海洋環境

環境問題に関すること

海洋プラスチック条約

海洋プラスチック汚染とは、プラスチック製品が海洋に投棄され、生態系や人間に悪影響を及ぼす問題です。海洋プラスチック汚染は、プラスチック製品の大量生産と使い捨て文化が主な原因です。世界では、毎年800万トンのプラスチック製品が海洋に投棄されており、海洋に存在するプラスチックの量は、今後10年間で倍増すると予測されています。 海洋プラスチック汚染は、海洋生物に悪影響を及ぼします。海洋生物は、プラスチックを食物と間違えて食べたり、プラスチックに絡まったりして、死んでしまうことがあります。また、プラスチックは海洋環境を汚染し、海洋生物の生息地を破壊します。海洋プラスチック汚染は、人間にも悪影響を及ぼします。海洋プラスチック汚染が原因で、魚介類や海塩にプラスチックが含まれていることがあり、人間がプラスチックを摂取してしまうことがあります。また、海洋プラスチック汚染は、海洋環境を汚染し、海洋資源の枯渇につながるおそれがあります。 海洋プラスチック汚染を解決するためには、プラスチック製品の生産と消費を減らす必要があります。また、海洋に投棄されたプラスチックを回収する必要があります。海洋プラスチック汚染は、世界が直面している深刻な問題であり、国際社会が協力して解決に取り組む必要があります。
環境問題に関すること

石灰化生物とは?その役割と重要性

-石灰化生物とは?その役割と重要性- -石灰化生物とは?- 石灰化生物とは、骨格や殻を構成するために炭酸カルシウムを使用する生物です。貝、サンゴ、ウニ、ヒトデ、ナマコなど、さまざまな種類の動物が石灰化生物です。石灰化生物は海や湖など、水中で生活しています。 石灰化生物は、地球上の炭素循環に重要な役割を果たしています。石灰化生物が死んで海底に沈殿すると、炭酸カルシウムが石灰岩やチョークなどの岩石を形成します。これらの岩石は、大気中の二酸化炭素を固定する役割を果たしています。 石灰化生物は、海洋生態系にとっても重要な役割を果たしています。石灰化生物は、サンゴ礁や岩礁などの生息地を形成し、多くの海洋生物の隠れ家や産卵場所を提供しています。また、石灰化生物は、海水の酸性化から海洋生物を守る役割も果たしています。 しかし、近年、海洋の酸性化が進行しており、石灰化生物が生きていくことが困難になっています。海洋の酸性化は、大気中の二酸化炭素濃度の上昇が原因で起こっています。二酸化炭素は、海水中に入ると炭酸になり、海水の酸性度を高めます。 海洋の酸性化が進行すると、石灰化生物の生存が脅かされ、海洋生態系に大きな影響を与えることが懸念されています。
水環境に関すること

海洋汚染とは?海の環境負荷を軽減

海洋汚染とは、海に有害物質が混入することによって海水の質が劣化し、海洋生態系に悪影響を及ぼす現象のことである。海洋汚染の主な原因は、産業排水、生活排水、海洋投棄物、船舶からの油流出、プラスチックごみなどである。 海洋汚染は、海洋生物の生息・生育環境を破壊し、海洋生物の健康被害や死亡を引き起こす。また、海洋汚染によって汚染された魚介類を人間が摂取することで、人体にも悪影響を及ぼす。さらに、海洋汚染は海洋の景観を損ない、海洋レジャーや観光産業にも悪影響を及ぼす。
組織・団体に関すること

国際海事機関(IMO)→ 海運に欠かせない国際協力の推進

国際海事機関(IMO)とは、国際連合の専門機関のひとつであり、海運の安全や海事環境の保護を目的として設立された国際機関です。IMOは、1948年にイギリスのロンドンで設立され、現在はイギリスのロンドンに本部を置いています。 IMOの目的は、航海、船舶の安全、船員による汚染防止、船舶の効率的な運航の促進、海事環境の保護、などの分野における国際協力の推進です。IMOは、これらの目的を達成するため、さまざまな活動を行っています。 IMOの主な活動は、国際条約の制定、海運の安全に関するルールや規制の策定、海事環境の保護に関するルールや規制の策定、海運に関する技術協力の提供、海運に関する情報交換の促進、などです。 IMOは、海運に欠かせない国際協力の推進において、重要な役割を果たしています。IMOの活動により、海運の安全が向上し、海事環境が保護され、海運の効率的な運航が促進されています。
環境問題に関すること

地中海投棄規制議定書とは?

地中海投棄規制議定書とは? 地中海投棄規制議定書とは、地中海地域における海洋汚染を防止するための国際協定であり、1976年に採択され、1978年に発効しました。 この議定書は、地中海への廃棄物の投棄を禁止しており、船舶からの汚染の防止、船舶の安全な航行、海洋生物の保護を目的としています。 この議定書は、地中海沿岸18カ国と欧州連合が締結しており、地中海地域における海洋汚染の防止に大きな役割を果たしています。
環境問題に関すること

オスパール条約とは?

オスパール条約とは、1913 年 8 月 21 日にオスパールで締結された、日本、アメリカ合衆国、イギリス、フランス、ドイツ、オーストリア、イタリア、ロシアの間の条約です。 この条約の目的は、中国の門戸開放と機会均等を維持し、中国の領土的保全と政治的独立を尊重することでした。 条約は、中国の門戸をすべての国に開放し、中国の関税を均等にすることを定めていました。また、条約は、中国の領土的保全と政治的独立を尊重し、中国の内政に干渉しないことを定めていました。オスパール条約は、中国の門戸開放と機会均等を維持し、中国の領土的保全と政治的独立を尊重するために、列強の間で締結された重要な条約でした。
水環境に関すること

内海とは?

内海とは、陸地によって他の海と隔てられ、海への出口が狭いまたは閉ざされている海のことを指します。内海は、世界中に数多く存在し、その大きさは様々です。内海の中には、地中海のように大規模なものもあれば、瀬戸内海のように小規模なものもあります。 内海は、その閉鎖された環境により、独特の生態系を形成しています。内海は、外海よりも水温が高く、光の透過率が高いという特徴があります。そのため、内海には、外海には生息していない生物が生息しています。また、内海は、外海よりも波が穏やかで、水深が浅いという特徴があります。そのため、内海は、漁業や観光業にとって重要な場所となっています。 内海は、その地理的な条件から、古くから人々が居住してきました。内海は、外海からの侵略を受けにくく、また、漁業や観光業にとって重要な場所となっているため、人々が居住するのには適した場所でした。内海には、多くの歴史的建造物や文化遺産が残されています。
制度に関すること

環境に関する用語『海洋基本計画』とは?

海洋基本計画とは、海洋の利用に関する基本方針を定めた政府の計画のことです。計画には、海洋の利用の現状と課題、海洋の利用に関する基本的な方針、海洋の利用に関する施策等が盛り込まれています。海洋基本計画は、2007年に策定されて以来、5年ごとに改定されています。現在の海洋基本計画は、2018年に策定された「海洋基本計画2018」です。海洋基本計画2018では、海洋の利用に関する基本的な方針として、以下のことが盛り込まれています。 ・海洋の資源を有効に利用し、海洋環境を保全する ・海洋の安全と秩序を確保する ・海洋の国際協力を進める海洋基本計画は、海洋の利用に関する政府の基本方針を示したものです。海洋基本計画に基づいて、政府は海洋の利用に関する施策を実施しています。海洋基本計画は、海洋の利用に関する基本的な方針を示したものです。海洋基本計画に基づいて、政府は海洋の利用に関する施策を実施しています。
水環境に関すること

海域/海洋に関する用語解説

海洋とは、地球の表面を覆う塩水の広大な塊のことである。海洋は、地球全体の表面積の約70パーセントを占めており、その体積は約13億立方キロメートルである。海洋は、地球上の生命の源であり、酸素や食物を供給し、気候を調節する役割を果たしている。 海洋は、いくつかの海に分けられている。海とは、海洋の一部で、陸地によって囲まれているか、または陸地から離れて存在する塩水の塊のことである。海には、大洋と内海がある。大洋とは、広大な海のことを言い、太平洋、大西洋、インド洋、北極海、南極海の5つがある。内海とは、陸地によって囲まれた海のことを言い、地中海、黒海、日本海などが内海である。 海洋は、地球上の気候を調節する役割を果たしている。海洋は、太陽熱を吸収し、それを貯蔵する。そのため、海洋の温度は、陸地の温度よりも変化が少なく、気候が安定している。また、海洋は、水蒸気を放出し、雲を発生させる。雲は、太陽光を遮り、地球の温度の上昇を防ぐ役割を果たしている。 海洋は、地球上の生命の源である。海洋には、多種多様な生物が生息している。海洋生物は、酸素や食物を供給し、気候を調節する役割を果たしている。また、海洋生物は、人間の生活に欠かせない資源となっている。例えば、魚介類は、人間の重要なタンパク質源である。また、海洋生物から抽出される成分は、医薬品や化粧品の原料として使用されている。