環境問題

環境問題に関すること

世界資源研究所って?地球環境問題解決に向けた取り組みとは

世界資源研究所とは 世界資源研究所(World Resources Institute、略称WRI)は、地球環境問題の解決に取り組む独立した非営利研究機関です。1982年に設立され、現在は米国ワシントンD.C.に本部を置いています。WRIのミッションは、世界の持続可能な発展のために、科学的な研究、政策提言、および実用的な解決策を提供することです。 WRIの研究は、エネルギー、気候変動、森林、水、食料、都市などの分野を網羅しています。これらの分野で、WRIは、環境問題の根本的な原因を特定し、解決策を開発し、政策決定者や企業、市民社会に提言を行っています。また、WRIは、世界銀行や国連開発計画、世界自然保護基金など、他の国際機関やNGOと協力して、地球環境問題の解決に取り組んでいます。 WRIの研究や提言は、世界の環境政策や企業の経営方針に影響を与えてきました。例えば、WRIの研究は、京都議定書やパリ協定の策定に貢献しました。また、WRIは、企業に対して、温室効果ガスの排出削減や再生可能エネルギーの利用を呼びかけており、多くの企業がWRIの提言を採用して、持続可能な経営に取り組んでいます。
地球環境に関すること

海岸漂着物とは何か?

-海岸漂着物の定義- 海岸漂着物とは、海や川によって海岸や河岸に打ち上げられた廃棄物のことである。漂着物は、自然物と人為物に分類することができる。自然物とは、海藻や流木などの自然界に存在する物で、人為物とは、プラスチックごみや空き缶などの人間の活動によって生じた物である。 海岸漂着物には、海洋汚染や生態系への悪影響など、様々な問題を引き起こしている。海洋汚染は、漂着物が海洋生物に誤食されたり、海水を汚染したりすることによって引き起こされる。生態系への悪影響は、漂着物が海洋生物の生息地を破壊したり、海洋生物の移動を妨げたりすることによって引き起こされる。 海岸漂着物を減らすためには、海洋汚染やごみ問題への対策が必要である。海洋汚染やごみ問題への対策としては、海洋生物に誤食されにくい材料を使った製品を開発することや、ごみのポイ捨てを禁止することなどが挙げられる。
環境問題に関すること

京都議定書附属書Aとは?

京都議定書附属書Aとは、気候変動枠組条約の付属書Aに該当する国々で、温室効果ガス排出削減目標が課されている国のことである。 京都議定書の対象となっている温室効果ガスは、二酸化炭素、メタン、亜酸化窒素、HFCs、PFCs、SF6の6種類である。削減目標は、1990年を基準として2008年から2012年の間の削減率が定められている。 附属書A各国は、それぞれの削減目標を達成するために、さまざまな対策を講じている。中には、排出量取引制度や排出量税の導入など、経済的手段を用いている国もある。また、再生可能エネルギーの利用や省エネルギー対策の強化など、技術的対策を実施している国もある。 京都議定書附属書Aの削減目標は、世界全体の温室効果ガス排出量を削減し、地球温暖化を防止することを目的としている。
エネルギーに関すること

ソーラーシェアリング~農業と発電の両立が可能になる夢の技術

ソーラーシェアリングとは、農業用地の上に太陽光パネルを設置し、農業と発電を同時に行う技術のことです。農業用地の上に太陽光パネルを設置することで、太陽光発電による電力を得ることができるだけでなく、太陽光パネルが日差しを遮ることで、農作物の生育に適した環境を作り出すことができます。また、太陽光パネルの下に農作物を植えることで、農作物の成長を促進させ、収穫量を増やすことができるというメリットもあります。 ソーラーシェアリングは、農業生産性を向上させながら、再生可能エネルギーの生産量を増やすことができるという点で、非常に注目されている技術です。現在、日本国内でも、ソーラーシェアリングの導入が進められており、今後ますます普及していくことが期待されています。
地球環境に関すること

30by30とは?:生物多様性保全のための新しい目標

30by30とは?生物多様性保全のための新しい目標 30by30とは、2030年までに地球上の陸地と海の少なくとも30%を保全することを目指す、生物多様性保全のための新しい目標のことである。この目標は、2021年に開催されたCOP15(第15回生物多様性条約締約国会議)で採択された「ポスト2020生物多様性枠組み」の一部であり、世界中の国々がこの目標を達成するために協力することが求められている。 30by30の目標は、生物多様性の保全と生態系の回復を促進することを目指している。生物多様性は、地球上の生命の多様性を指し、生態系を維持し、人間の健康と福祉を支えるために不可欠である。しかし、近年、人類の活動によって生物多様性が急速に失われており、生態系が破壊され、地球の環境が危機に瀕している。 30by30の目標は、生物多様性の保全と生態系の回復を促進することで、地球の環境を保全し、持続可能な社会を実現することを目指している。この目標を達成するためには、世界中の国々が協力して、保全地域を拡大し、生態系の回復を促進するための対策を講じることが必要である。
環境問題に関すること

人間と生物圏計画→ 環境と自然を保全する国際プロジェクト

人間と生物圏計画(MABプログラム)とは、ユネスコによって1971年に開始された国際プロジェクトである。 その目的は、人間と自然の関係をより持続可能なものにするための科学的知識とツールを提供することである。 MABプログラムは、4つの主要な研究分野に焦点を当てている。 第一に、生態系と生物多様性の構造と機能を研究する。第二に、生態系と生物多様性が人間活動によってどのように影響を受けているかを研究する。第三に、人間と自然の関係をより持続可能なものにするために、政策や管理の方法を開発する。第四に、MABプログラムの研究結果を意思決定者に伝え、一般の人々の意識を高める。 MABプログラムは、世界114カ国で実施されており、その研究成果は、環境政策や管理、開発計画の策定に役立てられている。 また、MABプログラムは、世界各地の生物圏保護区のネットワークを構築しており、これは、生物多様性の保全や持続可能な開発を推進する上で重要な役割を果たしている。
水環境に関すること

仮想水とは何か?その重要性と解決策

仮想水とは、作物や製品を生産するために必要な水の量のことです。これは、直接使用する水だけでなく、その作物や製品の生産のために灌漑や産業プロセスに使用される間接的な水も含まれます。例えば、1キログラムの牛肉を生産するためには、約15,000リットルの仮想水が必要です。これは、牛が牧草地で食べる水、牛を育てている農家が使用する水、牛肉を加工して店に運ぶために使用する水の総計です。 仮想水は、食料生産や産業活動を維持するために不可欠な資源ですが、地球上の水のほとんどは塩水であり、淡水は限られた資源であるため、仮想水の使用は持続可能性に影響を与える可能性があります。仮想水の使用量が多い国や地域では、水不足や水質汚染などの問題が発生することがあります。 仮想水の使用量を減らすためには、食生活を見直し、より少ない水の使用量で生産される食品を選ぶこと、また、工業製品の生産や流通過程における水の使用量を削減する対策を講じることが必要です。
環境問題に関すること

テサロニキ宣言とは?環境に関する国際的な協定

テサロニキ宣言概要 テサロニキ宣言は、環境に関する国際的な協定で、1997年3月11日から12日にギリシャのテサロニキで開催された「国連欧州経済委員会(UNECE)環境・住宅・土地管理委員会」第4回特別会合において採択された宣言です。この宣言は、環境と持続可能な開発の重要性を強調し、欧州諸国が環境分野での協力を強化する必要性を訴えています。 テサロニキ宣言は、7つの部分から構成されており、それぞれに環境に関する具体的な目標や行動が掲げられています。例えば、第1部では「環境と開発は密接に関連しており、持続可能な開発を実現するには、環境を考慮した政策や取り組みが必要である」と述べられています。また、第2部では「欧州諸国は、環境分野での協力を強化し、環境汚染や自然破壊の防止に取り組む必要がある」と述べられています。 テサロニキ宣言は、環境に関する国際的な協定として重要な意味を持っており、欧州諸国が環境分野での協力を強化し、持続可能な開発を実現するための指針となっています。
環境問題に関すること

地球温暖化に迫る!全球気候観測システムの役割

「GCOSとは」 地球温暖化やその他の地球規模の気候変動に関するデータと情報を提供することで、政策立案者や気象予報士、その他の専門家が気候変動の予測、影響評価、適応・緩和策の開発を行うことを支援する国際的な気候観測システムです。 GCOSは、国連環境計画(UNEP)、世界気象機関(WMO)、政府間海洋学委員会(IOC-UNESCO)、世界気候研究計画(WCRP)によって共同で実施されています。 GCOSの観測システムは、地上、大気、海洋、氷床など、地球のあらゆる部分からのデータと情報を収集しています。これらのデータは、気候変動の監視、予測、影響評価、適応・緩和策の開発に使用されています。 GCOSは、気候変動に関する科学的な理解と気候変動の影響への適応を支援するために重要な役割を果たしています。
環境問題に関すること

生活環境主義とは?環境問題の解決に向けた住民参加型の取り組み

生活環境主義とは、地域住民が自らの生活環境の改善に取り組み、生活環境をよりよくしていくことを目指す社会運動です。生活環境主義の主な活動は、環境問題に関する情報収集や発信、環境保全活動への参加、環境改善を目的とした政策や制度の提言などです。生活環境主義は、環境問題の解決に向けた住民参加型の取り組みとして注目されています。 生活環境主義が注目されている背景には、近年、環境問題が深刻化していることが挙げられます。地球温暖化や大気汚染、水質汚染など、環境問題は私たちの生活に大きな影響を与えています。生活環境主義は、こうした環境問題を解決するために、住民が自ら行動を起こすことを目指す取り組みです。 生活環境主義の意義は、住民が環境問題に関心を持ち、環境保全活動に参加することで、環境問題の解決に向けた意識を高めることができる点にあります。また、住民が自らの生活環境の改善に取り組むことで、地域コミュニティの活性化にもつながります。生活環境主義は、環境問題の解決と地域コミュニティの活性化の両方を目指す取り組みとして、今後も注目されることが予想されます。
ゴミに関すること

遮断型最終処分場について

遮断型最終処分場とは、最終処分場の一種で、地下深くの岩盤などを利用して放射性廃棄物を安全に処分する施設のことです。遮断型最終処分場では、放射性廃棄物を多重のバリアで遮断することで、環境への拡散を防ぎます。使用済燃料などの高レベル放射性廃棄物は、放射能が非常に強く、長期間にわたって放射線を放出し続けるため、特別な処分方法が必要です。遮断型最終処分場では、通常、放射性廃棄物をガラスやセラミックスなどの固体物に閉じ込め、さらに金属製の容器に入れて処分します。この容器をさらに、ベントナイトと呼ばれる粘土質の物質で覆い、地下深くの岩盤に埋め込みます。ベントナイトは、水分の浸透を防ぎ、放射性廃棄物が岩盤から溶け出すのを防ぎます。遮断型最終処分場は、放射性廃棄物の安全な処分方法として、世界各国で研究が進められています。
大気環境に関すること

解説します『中国自動車排気汚染白書』と現状

-白書とは何か- 白書とは、政府や公的機関が、特定の政策や課題について調査・分析した結果をまとめた報告書のことです。白書は、一般に、その政策や課題に関する基本的な認識や問題点などを明確にし、その解決に向けた具体的な方策などを提言するものです。 白書は、政府や公的機関が、特定の政策や課題について、客観的かつ中立的な立場で調査・分析を行うことで作成されます。白書は、その政策や課題に関する最新の情報を提供し、その政策や課題について、国民や関係者に理解を深めてもらうことを目的としています。 白書は、政府や公的機関が、特定の政策や課題について、その政策や課題に関する基本的な認識や問題点などを明確にし、その解決に向けた具体的な方策などを提言する役割を果たしています。白書は、国民や関係者に、その政策や課題について、理解を深めてもらうことを目的としています。
環境問題に関すること

トビリシ宣言とは? ~環境に関する重要な国際協定の概要

トビリシ宣言とは、環境と発展に関する国際会議の最終文書として1977年にトビリシで採択された宣言です。トビリシ宣言は、環境保護を世界の発展の重要な柱の一つと位置づけ、環境保護と経済発展は両立可能であることを強調しています。また、環境保護は単に政府の責任ではなく、民間のセクターや市民社会の協力が必要であることも認識しています。 トビリシ宣言は、環境保護に関する具体的な行動計画を示した最初の国際協定であり、環境問題に対する国際的な認識を高める上で大きな役割を果たしました。トビリシ宣言は、1992年に採択された「環境と発展に関するリオ宣言」に引き継がれ、国際社会の環境政策の基本理念として現在も重要な役割を果たしています。 トビリシ宣言の主な内容は、以下の通りです。 * 環境保護は人間にとって不可欠なものである。 * 経済発展と環境保護は両立可能である。 * 環境保護は単に政府の責任ではなく、民間セクターや市民社会の協力が必要である。 * 環境保護には、環境教育と情報提供が重要である。 * 環境保護には、国際協力が必要である。
エネルギーに関すること

メタンハイドレート:地球の未来を左右する氷の宝石

メタンハイドレートとは何か? メタンハイドレートとは、メタンガスと水が氷状に結晶化したもので、別名「燃える氷」とも呼ばれています。天然ガスの一種であり、海底や永久凍土の地中に含まれています。メタンハイドレートの結晶は、水分子がメタン分子の周りを囲むように形成されており、その構造は氷に似ています。メタンハイドレートには、メタンガスの分子が水分子に囲まれた状態のものが多く、この状態を「クラスI」といいます。また、メタンガスの分子が水分子に囲まれた状態と、メタンガスの分子が水分子に囲まれていない状態が混在したものを「クラスII」といいます。
ゴミに関すること

全連続式焼却施設とは?特徴とメリット・デメリット

全連続式焼却施設とは? 全連続式焼却施設とは、連続的に廃棄物を投入して焼却する施設のことです。一般的な焼却施設は、一度に一定量の廃棄物を投入して焼却するバッチ式ですが、全連続式は連続的に廃棄物を投入できるので、バッチ式よりも処理能力が大きく、熱効率が高いという特徴があります。 全連続式焼却施設の特徴 全連続式焼却施設の特徴は、まず第一に、連続的に廃棄物を投入できるため、処理能力が大きいことです。また、バッチ式のように一度に大量の廃棄物を投入する必要がないため、熱効率も高く、燃料を節約することができます。さらに、連続的に焼却するため、燃焼状態を安定させることができ、ダイオキシン類などの有害物質の発生を抑えることができます。 全連続式焼却施設のメリット 全連続式焼却施設のメリットは、処理能力が大きく、熱効率が高いことです。また、連続的に焼却するため、燃焼状態を安定させることができ、ダイオキシン類などの有害物質の発生を抑えることができます。さらに、全連続式焼却施設は、バッチ式よりも自動化されており、省力化することができます。 全連続式焼却施設のデメリット 全連続式焼却施設のデメリットは、建設コストや維持管理費が高いことです。また、連続的に焼却するため、廃棄物の種類によっては、燃焼状態が不安定になることがあります。さらに、全連続式焼却施設は、バッチ式よりも騒音や振動が大きくなる傾向があります。
ゴミに関すること

粗大ごみの基礎知識

粗大ごみの基礎知識 粗大ごみの定義 粗大ごみとは、家庭から排出される一般廃棄物以外で、1辺が30センチメートルを超え、または重量が20キログラムを超えるものです。粗大ごみには、家具、家電、自転車、パソコン、テレビなどがあります。粗大ごみは、一般廃棄物とは別に、自治体が定めた方法で処分する必要があります。粗大ごみの処分方法については、自治体のホームページやごみ収集カレンダーなどで確認することができます。 粗大ごみは、家庭から排出される一般廃棄物とは別に、自治体が定めた方法で処分する必要があります。粗大ごみの処分方法については、自治体のホームページやごみ収集カレンダーなどで確認することができます。粗大ごみは、家庭から排出される一般廃棄物とは別に、自治体が定めた方法で処分する必要があります。粗大ごみの処分方法については、自治体のホームページやごみ収集カレンダーなどで確認することができます。粗大ごみは、家庭から排出される一般廃棄物とは別に、自治体が定めた方法で処分する必要があります。粗大ごみの処分方法については、自治体のホームページやごみ収集カレンダーなどで確認することができます。粗大ごみは、家庭から排出される一般廃棄物とは別に、自治体が定めた方法で処分する必要があります。粗大ごみの処分方法については、自治体のホームページやごみ収集カレンダーなどで確認することができます。
エネルギーに関すること

石炭ガス化複合発電とは?メリットとデメリットを解説

石炭ガス化複合発電とは、石炭をガス化して発電する方式です。石炭をガス化することで、石炭を燃やした際に発生する二酸化炭素や硫黄酸化物などの有害物質を大幅に削減することができます。石炭ガス化複合発電は、世界のエネルギー需要の約3分の1をまかなっており、非常に重要な発電方式です。 石炭ガス化複合発電は、石炭をガス化して発電する方式です。石炭は、主に炭素と水素で構成されており、これを高温でガス化すると、水素、一酸化炭素、二酸化炭素などのガスが発生します。これらのガスを燃焼させてタービンを回し、発電します。 石炭ガス化複合発電のメリットは、石炭を効率よく利用できることです。石炭をそのまま燃やすよりも、ガス化して発電する方が、発電効率が高くなります。また、石炭ガス化複合発電では、石炭を燃やした際に発生する二酸化炭素や硫黄酸化物などの有害物質を大幅に削減することができます。
大気環境に関すること

酸性霧の基礎知識

酸性霧の基礎知識 酸性霧とは何か 酸性霧とは、雲粒や霧粒に硫黄酸化物や窒素酸化物などの酸性物質が含まれた状態のことを言います。 硫黄酸化物や窒素酸化物は、主に工場や自動車などの排気ガスなどから発生しています。 酸性霧は、森林や湖沼に悪影響を与えるとされています。 森林では、酸性霧が樹木を傷つけ、枯らしてしまうことがあります。 また、湖沼では、酸性霧が魚や水生生物を死滅させてしまうことがあります。 酸性霧は、人間の健康にも悪影響を与えるとされています。 酸性霧を吸い込むと、気管支炎やぜんそくなどの呼吸器系の病気にかかりやすくなるとされています。 酸性霧は、深刻な環境問題の一つです。 酸性霧の原因である硫黄酸化物や窒素酸化物の排出量を削減することが、酸性霧の対策として有効です。
環境問題に関すること

気候変動枠組条約第25回締約国会議って何?

このの「COP25とは?」では、気候変動枠組条約第25回締約国会議(COP25)の意味に加え、COPの意義やCOP25が開催される目的が説明されています。 気候変動枠組条約第25回締約国会議(COP25)とは、気候変動に関する国際条約である気候変動枠組条約(UNFCCC)の締約国会議です。締約国会議は、気候変動枠組条約の進捗状況を検討し、今後の方針を決定するための会議です。COP25は、2019年12月2日から13日まで、チリのサンティアゴで開催されました。 COPは、気候変動問題に関する国際的な交渉の場となっています。COPでは、気候変動の原因となる温室効果ガスの排出削減や、気候変動の影響に適応するための措置について議論されます。COP25では、2020年以降の気候変動対策の枠組みである「パリ協定」の実施に向けた議論が行われました。 COP25は、気候変動問題の解決に向けた重要な会議でした。COP25では、パリ協定の実施に向けた議論が進展し、気候変動問題の解決に向けて一歩前進しました。
水環境に関すること

土壌・湖沼の酸性化と生態系への影響

酸性化の原因とメカニズム 土壌や湖沼の酸性化は、主に人の経済活動によって排出される硫黄酸化物や窒素酸化物などの酸性物質が大気や水に溶け込み、土壌や湖沼の酸性度を上昇させることで起こります。酸性物質は、火力発電所や工場、自動車などから排出されるものが多く、大気中を移動して土壌や湖沼に降り注ぎます。また、酸性物質を含む雨水や雪解け水などが土壌や湖沼に流れ込むことで、酸性化が進行します。 酸性化は、土壌や湖沼の生態系に大きな影響を与えます。酸性化した土壌では、植物の生育が阻害され、土壌中の微生物の活動も弱まります。酸性化した湖沼では、魚類やその他の水生生物が死滅し、湖沼の透明度も低下します。また、酸性化した土壌や湖沼からは、酸性物質が地下水や河川に流出するため、地下水や河川も酸性化が進みます。
環境問題に関すること

グリーン水素とは?分類や製造方法について解説

-グリーン水素とは何か- グリーン水素とは、再生可能エネルギーを利用して製造された水素のことです。水素は、水分子(H2O)を構成する元素で、燃焼しても二酸化炭素(CO2)を排出しないため、クリーンなエネルギー源として注目されています。しかし、従来の水素製造法である天然ガス改質法では、CO2が排出されてしまいます。 グリーン水素は、水電解法、光電解水法、バイオマスガス化法など、再生可能エネルギーを利用して水素を製造する技術によって生産されます。これらの技術は、まだ実用化段階にありますが、急速にコストが低下しており、将来のクリーンエネルギーとして期待されています。
ゴミに関すること

ガラスびんの歴史と現状

ガラスびんの歴史と現状 ガラスびんととは何か ガラスびんとは、ガラスで作られた容器のことです。ガラスはケイ素と酸素を主成分とする物質で、透明性、耐熱性、耐酸性、耐アルカリ性、電気を帯びないなどの特性を持っています。これらの特性から、ガラスびんは様々な用途に使用されています。 ガラスびんの歴史は古く、紀元前3000年頃には古代メソポタミアでガラス器が作られていた記録が残っています。その後、ガラスびんは古代エジプト、古代ギリシャ、古代ローマなどでも作られるようになり、人類の歴史とともに発展してきました。 現代では、ガラスびんは食品や飲料水の容器として広く使用されています。また、医薬品や化粧品の容器、実験器具などにも用いられています。ガラスびんは、その透明性によって中身を容易に見ることができるため、食品や飲料水の品質管理に適しており、また、耐熱性や耐酸性があるため、食品や飲料水の長期保存にも適しています。 しかし、ガラスびんは重く、割れやすいという欠点もあります。そのため、近年では、プラスチック製の容器や紙製の容器など、ガラスびんに代わる容器の開発が進んでいます。
大気環境に関すること

有害紫外線とは何か?紫外線(紫外線)による影響と対策

有害紫外線とは 太陽から降り注ぐ紫外線は、肌に様々な影響を与えることが知られています。紫外線には、波長の長い「UVA」と、波長の短い「UVB」の2種類があり、UVAは肌の奥深くまで到達し、ハリや弾力を失わせ、シワやたるみの原因となります。また、UVAは、肌のメラニン色素を刺激し、日焼けを引き起こすこともあります。一方、UVBは、肌の表面に到達し、炎症や火傷を引き起こすことがあります。また、UVBは、皮膚がんの原因となることもあります。
地球環境に関すること

温暖化係数とは?その重要性と計算方法

-温暖化係数の定義と重要性- 温暖化係数は、大気中の温室効果ガスの量が増えた場合に、どれだけの温暖化をもたらすかを数値化した指標です。 この数値は、温室効果ガスの種類によって異なります。例えば、二酸化炭素の温暖化係数は1で、メタンの温暖化係数は25です。これは、同じ量の二酸化炭素とメタンを大気中に放出した場合、メタンの方が25倍多くの温暖化をもたらすことを意味しています。 温暖化係数は、地球温暖化を予測したり、気候変動対策を評価したりするために使用されます。 温暖化係数が高いガスは、気候変動に大きな影響を与えるため、排出量を削減することが重要です。