生物多様性条約

環境問題に関すること

資源ナショナリズムと原産国

資源ナショナリズムとは、自国の天然資源を外国から保護し、その開発や利用を自国企業や国民に優先させるべきだという考え方のことです。この考え方は、しばしば、自国の天然資源が外国企業や政府によって搾取されているという認識に基づいています。資源ナショナリズムは、しばしば、資源を自国で精製・加工して付加価値を高め、雇用を創出し、経済成長を促進するという考え方に結びついています。また、資源輸出国にとっては、資源価格の上昇や、資源輸出収入の増加をもたらし、経済発展を促進する可能性があります。一方、資源依存度の高い国にとっては、資源価格の上昇や、資源輸出収入の減少をもたらし、経済成長の鈍化や、財政赤字の増大をもたらす可能性があります。資源ナショナリズムには、自国資源を保護するという目的の他、自国の経済発展を促進するという目的もあります。
地球環境に関すること

保護地域作業プログラムとは?

保護地域作業プログラムの歴史 保護地域作業プログラムは、1933年に米国で始まった。当時の米国は、大不況の真っ只中で、多くの人が失業していた。政府は、失業者に雇用の機会を提供するため、さまざまな公共事業を実施していた。その一つが、国立公園や森林などの保護地域での作業プログラムだった。 保護地域作業プログラムは、当初は、失業者に一時的な雇用を提供することを目的としていた。しかし、次第に、保護地域の環境を保護し、復元することを目的とするようになった。現在では、保護地域作業プログラムは、国立公園局、森林局、魚類野生生物局など、さまざまな政府機関によって実施されている。 保護地域作業プログラムに参加する労働者は、さまざまな作業に従事する。森林の伐採や道路の建設、野生の生物の保護、自然教育プログラムの実施など、さまざまな作業がある。保護地域作業プログラムは、失業者に雇用の機会を提供するだけでなく、保護地域の環境を保護し、復元する重要な役割を果たしている。
制度に関すること

カルタヘナ議定書を解説!

カルタヘナ議定書を解説! カルタヘナ議定書とは何か? カルタヘナ議定書とは、生物多様性条約の補足議定書の一つであり、遺伝子組み換え生物(GMO)の越境移動、特に意図しない越境移動に関する国際的な法的枠組みを定めたものです。その目的は、遺伝子組み換え生物の越境移動による生物多様性への悪影響を防止することです。遺伝子組み換え生物とは、遺伝子工学的手法を用いて遺伝子を組み換えられた生物のことです。 カルタヘナ議定書が採択された背景としては、遺伝子組み換え作物の商業的な栽培や流通が拡大し、遺伝子組み換え作物から遺伝子が他の生物に移動して生態系に悪影響を与える可能性が懸念されたためです。また、遺伝子組み換え作物に対する反対運動が世界各国で高まったことも背景にあります。
環境問題に関すること

AIA手続きとは?仕組みと論点

AIA手続きとは、環境影響評価手続法(環境影響評価法)に基づき、事業者が事業活動を行う前に、その事業活動が環境に与える影響を事前に評価し、その結果を公表して、事業活動の実施の可否を判断する手続きです。AIA手続きは、事業活動に起因する環境への悪影響を回避または軽減し、環境保全を図ることを目的としています。 AIA手続きは、環境に対する悪影響が懸念される事業活動に対して、事業者が環境影響評価書を作成し、それを主務大臣または都道府県知事に提出することが義務付けられています。環境影響評価書には、事業活動の概要、環境への影響評価の結果、環境保全対策の内容などが記載されます。 主務大臣または都道府県知事は、環境影響評価書を公表して、住民や関係団体の意見を聴取します。その上で、事業活動の実施が環境に重大な悪影響を及ぼすおそれがあると判断した場合には、事業活動の実施を許可しません。 AIA手続きは、事業活動による環境への悪影響を回避または軽減し、環境保全を図る上で重要な役割を果たしています。しかし、AIA手続きが煩雑すぎて事業活動の円滑な遂行を阻害しているとの指摘もあります。
環境問題に関すること

GMOとは?メリットとデメリットを解説

GMO(Genetically Modified Organism)とは、遺伝子組み換え生物のことです。遺伝子組み換え技術とは、生物の遺伝子を人工的に改変する技術です。遺伝子組み換え生物は、農作物、畜産物、魚類、微生物など、様々な生物に適用されています。 遺伝子組み換え生物の開発には、様々なメリットがあります。例えば、農作物の場合、害虫や病気に対する抵抗力を高めたり、収量を増やしたりすることができます。また、畜産物の場合、成長を促進したり、肉質を改善したりすることができます。さらに、魚類の場合、成長を促進したり、病気に対する抵抗力を高めたりすることができます。 一方で、遺伝子組み換え生物には、様々なデメリットもあります。例えば、アレルギー反応や健康被害を引き起こす可能性があります。また、遺伝子組み換え生物が他の生物に影響を与える可能性もあります。さらに、遺伝子組み換え生物の開発には、コストがかかります。
環境問題に関すること

国連生物多様性の10年とは?

国連生物多様性の10年は、地球の生物多様性を保全し、持続可能な利用を促進することを目的とした国連主催の取り組みです。2011年から2020年までの10年間を対象とし、生物多様性の保全と持続可能な利用に貢献する目標を掲げています。 国連生物多様性の10年の目標は以下の通りです。 1. 生物多様性の重要性の認識を高める。 2. 生物多様性の保全と持続可能な利用を促進する。 3. 生物多様性の保全と持続可能な利用に関する知識と能力を高める。 4. 生物多様性の保全と持続可能な利用を促進する政策と行動を支援する。 5. 生物多様性の保全と持続可能な利用に関する国際協力を促進する。 国連生物多様性の10年は、世界各地でさまざまな取り組みが行われています。例えば、生物多様性の保全を目的とした保護区の設置や、生物多様性の保全と持続可能な利用を促進する政策の策定などが行われています。また、生物多様性の保全と持続可能な利用に関する知識と能力を高めるための教育や啓発活動も行われています。 国連生物多様性の10年は、生物多様性の保全と持続可能な利用を促進するための重要な取り組みです。生物多様性は、人類の生存と発展に不可欠なものであり、その保全と持続可能な利用は、持続可能な社会の実現のために不可欠です。国連生物多様性の10年は、この目標の達成に向けて貢献するものです。
制度に関すること

生物多様性条約締約国会議ってなんだろう?

生物多様性条約締約国会議とは、生物多様性条約に基づいて開催される国際会議です。生物多様性条約とは、生物多様性の保全、持続可能な利用、遺伝資源の利益の公正かつ衡平な配分を目的とした国際条約です。締約国会議は、条約の附属書や、条約の実施状況のレビューを行うために、定期的に開催されます。 締約国会議の主な役割は、条約の附属書を採択し、条約の実施状況をレビューすることです。附属書とは、条約の適用対象となる生物の種類や、条約に基づいて実施される保護措置を定めたものです。締約国会議では、附属書に新しい生物を追加したり、既存の生物の保護措置を強化したりすることなどが決議されます。条約の実施状況のレビューでは、各締約国が条約をどのように実施しているか、また、条約の目的が達成されているかどうかについて検討されます。 締約国会議は、条約の実施状況をレビューし、今後の課題や目標を定める重要な会議です。締約国会議の決定は、条約の締約国であるすべての国に拘束力があります。
環境問題に関すること

リオ3条約とは?3つの条約の概要と内容

リオ3条約の概要 リオ3条約は、1992年にブラジルのリオデジャネイロで開催された国連環境開発会議(UNCED)で採択された3つの条約の総称です。 この条約は、持続可能な開発、気候変動、生物多様性の3つの分野を対象としています。 最初の条約である「環境と開発に関するリオ宣言」は、持続可能な開発の原則を宣言したものです。この原則には、環境保護と経済発展の両立、開発の利益と環境の保護のバランス、予防原則、汚染者負担原則、国際協力、持続可能な開発の権利などがあります。 2番目の条約である「気候変動に関する枠組条約」は、気候変動の原因である温室効果ガスの排出削減を目的としたものです。この条約は、先進国と途上国を区別して、温室効果ガス排出削減の義務を課しています。先進国は、温室効果ガス排出量を削減し、途上国は、温室効果ガス排出量の増加を抑制することが義務付けられています。 3番目の条約である「生物多様性条約」は、生物多様性の保全と持続可能な利用を目的としたものです。この条約は、生物多様性の保全、生物多様性の持続可能な利用、生物多様性に関する知識の共有などを目標としています。 リオ3条約は、持続可能な開発、気候変動、生物多様性の3つの分野において、国際社会の共通認識と行動指針を定めた重要な条約です。 1992年に採択されて以来、多くの国が批准しており、国際社会の環境政策に大きな影響を与えてきました。
環境問題に関すること

生物資源とは?その重要性と持続可能な利用

生物資源とは、生物学的なプロセスを通じて生産され、人間の使用や消費のために採集、栽培、または管理されるあらゆる生物学的材料や製品のことである。生物資源には、植物、動物、微生物、およびそれらの遺伝的材料が含まれる。生物資源は、食料、繊維、医薬品、燃料、建築材料など、人間の生活に不可欠な多くの製品やサービスを提供している。多くの生物資源は再生可能であるものの、乱獲や生息地の破壊などによって枯渇する可能性がある。 生物資源の重要性は、人間の生存と繁栄に不可欠であることから明らかである。生物資源は、食料、繊維、医薬品、燃料、建築材料など、人間の生活に不可欠な多くの製品やサービスを提供している。食料に関しては、生物資源は人間の栄養摂取量の多くを賄っている。また、生物資源は繊維や医薬品の原料としても利用されている。さらに、生物資源は燃料や建築材料としても利用されている。 生物資源の持続可能な利用は、生物資源が将来の世代のニーズを満たすことができるように、生物資源を利用することである。生物資源の持続可能な利用は、生物資源の枯渇を防ぎ、生物多様性を保全することが重要である。生物資源の持続可能な利用を実現するためには、生物資源の利用量を適正なレベルに抑えること、生物資源の再生を促進すること、生物多様性を保全することが重要である。
地球環境に関すること

生物多様性条約COP10

生物多様性条約とは、1992年に国連環境開発会議(UNCED)の議題の一つとして採択された国際条約である。生物多様性、その構成要素および生態系の保全、持続可能な利用及びこれらの利用から得られる利益の公正かつ衡平な配分を実現することを目的とする。1993年12月29日に発効し、現在196カ国・地域が加盟している。 生物多様性条約は、生物多様性の保全、持続可能な利用、遺伝資源の利益配分という3つの柱で構成されている。生物多様性の保全とは、生物多様性が減少しないようにすることである。生物多様性の保全には、次のようなことが含まれる。 ・生息地の保全 ・希少種の保護 ・外来種の駆除 ・汚染や気候変動などの環境問題への対策 生物多様性の持続可能な利用とは、生物多様性を将来の世代のために利用できるようにすることである。生物多様性の持続可能な利用には、次のようなことが含まれる。 ・食糧生産 ・薬品の開発 ・観光 ・教育 遺伝資源の利益配分とは、遺伝資源の利用から得られる利益を公正かつ衡平に配分することである。遺伝資源の利益配分には、次のようなことが含まれる。 ・特許料の配分 ・技術移転 ・能力開発
その他に関すること

伝統知を守り、生物多様性を保全する

伝統知とは何か 伝統知とは、先住民族や地域社会が世代を超えて受け継いできた知識、信念、慣習のことです。生態系や自然資源の持続可能な管理、医療、農業、建築、芸術など、さまざまな分野にわたります。伝統知は、先住民族や地域社会のアイデンティティや文化に深く根ざしており、彼らの生活や生計に不可欠な役割を果たしています。 伝統知は、先住民族や地域社会が自然と共生してきた歴史の証であり、貴重な文化遺産でもあります。また、現代の科学や技術の発展にも貢献しており、持続可能な開発や生物多様性の保全に役立てることができます。 しかし、近年、伝統知はグローバリゼーションや開発の影響を受けて、失われつつあります。先住民族や地域社会の土地や資源が侵害され、彼らの文化や伝統が破壊されることで、伝統知も失われていきます。また、近代教育やメディアの発展により、伝統知が若い世代に伝承されにくくなっていることも、伝統知の喪失に拍車をかけています。 伝統知は、先住民族や地域社会の権利や文化を守り、生物多様性を保全するために不可欠なものです。伝統知を失わないためには、先住民族や地域社会の権利を尊重し、彼らの文化や伝統を支援することが重要です。また、伝統知を記録し、若い世代に伝承するための取り組みも必要です。
環境問題に関すること

生物多様性国家戦略2010とは?

生物多様性国家戦略2010は、生物多様性の保全及び持続可能な利用の促進を図るための方針を定めた戦略です。その目的は、生物多様性の重要性を国民に広く理解してもらい、生物多様性を保全し、持続可能な利用を促進することにあります。 生物多様性は、人類の生存と福祉にとって不可欠なものです。食料、水、空気、医薬品、燃料などの資源を提供し、気候変動や自然災害から人間を守ってくれます。また、生物多様性は文化的、精神的な価値も持っています。 しかし、近年の経済活動や人口増加に伴い、生物多様性は脅かされています。森林伐採、土地開発、汚染、気候変動などにより、多くの生物種が絶滅の危機に瀕しています。 生物多様性国家戦略2010は、これらの脅威から生物多様性を保全し、持続可能な利用を促進するための施策を定めた戦略です。この戦略は、生物多様性の保全と持続可能な利用を促進するため、国民、企業、地方公共団体、国がそれぞれ果たすべき役割を明らかにしています。
制度に関すること

責任と救済とは?遺伝子組み換え生物(LMO/GMO)輸出入のリスクとその救済

「責任と救済とは?遺伝子組み換え生物(LMO/GMO)輸出入のリスクとその救済」 「責任と救済の意義」 遺伝子組み換え生物(LMO/GMO)の輸出入は、国内の農業や環境に悪影響を与える可能性を否定できない。 そこで、LMO/GMOの輸出入に際しては、そのリスクを軽減するための責任と救済の仕組みを整えることが重要になる。 責任とは、LMO/GMOの輸出入業者が、輸出入したLMO/GMOが国内の農業や環境に悪影響を与えた場合、その被害を賠償する責任を負うことである。救済とは、LMO/GMOの輸出入業者が、輸出入したLMO/GMOが国内の農業や環境に悪影響を与えた場合、その被害を受けた農家や事業者に対して、政府が経済的な支援を行う制度のことである。 責任と救済の仕組みは、LMO/GMOの輸出入業者が、LMO/GMOの輸出入に際して、そのリスクを十分に認識し、そのリスクを軽減するための措置を講じることを促す効果がある。 また、責任と救済の仕組みは、LMO/GMOの輸出入に反対する人々の不安を軽減し、LMO/GMOの輸出入に対する社会的な合意を形成するのに役立つ。
環境問題に関すること

遺伝子組換え生物等規制法とは

遺伝子組換え生物等規制法とは、遺伝子組換え技術を用いて作られた生物(以下、「遺伝子組換え生物」という。)の研究開発、使用、販売等について、安全性を確保し、国民の生命、健康及び生活環境を保護することを目的とする法律です。遺伝子組換え生物等規制法は、1998年6月19日に公布され、2000年4月1日に施行されました。 この法律は、遺伝子組換え生物の研究開発、使用、販売等について、以下の事項を規制しています。 1. 遺伝子組換え生物の研究開発、使用、販売等を行う者は、事前に農林水産大臣等に届け出なければならないこと。 2. 遺伝子組換え生物の研究開発、使用、販売等を行う者は、遺伝子組換え生物の安全性について、試験等を実施しなければならないこと。 3. 遺伝子組換え生物の研究開発、使用、販売等を行う者は、遺伝子組換え生物による被害が発生した場合、被害者に対して損害賠償を行わなければならないこと。 遺伝子組換え生物等規制法は、遺伝子組換え生物の安全性を確保し、国民の生命、健康及び生活環境を保護することを目的とする法律です。この法律は、遺伝子組換え生物の研究開発、使用、販売等について、届け出、試験等、損害賠償などの規制を定めています。
制度に関すること

科学技術助言補助機関とは何か?その役割や意義を解説

科学技術助言補助機関とは、科学技術に関する政策や施策を立案・実施する政府機関を支援するため、専門的・技術的な助言や支援を行う組織のことです。 その役割は、科学技術に関する政策や施策の立案・実施に当たって、専門的・技術的な助言や支援を行うことで、科学技術の振興や発展に寄与することです。 科学技術助言補助機関には、様々な形態があり、政府機関内に設置されるものもあれば、政府機関から独立した組織として設置されるものもあります。また、その構成員も、科学者や技術者、産業界の代表者など、様々な分野の専門家で構成されています。 科学技術助言補助機関は、科学技術に関する政策や施策の立案・実施に当たって、専門的・技術的な助言や支援を行うことで、科学技術の振興や発展に貢献しています。また、科学技術に関する国民への啓発や広報活動を行うことで、科学技術に対する国民の理解と関心を深める役割も担っています。
環境問題に関すること

ポスト2010年目標:生物多様性の保全に向けて

ポスト2010年目標とは? 生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)は、2010年10月に日本の名古屋市で開催されました。このCOP10で採択された「名古屋議定書」には、生物多様性の保全と持続可能な利用に関する目標が掲げられています。この目標を「ポスト2010年目標」といいます。 ポスト2010年目標は、2020年までに達成すべき目標と、2050年までに達成すべき長期目標を定めています。2020年までに達成すべき目標には、生物多様性の損失を阻止し、生態系を回復させること、生物資源の持続可能な利用を促進すること、遺伝資源の公平かつ衡平な配分を確保することなどが含まれています。2050年までに達成すべき長期目標には、生物多様性を保全し、生態系の機能を回復させ、生物資源を持続可能な形で利用することなどが含まれています。 ポスト2010年目標は、生物多様性の保全と持続可能な利用に向けて、国際社会が協力して取り組むべき目標を示したものです。この目標を達成するためには、各国政府、地方自治体、企業、市民団体など、あらゆるステークホルダーの協力が必要です。生物多様性に関する法律や条約の整備、生態系の保全や復元の取り組み、生物資源の持続可能な利用の促進など、さまざまな施策を講じていく必要があります。
制度に関すること

環境に関する用語「遺伝資源へのアクセスと利益配分」

遺伝資源へのアクセスと利益配分(Access and Benefit Sharing 略してABS)とは、遺伝資源の利用から得られる利益を、その遺伝資源の提供者と利用者で公平に配分することを意味する。遺伝資源とは、植物、動物、微生物などの遺伝的物質を指し、医薬品や化粧品、食品などの開発に利用される。 ABSは、遺伝資源の提供者である先住民族や地域社会が、遺伝資源の利用から得られる利益に正当な権利を持つことを認めるものである。また、遺伝資源の利用者が、遺伝資源の提供者に利益配分を行うことで、遺伝資源の保全と持続可能な利用を促進することを目的としている。 ABSは、1992年に採択された「生物多様性条約」第15条に基づき、2010年に採択された「遺伝資源へのアクセスと利益配分に関する名古屋議定書」で定められた。名古屋議定書は、遺伝資源の利用者が、遺伝資源の提供者に事前通告し、合意を得た上で、遺伝資源を利用しなければならないと定めている。また、遺伝資源の利用者が、遺伝資源の提供者に利益配分を行わなければならないと定めている。 ABSは、遺伝資源の提供者と利用者の間の公平な利益配分を実現し、遺伝資源の保全と持続可能な利用を促進することを目的としている。
環境問題に関すること

世界生物多様性保全戦略:地球の生命を未来につなげる指針

世界生物多様性保全戦略とは、1980年代に国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)と国連環境計画(UNEP)が協力して策定した、地球上の生物多様性を保全するための国際的な戦略です。この戦略は、1992年に開催された「地球サミット」で採択され、世界160カ国以上が署名しました。 この戦略の目標は、生物多様性を保全し、持続可能な開発を促進することです。生物多様性を保全するために、この戦略では、以下のことが定められています。 * 生態系の保全と復元 * 持続可能な資源利用 * 汚染の削減 * 生物学的な多様性の評価と監視 * 公衆啓発と教育 この戦略は、地球上の生物多様性を保全するための重要な指針となっています。この戦略に基づいて、各国では、生物多様性を保全するためのさまざまな施策を実施しています。
制度に関すること

名古屋議定書とは?その重要性と仕組み

名古屋議定書とは、遺伝資源のアクセスと利益配分に関する国際条約です。2010年に名古屋で開催された生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)で採択され、2014年に発効しました。名古屋議定書は、遺伝資源の利用から生じる利益を、遺伝資源の提供国と利用国の間で公正かつ衡平に配分することを目的としています。 名古屋議定書は、遺伝資源とそれに関連する伝統的知識のアクセスと利益配分に関する規定を定めています。遺伝資源とは、植物、動物、微生物などの遺伝子情報のことです。伝統的知識とは、先住民や地域社会が遺伝資源を利用して培ってきた知識のことです。 名古屋議定書は、遺伝資源の利用を許可する前に、遺伝資源の提供国から事前了解を得ることを義務付けています。また、遺伝資源の利用から生じる利益を、遺伝資源の提供国と利用国の間で公正かつ衡平に配分することを義務付けています。 名古屋議定書は、遺伝資源のアクセスと利益配分に関する国際的なルールを定めた初めての条約です。遺伝資源の利用を透明化し、遺伝資源の提供国と利用国の間の利益配分を公正かつ衡平にすることを目的としています。名古屋議定書は、生物多様性の保全と持続可能な利用を促進する上で重要な条約です。
環境問題に関すること

B&Bイニシアチブとは? 企業と生物多様性

B&Bイニシアチブとは? 生物多様性や生態系サービスの損失は、世界経済とビジネスに大きな影響を与える可能性があるという認識が高まっています。そのため、企業は生物多様性と生態系サービスの保護に積極的に取り組むことが求められています。 B&Bイニシアチブとは、生物多様性とビジネスの関係について認識を高め、企業の生物多様性保全活動を支援するための国際的なイニシアチブです。このイニシアチブは、1991年に世界経済フォーラム(WEF)と世界自然保護基金(WWF)によって設立されました。 B&Bイニシアチブは、企業が生物多様性保全に貢献するためのフレームワークを提供しています。このフレームワークは、企業が生物多様性の価値を理解し、その価値をビジネス戦略に統合し、生物多様性の保全に貢献する活動を実践するための指針を示しています。 B&Bイニシアチブに参加している企業は、生物多様性の保全に積極的に取り組んでいます。例えば、再生可能エネルギーの利用、資源の効率化、廃棄物の削減、生物多様性の保全プロジェクトへの支援などに取り組んでいます。 B&Bイニシアチブは、企業の生物多様性保全活動の支援を通じて、生物多様性の保全に貢献しています。このイニシアチブは、企業が生物多様性の価値を理解し、その価値をビジネス戦略に統合し、生物多様性の保全に貢献する活動を実践するための指針を提供しています。また、B&Bイニシアチブは、企業が生物多様性の保全に積極的に取り組むための国際的なネットワークを提供しています。
環境問題に関すること

国際生物多様性観測年とは何か

国際生物多様性観測年は、国際連合が指定したもので、2022年から2030年までの10年間を指します。この期間は、生物多様性の保全と持続可能な利用を促進するために、各国が協力して生物多様性を観測する取り組みを行うことが期待されています。 国際生物多様性観測年の目的は、生物多様性の変化をより詳細に把握し、生物多様性の保全と持続可能な利用を促進するために必要な情報を提供することです。具体的には、生物多様性の状況を監視し、生物多様性に影響を与える要因を特定し、生物多様性の保全と持続可能な利用を促進するための政策や対策を策定し、生物多様性の保全と持続可能な利用に関する情報を普及啓発することなどが挙げられます。 国際生物多様性観測年は、生物多様性の保全と持続可能な利用を促進するため、世界各国が協力して生物多様性を観測する取り組みを行う重要な期間です。この取り組みを通じて、生物多様性の変化をより詳細に把握し、生物多様性の保全と持続可能な利用を促進するための必要な情報を提供することができると期待されています。
組織・団体に関すること

ラムサール条約と国際湿地保全連合

国際湿地保全連合(IWPA)は、湿地の保全と持続可能な利用を促進する国際的な非政府組織(NGO)です。1990年に設立され、現在では100カ国以上、1,000を超える組織と個人を有しています。 IWPAの使命は、湿地の保全と持続可能な利用を促進し、湿地の価値を認識してもらうことです。 IWPAは、湿地の保全活動への支援、湿地に関する研究の促進、湿地に関する情報の普及、湿地に関する政策提言などを行っています。 IWPAは、湿地の保全と持続可能な利用を促進するために、さまざまな活動を行っています。 その一つが、湿地の保全活動への支援です。 IWPAは、湿地の保全活動を行う団体に対して、資金援助や技術援助を提供しています。また、湿地に関する研究の促進も行っており、湿地の保全に役立つ研究プロジェクトに対して、資金援助や技術援助を提供しています。 IWPAは、湿地に関する情報を普及するために、さまざまな活動を行っています。 その一つが、湿地に関する情報の提供です。 IWPAは、湿地の保全と持続可能な利用に関する情報を提供するウェブサイトや出版物を発行しています。また、湿地に関するイベントやカンファレンスを開催し、湿地の保全と持続可能な利用に関する情報を発信しています。
地球環境に関すること

生物多様性情報クリアリングハウスメカニズムとは?

生物多様性情報クリアリングハウスメカニズムとは? 生物多様性情報クリアリングハウスメカニズム(CHCM)とは、生物多様性条約の締結国が、生物多様性に関する情報やデータ、経験を交換し、共有するためのプラットフォームです。CHCMは、生物多様性の保全と持続可能な利用、ならびに遺伝資源の公平かつ衡平な配分を促進することを目的としています。 CHCMは、2002年の生物多様性条約第6回締約国会議(COP6)で設立され、2004年に運用が開始されました。CHCMは、生物多様性条約の事務局である生物多様性事務局(CBD事務局)によって管理されており、世界中のさまざまな機関や組織が参加しています。 CHCMは、生物多様性に関するさまざまな情報を提供しています。具体的には、生物多様性の保全に関する政策や法律、条例、生物多様性の調査結果や研究報告、生物多様性の保全のためのベストプラクティスや事例、遺伝資源の利用に関する情報などが提供されています。 CHCMは、生物多様性に関する情報やデータ、経験を交換し、共有するためのプラットフォームを提供することで、生物多様性の保全と持続可能な利用、ならびに遺伝資源の公平かつ衡平な配分を促進しています。
環境問題に関すること

生物多様性国家戦略2012-2020とは?

生物多様性国家戦略2012-2020は、政府が2010年に閣議決定した生物多様性基本法に基づき、2012年から2020年までの10年間を対象に策定された生物多様性に関する基本的な政策の方針です。この戦略は、生物多様性の保全と持続可能な利用、生物多様性の恩恵の公平な配分を目的としています。 戦略は、5つの重点分野で構成されており、それぞれに目標と具体的な行動が定められています。5つの重点分野は以下の通りです。 1. 生態系の保全と回復 2. 野生生物の保全と管理 3. 生物多様性の保全と持続可能な利用 4. 生物多様性の恩恵の公平な配分 5. 生物多様性に関する知識の向上と啓発 戦略は、政府、地方公共団体、民間企業、NPOなど、さまざまな主体が協力して実施することとなっています。また、戦略の実施状況については、定期的に評価が行われることとなっています。