環境教育

環境問題に関すること

自然を理解する人の役割を学ぶ

自然観察インストラクターは、人々に自然の理解と人間と自然の関係性を教えます。 そして、環境と持続可能性についての意識を高める役割があります。インストラクターは、野外でのツアーやワークショップ、講演などを通して、人々に自然を観察する方法や、自然の歴史や生態系について教えます。また、環境問題や持続可能性の重要性についても啓蒙します。 自然観察インストラクターの役割は、単に情報を提供することだけではありません。インストラクターは、人々に自然に対する感謝の気持ちや、自然を保護する責任感を持たせることも重要です。そのためには、インストラクターは自然に対する情熱を持っており、その情熱を人々に伝えることができる必要があります。 自然観察インストラクターは、人々が自然とつながり、自然の価値を理解するのを助ける重要な役割を果たしています。 インストラクターの仕事は、環境を保護し、持続可能な未来を創造することに貢献しています。
制度に関すること

環境に関する用語『人材認定等事業』とは

人材認定等事業とは、環境に関する政策や技術、仕組みづくりに携わる人材を育成することで、我が国の環境関連産業の活性化や競争力の強化を図りながら、我が国の環境の保全に寄与することを目的としています。環境省では、環境分野の専門知識や技能を有する人材を認定する制度である「環境カウンセラー制度」や、環境分野の研究開発や実証事業を行う人材を認定する制度である「環境技術開発・実証事業者認定制度」などを実施しています。 これらの制度は、環境分野の専門知識や技能を有する人材の育成と活躍を促進し、環境分野の技術開発や実証事業を支援することで、我が国の環境の保全に寄与することを目的としています。
環境問題に関すること

全米環境教育法とは?

全米環境教育法とは? 全米環境教育法は、1970年に制定されたアメリカ合衆国の法律です。この法律は、環境教育を促進し、環境問題に関する国民の理解を深めることを目的としています。 全米環境教育法とは何か? 全米環境教育法は、環境教育を行う組織や団体に助成金を支給したり、環境教育カリキュラムの開発を支援したりしています。また、環境教育に関する情報を提供したり、環境教育の重要性を啓発したりしています。 全米環境教育法は、アメリカ合衆国における環境教育の推進に大きな役割を果たしてきました。この法律のおかげで、多くの学校や団体が環境教育を行うようになり、環境問題に関する国民の理解が深まりました。また、環境教育を通じて、環境保護の大切さを学ぶ子どもたちが増えました。
環境問題に関すること

環境用語『インパクト』とは?

インパクトとは、ある活動や事象が環境に与える影響のことです。環境用語では、プラスの影響もマイナスの影響も含めて「インパクト」と呼びます。 例えば、工場から出る排気ガスが環境に与える影響は「環境インパクト」と呼ばれます。また、森林伐採が生物多様性に与える影響も「環境インパクト」と呼ばれます。 環境インパクトを評価するためには、その活動や事象が環境にどのような影響を与えるか、どのような範囲に影響を与えるか、どのような期間影響を与えるかを明らかにする必要があります。 環境インパクトを評価する手法には、環境影響評価(EIA)、ライフサイクルアセスメント(LCA)、環境フットプリントなどがあります。 環境インパクトを評価することで、その活動や事象が環境に与える影響を明らかにし、環境保全対策を講じることができます。
環境問題に関すること

OBISとは?環境教育の教材集について

-OBISの概要と目的- OBIS(オービス)とは、海洋生物多様性情報システム(Ocean Biogeographic Information System)の略で、海洋生物に関する情報を収集、管理、共有するための国際的なシステムです。 1990年代後半に、海洋生態系の保全と管理を目的として、海洋学の専門家や研究者、政府機関、およびその他の利害関係者によって開発されました。 OBISの目的は、海洋生物の分布、生息環境、生物学的特徴に関する情報を収集し、世界中の研究者や政策立案者に提供することです。 この情報を使用して、海洋生物多様性の保全を目的とした政策や施策を策定したり、海洋生態系の変化を追跡したり、海産資源の管理を改善したりすることができます。
環境問題に関すること

中央環境審議会環境教育答申とは?目的や具体例を解説

中央環境審議会環境教育答申とは、中央環境審議会が文部科学大臣および環境大臣に提出した答申のことを指します。この答申は、環境教育を推進するための基本的な方向性を示しており、環境教育の目的や具体的な内容、推進するための施策などが盛り込まれています。 答申の目的は、環境問題の深刻化を背景に、環境に関する知識や理解を深め、環境保全のための行動を促すことにあると言えます。そのため答申では、環境教育を「環境問題を正しく理解し、環境保全のために主体的に行動できる資質を育成すること」と定義しています。 また、答申では環境教育の具体的な内容として、環境問題に関する知識や理解を深めること、環境保全のための行動を促すこと、環境保全のための行動を支える資質を育むことの3つを掲げています。そして、これらの内容を実現するための施策として、環境教育を学校教育や社会教育の場で推進すること、環境教育に関する教材や教具の開発を支援すること、環境教育の普及啓発を図ることなどが盛り込まれています。
その他に関すること

田んぼの学校で学ぶ環境教育

田んぼの学校とは、農村地域において、自然環境の保全や農業の大切さを学ぶことができる教育プログラムです。田んぼの学校は、地域住民や農家、教育機関などが協力して運営しています。田んぼの学校では、田植えや稲刈りなどの農作業を体験したり、農村の文化や歴史を学んだりすることができます。また、田んぼの学校のプログラムの中には、環境問題や食育に関する学習も含まれています。 近年、環境問題や食の問題への関心が高まっていることから、田んぼの学校は全国各地で数多く設立されています。田んぼの学校は、子どもたちが自然環境や農業について学ぶことができる貴重な機会として、また、地域住民や農家と交流する場として、重要な役割を果たしています。
環境問題に関すること

自然保護教育と持続可能な未来

自然保護教育の目的と重要性 自然保護教育とは、人々が自然環境について学び、自然環境を保護する行動をとるように導く教育のことです。自然保護教育は、持続可能な未来を創るためには不可欠なものです。 自然保護教育の目的は、人々が自然環境について学び、自然環境を保護する行動をとるように導くことです。これには、自然環境の現状や課題を学び、自然環境を保護するために必要な行動をとるように導くことが含まれます。 自然保護教育の重要性は、持続可能な未来を創るためになくてはならないものです。自然環境は、私たちの生活に欠かせない資源を提供しており、私たちが生き延びるためには自然環境を保護することが不可欠です。自然保護教育は、人々が自然環境について学び、自然環境を保護する行動をとるように導くことで、持続可能な未来を創ることに貢献します。
組織・団体に関すること

国環研について

国環研とは 国立環境研究所は、環境研究の総合的研究機関として、環境問題の解明と解決に貢献することを目的として設立された。環境省所管の法人であり、環境省の研究機関としては最大規模を誇る。 国環研は、環境問題の調査・研究、環境に関する情報の収集・提供、環境教育・啓発活動などを行う。また、国連環境計画(UNEP)などの国際機関や、海外の研究機関と連携して研究を行う。 国環研は、環境問題の解決に向けて重要な役割を果たしており、その研究成果は、環境政策の立案や実施に活用されている。また、環境に関する情報を広く提供することで、国民の環境意識の向上にも貢献している。
環境問題に関すること

地球温暖化防止コミュニケーターとは?わかりやすく解説

地球温暖化防止コミュニケーターとは、地球温暖化の影響や対策について、社会に理解を広めるために فعالیتする人々である。 具体的には、以下ののような活動を行っています。 * 地球温暖化に関する情報を収集・整理し、一般の人向けにわかりやすく発信する。 * 地球温暖化対策の必要性と具体的な方法を、講演や研修会などで普及啓発する。 * 地球温暖化対策に取り組む企業や団体を支援する。 * 地球温暖化対策に関する政策を提言し、政策決定に影響を与える。など。 地球温暖化防止コミュニケーターは、さまざまな背景や専門分野を持った人々で構成されていますが、共通しているのは、地球温暖化がもたらす深刻な影響を認識し、対策の必要性を強く感じていることです。 地球温暖化防止コミュニケーターの活動は、地球温暖化対策を進める上で重要な役割を果たしています。 地球温暖化問題は、地球規模の問題であり、その解決には、世界各国や地域、企業、個人など、さまざまな主体が協力する必要があります。地球温暖化防止コミュニケーターは、これらの主体をつなぎ、地球温暖化対策の輪を広げていく役割を担っています。
その他に関すること

環境教育・学習とは|人類の未来のための教育

環境教育とは、持続可能な社会を創造するために、環境問題や持続可能性について人々が学ぶプロセスです。 その目標は、人々が環境問題を理解し、環境保護のための行動をとるようにすることです。環境教育は、学校や大学、職場、地域社会など、さまざまな場所で実施することができます。 環境教育の歴史は、19世紀にまで遡ります。 当時、自然主義者や教育者が、人々が自然環境を理解し、保護するために必要な知識とスキルを身につけるべきだと主張し始めました。20世紀に入ると、環境教育の重要性がさらに認識されるようになり、1972年のストックホルム国連人間環境会議では、環境教育が持続可能な発展のために不可欠であることが宣言されました。 その後、環境教育は世界中で広がり、今日では、多くの国で学校教育のカリキュラムに組み込まれています。また、環境教育を行うNGOやNPOも数多く存在し、環境教育の普及に努めています。
制度に関すること

環境教育推進モデル市町村とは?

環境教育推進モデル市町村とは、環境教育を積極的に推進し、優れた成果を上げている市町村のことです。環境教育推進モデル市町村には、次のような意義があります。 1. 環境教育の重要性を示す。 環境教育推進モデル市町村は、環境教育の重要性を示しています。環境教育は、持続可能な社会を築くために不可欠です。環境教育推進モデル市町村は、環境教育を積極的に推進することで、環境教育の重要性を示しています。 2. 環境教育のノウハウを蓄積・発信する。 環境教育推進モデル市町村は、環境教育のノウハウを蓄積・発信しています。環境教育推進モデル市町村は、環境教育を積極的に推進する中で、様々なノウハウを蓄積しています。これらのノウハウは、他の市町村の環境教育を推進する際に役立ちます。 3. 環境教育の普及啓発を行う。 環境教育推進モデル市町村は、環境教育の普及啓発を行っています。環境教育推進モデル市町村は、環境教育を積極的に推進することで、環境教育の普及啓発を行っています。これにより、環境教育の認知度を高め、環境教育の普及に貢献しています。
地球環境に関すること

グローブ計画とは?

グローブ計画の概要 グローブ計画は、第二次世界大戦中に米国が主導した極秘の原子爆弾開発計画である。1942年9月に開始され、1945年8月に広島と長崎への原爆投下で成功裏に終結した。計画は科学者、技術者、軍人の大規模なチームによって実施され、その総費用は20億ドル(現在の金額で約2,000億ドル)を超えた。 グローブ計画は、米国が原爆開発競争でドイツに遅れをとっているという懸念から始まった。ドイツはすでに1939年に原子核分裂を発見しており、原子爆弾の開発に着手しているとみられていた。米国は、原子爆弾を開発すれば大戦の早期終結と自国の安全保障を確保できると考えた。 グローブ計画は、マンハッタン計画とも呼ばれる。これは、計画の拠点となったニューヨーク市のマンハッタンに由来する。計画には、コロンビア大学、シカゴ大学、カリフォルニア大学バークレー校などの大学の科学者や技術者、陸軍、海軍、空軍の軍人が参加した。計画の責任者は、米国陸軍工兵隊のレズリー・グローブス将軍であった。 グローブ計画は、原爆の開発だけでなく、原爆を投下するための兵器の開発も含まれていた。原子爆弾は、ウラン235またはプルトニウム239を核分裂させることで爆発する。ウラン235は天然ウランに含まれる同位体であり、プルトニウム239はウラン238を中性子で照射することで作られる。 グローブ計画は、1945年8月に広島と長崎への原爆投下で成功裏に終結した。広島への原爆投下では、14万人以上が死亡し、長崎への原爆投下では、7万人以上が死亡した。原爆投下は、日本の降伏と第二次世界大戦の終結につながった。
制度に関すること

環境教育指導資料とは何か

環境教育指導資料とは何か 環境教育指導資料とは、環境教育の実践に活かすことができる資料のことです。環境教育指導資料は、教材、教具、指導案、参考図書など、さまざまな種類があります。環境教育指導資料は、環境教育の目的や内容を理解し、環境教育の実践に役立てるために利用されます。 環境教育指導資料の定義と目的 環境教育指導資料とは、環境教育の実践に役立つ資料のことで、教材、教具、指導案、参考図書など、さまざまな種類があります。環境教育指導資料の目的は、環境教育の目的や内容を理解し、環境教育の実践に役立てることです。環境教育指導資料は、環境教育の教材として利用したり、環境教育の指導案を作成したり、環境教育の参考図書として利用したりすることができます。
環境問題に関すること

テサロニキ会議とは?|国際会議の歴史を解説

テサロニキ会議の概要と目的 テサロニキ会議は、1915年3月15日から4月3日までギリシャのテサロニキで開催された国際会議です。この会議は、第一次世界大戦中の1915年に、イギリス、フランス、イタリア、ロシアの4カ国が参加して開催されました。 会議の主な目的は、連合国が第一次世界大戦で勝利するために必要な軍事戦略と経済戦略を協議することでした。また、連合国の戦後処理についても話し合われました。 テサロニキ会議では、いくつかの重要な決定がなされました。連合国は、ドイツとオーストリア・ハンガリーに対して共同で戦うことを決定し、また、戦後にはドイツに厳しい賠償金を求めることも決定しました。 さらに、テサロニキ会議では、連合国が第一次世界大戦後に国際連盟を設立することを決定しました。国際連盟は、将来の戦争を防ぎ、世界平和を維持することを目的とした国際組織です。
環境問題に関すること

エコ・スクールって何?

エコ・スクールとは、学校全体で環境教育に取り組み、持続可能な社会づくりを目指して活動する学校の総称です。環境に配慮した施設や設備の整備、環境問題に関する授業や課外活動の実施、地域住民との連携など、様々な活動を行っています。 また、エコ・スクールは、生徒たちが環境問題について学び、行動を起こす場でもあります。生徒たちは、環境問題について学び、自分たちにできることを考え、行動を起こしていきます。例えば、ゴミを減らすためにリサイクルやコンポストに取り組んだり、エネルギーを節約するために節電や節水に取り組んだりしています。 エコ・スクールは、生徒たちに環境問題について学び、行動を起こす機会を提供することで、持続可能な社会づくりを目指しています。
環境問題に関すること

環境側面とは?企業の環境への関わり方を洗い出す

環境側面とは、企業が環境に対して与える影響のことです。 この影響は、企業の活動や製品、サービスなどによって生じる可能性があります。環境側面を特定することは、企業が環境への影響を管理し、改善していくために重要なステップです。 企業の活動は、様々な方法で環境に影響を与える可能性があります。例えば、製造業は、廃棄物や大気汚染を引き起こす可能性があり、サービス業でも、大量の紙やプラスチックを使用したり、交通量を増やしたりすることによって環境に影響を与える可能性があります。 また、企業の製品やサービスも、環境に影響を与える可能性があります。例えば、自動車は、二酸化炭素を排出したり、リチウムイオン電池を使用したりすることによって環境に影響を与える可能性があり、プラスチック製品は、廃棄物として残ったり、マイクロプラスチックとして海洋を汚染したりすることによって環境に影響を与える可能性があります。 環境側面を特定することは、企業が環境への影響を管理し、改善していくために重要なステップです。企業は、環境側面を特定することで、環境への影響を減らすための対策を講じることができます。例えば、製造業は、廃棄物の削減や大気汚染の防止対策を講じたり、サービス業は、紙やプラスチックの使用量を削減したり、交通量を減らすための対策を講じたりすることができます。 また、企業は、製品やサービスの環境への影響を減らすための対策を講じることができます。例えば、自動車メーカーは、二酸化炭素の排出量が少ない車種を開発したり、リチウムイオン電池の使用量を減らしたりすることができます。プラスチック製品メーカーは、リサイクルしやすいプラスチック製品を開発したり、マイクロプラスチックの発生を抑えるための対策を講じたりすることができます。
環境問題に関すること

トビリシ会議とは?1977年のUNESCO主催の会議について解説

トビリシ会議とは、1977年9月14日から22日まで、当時のソ連領ジョージア共和国の首都トビリシで開催された、ユネスコ主催の国際会議のことである。正式名称は、「文化政策と発展に関する政府間会議」である。 トビリシ会議の目的は、文化政策と開発の関係を検討し、文化政策のあり方について各国政府の合意を得ることだった。会議には、125カ国から約1,000人の代表者が参加した。会議では、文化政策は国の開発の重要な一部であること、文化政策は国の文化的アイデンティティを保護し、促進する役割を果たすこと、文化政策は国際協力と理解を促進する役割を果たすことなどが確認された。
環境問題に関すること

環境リテラシーとは?持続可能な社会の実現に向けた重要な知識と判断力

環境リテラシーとは、自然界の働きや環境問題に関する知識と理解、および環境問題の解決策を評価し、持続可能な社会の実現に向けて行動を起こす能力のことです。環境リテラシーは、持続可能な社会の実現のために不可欠な能力であり、世界中で注目されています。 環境リテラシーは、環境問題に関する知識や理解だけではなく、環境問題の解決策を評価し、持続可能な社会の実現に向けて行動を起こす能力も含まれます。環境リテラシーを身につけるためには、環境問題に関する知識や理解を深めるだけでなく、環境問題の解決策を評価する能力や、持続可能な社会の実現に向けて行動を起こす能力を養う必要があります。
環境問題に関すること

センス・オブ・ワンダーとは?

レイチェル・カーソンは、アメリカの海洋生物学者、環境活動家であり、彼女の著書「沈黙の春」は、環境保護運動の台頭に重要な役割を果たしました。彼女はまた、自然界の美しさや不思議さを愛する心である「センス・オブ・ワンダー」を提唱した人物でもあります。 カーソンは、1907年にペンシルバニア州スプリングデールに生まれ、幼い頃から自然に親しんで育ちました。彼女は、ペンシルベニア大学で動物学を学び、卒業後は海洋生物学の研究者として働きました。第二次世界大戦中は、アメリカ海軍の魚雷開発プロジェクトに参加し、その功績で海軍功労賞を受賞しました。 戦後、カーソンは執筆活動を始め、1951年に「海の香り」でベストセラー作家になりました。彼女はその後も、「海辺」、「海の生き物たち」など、自然をテーマにした作品を数多く発表しました。 カーソンが最も有名な作品は、1962年に発表された「沈黙の春」です。この本は、農薬の使用が環境や人体に与える影響を明らかにした画期的な作品であり、環境保護運動の台頭に大きな影響を与えました。 カーソンは、自然界の美しさや不思議さを愛する心である「センス・オブ・ワンダー」を提唱しました。彼女は、「センス・オブ・ワンダーを持つことは、人生をより豊かにし、より深く生きることである」と述べています。カーソンは、自然界の美しさや不思議さに気づくことで、私たちは自然を保護し、環境を守ろうとする気持ちを持つことができるようになると主張しました。 カーソンは、1964年に乳ガンで亡くなりましたが、彼女の作品は現在でも多くの人々に読み継がれています。彼女の「センス・オブ・ワンダー」の精神は、環境保護運動の原動力となり、多くの人々に自然を愛する心と環境を守る意識を植え付けてきました。
環境問題に関すること

環境教育懇談会報告とは何か

環境教育懇談会報告の目的 環境教育懇談会報告は、環境教育の推進に関する有識者会議がまとめた報告書です。 この報告書は、環境教育の理念や目標、内容、方法などについて、環境教育の推進に必要な事項を整理したものです。 環境教育懇談会報告の目的は、環境教育の重要性を認識し、環境教育の推進を図ることです。 この報告書は、環境教育の推進に関する基本的な考え方を示しており、環境教育の推進を図る上で重要な役割を果たしています。 環境教育懇談会報告は、環境教育の推進に関する有識者会議がまとめた報告書であり、環境教育の理念や目標、内容、方法などについて、環境教育の推進に必要な事項を整理したものです。この報告書の目的は、環境教育の重要性を認識し、環境教育の推進を図ることです。この報告書は、環境教育の推進に関する基本的な考え方を示しており、環境教育の推進を図る上で重要な役割を果たしています。
制度に関すること

環境保全活動・環境教育推進法〜持続可能な社会のために〜

環境保全活動・環境教育推進法とは 環境保全活動・環境教育推進法とは、2003年(平成15年)に公布・施行された法律です。この法律の目的は、環境保全活動や環境教育を推進し、国民の環境保全に対する意識を高め、もって持続可能な社会の形成に寄与することです。 この法律では、環境保全活動や環境教育を推進するために、国、地方公共団体、事業者、国民などの役割が定められています。国は、環境保全活動や環境教育を推進するための基本的な方針を策定し、地方公共団体や事業者、国民に対する支援を行うこととされています。 地方公共団体は、環境保全活動や環境教育を推進するための計画を策定し、実施することとされています。また、事業者は、環境保全活動や環境教育を推進するための措置を講じることとされています。 国民は、環境保全活動や環境教育に参加し、環境保全に対する意識を高めることが求められています。
組織・団体に関すること

日中韓三カ国環境大臣会合(TEMM)徹底解説

日中韓三カ国環境大臣会合(TEMM)とは、日中韓の三国で構成される地域環境協力プロセスです。1999年に北京で第1回会合が開催され、以降毎年開催されています。会合では、大気汚染、水質汚染、廃棄物管理、生物多様性の保全などの環境問題について話し合われます。また、協力プロジェクトの実施を決定し、その進捗状況をレビューします。TEMMは、日中韓三国間の環境協力の促進に重要な役割を果たしています。
環境問題に関すること

自主的取組手法とは?

自主的取組手法とは? 自主的取組手法とは、経済事業者が自主的に環境負荷を低減し、持続可能な社会の実現を目指す取り組みのことです。 自主的取組手法には、環境マネジメントシステム(EMS)、環境報告書、環境ラベル、カーボンフットプリント、企業の社会的責任(CSR)などさまざまなものがあります。 自主的取組手法は、環境負荷低減に貢献するだけでなく、企業のリスク管理やブランド力向上、コスト削減にもつながります。また、自主的取組手法を実施することは、経済事業者の社会的責任を果たすことにもなります。 自主的取組手法を実施するにあたっては、事業者の規模や業種、環境負荷低減の目標などを考慮することが重要です。また、自主的取組手法を実施する際には、明確な目標を設定し、進捗状況を定期的に評価することが大切です。 自主的取組手法を実施することで、経済事業者は環境負荷低減に貢献し、持続可能な社会の実現に貢献することができます。