生態学的に平等関係

環境問題に関すること

土地倫理とは?

アルド・レオポルドとは、アメリカの生態学者、林学者であり、環境倫理の父として知られています。1949年に出版された『砂郡への賛歌』は、環境倫理の古典的名著であり、生態系に対する人間の責任を説いた彼の「土地倫理」は、環境倫理の基礎を築きました。 レオポルドは、1887年、アイオワ州バーリントンに生まれました。ウィスコンシン大学で林学を学び、卒業後は林業局に勤務しました。1924年にウィスコンシン大学に戻り、林学の教授となりました。1933年に、ウィスコンシン州南西部にある砂郡を購入し、そこで余生を過ごしました。 レオポルドは、森や野生動物の保護に熱心に取り組み、自然保護運動を推進しました。彼は、自然界は相互に関連し合っており、人間はその一部であると主張しました。そして、人間は自然界に対して責任を持ち、それを守るべきだと訴えました。 レオポルドの「土地倫理」は、人間の倫理を共同体全体にまで拡大したものであり、人間は「土地」の一部であり、「土地」に対する責任を負うべきだと説いています。彼は、「土地」を単なる自然資源としてではなく、生命を育む場であり、人間の精神的な故郷であると考えました。 レオポルドの「土地倫理」は、環境倫理の基礎を築き、今日の環境保護運動に大きな影響を与えています。彼は、自然界を敬い、その一部であることを認識し、それを守るために努力すべきだと訴えました。