生物多様性

地球環境に関すること

地球規模生物多様性概況第5版とは?

地球規模生物多様性概況第5版は、世界の生物多様性に関する最も包括的な評価であり、2022年5月に国際連合環境計画(UNEP)から公表された報告書です。この報告書は、地球規模の生物多様性が急速に失われていることを明らかにし、人間の活動がその主な原因であると結論付けています。 地球規模生物多様性概況第5版によると、地球上の生物の約100万種が絶滅の危機に瀕しており、そのうち30〜50%は今後数十年で絶滅する可能性が高いとされています。これは、人間による自然破壊、気候変動、汚染などが主な原因です。 生物多様性の喪失は、人間の健康や食料安全保障、気候変動への適応など、さまざまな面で悪影響を及ぼします。また、生物多様性は文化や伝統、美学など、人間にとって精神的な価値も持っています。 地球規模生物多様性概況第5版は、生物多様性の喪失を食い止めるために、自然破壊や気候変動、汚染などの根本的な原因に対処する必要があると勧告しています。また、生物多様性を保護するための法制度を整備し、生物多様性保全のための資金を増やすことも重要です。地球規模生物多様性概況第5版は、世界中の人々に生物多様性の重要性を認識してもらい、生物多様性を保全するための行動をとるよう呼びかけています。
環境問題に関すること

地球規模生物多様性概況第2版とは

地球規模生物多様性概況第2版の概要 地球規模生物多様性概況第2版は、国際的な専門家グループである生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学政策プラットフォーム(IPBES)が2019年に発表した報告書である。報告書は、1950年代以降の人間活動によって地球の生物多様性が前例のない速度で失われていると述べている。この報告書は、人間活動が生物多様性と生態系サービスを失わせる主要な原因であると示唆している。これは、ランドユースの変化、農業や水産業の強化、大気汚染、海洋酸性化、外来種の導入などによるものである。 報告書は、生物多様性の喪失が様々な生態系に影響を与え、極端な気象現象が多発し、食料や水資源の不足、伝染病の蔓延、健康への影響など、人間の健康と生活に重大な影響を及ぼす可能性があると警告している。報告書は、生物多様性の喪失に歯止めをかけるためには、持続可能な生産と消費の促進、土地や海の保護、野生生物の取引の規制、気候変動対策を講じる必要があると主張している。
環境問題に関すること

特定外来生物法の基礎知識

特定外来生物法とは、特定外来生物の導入、飼育等を規制し、生態系や人の生命・身体等への被害を防止するため、その指定や関係者の努力義務等を定めた法律です。 特定外来生物とは、外来生物のうち、生態系、人の生命・身体、農林水産業や経済活動等に被害を及ぼすおそれがあるものや、それらの被害を拡大するおそれがあるものを指します。 特定外来生物法は、2005年(平成17年)4月1日に施行されました。特定外来生物に指定された生物を許可なく輸入、飼育、栽培、保管、運搬、販売、譲渡、放逐する行為を禁止しています。 また、特定外来生物を発見した場合は、指定地域に生息している場合は環境省に、指定地域以外に生息している場合は都道府県知事や市町村長に届け出ることが義務付けられています。
環境問題に関すること

環境指標種調査ってなに?

環境指標種調査とは、環境の状態や変化を把握するために、特定の生物種を指標として調査する方法です。 環境指標種とは、環境の変化に敏感に反応し、その変化を反映した行動や生息状況を示す生物種のことです。環境指標種調査では、環境指標種が生息する環境を調査し、その環境の状態や変化を把握します。 環境指標種調査は、環境のモニタリングや評価、保全計画の立案などに利用されます。環境のモニタリングでは、環境指標種を用いて環境の状態を継続的に監視し、環境の変化を早期に検出します。環境の評価では、環境指標種を用いて環境の状態を評価し、環境の保全や改善のための対策を検討します。環境の保全計画の立案では、環境指標種を用いて環境の保全目標を設定し、その目標を達成するための対策を検討します。
環境問題に関すること

リオ3条約とは?3つの条約の概要と内容

リオ3条約の概要 リオ3条約は、1992年にブラジルのリオデジャネイロで開催された国連環境開発会議(UNCED)で採択された3つの条約の総称です。 この条約は、持続可能な開発、気候変動、生物多様性の3つの分野を対象としています。 最初の条約である「環境と開発に関するリオ宣言」は、持続可能な開発の原則を宣言したものです。この原則には、環境保護と経済発展の両立、開発の利益と環境の保護のバランス、予防原則、汚染者負担原則、国際協力、持続可能な開発の権利などがあります。 2番目の条約である「気候変動に関する枠組条約」は、気候変動の原因である温室効果ガスの排出削減を目的としたものです。この条約は、先進国と途上国を区別して、温室効果ガス排出削減の義務を課しています。先進国は、温室効果ガス排出量を削減し、途上国は、温室効果ガス排出量の増加を抑制することが義務付けられています。 3番目の条約である「生物多様性条約」は、生物多様性の保全と持続可能な利用を目的としたものです。この条約は、生物多様性の保全、生物多様性の持続可能な利用、生物多様性に関する知識の共有などを目標としています。 リオ3条約は、持続可能な開発、気候変動、生物多様性の3つの分野において、国際社会の共通認識と行動指針を定めた重要な条約です。 1992年に採択されて以来、多くの国が批准しており、国際社会の環境政策に大きな影響を与えてきました。
環境問題に関すること

国連生物多様性サミットとは?

国連生物多様性サミットとは? 国連生物多様性サミットは、生物多様性保全の重要性について議論する国際会議です。国連生物多様性条約(CBD)締約国会議(COP)の一環として、2年に1回開催されています。生物多様性条約締約国会議(COP)は、生物多様性の保護と持続可能な利用のための国際的な枠組みを形成する条約である生物多様性条約(CBD)に基づいて行われる会議のことです。COPは締約国であるすべての国を代表する代表者が参加し、生物多様性の保護と持続可能な利用に関するさまざまな問題を議論する場となっています。 国連生物多様性サミットの概要 国連生物多様性サミットでは、生物多様性の現状と課題、生物多様性を保全するための対策などについて議論されます。生物多様性の保全と持続可能な利用、生物多様性を利用することによる経済・社会的な利益の共有、生物多様性に関する科学的および技術的な協力が議論されています。また、生物多様性保全の資金についても議論されます。国連生物多様性サミットは、生物多様性保全の重要性について世界的な認識を高め、具体的な行動につなげることを目的としています。これまでにも多くの成果を上げてきました。例えば、2010年に開催されたCOP10では、2020年までに生物多様性の損失を食い止めることを目指す「愛知ターゲット」が採択されました。
制度に関すること

自然関連財務情報開示タスクフォースとは

TNFD框架の概要 TNFD框架は、生物多様性、森林、土壌、水、海洋、大気など、自然資本の生態学的側面と経済的側面の両方を捉えています。また、気候変動との関係も考慮しています。TNFD框架は、企業が自然資本に関連するリスクや機会を特定し、評価し、開示するためのガイダンスを提供しています。TNFD框架は、企業が自然資本の持続可能な管理を促進し、自然への依存を軽減するために役立つものと期待されています。 TNFD框架は、4つの主要な柱で構成されています。 リスクと依存性企業が自然資本に関連するリスクと依存性を特定し、評価するためのガイダンスを提供しています。 インパクト企業が自然資本に与える影響を特定し、評価するためのガイダンスを提供しています。 目標と目標設定企業が自然資本に関連する目標を設定し、進捗状況を追跡するためのガイダンスを提供しています。 ガバナンスと戦略企業が自然資本を効果的に管理するためのガバナンスと戦略を開発するためのガイダンスを提供しています。 TNFD框架は、企業が自然資本に関連するリスクや機会を特定し、評価し、開示するためのガイダンスを提供しています。TNFD框架は、企業が自然資本の持続可能な管理を促進し、自然への依存を軽減するために役立つものと期待されています。
地球環境に関すること

生息域外保全とは?野生復帰を目的とした保護の取り組みを解説

生息域外保全とは、野生生物の生息地が破壊されたり、気候変動の影響を受けるなどして、その種の生存が脅かされている場合、その種を人為的に保護し、増殖させて、最終的には自然界に再導入することです。近年、生息地破壊や気候変動などにより、多くの野生生物の生息地が失われ、その生存が脅かされています。そこで、絶滅危惧種の保護を目的として、生息域外保全が注目されています。 生息域外保全は、絶滅危惧種の保護だけでなく、種の多様性を保全し、生態系のバランスを維持することにもつながります。また、生息域外保全によって、野生生物の生態や行動を研究することができ、種の保全に役立つ知見を得ることができます。
環境問題に関すること

環境不動産と持続可能な社会

環境不動産とは、環境に配慮した設計や建設、運営が行われている不動産のことです。環境保全や省エネルギー、再生可能エネルギーの利用など、地球環境に配慮した取り組みを行っている不動産を指します。 環境不動産は、単に環境負荷を軽減するだけでなく、快適な生活環境や健康的な職場環境を提供することも目的としています。そのため、環境不動産は、居住性や利便性、景観など、住みやすさを重視した設計が行われています。また、環境不動産は、テナントや利用者のWell-being(幸福度)を高めることも目指しています。 環境不動産は、持続可能な社会の実現に貢献する不動産として注目されています。環境不動産の普及は、地球温暖化や環境汚染などの地球環境問題を解決し、より良い社会を創造することにつながると考えられています。
環境問題に関すること

アカカミアリってどんなアリ?

アカカミアリとは、日本に生息するアリの一種です。生態や習性などに関して、人間の生活に被害が少なく、飼育者が増えています。ただし、アカカミアリの飼育には、さまざまな注意点があります。その理由は、アカカミアリが社会性昆虫であることです。社会性昆虫は、女王アリ、働きアリ、兵隊アリなど、それぞれ役割が異なる個体で構成されています。そのため、飼育するためには、それぞれの個体を適切に飼育する必要があります。また、アカカミアリは、コンクリートや壁などの硬いものをかじるという習性があります。コンクリートや壁を傷付けないよう、適切な飼育環境を整えることが大切です。
環境問題に関すること

環境危機時計とは?地球環境の現状と危機感を学ぶ

公益財団法人旭硝子財団とは、1932 年に設立された公益財団法人です。同財団は、ガラスの研究開発や文化振興に関する事業、ならびに社会貢献活動を行っています。また、環境問題に関する事業にも積極的に取り組んでおり、その一環として「環境危機時計」の運営を支援しています。 環境危機時計は、地球環境の現状と将来の見通しを示した世界的な指標です。その内容は、気候変動、生物多様性、水資源、森林、海洋汚染の 5 つの分野で構成されています。各分野の状況は、科学者や専門家による調査に基づき、時計の針として表示されます。針が 12 時に近いほど、その分野の危機感が高まっていることを意味します。 環境危機時計は、地球環境の現状と将来の見通しをわかりやすく示すことで、人々に危機感を呼び起こし、環境問題への取り組みを促すことを目的としています。公益財団法人旭硝子財団は、このプロジェクトを支援することで、地球環境の保全に貢献しています。
地球環境に関すること

DIWPAとは?その役割と取り組み

DIWPAとは、Disability Insurance Work Program Agreementの略称であり、障害保険の就労プログラムに関する合意書の名称です。このプログラムは、障害者に就労の機会を提供し、彼らの社会参加を促進することを目的としています。 DIWPAは、障害者のための就労支援プログラムを充実させるために、2014年に米国政府と障害者団体との間で締結された合意書です。このプログラムは、障害者が就業する上で直面する課題を特定し、それらの課題を克服するための支援策を提供することを目的としています。 DIWPAの主な取り組みには、障害者のための就労支援サービスの提供、雇用主に対する障害者の雇用促進、障害者のための就労環境の改善などが含まれます。このプログラムを通じて、障害者は就労の機会を得ることができ、彼らの社会参加が促進されることが期待されています。
環境問題に関すること

ネイチャーポジティブとは何か?自然資本と生物多様性を取り戻す取り組み

ネイチャーポジティブの定義とは? ネイチャーポジティブとは、自然環境を回復し、維持し、強化することを目指すアプローチであり、持続可能な開発を達成するためには不可欠なものです。 ネイチャーポジティブな開発とは、生物多様性や生態系サービスの浄化、森林と湿地の回復、持続可能な農業慣行の採用など、自然環境を回復し、維持し、強化することを目指す開発のことです。 ネイチャーポジティブな世界を実現するためには、自然資本の保全と修復、持続可能な農業および林業の実践、汚染の削減など、あらゆる層の社会が協力して取り組む必要があります。
その他に関すること

パラタクソノミストを知っていますか?

パラタクソノミストとは、生物の分類や命名などの研究を行う専門家のことです。彼らは、生物の多様性を調査し、その特徴を記録し、それらを分類する役割を担っています。パラタクソノミストは、博物館や大学、政府機関などに所属しており、生物の分類や命名に関する研究を行うことで、生物多様性の保全や生態系の維持に貢献しています。 パラタクソノミストの仕事は、生物を収集し、その特徴を記録し、分類することです。そのため、彼らは野外での調査や、博物館や大学での実験室での研究を行う必要があります。また、パラタクソノミストは、生物の分類や命名に関する論文を発表したり、学会に参加したりして、研究成果を世界に発信しています。 パラタクソノミストは、生物の分類や命名に関する専門家として、生物多様性の保全や生態系の維持に貢献しています。そのため、彼らの仕事は、地球環境の保全や持続可能な社会の実現に不可欠なものと言えます。
環境問題に関すること

持続可能な森林経営とは?森林の健全性を維持するために

持続可能な森林経営とは?森林の健全性を維持するために 持続可能な森林経営の定義 持続可能な森林経営とは、森林の環境機能を損なうことなく、森林の生産性を維持し、森林の多様な価値を尊重した森林経営である。持続可能な森林経営では、森林の環境機能を損なうことのないように、伐採や植林などの森林作業を行う。 また、森林の生産性を維持するために、森林の施業計画を立て、適切な森林管理を行う必要がある。さらに、森林の多様な価値を尊重するため、森林の生態系を保護し、森林に住む人々の生活を尊重する必要がある。 持続可能な森林経営は、森林の健全性を維持するために必要不可欠である。森林の健全性が維持されることで、森林は環境機能を発揮し、森林の生産性が維持され、森林の多様な価値が尊重される。
地球環境に関すること

生物多様性を知り保全する:環境用語『インベントリー』深堀り

インベントリーとは、ある地域の生物の種類と分布を記録し、調査することです。生物多様性研究の重要な基礎であり、生態系を理解し、保全戦略を立てるために不可欠です。インベントリーを実施することで、その地域の生物相を明らかにし、希少種や絶滅危惧種の生息状況を把握することができます。また、生息地の変化や外来種の侵入など、生物多様性に影響を与える要因を特定することも可能です。インベントリーは、研究者や自然保護団体だけでなく、地域住民や行政も協力して実施できる活動であり、生物多様性の保全に貢献することができます。
環境問題に関すること

ギャップ分析:保護目標と保護地域の比較

ギャップ分析とは何か? ギャップ分析とは、保護目標と保護地域を比較して、保護目標の達成度を評価する方法です。保護目標とは、保護区を設置する目的を達成するために決められた目標であり、保護地域とは、保護目標を達成するために設定された地域のことです。ギャップ分析では、保護目標と保護地域を比較して、保護目標が達成されているかどうかを評価します。保護目標が達成されていない場合は、目標達成のために必要な追加の保護地域を設定する必要があります。 ギャップ分析は、保護区の計画や管理において重要な役割を果たします。ギャップ分析を行うことで、保護区の計画や管理において優先的に取り組むべき課題を特定することができ、保護区の効率的な管理に役立てることができます。また、ギャップ分析は、保護区の保護効果を評価するためにも使用することができます。ギャップ分析を行うことで、保護区の保護効果を評価し、保護区の管理を改善するための対策を講じることができます。
組織・団体に関すること

コスタリカの環境保全研究所『インビオ』

コスタリカの環境保全研究所「インビオ」は、1998年に中米で初めて設立された政府機関です。インビオの使命は、中米の生物多様性を研究し、その保全と持続可能な利用を促進することです。インビオは、中米の熱帯雨林やサンゴ礁、マングローブ林などの生態系を研究しており、その研究成果は、環境保全や持続可能な開発のための政策や計画の策定に役立っています。また、インビオは、中米の生物多様性を一般の人々に伝えるための活動にも取り組んでいます。
環境問題に関すること

バイオセーフティとは?

バイオセーフティの概要 バイオセーフティとは、生物学的危害から人間と環境を守るための手段の総称です。それは、生物学的危害の特定、評価、予防、制御、管理の5つの要素で構成されています。 バイオセーフティの特定は、生物学的危害の可能性がある生物学的物質やプロセスを特定することです。生物学的危害の評価は、生物学的危害の可能性がある生物学的物質やプロセスの危険性を評価することです。生物学的危害の予防は、生物学的危害が発生するのを防ぐための措置を講じることです。生物学的危害の制御は、生物学的危害が発生した際に被害を最小限に抑えるための措置を講じることです。生物学的危害の管理は、生物学的危害が発生した際に被害を最小限に抑えるための措置を講じることです。 バイオセーフティは、医療、研究、産業、農業など、さまざまな分野で重要です。医療では、バイオセーフティは、医療従事者や患者を生物学的危害から守るために重要です。研究では、バイオセーフティは、研究者や実験動物を生物学的危害から守るために重要です。産業では、バイオセーフティは、労働者を生物学的危害から守るために重要です。農業では、バイオセーフティは、家畜や植物を生物学的危害から守るために重要です。
環境問題に関すること

生物多様性フォーラムとは?

生物多様性フォーラムとは、生物の多様性や生態系、環境保全などの問題について議論し、解決策を模索するための国際的な会合のことです。 生物多様性フォーラムは、1992年にブラジルのリオデジャネイロで開催された「地球サミット」をきっかけに設立され、生物の多様性に関する条約である「生物多様性条約」の採択につながりました。 生物多様性フォーラムは、政府、科学者、企業、NGOなど、さまざまなステークホルダーが参加し、生物多様性の保全や持続可能な開発について議論しています。 生物多様性フォーラムは、2年ごとに開催されており、次回の開催は2022年に中国の昆明で開催される予定です。
環境問題に関すること

名古屋・クアラルンプール補足議定書とは?

名古屋・クアラルンプール補足議定書とは 名古屋・クアラルンプール補足議定書は、生物多様性条約の第10条に基づき、遺伝資源の利用から生じる利益の衡平な配分に関する国際的な合意です。この補足議定書は、1992年にリオデジャネイロで開催された地球サミットで採択された生物多様性条約の補足議定書であり、2010年に名古屋で開催された生物多様性条約第10回締約国会議で採択されました。この補足議定書は、2014年に発効し、現在、92カ国が締約国となっています。 名古屋・クアラルンプール補足議定書の概要 名古屋・クアラルンプール補足議定書は、以下の四つの分野で合意しています。 1. 遺伝資源の利用から生じる利益の衡平な配分 2. 遺伝資源の利用に関する事前の情報提供と同意取得 3. 遺伝資源の利用に関する能力強化 4. 遺伝資源の利用に関する情報交換 この補足議定書は、遺伝資源の利用から生じる利益を、遺伝資源を提供した国や地域、また、遺伝資源を収集した国や地域の間で衡平に配分することを目的としています。また、この補足議定書は、遺伝資源の利用に関する事前の情報提供と同意取得を義務付けており、遺伝資源の利用に関する能力強化と情報交換を促進しています。
環境問題に関すること

モノカルチャーとは?農業における単一栽培の意味と問題点

モノカルチャーとは、特定の作物を大規模に一箇所に集中して栽培する農業方式のことです。これにより、生産性を高め、コストを削減することができますが、同時に、環境へのダメージや病害虫のリスクが高まるという問題点も生じます。 モノカルチャーがもたらす環境へのダメージとしては、土壌の浸食、水の汚染、生物多様性の減少などが挙げられます。土壌が同じ作物で覆われていると、土壌の養分が枯渇し、やがて浸食されるようになります。また、農薬や肥料の使用量が集中するため、水質汚染が起きやすくなります。さらに、単一栽培では生物多様性が失われるため、生態系のバランスが崩れやすくなります。 また、モノカルチャーでは病害虫が発生しやすくなります。これは、同じ作物が大規模に栽培されているため、病害虫が蔓延しやすくなるからです。病害虫が発生すると、作物の収穫量が減少したり、品質が低下したりします。さらに、病害虫を駆除するために農薬を使用すると、環境汚染がさらに進みます。 モノカルチャーのこれらの問題点を軽減するためには、輪作や混作を行うことが有効です。輪作とは、同じ作物を同じ場所に連続して栽培せずに、異なる作物を交互に栽培する農業方式です。混作とは、異なる作物を同じ場所に同時に栽培する農業方式です。これらの手法により、土壌の養分を保持し、水の汚染を防ぎ、生物多様性を維持することができます。
地球環境に関すること

ジーンバンクとは?役割や意義を解説

ジーンバンクは、遺伝資源を保存・管理する施設のことです。 ジーンバンクの役割は、遺伝資源の多様性を保全し、研究や育種に役立てることです。ジーンバンクの意義は、将来の食糧生産や環境保全に役立つ可能性があることです。 ジーンバンクは、世界各地に設置されています。日本のジーンバンクとしては、農業・食品産業技術総合研究機構のジーンバンク、国立環境研究所のジーンバンク、国立遺伝学研究所のジーンバンクなどが挙げられます。これらのジーンバンクは、農作物、森林樹木、家畜、魚類などの遺伝資源を保存・管理しています。 ジーンバンクの遺伝資源は、研究や育種に活用されています。例えば、農業・食品産業技術総合研究機構のジーンバンクでは、コメの遺伝資源を保存・管理しており、それらの遺伝資源は、新しい品種の開発に活用されています。国立環境研究所のジーンバンクでは、森林樹木の遺伝資源を保存・管理しており、それらの遺伝資源は、森林の保全や再生に活用されています。 ジーンバンクは、将来の食糧生産や環境保全に役立つ可能性があります。例えば、気候変動や人口増加により、食糧生産が難しくなる可能性があります。しかし、ジーンバンクに保存されている遺伝資源を活用することで、気候変動や人口増加に強い新しい品種を開発することが可能となります。また、森林破壊や汚染により、環境が破壊される可能性があります。しかし、ジーンバンクに保存されている遺伝資源を活用することで、森林の保全や再生が可能となります。
環境問題に関すること

B&Bイニシアチブとは? 企業と生物多様性

B&Bイニシアチブとは? 生物多様性や生態系サービスの損失は、世界経済とビジネスに大きな影響を与える可能性があるという認識が高まっています。そのため、企業は生物多様性と生態系サービスの保護に積極的に取り組むことが求められています。 B&Bイニシアチブとは、生物多様性とビジネスの関係について認識を高め、企業の生物多様性保全活動を支援するための国際的なイニシアチブです。このイニシアチブは、1991年に世界経済フォーラム(WEF)と世界自然保護基金(WWF)によって設立されました。 B&Bイニシアチブは、企業が生物多様性保全に貢献するためのフレームワークを提供しています。このフレームワークは、企業が生物多様性の価値を理解し、その価値をビジネス戦略に統合し、生物多様性の保全に貢献する活動を実践するための指針を示しています。 B&Bイニシアチブに参加している企業は、生物多様性の保全に積極的に取り組んでいます。例えば、再生可能エネルギーの利用、資源の効率化、廃棄物の削減、生物多様性の保全プロジェクトへの支援などに取り組んでいます。 B&Bイニシアチブは、企業の生物多様性保全活動の支援を通じて、生物多様性の保全に貢献しています。このイニシアチブは、企業が生物多様性の価値を理解し、その価値をビジネス戦略に統合し、生物多様性の保全に貢献する活動を実践するための指針を提供しています。また、B&Bイニシアチブは、企業が生物多様性の保全に積極的に取り組むための国際的なネットワークを提供しています。