースは、環境負荷を軽減するだけでなく、快適性や健康性、経済性を向上させる効果もあります。そのため、企業や個人など、様々な場面で注目を集めています。
地球環境に関すること

エコカー補助金の概要と特徴

エコカー補助金とは、環境性能の高い自動車を購入する際にかかる費用の一部を国が補助する制度です。この制度は、地球温暖化の原因となる二酸化炭素排出量の削減を目的として、2009年4月に開始されました。エコカー補助金の対象となるのは、国が定める燃費基準を満たしている自動車で、その補助金額は、自動車の種類や燃費性能に応じて異なります。 エコカー補助金には、新車購入補助金と中古車購入補助金の2種類があります。新車購入補助金は、環境性能の高い新車を購入する際に、車の購入価格の一部を補助する制度です。中古車購入補助金は、環境性能の高い中古車を購入する際に、車の購入価格の一部を補助する制度です。 エコカー補助金は、環境性能の高い自動車の購入を促進し、二酸化炭素排出量の削減に貢献する制度です。この制度を利用することで、環境に優しい自動車を購入することができ、地球温暖化の防止に貢献することができます。
地球環境に関すること

エコビジネスとは?環境保全と経済成長を両立させるビジネスモデル

エコビジネスとは、環境保全と経済成長を両立させるビジネスモデルであり、持続可能な社会の実現を目指した事業のことです。近年、地球温暖化や環境破壊などの環境問題が深刻化し、企業や政府は環境に配慮した事業活動を行うことが求められています。エコビジネスは、環境負荷を低減しながらも、経済的な利益を上げることが可能なビジネスモデルであり、注目されています。 エコビジネスの具体的な例としては、再生可能エネルギーの開発や販売、省エネルギー機器の製造や販売、リサイクル事業、環境コンサルティング事業などが挙げられます。また、エコビジネスは、環境保全に貢献するだけでなく、雇用を創出したり、地域経済を活性化したりするなどの社会的なメリットもあります。 近年、エコビジネスは、世界中で注目されています。2015年に採択された「パリ協定」では、温室効果ガスの排出削減目標が定められ、世界各国でエコビジネスの推進が加速しています。また、日本でも、2030年度までに温室効果ガスの排出量を2013年度比で26%削減することを目標としており、エコビジネスの推進が重要な課題となっています。 エコビジネスは、環境保全と経済成長を両立させることができるビジネスモデルとして、注目され、期待されています。今後も、エコビジネスの推進が進むことで、持続可能な社会の実現に向けた取り組みが加速することが期待されています。
エネルギーに関すること

エネルギー弾性値とは?経済成長とエネルギー消費の関係を理解しよう

エネルギー弾性値とは、経済成長率とエネルギー消費量の成長率の比のことです。エネルギー弾性値が1よりも大きい場合、経済成長がエネルギー消費量の成長を上回っていることを意味し、経済成長に伴ってエネルギー消費量が増加していることを示しています。逆に、エネルギー弾性値が1よりも小さい場合、経済成長がエネルギー消費量の成長を下回っていることを意味し、経済成長に伴ってエネルギー消費量が減少していることを示しています。 エネルギー弾性値は、経済成長とエネルギー消費の関係を理解するための重要な指標です。エネルギー弾性値が高い場合、経済成長に伴うエネルギー消費量の増加が大きく、エネルギー消費量を抑制することが難しくなります。逆に、エネルギー弾性値が低い場合、経済成長に伴うエネルギー消費量の増加が小さく、エネルギー消費量を抑制することが容易になります。 エネルギー弾性値は、経済成長率とエネルギー消費量の成長率の比であるため、経済成長率とエネルギー消費量の成長率のいずれかが変化すると、エネルギー弾性値も変化します。例えば、経済成長率が上昇すると、エネルギー弾性値が上昇する傾向にあります。また、エネルギー消費量の成長率が低下すると、エネルギー弾性値が低下する傾向にあります。 エネルギー弾性値は、経済成長とエネルギー消費の関係を理解するための重要な指標ですが、エネルギー弾性値は、経済成長率とエネルギー消費量の成長率の比であるため、経済成長率とエネルギー消費量の成長率のいずれかが変化すると、エネルギー弾性値も変化します。したがって、エネルギー弾性値は、経済成長率とエネルギー消費量の成長率を同時に考慮して評価することが重要です。
エネルギーに関すること

ドイツの気候・エネルギー政策の長期ロードマップ『エネルギー・コンセプト【ドイツ】’

『エネルギー・コンセプト【ドイツ】』とは、2010年にドイツ連邦経済エネルギー省において、連邦経済大臣の意向を受け、2020年以降のドイツの気候・エネルギー政策の長期ロードマップとして作成されたものです。 このロードマップでは、2050年までに温室効果ガス排出量を1990年比で80~95%削減すること、再生可能エネルギーの利用率を2050年までに80%以上にすること、エネルギー効率化を進めること、原子力発電を2022年までに全廃することを目標としています。 また、このロードマップは、気候変動問題を認識し、エネルギー政策における転換を図ることを目的としており、ドイツの気候・エネルギー政策の重要な指針となっています。
エネルギーに関すること

液化天然ガスを知ろう

液化天然ガスとは、気体の天然ガスを-161℃まで冷却して液化させたものです。常温常圧の状態では気体である天然ガスを液化することで、体積を約1/600に縮小することができ、これにより輸送や貯蔵が容易になります。液化天然ガスは、主に船舶や航空機を動力源として利用されています。 液化天然ガスは、主に天然ガスの産出国から消費国へと運ばれるのが一般的です。日本は、液化天然ガスの輸入国であり、世界最大の液化天然ガス輸入国となっています。日本が液化天然ガスを輸入している国としては、オーストラリア、マレーシア、インドネシア、カタールなどが挙げられます。 液化天然ガスの需要は、世界的に増加しています。その背景には、地球温暖化対策として化石燃料からの脱却が進んでいることが挙げられます。液化天然ガスは、石油や石炭に比べて二酸化炭素の排出量が少なく、環境に優しいエネルギー源として注目されています。
SDGsに関すること

エシカル消費とは?

エシカル消費の意味 エシカル消費とは、環境や社会に配慮しながら商品やサービスを選択し、消費する行動のことです。エシカル消費の目的は、環境や社会に悪影響を及ぼす企業や商品を避け、持続可能な社会を実現することです。エシカル消費は、単に環境に優しい商品やサービスを選ぶだけでなく、労働者の権利や動物の権利を尊重する商品やサービスを選ぶことも含まれます。エシカル消費は、近年注目が高まっており、多くの企業がエシカルな商品やサービスを提供するようになっています。また、消費者もエシカル消費について意識が高まり、エシカルな商品やサービスを積極的に選ぶようになっています。
エネルギーに関すること

エネファームとは?仕組みとメリットを解説

エネファームとは、天然ガスや都市ガス、灯油などを燃料として発電と給湯を同時に行うことができる家庭用燃料電池のことです。燃料電池とは、水素と酸素を化学反応させて電気を発生させる装置のことです。エネファームは、燃料電池の原理を利用して、発電と給湯を同時に行うことができます。 エネファームは、従来の給湯器よりもエネルギー効率が高く、CO2排出量も少なくなっています。また、エネファームは、停電時にも発電を続けることができるため、非常用電源としても利用することができます。
制度に関すること

地域通貨『 エコマネー 』とは?その歴史とメリット

地域通貨とは、特定の地域で流通する独自の通貨のことです。 法定通貨とは異なり、その地域でのみ使用することができ、他の地域では使用できません。地域通貨は、地域内の経済を活性化したり、地域独自の文化や産業を保護したりすることを目的に発行されます。 地域通貨の歴史は古く、古代中国や古代ギリシャではすでに地域通貨が発行されていました。日本では、江戸時代には各地で藩札が発行されており、明治時代には各地で地域通貨が発行されていました。しかし、1897年に日本銀行が設立され、法定通貨である日本円が発行されたことで、地域通貨は姿を消していきました。 近年、地域通貨が見直されるようになっています。その背景には、法定通貨の価値が下落していることや、地域経済が衰退していることがあります。地域通貨を発行することで、地域内の経済を活性化し、地域独自の文化や産業を保護することができるのではないかと期待されています。
環境問題に関すること

エコロジーとは?

エコロジーとは、生き物とその環境との関わりを研究する学問であり、環境学とも呼ばれます。 生態学、生物学、生化学、気候学、地質学、社会学など、さまざまな分野の知識を統合して、生き物と環境の相互作用をより深く理解することを目指しています。 エコロジーという言葉は、ギリシャ語の「オイコス(家)」と「ロゴス(学問)」に由来しており、環境や生態系を研究することを意味しています。エコロジーの研究は、環境保全や持続可能な開発、生物多様性の保全など、さまざまな分野に貢献しています。 エコロジーは、地球上の生命の多様性と、生き物と環境との間の相互作用を研究する学問です。エコロジーは、生物学、化学、物理学、地質学、気候学など、さまざまな分野を統合した学際的な学問です。エコロジーの研究は、環境保全や持続可能な開発、生物多様性の保全など、さまざまな分野に貢献しています。
環境問題に関すること

エコアジア長期展望プロジェクトの解説

エコアジア長期展望プロジェクトとは、アジアの持続可能な発展を促進するために、国連アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP)が中心となって進めているプロジェクトです。 このプロジェクトは、2015年に開催された国連持続可能な開発サミットで採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」の実現を目指しており、アジア地域の各国や国際機関、民間企業、市民社会団体などが参加しています。 このプロジェクトの目的は、アジア地域の持続可能な発展への移行を加速させ、経済成長と環境保全の両立を図ることです。 具体的には、気候変動や汚染などの環境問題への対策、再生可能エネルギーの導入、持続可能な農業や森林管理の促進、災害への対応強化、貧困や不平等の削減などの課題に取り組んでいます。 エコアジア長期展望プロジェクトは、アジア地域の持続可能な発展に向けた重要な取り組みであり、各国や国際機関、民間企業、市民社会団体などが協力して取り組んでいます。 このプロジェクトの成果が期待されることで、アジア地域の持続可能な発展が促進され、経済成長と環境保全の両立が図られることが期待されています。
地球環境に関すること

エコプロダクツを理解しよう!

エコプロダクツとは、地球環境に配慮しながら作られた製品のことです。エコプロダクツの定義は厳密には定められていませんが、一般に、次のいずれかに当てはまる製品がエコプロダクツとされています。 ・地球環境に悪影響を及ぼす資源や素材をできるだけ使っていない製品。 ・生産や使用時にエネルギーをできるだけ消費しない製品。 ・生産や使用時に環境汚染を引き起こさない製品。 ・製品の寿命が長く、廃棄された後も環境を汚染しない製品。 エコプロダクツは、環境を保護するためには欠かせないものです。現在、地球はさまざまな環境問題に直面しています。気候変動、大気汚染、水質汚染など、その問題は多岐にわたります。これらの問題を解決するためには、私たちの生活をよりエコフレンドリーなものに変えていく必要があります。エコプロダクツは、そのための有効な手段のひとつなのです。 エコプロダクツは、環境保護だけでなく、私たちの健康を守る役割も果たしています。エコプロダクツには、環境汚染物質が含まれていないため、私たちの健康を害する可能性が低くなります。また、エコプロダクツは、人体に優しい素材で作られているため、肌荒れやアレルギーなどのトラブルを引き起こしにくいのです。 エコプロダクツは、環境保護や健康保持に欠かせないものです。私たち一人ひとりがエコプロダクツを積極的に取り入れることで、地球を守り、私たちの健康を守ることができます。
環境問題に関すること

エクソン・バルディーズ号事件とは?

エクソン・バルディーズ号事件とは? エクソン・バルディーズ号事件とは、1989年3月24日にアメリカ合衆国アラスカ州のプリンス・ウィリアム湾で発生した原油流出事故である。タンカー「エクソン・バルディーズ号」がプリンス・ウィリアム湾のアリス・アームで座礁し、約4万1400トンの原油が流出した。この事故は、アメリカ史上最悪の石油流出事故であり、アラスカ州の環境に大きな被害をもたらした。 エクソン・バルディーズ号事件の概要 エクソン・バルディーズ号は、全長300メートル、全幅56メートルのタンカーである。1977年に竣工し、エクソン・モービル傘下のエクソン社が所有していた。エクソン・バルディーズ号は、アラスカ州ヴァルディズからカリフォルニア州ロングビーチまで原油を運ぶ任務に就いていた。 1989年3月24日、エクソン・バルディーズ号はプリンス・ウィリアム湾のアリス・アームで座礁した。事故の原因は、操舵士の判断ミスとみられている。座礁により、エクソン・バルディーズ号の船体には大きな穴が開き、積載していた原油が流出した。 流出した原油は、プリンス・ウィリアム湾からアラスカ湾まで広範囲に広がった。流出した原油は、海鳥や海生哺乳類、魚介類など、アラスカの野生生物に大きな被害をもたらした。また、原油は海岸線に漂着し、観光や漁業などの地元産業にも打撃を与えた。 エクソン・バルディーズ号事件は、アメリカ史上最悪の石油流出事故であり、アラスカ州の環境に大きな被害をもたらした。事故後、エクソン・モービル社は原油の漏洩を止めるための対策を講じ、流出した原油の回収にも努めた。しかし、原油による被害は長期にわたって続くとみられている。
環境対策技術に関すること

エコリュックサックとは?環境負荷を測る指標を知る

エコリュックとは、環境への影響を軽減する工夫がなされたリュックサックのことです。具体的には、リサイクル素材を使用したり、生産工程で発生する廃棄物を削減したり、運搬時の二酸化炭素排出量を減らすなど、さまざまな工夫がされています。 エコリュックには、いくつかの定義があります。一つは、リュックサックの素材にリサイクル素材を50%以上使用したものをエコリュックとするというものです。もう一つは、リュックサックの生産工程で発生する廃棄物を30%以上削減したものエコリュックとするというものです。また、リュックサックの運搬時の二酸化炭素排出量を20%以上削減したものもエコリュックと定義されています。 エコリュックは、環境への影響を軽減したいという消費者のニーズに応えて開発されました。近年、世界中で環境問題への関心が高まっており、環境に優しい製品を求める消費者が増えています。エコリュックは、そうした消費者のニーズに応える製品であり、今後はますます普及していくことが予想されます。
環境問題に関すること

エシカルジュエリー:人や環境に配慮したジュエリー

エシカルジュエリーとは、人や環境に配慮して作られたジュエリーのことです。原材料の調達から製造、販売まで、すべての工程において倫理的かつ持続可能な方法がとられています。 エシカルジュエリーの定義は、国や団体によって異なりますが、一般的には以下の点が含まれます。 ・紛争鉱物を使用しない ・労働環境に配慮する ・環境に配慮する エシカルジュエリーのメリットは、人や環境への悪影響を減らすことができること、そしてジュエリーを身に着けることで社会貢献できることです。また、エシカルジュエリーは品質が高く、長く愛用できることが多いため、経済的にもお得です。 エシカルジュエリーは、近年注目が高まっており、多くのジュエリーブランドがエシカルジュエリーの生産に取り組んでいます。また、エシカルジュエリーを販売する専門店も増えています。
地球環境に関すること

エタノール混合ガソリンで低炭素化を目指せ

エタノール混合ガソリンとは、一定量の無水エタノールをレギュラーガソリンに加えたものであり、自動車の燃料として利用することができるバイオマス由来の再生可能エネルギーの一種です。ガソリンに比べて二酸化炭素排出量が少ない上、燃焼効率が高く燃費が向上することから、温室効果ガス削減に貢献する低炭素燃料として期待されています。 エタノール混合ガソリンは、ガソリンとエタノールの混合比率に応じて、E3、E10、E20などと呼ばれる様々な種類があります。それぞれの数字は、ガソリン中に含まれるエタノールの体積濃度を示しており、たとえばE10はエタノールを10%含んだガソリンを意味しています。エタノールの混合比率が高いほど二酸化炭素排出量は少なくなり、燃費も向上しますが、その分ガソリンより価格が高くなる傾向があります。 エタノール混合ガソリンは、環境負荷を軽減する低炭素燃料として、また、石油への依存度を低下させるためのエネルギー安全保障の観点から、世界各国で導入が進んでいます。日本でも、2030年までに全国のガソリンスタンドでE10を供給することを目標としており、低炭素社会の実現に向けて取り組みが進められています。
環境対策技術に関すること

エコセメントとは?環境に優しいセメントの実態

エコセメントとは、環境に配慮して作られたセメントのことです。セメントはコンクリートの主原料として使われていますが、その製造過程で多くの二酸化炭素を排出しています。エコセメントは、二酸化炭素の排出量を削減しながら、セメントと同等の性能を持つように作られています。 エコセメントには、さまざまな種類があります。その中でも、近年注目を集めているのが「フライアッシュセメント」です。フライアッシュセメントは、石炭火力発電所の燃焼灰であるフライアッシュをセメントの原料として使用しています。フライアッシュは、セメントの強度を向上させ、耐久性を高める効果があります。また、フライアッシュセメントは、二酸化炭素の排出量を約20%削減することができるとされています。 エコセメントは、環境負荷を軽減しながら、セメントと同等の性能を備えています。そのため、近年、世界中で使用されるようになってきています。日本では、国土交通省がエコセメントの使用を推進しており、公共工事ではエコセメントの使用が義務化されています。
環境問題に関すること

エコロジカルサービスとは?環境に与える影響を解説

エコロジカルサービスとは何か? エコロジカルサービスとは、生態系が人間に提供する恩恵のことです。生態系は、地球上の生命を維持するために不可欠な役割を果たしており、人間もまた、生態系の一部として生態系の恩恵を受けています。エコロジカルサービスには、空気や水の浄化、土壌の保全、生物多様性の維持、気候変動の緩和など、様々なものが含まれています。生態系が損なわれると、これらのエコロジカルサービスも失われてしまいます。
エネルギーに関すること

エネルギー起源二酸化炭素排出とは?

エネルギー起源二酸化炭素排出とは、石油、石炭、天然ガスなどの化石燃料を燃やすことによって発生する二酸化炭素の排出のことです。これらは、電気、熱、輸送に使用される主要なエネルギー源であり、世界の二酸化炭素排出量の約60%を占めています。化石燃料を燃焼させることで、空気中に二酸化炭素が放出され、これが温室効果ガスとして地球温暖化の一因となっています。 温室効果ガスとは、地球の大気中に存在する気体で、太陽からの熱を保持し、地球の表面を温める働きがあります。二酸化炭素は、温室効果ガスのうち最も重要なもので、地球温暖化に最も大きな影響を与えています。化石燃料を燃焼させることによる二酸化炭素排出は、地球温暖化を加速化させる大きな要因となっています。
エネルギーに関すること

エタノール3%混合ガソリンの基礎知識と将来性

エタノール3%混合ガソリンとは、ガソリンに3%のエタノールを混ぜた燃料のことです。 エタノールは、サトウキビやトウモロコシ、ジャガイモなどの植物由来のアルコールで、ガソリンと混ぜることで、ガソリンの消費量を減らし、CO2の排出量を削減することができます。また、エタノールはガソリンよりもオクタン価が高いため、エンジンのノッキングを抑制し、エンジンの性能を向上させる効果もあります。
環境問題に関すること

エリカ号事件の海洋環境への影響

-# エリカ号事件の海洋環境への影響 エリカ号事件とは、1999年12月12日にフランスのブルターニュ地方沖で発生した原油タンカー「エリカ号」の沈没事故のことである。 この事故で、約10万トンもの原油が海上に流出し、広範囲にわたって海洋汚染が発生した。 エリカ号事件は、海洋環境に甚大な被害をもたらした。原油流出により、海面は油で覆われ、その影響で多くの海洋生物が死滅した。 また、原油流出は沿岸の漁業にも大きな打撃を与え、多くの漁師が仕事を失った。 さらに、原油流出は海洋汚染の拡散を招き、フランスだけでなく、イギリスやスペインなどの周辺諸国にも被害が及んだ。