環境対策

制度に関すること

環境アセスメントを回避する動きとは?『アセス逃れ』を分かりやすく解説

アセス逃れとは何か アセス逃れとは、環境アセスメントを回避するために、環境影響評価法の適用を免れようとする行為のことを指します。具体的には、プロジェクトの規模や内容を意図的に小さく見せたり、事業計画を複数の段階に分けて実施したり、そもそも環境影響評価法の対象外となるように事業計画を設計したりすることが挙げられます。 アセス逃れが行われる理由は様々ですが、主な理由としては、環境アセスメントの実施にかかるコストや時間が膨大であること、環境アセスメントの結果、事業計画が変更されたり、中止されたりする可能性があるため、事業の推進が遅延する懸念があることなどが挙げられます。 アセス逃れは、環境への影響を十分に検討せずに事業を進めることになり、結果として環境破壊や健康被害を引き起こす可能性があります。また、アセス逃れは、環境アセスメント制度の信頼性を低下させ、国民の環境に対する関心を薄れさせることにもつながります。
環境問題に関すること

コンバートEVって何?環境に優しい改造車のメリットとデメリット

コンバートEVとは? コンバートEVとは、ガソリンエンジンを搭載した車を電気自動車に改造したものを指します。改造方法は様々ですが、一般的には、ガソリンエンジンを取り外し、電気モーターとバッテリーを搭載します。コンバートEVには、環境に優しく、維持費が安い、静粛性が高いなどのメリットがあります。一方で、改造費用が高い、航続距離が短い、充電時間が長いなどのデメリットもあります。 コンバートEVのメリット コンバートEVのメリットには、環境に優しい、維持費が安い、静粛性が高いなどが挙げられます。電気自動車はガソリンを燃焼させないので、排気ガスを排出しません。また、電気モーターはガソリンエンジンよりも効率が良いので、燃費が良くなります。コンバートEVは、ガソリン車よりも維持費が安いのも特徴です。電気モーターはガソリンエンジンよりも部品点数が少なく、故障が少ないからです。また、電気モーターは静粛性が高いため、車内は静かで快適です。 コンバートEVのデメリット コンバートEVのデメリットには、改造費用が高い、航続距離が短い、充電時間が長いなどが挙げられます。コンバートEVの改造費用は、一般的に数百万から1000万円程度かかります。また、電気自動車の航続距離は、ガソリン車よりも短いです。一般的には、1回の充電で100~200km程度しか走行できません。さらに、充電時間はガソリン車よりも長いです。一般的には、フル充電までに数時間かかります。
制度に関すること

イギリスの環境法とは?

環境法とは、自然環境の保全、改善、復元、及び公共の福祉の増進を図ることを目的として定められた法律です。環境法は、大気汚染、水質汚染、廃棄物処理、自然保護など、さまざまな分野を規制しています。 環境法の目的は、環境の保全と改善です。環境は、人間の生活や経済活動に不可欠なものです。しかし、人間の活動によって、環境は破壊され、汚染されています。環境法は、環境の破壊や汚染を防ぎ、環境を保全し、改善することを目的としています。 環境法は、公共の福祉の増進も目的としています。公共の福祉とは、国民の生活の質や福利を意味します。環境法は、環境を保全し、改善することで、国民の生活の質や福利を向上することを目的としています。
ゴミに関すること

海洋プラスチック憲章とは?G7各国が掲げるプラスチックゴミ対策

海洋プラスチック憲章とは、2018年6月にカナダで開催された主要国首脳会議(G7サミット)で行われた、海洋プラスチックごみを削減するための国際協定です。この憲章は、G7各国に加え、EU、インド、インドネシア、ノルウェー、南アフリカ、ベトナムの12か国と、国連環境計画(UNEP)によって署名されました。 憲章の目的は、海洋プラスチックごみの排出量を削減し、海洋プラスチックごみが海洋生態系に与える悪影響を軽減することです。憲章は、以下の4つの主要目標を掲げています。 1. 海洋プラスチックごみの排出量を2030年までに50%削減する 2. 2030年までに、海洋プラスチックごみのリサイクル率を50%にする 3. 2030年までに、海洋プラスチックごみの回収率を50%にする 4. 海洋プラスチックごみの環境への悪影響に関する研究を推進する 憲章は、海洋プラスチックごみの問題を解決するための具体的な方策も示しています。例えば、使い捨てプラスチック製品の削減、プラスチック製品の再利用とリサイクルの促進、プラスチック製品の生産と使用に関する規制の強化などが挙げられます。 海洋プラスチック憲章は、海洋プラスチックごみの問題を解決するための重要な一歩です。この憲章が、海洋プラスチックごみの削減と海洋生態系への悪影響の軽減に貢献することが期待されています。
環境問題に関すること

地球温暖化防止コミュニケーターとは?わかりやすく解説

地球温暖化防止コミュニケーターとは、地球温暖化の影響や対策について、社会に理解を広めるために فعالیتする人々である。 具体的には、以下ののような活動を行っています。 * 地球温暖化に関する情報を収集・整理し、一般の人向けにわかりやすく発信する。 * 地球温暖化対策の必要性と具体的な方法を、講演や研修会などで普及啓発する。 * 地球温暖化対策に取り組む企業や団体を支援する。 * 地球温暖化対策に関する政策を提言し、政策決定に影響を与える。など。 地球温暖化防止コミュニケーターは、さまざまな背景や専門分野を持った人々で構成されていますが、共通しているのは、地球温暖化がもたらす深刻な影響を認識し、対策の必要性を強く感じていることです。 地球温暖化防止コミュニケーターの活動は、地球温暖化対策を進める上で重要な役割を果たしています。 地球温暖化問題は、地球規模の問題であり、その解決には、世界各国や地域、企業、個人など、さまざまな主体が協力する必要があります。地球温暖化防止コミュニケーターは、これらの主体をつなぎ、地球温暖化対策の輪を広げていく役割を担っています。
環境問題に関すること

グリーン・ウォッシュとは?環境保護の欺瞞を暴く

グリーン・ウォッシュとは?環境保護の欺瞞を暴く -グリーン・ウォッシュの定義と意味- グリーン・ウォッシュは、企業が消費者に環境に配慮しているという誤った印象を与えるために、実際よりも環境に優しいように見せかけるマーケティング戦略のことです。このような行為は、消費者をだまし、企業が儲けるために行われます。 グリーン・ウォッシュの例としては、以下のようなものがあります。 * 「自然」と記載された製品が、実は化学物質で作られている。 * 「環境に優しい」と記載された製品が、実は環境に害を及ぼす原料を使っている。 * 「リサイクル可能」と記載された製品が、実はリサイクルできない。 グリーン・ウォッシュは、消費者が環境に配慮した製品を選択することを難しくしています。そのため、消費者は製品を購入する前に、その企業の環境への取り組みについて調査することが重要です。
リサイクルに関すること

シップリサイクル条約とは何か?条約の内容と問題点を解説

シップリサイクル条約とは、船舶を安全かつ環境に配慮した方法で解体するために締結された国際条約です。条約の内容としては、船舶の解体が安全かつ環境に配慮して行われるようにするための規制が盛り込まれています。条約は2009年12月に採択され、2013年8月に発効しました。 条約は、船舶の解体が安全かつ環境に配慮して行われるようにするために、船舶の解体業者が許可制となることや、船舶の解体に当たっては環境アセスメントを実施することが義務付けられています。また、条約は、船舶の解体によって発生した廃棄物についても適切に処理されることを義務付けています。 条約は、船舶を安全かつ環境に配慮した方法で解体するために重要な条約ですが、条約にはいくつかの問題点があります。一つは、条約の適用範囲が限定されていることです。条約は、24メートル以上の船舶にしか適用されません。そのため、24メートル未満の船舶については、条約の適用を受けないことになります。 もう一つの問題は、条約の遵守が不十分であることです。条約は、船舶の解体が安全かつ環境に配慮して行われるようにするための規制を定めていますが、これらの規制が遵守されているかどうかは不明です。そのため、条約の目的が十分に達成されていない可能性があります。
地球環境に関すること

地球温暖化対策のための国民運動とは?その目的と活動内容を解説します

地球温暖化対策のための国民運動とは何か 地球温暖化対策のための国民運動とは、地球温暖化を食い止め、持続可能な社会の実現を目指すために、国民が参加して行う運動のことです。この運動は、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出量を削減し、再生可能エネルギーの導入を促進し、国民の環境意識を高めることを目的としています。国民は、省エネやリサイクル、植林などの活動を通じて、地球温暖化対策に貢献することができます。
地球環境に関すること

ゼロカーボンシティとは?目指す姿と実現に向けた取り組み

ゼロカーボンシティとは?目指す姿と実現に向けた取り組み ゼロカーボンシティの概要と定義 ゼロカーボンシティとは、温室効果ガス排出量を実質ゼロにすることを目指す都市のことです。温室効果ガス排出量とは、二酸化炭素(CO2)、メタン(CH4)、一酸化二窒素(N2O)など、大気中の熱を閉じ込める効果のあるガスを指します。 ゼロカーボンシティの実現には、エネルギー消費量の削減、再生可能エネルギーの導入、森林保全や植林などによる温室効果ガス吸収量の増加などが必要です。エネルギー消費量の削減は、省エネルギー型の建物や家電製品の普及、公共交通機関の利用促進、自転車や徒歩での移動の推奨などによって行うことができます。再生可能エネルギーの導入は、太陽光発電、風力発電、水力発電、地熱発電などによって行うことができます。森林保全や植林などによる温室効果ガス吸収量の増加は、森林の伐採を防止し、植林を行うことで行うことができます。
制度に関すること

建設リサイクル法とは?

建設リサイクル法とは、建設発生土やコンクリートくずなどの建設残材を有効活用し、循環型社会の形成を推進する法律です。建設リサイクル法の目的は、建設残材の発生抑制、再資源化の促進、適正処理の確保などです。また建設リサイクル法は建設残材の発生の抑制についても定めており、建設工事の発注者に対して建設残材の発生量を抑制するよう努める義務を課しています。また、建設リサイクル法は建設残材の再生利用の促進についても定めており、再生砕石や再生コンクリートなどの建設資材の利用や、建設残材を資源として利用する技術の開発を促進しています。さらに、建設リサイクル法は建設残材の適正処理の確保についても定めており、建設残材を適正に処理するための処理施設の整備、処理方法の基準の設定などを行っています。
環境問題に関すること

公共交通指向型都市開発ってなによ?

公共交通指向型都市開発とは、公共交通機関を軸とした都市開発のことです。これは、公共交通機関へのアクセスを向上させ、人々が公共交通機関を利用しやすい環境を整備することを目的としています。公共交通指向型都市開発は、交通渋滞の軽減、大気汚染の削減、エネルギー消費の削減、公共交通機関の利用促進などに役立つと考えられています。また、公共交通指向型都市開発は、都市の活性化にもつながることが期待されています。 公共交通指向型都市開発の具体的な手法には、以下のようなものがあります。 * 公共交通機関の停留所や駅周辺に住宅や商業施設、オフィスなどを建設する。 * 公共交通機関のルートを整備し、公共交通機関の利用を便利にする。 * 公共交通機関の料金を安くしたり、公共交通機関の利用者に割引制度を設けたりする。 * 公共交通機関の利用を促進するためのキャンペーンを実施する。 公共交通指向型都市開発は、世界中で進められています。例えば、ロンドンでは、地下鉄やバスの路線網が発達しており、公共交通機関の利用率が高いことで知られています。また、東京でも、地下鉄やJRなどの公共交通機関が整備されており、公共交通機関の利用率が高いです。
環境問題に関すること

環境負荷を理解して持続可能な社会を目指す

環境負荷とは、人間の活動によって環境に与えられる悪影響のことです。環境負荷には、大気汚染、水質汚染、土壌汚染、気候変動など、さまざまなものがあります。これらの環境負荷は、人間の健康や生態系に悪影響を及ぼします。 環境負荷を軽減するためには、人間の活動を見直す必要があります。例えば、化石燃料の使用を減らすことで大気汚染を軽減することができます。また、水の使用量を減らすことで水質汚染を軽減することができます。さらに、森林を守ることで土壌汚染を防ぐことができます。 環境負荷を軽減することで、持続可能な社会を実現することができます。持続可能な社会とは、環境に配慮しながら、人間が豊かに暮らすことができる社会のことです。持続可能な社会を実現するためには、一人一人が環境負荷を理解し、環境に配慮した行動をとることが大切です。
大気環境に関すること

湿性大気汚染調査とは

湿性大気汚染調査の概要 湿性大気汚染調査とは、大気中の湿性粒子(雨滴、雪片、霧滴、乾燥粒子など)を採取・分析して、その化学成分や濃度を測定し、大気汚染の現状を把握することです。湿性大気汚染調査は、降水、降雪、乾沈着、湿潤沈着など、さまざまな方法で行われます。 降水や降雪を採取して分析する場合は、雨量計や積雪計を用います。乾沈着や湿潤沈着を採取して分析する場合は、粒子状物質を採取するフィルターやインパクターを用います。採取した試料は、化学分析によって、硫酸塩、硝酸塩、アンモニウム、重金属、ポリ塩素ビフェニル(PCB)などの化学成分や濃度を測定します。 湿性大気汚染調査は、大気汚染の現状を把握し、大気汚染対策を立案・実施するための基礎資料となります。また、湿性大気汚染調査は、大気中の化学反応や大気環境の変動を調べるためにも役立てられています。
環境問題に関すること

炭素クレジットとは?

炭素クレジットとは、企業や個人が大気中に排出する温室効果ガスを削減または除去するために投資した場合に与えられる証明書のことです。1炭素クレジットは1トンあたり二酸化炭素が大気中から削減または除去されたことを示します。二酸化炭素は温室効果ガスの1つで、地球温暖化の原因とされています。企業や個人が炭素クレジットを購入することで、温室効果ガスの削減または除去に貢献することができ、環境問題への対策として活用されています。 炭素クレジットには、排出量取引制度(キャップ・アンド・トレード)と、自主的排出削減制度の2つの制度があります。排出量取引制度は、政府や国際機関が温室効果ガスの排出量の上限(キャップ)を設定し、それを超える場合に排出権(排出量)を他の企業や個人に売却する制度です。自主的排出削減制度は、企業や個人が温室効果ガスの排出量を自主的に削減し、その削減量を炭素クレジットとして発行する制度です。炭素クレジットの市場は近年急速に拡大しており、2020年の市場規模は2,000億ドルを超えたと推定されています。
環境問題に関すること

ベルリンマンデートとは

ベルリンマンデートとは、1945年8月2日のポツダム会談において、ドイツの最終形について連合国が合意したものです。この合意は、ドイツの非軍事化、非武装化、非ナチス化を主な内容としていました。また、ドイツの将来的な分割統治についても合意されました。 ベルリンマンデートの基本情報は以下の通りです。 1. ドイツの非軍事化、非武装化、非ナチス化 2. ドイツの分割統治 3. ドイツの将来的な統一の可能性 ベルリンマンデートは、ドイツの将来を決定する上で重要な文書でした。この合意は、ドイツの非軍事化、非武装化、非ナチス化を主な内容としていましたが、ドイツの将来的な分割統治についても合意されました。この合意は、ドイツの将来に大きな影響を与えました。
環境問題に関すること

ポイントオブノーリターン – 地球環境の引き返し不能点

温暖化にまつわるニュースを目にしない日はありません。そして、それらの中には、「ポイント・オブ・ノーリターン」という言葉が使われているのを目にしたことがあるのではないでしょうか。 ポイント・オブ・ノーリターンとは、そのままの意味で「引き返しの不可能な地点」のことです。地球温暖化においては、気温や海面上昇などの変化が不可逆的な状態に至ることを指します。つまり、このポイントを超えると、たとえ温室効果ガスの排出をゼロにしても、地球温暖化の進行を止めることができないのです。 地球温暖化は、温室効果ガスの排出によって大気中に蓄積された熱によって起こる現象です。温室効果ガスとは、二酸化炭素やメタンなど、太陽からの熱を閉じ込める性質を持つ気体のことです。これらのガスが増加することで、大気中の熱が蓄積され、地球の気温が上昇します。 地球温暖化の進行を遅らせるためには、温室効果ガスの排出を削減することが必要です。温室効果ガスの排出削減には、再生可能エネルギーの利用拡大、省エネルギー化の推進、森林の保全・拡大など、さまざまな対策が必要です。
環境対策技術に関すること

グリーン・レメディエーションとは?

グリーン・レメディエーションとは、汚染土壌や汚染水など、環境汚染を引き起こす物質を微生物や植物などの生物を利用して分解・浄化する方法です。従来の物理的・化学的方法に比べて、環境負荷が低く、コストも抑えることができるため、近年注目を集めています。 グリーン・レメディエーションの概念は、生態系が本来持っている自然浄化能力を利用することです。微生物や植物は、汚染物質を分解して無害なものに変換する能力を持っています。この能力を利用することで、汚染された環境を浄化することが可能になります。 グリーン・レメディエーションは、さまざまな環境汚染問題に応用することができます。例えば、重金属で汚染された土壌を浄化するためには、重金属を分解する微生物を利用します。また、有機溶剤で汚染された水を浄化するためには、有機溶剤を分解する植物を利用します。このように、汚染物質の種類や汚染環境に合わせて、適切な微生物や植物を選択することで、効果的な浄化を行うことができます。
環境問題に関すること

スリップ、スラップ、スロップアンドラップってなに?

スリップ、スラップ、スロップアンドラップ(Slip, Slop, Slap and Wrap)とは、オーストラリアで、多くの人に受け入れられている、太陽や紫外線から身を守るためのキャンペーンです。スリップは薄手の長袖のシャツの着用を、スロップは日焼け止めローションを塗ることを、スラップは年中帽子を着用することを、そしてラップはサングラスを使用することを意味します。紫外線はシミやしわなど、美容面での悩みだけでなく、健康面でのリスクも高まります。シミやしわなど、美容面での悩みだけでなく、健康面でのリスクも高まります。皮膚がん、白内障、免疫力の低下など、深刻な症状につながる可能性があります。さらには、紫外線は肌の老化を促進し、たるみを引き起こす原因にもなります。
地球環境に関すること

エコカー補助金の概要と特徴

エコカー補助金とは、環境性能の高い自動車を購入する際にかかる費用の一部を国が補助する制度です。この制度は、地球温暖化の原因となる二酸化炭素排出量の削減を目的として、2009年4月に開始されました。エコカー補助金の対象となるのは、国が定める燃費基準を満たしている自動車で、その補助金額は、自動車の種類や燃費性能に応じて異なります。 エコカー補助金には、新車購入補助金と中古車購入補助金の2種類があります。新車購入補助金は、環境性能の高い新車を購入する際に、車の購入価格の一部を補助する制度です。中古車購入補助金は、環境性能の高い中古車を購入する際に、車の購入価格の一部を補助する制度です。 エコカー補助金は、環境性能の高い自動車の購入を促進し、二酸化炭素排出量の削減に貢献する制度です。この制度を利用することで、環境に優しい自動車を購入することができ、地球温暖化の防止に貢献することができます。
地球環境に関すること

地中海緊急時協力議定書とは?

地中海緊急時協力議定書は、1976年にバルセロナ条約の一部として採択された国際条約です。地中海全域の海洋汚染の予防、削減、および制御を目的としています。この議定書は、締約国が海洋汚染を防止し、海洋環境を保護するための措置を講じることを義務付けています。 地中海緊急時協力議定書は、海洋汚染事故が発生した場合の緊急時対応を定めています。この議定書は、締約国が海洋汚染事故が発生した場合に、迅速かつ効果的な緊急時対応を行うことを義務付けています。また、締約国は、海洋汚染事故が発生した場合に、相互に支援し合うことを義務付けられています。 地中海緊急時協力議定書は、海洋汚染の防止と、海洋環境の保護に重要な役割を果たしています。この議定書は、締約国が海洋汚染を防止するための措置を講じることを義務付け、海洋汚染事故が発生した場合の緊急時対応を定めています。この議定書は、地中海全域の海洋汚染の予防、削減、および制御に貢献しています。
その他に関すること

ライドシェアとは?仕組みや利点、普及状況を徹底解説

ライドシェアとは、自家用車で他人を乗せて移動するサービスのことです。近年、世界中で急速に普及しており、日本では2017年に始まったUberのサービスを皮切りに、その後、多くの企業が参入しています。 ライドシェアの仕組みは非常にシンプルです。ライドシェアのアプリをダウンロードし、ユーザー登録すると、自宅や目的地、希望の車種などを入力することができます。その後、ドライバーとマッチングすると、ドライバーが指定された場所に迎えに来てくれます。目的地に到着したら、アプリで支払いを済ませることで、簡単に移動を終えることができます。 ライドシェアの利点は、何といっても料金の安さです。タクシーよりも安価な料金で利用することができ、また、ピーク時でも配車リクエストに応じてもらえるという点も魅力です。さらに、ライドシェアは環境にも優しい移動手段です。自家用車での移動を減らすことで、二酸化炭素の排出量を削減することができます。 ライドシェアは、世界中で急速に普及しており、日本でもその利用者が年々増加しています。今後も、ライドシェアはますます普及していくものと予想されます。
環境問題に関すること

ポリシーミックスとは?環境政策の有効な活用方法

ポリシーミックスとは、環境政策を効果的に実施するために、複数の政策を組み合わせることです。環境問題の解決は、単一の政策では十分ではなく、複数の政策を組み合わせることで、より効果的に解決することができます。 ポリシーミックスの重要性は、以下の点にあります。 * 環境問題の複雑性環境問題は、大気汚染、水質汚染、廃棄物処理など、さまざまな問題が複雑に絡み合っています。したがって、単一の政策では、すべての環境問題を解決することはできません。 * 政策間の相乗効果複数の政策を組み合わせることで、政策間の相乗効果を生み出すことができます。たとえば、排出量削減政策と再生可能エネルギー政策を組み合わせることで、排出量を削減すると同時に、再生可能エネルギーの普及を促進することができます。 * 政策の柔軟性ポリシーミックスは、政策の柔軟性をもたらします。環境問題が変化するにつれて、政策を柔軟に変更することができるため、より効果的に環境問題を解決することができます。
環境問題に関すること

低炭素社会づくり行動計画とは?

低炭素社会づくり行動計画とは? 低炭素社会づくり行動計画とは、温室効果ガスの排出削減や、エネルギーの効率的な利用を促進するための計画のことです。この計画は、2050年までに温室効果ガスの排出量を2013年度比で80%削減することを目標として策定されました。この目標を達成するため、政府、企業、自治体、国民が一体となって、さまざまな取り組みを進めています。また、具体的な目標として、2030年までに温室効果ガスの排出量を2013年度比で26%削減し、エネルギー消費量を2010年度比で約10%削減することを掲げています。 行動計画は、エネルギーの効率的な利用や、再生可能エネルギーの導入、森林の保全や拡大など、さまざまな分野における取り組みを盛り込んでいます。また、国民一人ひとりが、省エネやエコな生活を実践することで、温室効果ガスの排出削減に貢献できるよう、さまざまな施策を実施しています。
環境問題に関すること

第4次国家環境政策計画【オランダ】

第4次国家環境政策計画【オランダ】 -概要第4次国家環境政策計画とは?- 第4次国家環境政策計画は、我が国オランダにおける環境政策の基本指針となるもので、2020年4月に策定された。この計画では、2030年までの環境政策の目標として、以下の4つを掲げている。 1.気候温室効果ガス排出量を実質ゼロにする。 2.資源天然資源を保全し、循環型社会を構築する。 3.生物多様性生態系の健全性を確保し、生物多様性を保全する。 4.生活環境健やかで快適な生活環境を確保する。 これらの目標を達成するため、同計画では、以下の5つの重点分野を定めている。 1.エネルギー再生可能エネルギーの導入を促進し、省エネに取り組む。 2.交通公共交通機関の利用を促進し、自転車利用を拡大する。 3.産業循環型社会の構築に向けて、資源の効率的な利用を促進する。 4.農業持続可能な農業を推進し、水質汚染を防止する。 5.自然保護生態系の健全性を確保し、生物多様性を保全する。 第4次国家環境政策計画は、我が国オランダにおける環境政策の重要な指針となるものであり、同計画の目標を達成するため、政府、地方自治体、民間団体が連携して取り組むことが求められている。