海洋生物

水環境に関すること

海洋汚染とは?海の環境負荷を軽減

海洋汚染とは、海に有害物質が混入することによって海水の質が劣化し、海洋生態系に悪影響を及ぼす現象のことである。海洋汚染の主な原因は、産業排水、生活排水、海洋投棄物、船舶からの油流出、プラスチックごみなどである。 海洋汚染は、海洋生物の生息・生育環境を破壊し、海洋生物の健康被害や死亡を引き起こす。また、海洋汚染によって汚染された魚介類を人間が摂取することで、人体にも悪影響を及ぼす。さらに、海洋汚染は海洋の景観を損ない、海洋レジャーや観光産業にも悪影響を及ぼす。
環境問題に関すること

南極哺乳類とは?特徴や種類をご紹介

哺乳類とは、哺乳腺を持ち、体毛が生えているものを指します。南極圏にも様々な哺乳類が生息していますが、それら南極哺乳類は、氷河や海氷の上、そして海岸線周辺に生息しており、いずれも厳しい環境に適応しています。 南極哺乳類の大きな特徴の一つは、分厚い脂肪層です。これは、冷たい気候から身を守り、体温を維持するのに役立っています。例えば、ゴマフアザラシは、体長の半分近い厚さの脂肪を持っています。また、南極哺乳類は、氷河や海氷の上を移動するのに適した足を持っています。例えば、オウサマペンギンは、鋭い爪と大きな足ひれを持っており、氷の上を素早く移動することができます。そして南極哺乳類は、氷や雪で覆われた環境で繁殖することができます。南極哺乳類の多くは、冬の間は氷の間にある洞窟や穴の中で出産します。
環境問題に関すること

オスパール条約とは?

オスパール条約とは、1913 年 8 月 21 日にオスパールで締結された、日本、アメリカ合衆国、イギリス、フランス、ドイツ、オーストリア、イタリア、ロシアの間の条約です。 この条約の目的は、中国の門戸開放と機会均等を維持し、中国の領土的保全と政治的独立を尊重することでした。 条約は、中国の門戸をすべての国に開放し、中国の関税を均等にすることを定めていました。また、条約は、中国の領土的保全と政治的独立を尊重し、中国の内政に干渉しないことを定めていました。オスパール条約は、中国の門戸開放と機会均等を維持し、中国の領土的保全と政治的独立を尊重するために、列強の間で締結された重要な条約でした。