省エネ

地球環境に関すること

クールビズとは?環境に優しいビジネススタイル

クールビズとは、夏場に室内の冷房温度を28℃に設定し、軽装で過ごすことで、消費電力を削減し、地球温暖化を防止することを目的とした取り組みです。経済産業省が2005年から推進しており、現在では多くの企業や官公庁が導入しています。 クールビズの概要は、期間は6月から9月とし、服装は襟付きシャツやポロシャツ、スラックスや七分丈パンツなど、軽装で過ごすことが基本とされています。また、ノーネクタイやサンダル着用も認められています。 クールビズの目的は、地球温暖化を防止することです。冷房の使用を抑えることで、消費電力を削減し、二酸化炭素の排出量を減らすことができます。また、軽装で過ごすことで、従業員の健康増進にもつながります。
エネルギーに関すること

エネファームとは?仕組みとメリットを解説

エネファームとは、天然ガスや都市ガス、灯油などを燃料として発電と給湯を同時に行うことができる家庭用燃料電池のことです。燃料電池とは、水素と酸素を化学反応させて電気を発生させる装置のことです。エネファームは、燃料電池の原理を利用して、発電と給湯を同時に行うことができます。 エネファームは、従来の給湯器よりもエネルギー効率が高く、CO2排出量も少なくなっています。また、エネファームは、停電時にも発電を続けることができるため、非常用電源としても利用することができます。
地球環境に関すること

次世代の建物のあり方:ネット・ゼロ・エネルギー・ビルの特徴とメリット

ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)とは、年間のエネルギー消費量と再生可能エネルギーの生産量を一致させた建物のことです。ZEBは、エネルギー効率の高い建物構造、再生可能エネルギーシステム、断熱材などの技術を組み合わせて、エネルギー使用量を最小限に抑えながら、再生可能エネルギーを最大限に活用して、年間のエネルギー使用量をゼロにすることを目指しています。 ZEBは、環境に優しいだけでなく、経済的にもメリットがあります。ZEBは、エネルギー消費量が少なく済むため、光熱費を削減することができます。また、再生可能エネルギーを生産することで、余剰電力を売電して収入を得ることができます。さらに、ZEBは、エネルギー効率の高さや再生可能エネルギーの利用などによって、建物の価値を高めることができます。
環境問題に関すること

グリーンリースとは何か?その仕組みとメリットを解説

グリーンリースとは、リース会社が所有する環境配慮型の設備や機械を、リース契約を締結した企業や個人に経済的な価格で貸与する仕組みです。このリース契約には、メンテナンスや修理、保証などのサービスが含まれており、リース期間中はリース会社がこれらのサービスをすべて提供します。リース期間終了後は、設備や機械をリース会社に返却するか、リース契約を延長するか、リース会社から買い取ることができます。グリーンリースは、企業や個人にとって環境配慮型の設備や機械を導入するための経済的な負担を軽減するのに役立つ有効な手段であり、また、環境保全にも貢献できる仕組みです。
地球環境に関すること

うちエコ診断で快適で省エネな暮らしを実現

うちエコ診断とは、住宅の省エネ性能や、実際の暮らし方などを診断し、省エネ効果の高いリフォームや、省エネに役立つ暮らし方などのアドバイスを受けることができるサービスです。 このサービスは、国土交通省が推進しており、全国各地の自治体や民間企業が実施しています。 診断の結果は、住宅の省エネ性能や、暮らし方によって異なりますが、一般的には、断熱材の施工や、高効率な家電製品への交換、省エネに配慮した生活習慣の改善などが提案されます。 診断を受けることで、住宅の省エネ性能を向上させ、光熱費を節約することができます。また、快適で省エネな暮らしを実現するためのヒントを得ることができます。
地球環境に関すること

待機とは?定義と電気代・CO2排出量・削減方法を解説

- 待機電力は無意味? 待機電力は家電製品が通電状態にあるときに消費する電力を指します。待機電力は、製品が実際に動作していないときでも電力を消費しており、無駄な電力消費につながります。 待機電力は、テレビ、パソコン、ゲーム機、携帯電話の充電アダプターなど、多くの家電製品で使用されています。待機電力による年間の電気代は、家電製品の種類や使用頻度によって異なりますが、一般家庭で年間数百円から数千円程度になると言われています。 また、待機電力はCO2排出量にも影響を与えます。待機電力は、火力発電所などで発電される電力を使用しているため、待機電力を削減することでCO2排出量を削減することができます。 待機電力を削減するためには、以下の方法があります。 * 家電製品を使用しないときは、電源プラグをコンセントから抜く。 * 待機電力を抑えることができる省エネ家電を選ぶ。 * 待機電力を一括でオフにすることができる待機電力タップを使用する。 * 「スマートプラグ」を使用し、遠隔操作で電源のオン/オフを切り替える。 待機電力を削減することで、電気代やCO2排出量を削減することができます。小さな積み重ねですが、環境に優しい生活を送るためにも、待機電力の削減に取り組んでみましょう。
エネルギーに関すること

ロ・ハウス構想とは

ロ・ハウス構想の基本理念とは、持続可能な社会を実現するための総合的な取り組みです。この理念は、環境、経済、社会の3つの柱をバランスよく発展させることを目指しています。 環境の柱は、地球環境の保全と持続可能な資源利用を目的としています。経済の柱は、経済成長と雇用の創出を目的としています。そして、社会の柱は、公正な社会の実現と社会福祉の増進を目的としています。 ロ・ハウス構想は、これらの3つの柱をバランスよく発展させることで、持続可能な社会を実現することを目指しています。この構想は、現在、世界中の多くの国や地域で実施されており、持続可能な社会の実現に向けて大きな貢献を果たしています。
環境問題に関すること

知っておきたい相乗りの魅力

相乗りとは何か? 相乗りとは、複数の人や組織が共同で資源や設備を共有することを意味する。これは、コスト削減、効率性の向上、リスク分散など、さまざまな利点をもたらすことができる。また、イノベーションやコラボレーションを促進し、プロジェクトをより持続可能にするのにも役立つ。相乗りは、さまざまな分野やセクターで使用されており、その形態はさまざまである。
制度に関すること

家電エコポイントを知ろう

家電エコポイントとは、エネルギー消費の少ない家電製品の購入に対して、ポイントが還元される制度のことです。この制度は、エネルギー消費の少ない家電製品の購入を促進し、省エネ化を図ることを目的としています。 家電エコポイント制度は、2009年10月に開始され、2012年3月末に終了しました。この制度では、エネルギー消費の少ない家電製品の購入に対して、購入金額に応じてポイントが還元されました。 家電エコポイントの還元額は、製品の種類や省エネ性能によって異なりました。例えば、省エネ性能の高いエアコンを購入した場合には、10,000円のポイントが還元されました。 家電エコポイント制度は、省エネ化を図るために有効な制度でしたが、現在は終了しています。しかし、現在でも、省エネ家電製品を購入すると、税制上の優遇措置を受けることができます。
エネルギーに関すること

建築物の省エネに関する法律を解説

建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律とは? 建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律(建築物省エネ法)は、建築物のエネルギー消費性能の向上を図ることにより、地球温暖化対策を推進するとともに、建築物の所有者及び利用者の経済的な負担の軽減を図ることを目的としています。 この法律では、建築物のエネルギー消費性能を評価し、その結果に基づいて建築物の省エネ性能を格付けする制度を定めています。また、省エネ性能の優れた建築物を建設する際に、建築主に対して補助金や税制上の優遇措置を講じることになっています。 この法律は、2005年に公布され、2006年に施行されました。施行後、建築物のエネルギー消費性能は大幅に向上しました。2014年版の省エネ住宅平均省エネ率は、1990年版よりも23.5%向上しました。 この法律は、地球温暖化対策や省エネを推進する上で重要な役割を果たしています。
エネルギーに関すること

サンシャイン計画とは?

サンシャイン計画とは、資源のない日本が将来のエネルギー源の選択肢の一つとして、太陽光による電気を利用するため、1974年に当時の田中角栄首相の下で始まった国家プロジェクトのことです。 サンシャイン計画の概要は、次のとおりです。 ・目標2000年までに太陽光発電の発電コストを現在の1/10にすること。 ・予算総額約1兆円。 ・実施期間1974年から2000年まで。 ・内容太陽光発電の研究開発、太陽光発電システムの導入促進、太陽光発電の国際協力など。 サンシャイン計画の結果、日本の太陽光発電技術は世界をリードするレベルに達し、太陽光発電のコストも大幅に削減されました。また、太陽光発電システムの導入も進み、2000年には日本の太陽光発電の導入量は世界一となりました。 サンシャイン計画は、日本の太陽光発電の普及に大きく貢献した国家プロジェクトです。
地球環境に関すること

真水とは何か?- 環境・温室効果ガス削減の視点から

真水とは何か?- 環境・温室効果ガス削減の視点から 真水の定義と由来 真水とは、塩分やその他の不純物が含まれていない水のことです。真水は、地球上の水の約2.5%を占めています。真水は、海水の蒸発によって大気中に水蒸気となり、それが雲を形成し、雨が降って地上に降り注ぐことで作られます。真水は、人間や動物が飲む水として、また、植物が育つための水として、不可欠なものです。
エネルギーに関すること

トップランナー方式:省エネと持続可能性への道

トップランナー方式省エネと持続可能性への道 トップランナー方式とは? トップランナー方式とは、省エネ性能や環境性能において最も優れている製品や技術を「トップランナー」として設定し、他の製品や技術はそのトップランナーの性能を目標として向上することを促す制度のことです。この制度は、省エネや環境への負荷低減を目的として、多くの国や地域で導入されています。日本では、1999年に「省エネ法」が制定され、トップランナー方式が導入されました。この制度は、家電製品やオフィス機器、自動車など、様々な製品を対象としており、各製品の省エネ性能や環境性能の基準を定めています。 トップランナー方式は、製品の省エネ性能や環境性能の向上を促すことで、省エネや環境への負荷低減に貢献しています。また、この制度は、消費者に省エネ製品や環境に優しい製品を選択する機会を提供しており、消費者の環境意識の向上にも寄与しています。
環境対策技術に関すること

ハイブリッド自動車の仕組みと特徴

ハイブリッド自動車は、2つ以上の動力源を組み合わせた自動車のことであり、ガソリンエンジンと電気モーターの組み合わせが一般的です。ハイブリッド自動車は、電気モーターのみで走行するEVモード、ガソリンエンジンのみで走行するHVモード、電気モーターとガソリンエンジンの両方を併用して走行するハイブリッドモードの3つの走行モードがあります。 ハイブリッド自動車は、ガソリンエンジン車よりも燃費が良く、排気ガスが少ないのが特徴です。また、電気モーターによる走行は静かで、乗り心地も良く、街中での走行に適しています。ガソリンエンジン車に比べて基本的には高価ですが、モデルによっては政府の補助金や税金の優遇を受けることができます。 ハイブリッド自動車には、大きく分けてシリーズ式とパラレル式という2つの方式があります。シリーズ式は、電気モーターのみで走行し、駆動用バッテリーに電気を供給するために内燃機関を使用します。一方、パラレル式は、電気モーターと内燃機関の両方で走行することができ、駆動用バッテリーの状態や走行条件に応じて、電気モーターのみ、内燃機関のみ、または電気モーターと内燃機関の両方を組み合わせて走行します。また、ハイブリッド自動車には、プラグインハイブリッド車(PHV)という種類があります。プラグインハイブリッド車は、バッテリーを外部から充電することができ、ガソリンエンジンを使用せずに走行することができます。
エネルギーに関すること

環境に優しいグリーンエネルギーについて

環境に優しいグリーンエネルギーについて 再生可能エネルギーの必要性 私たちは今、地球温暖化や大気汚染など、多くの環境問題に直面しています。これらの問題を解決するためには、再生可能エネルギーの導入が急務です。再生可能エネルギーとは、太陽光、風力、水力、地熱など、自然界に存在するエネルギー源を利用したエネルギーのことです。再生可能エネルギーは、二酸化炭素を排出しないため、地球温暖化を抑制することができます。また、化石燃料に比べてエネルギーコストが低いため、経済的にもメリットがあります。今後、再生可能エネルギーの導入が進めば、環境問題の解決に大きく貢献することが期待されています。
エネルギーに関すること

省エネ製品買換ナビ~しんきゅうさん

省エネ製品買換ナビ~しんきゅうさん~を使うことで、買うべき省エネ製品が分かります。 このサイトは、購入検討中の家電製品や住宅の省エネ性能を評価し、より高性能な商品を提案してくれます。 例えば、冷蔵庫の購入を検討している場合、冷蔵庫のメーカー、型番、容量、年式を入力すると、その冷蔵庫の省エネ性能が評価され、より省エネ性能の高い冷蔵庫が提案されます。また、住宅の断熱性能を評価し、より断熱性能の高い住宅を提案してくれる機能もあります。
エネルギーに関すること

フィフティフィフティとは?

フィフティフィフティとは? フィフティフィフティとは、50%ずつ負担したり、分け合ったりすることです。例えば、2人で食事をした場合、代金を半分ずつ支払うのはフィフティフィフティです。また、夫婦で家事を分担する場合、夫と妻がそれぞれ50%ずつ負担するのはフィフティフィフティです。 フィフティフィフティは、公平感があり、お互いの負担が少なくなるというメリットがあります。しかし、どちらかが負担を多く負う場合や、意見が合わずにうまく分担できない場合もあります。そのため、フィフティフィフティを成功させるためには、お互いに協力し、コミュニケーションをとることが大切です。 フィフティフィフティは、男女平等や社会正義の観点からも重要です。男女平等を実現するためには、家庭や職場での家事や仕事の分担をフィフティフィフティにすることが必要とされています。また、社会正義を実現するためには、富や権力をフィフティフィフティで分配することが必要とされています。
SDGsに関すること

サマータイムとは?地球温暖化との関係は?

サマータイムとは、夏季の間、標準時よりも1時間進めた時刻を使用することです。夏の間は日照時間が長いため、標準時よりも1時間進めた時刻を使用することで、日没までの時間に余裕が生まれ、夏場の節電に効果的です。 サマータイムは、1916年にドイツで初めて導入されました。その後、多くの国で導入され、現在では世界約70か国で実施されています。日本でも、1948年から1951年まで実施されましたが、現在は実施されていません。 サマータイムの導入目的は、夏場の節電です。夏の間は日照時間が長いため、標準時よりも1時間進めた時刻を使用することで、日没までの時間に余裕が生まれ、照明の使用時間を短縮することができます。日本では、サマータイムを導入することで、年間約100万キロリットルの石油を節約できると推定されています。 また、サマータイムは、国民の健康にも良い影響を与えると考えられています。日照時間が長くなることで、人々が屋外で活動する時間が増え、運動不足や肥満を防ぐ効果が期待できます。また、日没までの時間が長くなることで、ストレスが軽減され、睡眠の質が高まるという研究結果もあります。
地球環境に関すること

ウォームビズで環境を守る

ウォームビズとは何か? ウォームビズとは、暖房に頼りすぎず、服装や室温の適正化などによって、エネルギー消費を抑える取り組みのことです。ウォームビズは、地球温暖化対策として、2005年に経済産業省が提唱しました。ウォームビズを実践することで、二酸化炭素排出量を削減することができ、地球温暖化の防止に貢献することができます。また、ウォームビズは、エネルギー消費を抑えることで、光熱費を節約することもできます。ウォームビズは、地球温暖化対策と省エネの両方を兼ね備えた取り組みです。
エネルギーに関すること

創エネとは?わかりやすく解説!

創エネとは?わかりやすく解説! 創エネとは? 創エネとは、再生可能エネルギーなどの自然エネルギーを源として、電気を生み出すことです。化石燃料に頼らないため、二酸化炭素の排出量を削減し、地球温暖化を防ぐのに役立ちます。創エネは、太陽光発電、風力発電、水力発電、地熱発電、バイオマス発電など様々な方法があります。 創エネのメリット 創エネのメリットは、化石燃料に頼らないため、二酸化炭素の排出量を削減し、地球温暖化を防ぐことに貢献できることです。また、石油や天然ガスなどの化石燃料の価格高騰や不安定な供給に左右されないため、エネルギーの安定供給にもつながります。さらに、創エネは地域経済の活性化に寄与し、雇用を創出することにもつながります。 創エネの課題 創エネの課題は、化石燃料に比べてコストが高いことです。また、太陽光発電や風力発電は天候に左右されるため、安定した電力の供給が難しいという課題もあります。しかし、近年、創エネのコストは低下しており、技術の進歩により、安定した電力の供給も可能になってきています。
地球環境に関すること

国際気候シンボルとは?その意味と使い方

国際気候シンボルとは、気候変動問題の深刻さを認識し、気候変動対策の必要性を喚起するために制定されたシンボルマークです。2015年に開催された国連気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)で採択された「パリ協定」のロゴマークが、国際気候シンボルとして広く知られています。このシンボルマークは、気候変動によって影響を受ける5つの要素である、氷河、海、林、地球、太陽をデザイン化したものです。これらの要素が組み合わされ、気候変動問題の複雑さと地球全体の温暖化の影響を象徴しています。 国際気候シンボルは、世界のさまざまな場所で気候変動対策のキャンペーンやイベントに使用されています。また、学校や企業、政府機関などでも気候変動問題の啓発のために使用されています。国際気候シンボルは、単なるシンボルマーク以上の存在であり、気候変動問題への取り組みを呼びかける世界共通のシンボルとして、多くの人々に認知され、親しまれています。