科学的調査

組織・団体に関すること

ユネスコ政府間海洋学委員会とは?その目的と活動

ユネスコ政府間海洋学委員会の歴史 ユネスコ政府間海洋学委員会(IOC)は、ユネスコ内の海洋科学の政府間機関であり、海洋科学分野における国際協力を促進するために1960年に設立されました。IOCの目的は、海洋科学の知識を拡大し、海洋資源の持続可能な開発を促進し、海洋に関する政策と意思決定を改善することです。IOCは、海洋観測システムの開発、海洋研究の実施、海洋科学に関する能力開発、海洋に関する政策とガバナンスの強化など、幅広い活動を行っています。 IOCは、各国政府、科学者、海洋関係機関、その他の関係者を含む幅広いステークホルダーと協力して活動しています。IOCは、海洋科学分野における世界的な協力を促進し、海洋の持続可能な管理と開発に貢献しています。
制度に関すること

南極協議国とは

南極協議国とは、1959年に締結された「南極条約」に基づいて設立された国際機関です。この条約は、南極を平和と科学のために確保することを目的としており、南極における領有権の主張や軍事活動の禁止を規定しています。 南極協議国の目的は、南極を平和と科学のために確保することです。 このため、南極条約では、南極における領有権の主張や軍事活動の禁止が規定されています。また、南極の科学調査を促進するため、南極観測基地の建設や科学者の派遣が行われています。 南極協議国は、南極条約を遵守し、南極の平和と科学のために協力する必要があります。このため、南極協議国は、定期的に会合を開いて、南極の情勢や問題点について話し合っています。また、南極の科学調査を促進するため、南極観測基地の建設や科学者の派遣を支援しています。