持続的利用

環境問題に関すること

第三次生物多様性国家戦略とは?

-# 第三次生物多様性国家戦略の目的 とは? 第二次生物多様性国家戦略期間の終了に伴い、2030年10月に新たな定めとして「第三次生物多様性国家戦略」が閣議決定されました。今回の戦略においては、これまでの国内の生物多様性保全の成果および直面している課題を踏まえ、新たな方針や目標、具体的施策が明示されています。 生物多様性の保全と持続可能な利用については、2030年までの国際目標(愛知ターゲット)が設定されたことから、生物多様性条約締約国会議(COP)が毎年開催され、その進捗状況が報告されています。日本は、これら国際的な目標や議論にも鑑み、生物多様性の保全と持続可能な利用の推進に向けて、10年後の社会像や森林の理想像を掲げ、目標や施策を策定しています。
制度に関すること

生物多様性国家戦略とは?

生物多様性条約とは、世界中の生物の多様性の保全とその持続可能な利用を目的とした国際条約です。 1992年のリオデジャネイロ地球サミットで採択され、1993年に発効しました。2023年3月現在で196カ国・地域が批准しています。 生物多様性条約は、生物多様性の保全、持続可能な利用、遺伝資源の公正かつ衡平な配分の3つを柱としています。 生物多様性の保全については、生息地の保全や外来種の侵入の防止などが定められています。持続可能な利用については、遺伝資源の利用に関する規制や伝統的知識の保護などが定められています。遺伝資源の公正かつ衡平な配分については、開発途上国が遺伝資源を利用した際に、先進国に利益を還元する仕組みなどが定められています。 生物多様性条約は、生物多様性の保全と持続可能な利用を目的とした国際的な枠組みであり、世界中の多くの国々が批准しています。
その他に関すること

世界分類学イニシアチブの重要性

世界分類学イニシアチブとは何か? 世界分類学イニシアチブ(Global Taxonomic Initiative GTI)とは、世界中の生物多様性を記述、分類、理解することを目的とした国際的な取り組みです。GTIは1992年の地球サミット(リオデジャネイロ環境と開発に関する国連会議)で採択された生物多様性条約に基づき、1997年に発足しました。 GTIの主な目的は、生物多様性に関する情報を集め、共有し、利用できるようにすることです。これにより、生物多様性の保全と持続可能な利用を促進することが期待されています。GTIは、世界中の科学者や政府、国際機関など、さまざまな組織や機関が参加しています。 GTIの活動は、生物多様性の記述と分類に重点を置いています。生物多様性の記述とは、生物の種類を特定し、その特徴を記録することです。生物の分類とは、生物の種類をグループ分けし、その関係性を明らかにすることです。 GTIは、生物多様性の記述と分類を促進するため、さまざまなプロジェクトを実施しています。その中には、生物多様性に関する情報を収集し、データベースを作成するプロジェクトや、生物多様性の記述と分類を行うための訓練プログラムを実施するプロジェクトなどがあります。