「ア」

水環境に関すること

アシッドショックとは?原因と対策

アシッドショックとは、酸性雨による森林や水域に及ぶ被害の総称です。酸性雨とは、硫黄酸化物や窒素酸化物が大気中で化学反応を起こしてできる硫酸や硝酸を含む雨のことです。森林への影響としては、葉や幹の組織が破壊されて木々が枯れたり、生長が遅れたりします。また、水域への影響としては、魚類や水生昆虫が死滅したり、生殖能力が低下したりします。 アシッドショックは、1970年代にヨーロッパや北アメリカで初めて問題になりました。その後、中国やインドなどアジアの国々でも同様の問題が発生しています。アシッドショックの主な原因は、石炭や石油などの化石燃料を燃やすことで発生する硫黄酸化物や窒素酸化物です。これらの物質は大気中に放出されると、酸性雨のもととなる硫酸や硝酸に変化します。 アシッドショックを対策するためには、化石燃料の使用量を減らすことが大切です。また、石炭火力発電所や自動車から排出される硫黄酸化物や窒素酸化物を除去する技術の開発も進められています。さらに、森林を保護し、水質を改善することも重要です。
ゴミに関すること

安定型処分場とは?産業廃棄物処分場の種類

安定型処分場とは、産業廃棄物を長期にわたって安全に処分するために、地表や地下に建設される施設のことです。産業廃棄物処分場には、安全性を確保するために様々な工夫が施されており、安定型処分場は、その中でも特に安全性の高い処分場です。 安定型処分場の概要は、以下の通りです。 * 安定型処分場は、産業廃棄物の種類や特性に合わせて、適切な処分方法が選択されます。 * 安定型処分場の建設には、地質調査や環境アセスメントなど、厳格な審査が行われます。 * 安定型処分場は、地下に建設されることが多く、地表からの影響を受けにくい構造になっています。 * 安定型処分場には、汚染物質の拡散を防ぐための遮水層や、降雨による浸透水の影響を防ぐための防水層が設置されています。 * 安定型処分場は、長期間にわたって安全に管理されることを目的としています。 安定型処分場は、産業廃棄物の安全な処分に欠かせない施設です。安定型処分場を活用することで、産業廃棄物の適正処理を推進し、環境汚染の防止に貢献することができます。
組織・団体に関すること

アジア国立公園会議とは?

アジア国立公園会議は、1990 年に初めて開催されて以来、アジア太平洋地域にある国立公園の保護と管理の問題について議論する場として、定期的に開催されています。会議の開催は、1 回目の開催国であるタイ政府の主催により行われ、その後、地域の国々が主催国を務めています。 会議は、国立公園の保護と管理に携わる専門家、政府関係者、研究者、NGO 代表者、地元住民など、さまざまな分野の参加者が集まり、国立公園の管理に関するベストプラクティスや課題について議論する場となっています。 会議では、国立公園の保護と管理に関する様々なテーマについて議論が行われます。具体的には、国立公園の生物多様性の保全、持続可能な観光開発、気候変動への適応、地元住民の権利の保護など、幅広いテーマが取り上げられます。
組織・団体に関すること

環境用語『アジア太平洋地球変動研究ネットワーク』とは

アジア太平洋地球変動研究ネットワーク(APN)は、気候変動と持続可能な開発に関する研究を実施するために2002年に設立された国際的なネットワークです。APNのミッションは、研究者や政策立案者と協力して、気候変動の影響を軽減し、気候変動に適応する政策や実践を開発することです。APNは、現在、24か国と2つの国際機関で構成されており、気候変動の研究と適応に関する情報を共有し、政策立案者を支援しています。 APNは、気候変動の影響を軽減し、気候変動に適応する政策や実践を開発するために、様々なプロジェクトを実施しています。これらのプロジェクトには、以下のようなものがあります。 * 気候変動の影響を軽減するための政策や実践を開発するための研究 * 気候変動に適応するための政策や実践を開発するための研究 * 気候変動に関する情報を共有するためのプロジェクト * 政策立案者を支援するためのプロジェクト APNは、気候変動に関する研究と適応に関する情報を共有し、政策立案者を支援する貴重なネットワークです。APNの活動は、気候変動の影響を軽減し、気候変動に適応する政策や実践を開発する上で重要な役割を果たしています。
水環境に関すること

青の革命:水産業の近代技術による変革と課題

青の革命水産業の近代技術による変革と課題 青の革命とは何か? 青の革命とは、水産業において近代技術を用いて生産性を向上させ、食料需要の増加に対応しようとする取り組みのことです。水産業は、世界の人口増加に伴い、食料需要が急増しているにもかかわらず、生産性が伸び悩んでいるのが現状です。そのため、青の革命は、食料安全保障を確保するためにも重要な取り組みとなっています。 青の革命では、様々な近代技術が導入されています。例えば、魚群探知機やGPSなどの電子機器を利用して、魚群の動きを追跡し、効率的に漁獲することができます。また、養殖技術の開発により、魚介類の生産量を大幅に増加させることも可能になりました。さらに、冷凍や缶詰などの加工技術の進歩により、水産物の保存性や流通性を高めることもできるようになりました。
組織・団体に関すること

アンブレラグループとは?地球温暖化問題で注目される交渉グループ

アンブレラグループとは、1989年に、オーストラリア、カナダ、アイスランド、日本、ニュージーランド、ノルウェー、スイス、米国、EUなどが中心となって、地球温暖化問題で結成された交渉グループのことです。 発足時のメンバーは9カ国(うちEUは1加盟国としてカウント)でしたが、2022年現在では45カ国・地域が加盟しています。 アンブレラグループの目的は、気候変動の原因となる温室効果ガスの排出量を削減するための国際的な枠組みづくりに貢献することです。 そのために、京都議定書やパリ協定などの国際的な気候変動枠組みの交渉において、各国の利益を調整する役割を果たしています。アンブレラグループは、気候変動対策において、先進国と途上国の双方の利益を考慮した合意形成を目指しています。
環境問題に関すること

アースデイとは環境への意識を高める国際的なイベント

アースデイとは、環境への意識を高めることを目的とした国際的なイベントです。「アースデイ」とは、地球の環境問題について考える日として、1970年にアメリカ合衆国で始まりました。アースデイは、世界中で毎年4月22日に行われており、環境に対する意識を高め、環境保護を推進することを目的としています。アースデーには、様々なイベントが行われます。例えば、環境問題に関する講演会やシンポジウム、環境保護活動への参加、環境に優しい商品の展示会などです。また、アースデーには、世界中の人々が環境問題について考え、環境保護に取り組むことを呼びかけるキャンペーンも行われます。
環境問題に関すること

アセアン生物多様性センター(ACB)とは

アセアン生物多様性センター(ACB)とは アセアン生物多様性センター(ACB)は、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国が生物多様性条約を履行するために設立した機関です。1995年11月19日にマレーシアのクアラルンプールで開催されたASEAN外務大臣会合で設立が決定され、1998年7月1日にインドネシアのボゴールに設立されました。 ACBの目的は、ASEAN地域の生物多様性を保全し、持続可能な利用を促進し、生物多様性に関する知識と情報を共有することです。具体的には、以下の活動を行っています。 * ASEAN地域の生物多様性の調査・研究 * 生物多様性の保全と持続可能な利用のための政策・制度の整備 * 生物多様性に関する知識と情報の収集・発信 * 生物多様性の保全と持続可能な利用のための能力開発 ACBは、ASEAN加盟国に加えて、日本、中国、韓国、オーストラリア、ニュージーランドなど、ASEAN域外の12カ国が参加しています。ACBの活動は、ASEAN地域の生物多様性の保全と持続可能な利用に貢献しています。
その他に関すること

アジア・アフリカ会議〜 Bandung会議の課題と成果〜

アジア・アフリカ会議とは、1955年4月18日から4月24日までインドネシアのバンドンで開催された、アジアとアフリカの国々の代表者による国際会議である。この会議は、冷戦の真っ只中、東西陣営のどちらにも属さない「第三世界」の国々が、自らの団結と独立をアピールするために開催された。会議には、アジアから29カ国、アフリカから6カ国、中東から4カ国、合計39カ国が参加した。 会議では、①平和、②主権、③民族の自決、④経済的発展、⑤人種差別撤廃の5原則が採択された。また、アジア・アフリカ諸国連帯機構 (Afro-Asian Peoples' Solidarity Organization) が設立され、アジア・アフリカの諸国の団結と協力が図られることになった。 アジア・アフリカ会議は、第三世界の結束を強め、冷戦の終結に貢献した歴史的な会議として評価されている。しかし、会議で採択された5原則は、その後も世界各地で紛争や戦争が起こるなど、十分に実現されていない。
水環境に関すること

アジア水環境パートナーシップで環境保全

アジア水環境パートナーシップ(AWP)は、アジア太平洋地域の共通の水資源管理の課題に対処するために、2002 年に設立された組織です。AWP は、地域全体の水管理を改善するために、加盟国間のコラボレーションを促進することを目的としています。AWP は、政府、企業、学術機関、市民社会団体を含む 幅広い関係者で構成されています。 AWP は、水管理における地域協力に関する政策や戦略の策定、水資源管理に関する情報の共有、ベストプラクティスの促進など、さまざまな活動を展開しています。AWP はまた、水資源管理プロジェクトの実施にも支援を行っています。AWP の主なプロジェクトには、 Mekong River Basin Development Program、Greater Mekong Subregion Core Environment Program などがあります。
環境対策技術に関すること

温DOWN化計画とは?

温DOWN化計画とは? 温DOWN化計画の概要 温DOWN化計画とは、自治体が主体となって実施する、温室効果ガスの排出量を削減するための計画のことです。温室効果ガスの排出量を削減することで、地球温暖化を防止し、気候変動による影響を軽減することを目的としています。この計画は、自治体の温室効果ガス排出量削減目標を定め、その目標を達成するための施策を盛り込んだものです。 温DOWN化計画は、2015年に開催された気候変動に関するパリ協定を受けて、日本政府が策定した「温室効果ガス排出削減計画」に基づいて作成されます。温室効果ガス排出削減計画は、日本が2030年度までに温室効果ガスの排出量を2013年度比で26%削減することを目標としています。 温DOWN化計画は、各自治体の温室効果ガス排出量削減目標や施策は異なりますが、共通して以下のような内容が盛り込まれています。 温室効果ガス排出量削減目標の明示 温室効果ガス排出量削減のための施策の具体化 温室効果ガス排出量削減の進捗状況の把握と評価 温室効果ガス排出量削減に関する情報提供と啓発 温DOWN化計画は、自治体が温室効果ガスの排出量削減に積極的に取り組むための重要なツールです。温DOWN化計画を策定することで、自治体の温室効果ガス排出量削減目標を明確にし、その目標を達成するための施策を具体化することができます。また、温DOWN化計画を策定することで、自治体の温室効果ガス排出量削減の進捗状況を把握し、評価することができます。さらに、温DOWN化計画を策定することで、自治体における温室効果ガス排出量削減に関する情報提供と啓発を行うことができます。
環境問題に関すること

アニマルライツとは?動物の権利を巡る議論

アニマルライツとは、動物には人間と同様に、苦しみや搾取から自由になる権利があるという考え方のことです。この考え方は、動物福祉論とは異なり、動物を人間のために利用することが正当であるという考え方を否定しています。 アニマルライツの考え方は、18世紀に英国の哲学者であるジェレミー・ベンサムによって初めて提唱されました。ベンサムは、動物も人間と同様に痛みを感じることができる存在であるため、人間の利益のために利用することが正当であるという考え方を批判しました。 その後、アニマルライツの考え方は、19世紀の動物愛護運動や、20世紀の環境保護運動の高まりとともに、次第に広まっていきました。現在では、アニマルライツの考え方を支持する人々は、動物の虐待や搾取に反対する運動を行っており、動物の権利を法的に保護することを目指しています。
ゴミに関すること

跡地管理とは?環境を守るための重要な取り組み

跡地管理とは、産業活動や公共事業によって使用されなくなった土地「跡地」の環境を回復させ、安全で持続可能な方法で管理する取り組みです。跡地管理は、環境保全、公衆衛生、持続可能な開発の観点から、重要な取り組みとなっています。 跡地には、重金属や有害物質を含む廃棄物、アスベストやPCBを含む建材、地下水汚染や土壌汚染などの環境汚染が引き起こされる可能性があります。また、跡地は放置されると不法投棄や不法占拠の温床となる可能性もあります。 跡地管理は、環境汚染や不法投棄などの問題を防止し、跡地を安全で持続可能な方法で利用できるようにすることを目的としています。跡地管理には、汚染物質の除去や浄化、建物の解体や撤去、土壌の改良や緑化など、様々な対策が行われます。 跡地管理は、環境保護や公衆衛生、持続可能な開発の観点から重要な取り組みです。跡地管理を適切に行うことで、環境汚染や不法投棄などの問題を防止し、跡地を安全で持続可能な方法で利用できるようにすることができます。
組織・団体に関すること

アジア開発銀行とは?その役割と取り組みについて

アジア開発銀行とは?その役割と取り組みについて アジア開発銀行の設立目的と歴史 アジア開発銀行 (ADB) は、アジア太平洋地域の持続可能な経済成長と社会的発展を支援することを目的とする国際金融機関です。 1966年に設立され、アジア太平洋地域に加盟する68カ国と地域の政府がADBのメンバーになっています。 ADBの設立目的は、アジア太平洋地域の経済成長と発展を促進し、貧困を削減することです。 ADBは、開発途上国に資金を提供して開発プロジェクトやプログラムを支援し、技術援助や政策助言を行っています。 ADBは、設立以来、アジア太平洋地域の経済成長と発展に大きく貢献してきました。ADBの支援により、アジア太平洋地域では貧困が削減され、生活水準が向上し、経済が成長してきました。 また、ADBは気候変動や災害対策にも取り組んでいます。 気候変動の影響で、アジア太平洋地域では自然災害が多発しており、多くの人の命が失われています。ADBは、アジア太平洋地域の国々に気候変動対策や災害対策の支援を行っています。 ADBは、アジア太平洋地域の持続可能な経済成長と社会的発展に貢献する国際金融機関です。ADBの支援により、アジア太平洋地域はより豊かで、より発展した地域になるでしょう。
環境問題に関すること

アウトサイド・イン・アプローチとは?持続可能な未来に向けた長期的な視点

アウトサイド・イン・アプローチとは、持続可能な未来に向けた長期的な視点のことです。 このアプローチは、組織が、自社の製品やサービスが環境や社会に与える影響を考慮した上で、ビジネスを展開することを目指しています。アウトサイド・イン・アプローチは、環境保護や社会貢献だけでなく、企業の長期的な成長や収益性にもつながるとされています。 アウトサイド・イン・アプローチの具体的な例として、食品業界での取り組みがあります。食品業界では、持続可能な農業や、食品廃棄物の削減、フェアトレードなどの取り組みが進んでいます。これらの取り組みは、環境保全や社会貢献だけでなく、企業のブランドイメージを高めたり、顧客に支持されたりするなど、企業にとってもメリットがあります。 アウトサイド・イン・アプローチは、すべての企業が取り組むべき重要な課題です。このアプローチを導入することで、企業は持続可能な社会の実現に貢献することができ、自らも成長と発展を遂げることができます。
環境問題に関すること

アイドリングストップとは?その目的とメリット

アイドリングストップとは何か アイドリングストップとは、自動車が停止している状態(アイドリング状態)において、エンジンを停止させることで燃費を向上させる技術である。アイドリングとは、停車状態のままエンジンの回転を保つことであり、アイドリング状態にある自動車は、停止状態にも関わらず、エンジンを回すためにガソリンを消費する。アイドリングストップ技術は、このアイドリング状態においてエンジンを停止させることで、ガソリンの消費を削減し、燃費を向上させることを目的とした機能である。アイドリングストップ機能を搭載した自動車は、停車時にドライバーがブレーキを踏んでクラッチを切った状態になると、エンジンが自動的に停止する。そして、ドライバーがアクセルを踏んで発進する際には、エンジンが自動的に再始動する。
環境問題に関すること

アニミズムとは?自然界に宿る精霊たち

-アニミズムとは何か- アニミズムとは、万物に固有の霊魂、意思、または超自然的力があると信じる宗教的信念体系であり、世界中のさまざまな文化で何世紀にもわたって見られてきた考え方です。アニミズムは、自然界のすべてのものには魂があり、それらの魂は自然界の出来事や人間の人生に影響を与えることができると考えています。アニミズムを信じる人々は、岩、木、川、山などの自然物に敬意を払っており、それらの自然物を神聖なものとして扱っています。また、彼らは祖先崇拝や精霊崇拝も行うことが多く、死者の魂は死後も存在し続け、生きている人々に影響を与えると考えています。
環境問題に関すること

環境サミット「を振り返る

アルシュ・サミットの開催概要 アルシュ・サミットは、2023年6月18日から20日まで、フランスのパリで開催されました。このサミットには、G7(先進7カ国)の首脳らが出席し、気候変動や生物多様性、環境汚染など、地球環境問題について議論しました。 サミットでは、気候変動対策として、温室効果ガスの排出削減目標の強化や、再生可能エネルギーの導入促進などについて合意が得られました。また、生物多様性保全についても、生物多様性条約の目標を2030年までに達成することを目指すことなどが盛り込まれました。 サミットの成果として、気候変動対策や生物多様性保全に向けて、国際的な協力が強化されることが期待されています。また、サミットで合意された目標を達成するためには、各国が具体的な行動を起こしていくことが重要です。
環境問題に関すること

アグロフォレストリーとは?

アグロフォレストリーとは、森林と農業の要素を組み合わせた、持続可能な土地利用システムのことです。 広い意味では、森林の中から土地を切り開いて農地にする森林農耕、畑に林木を植える農林共生システム、樹木と農作物を組み合わせて栽培する混農もアグロフォレストリーに含まれます。アグロフォレストリーは、森林を保護し、土壌侵食を防ぎ、生物多様性を維持するのに貢献します。また、農家の収入を増やし、食料安全保障を向上させるのに役立ちます。 アグロフォレストリーの方法は、地域や気候条件によって異なります。一般的に、樹木と農作物を一定の間隔で植えることで、樹木が生長したときには農作物に日陰が差し込まないようになっています。樹木は、土壌の流失を防ぎ、土壌の肥沃度を高めるのに役立ちます。また、樹木の葉や枝は、農作物に肥料として与えることができます。農作物は、樹木の根に栄養分を供給し、樹木の成長を助けます。 アグロフォレストリーは、世界中で実践されています。特に、森林が減少している地域や、農地が貧弱な地域で、アグロフォレストリーは重要な役割を果たしています。アグロフォレストリーは、森林と農業を調和させ、持続可能な土地利用システムを実現するための有効な方法です。
環境問題に関すること

知っておきたい相乗りの魅力

相乗りとは何か? 相乗りとは、複数の人や組織が共同で資源や設備を共有することを意味する。これは、コスト削減、効率性の向上、リスク分散など、さまざまな利点をもたらすことができる。また、イノベーションやコラボレーションを促進し、プロジェクトをより持続可能にするのにも役立つ。相乗りは、さまざまな分野やセクターで使用されており、その形態はさまざまである。
SDGsに関すること

愛知目標とは何か? 2010年愛知県名古屋市COP10採択

愛知目標とは何か? 2010年愛知県名古屋市COP10採択 生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が、愛知県名古屋市で開催されたことを踏まえ、愛知目標とは、2010年10月に採択された「生物多様性新戦略計画」における20の目標です。 生物多様性新戦略計画とは、生物多様性条約第9回締約国会議(COP9)において採択された「2010年までの生物多様性のための行動計画」に代わるものです。愛知県名古屋市で開催されたCOP10で採択され、2011年から2020年までの10年間を目標期間としています。 生物多様性新戦略計画の目標は、生物多様性の保全と持続可能な利用を促進し、生態系サービスの恩恵を人類が享受できるようにすることです。そのために、生物多様性の保全を強化し、生物多様性の持続可能な利用を促進し、生態系サービスの恩恵を公平かつ衡平に共有することを目指しています。 愛知目標は、生物多様性新戦略計画の目標を達成するための具体的かつ定量的な目標です。生物多様性の保全、持続可能な利用、生態系サービスの恩恵の共有の3つの領域で、それぞれ5つの目標が設定されています。愛知目標は、生物多様性の保全と持続可能な利用を促進するための重要な手段であり、その達成に向けて、世界各国が努力しています。
制度に関すること

環境アセスメントを回避する動きとは?『アセス逃れ』を分かりやすく解説

アセス逃れとは何か アセス逃れとは、環境アセスメントを回避するために、環境影響評価法の適用を免れようとする行為のことを指します。具体的には、プロジェクトの規模や内容を意図的に小さく見せたり、事業計画を複数の段階に分けて実施したり、そもそも環境影響評価法の対象外となるように事業計画を設計したりすることが挙げられます。 アセス逃れが行われる理由は様々ですが、主な理由としては、環境アセスメントの実施にかかるコストや時間が膨大であること、環境アセスメントの結果、事業計画が変更されたり、中止されたりする可能性があるため、事業の推進が遅延する懸念があることなどが挙げられます。 アセス逃れは、環境への影響を十分に検討せずに事業を進めることになり、結果として環境破壊や健康被害を引き起こす可能性があります。また、アセス逃れは、環境アセスメント制度の信頼性を低下させ、国民の環境に対する関心を薄れさせることにもつながります。
地球環境に関すること

アルベド(反射係数)とは?環境に与える影響を解説

アルベドとは、天体の表面が太陽光をどの程度反射するかを示す値です。アルベドは、0から1までの値で表され、0が最も暗く、1が最も明るくなります。アルベドは、天体の表面の反射率や色の影響を受けます。例えば、白い雪はアルベドが高く、黒いアスファルトはアルベドが低くなります。 アルベドは、地球の気候に大きな影響を与えます。アルベドが高いほど、太陽光が反射されて宇宙に逃げてしまうため、地球の温度が低くなります。反対に、アルベドが低いほど、太陽光が吸収されて熱に変換されるため、地球の温度が高くなります。 地球のアルベドは、常に変化しています。例えば、海氷が溶けて海面が露出すると、アルベドが下がって地球の温度が高くなります。また、森林が伐採されると、アルベドが上昇して地球の温度が下がることもあります。 アルベドは、地球の気候変動に大きな影響を与えるため、科学者たちはアルベドの変動を研究して、気候変動の予測や対策を立てています。
環境問題に関すること

アカカミアリってどんなアリ?

アカカミアリとは、日本に生息するアリの一種です。生態や習性などに関して、人間の生活に被害が少なく、飼育者が増えています。ただし、アカカミアリの飼育には、さまざまな注意点があります。その理由は、アカカミアリが社会性昆虫であることです。社会性昆虫は、女王アリ、働きアリ、兵隊アリなど、それぞれ役割が異なる個体で構成されています。そのため、飼育するためには、それぞれの個体を適切に飼育する必要があります。また、アカカミアリは、コンクリートや壁などの硬いものをかじるという習性があります。コンクリートや壁を傷付けないよう、適切な飼育環境を整えることが大切です。