建設廃棄物

制度に関すること

建設リサイクル法とは?

建設リサイクル法とは、建設発生土やコンクリートくずなどの建設残材を有効活用し、循環型社会の形成を推進する法律です。建設リサイクル法の目的は、建設残材の発生抑制、再資源化の促進、適正処理の確保などです。また建設リサイクル法は建設残材の発生の抑制についても定めており、建設工事の発注者に対して建設残材の発生量を抑制するよう努める義務を課しています。また、建設リサイクル法は建設残材の再生利用の促進についても定めており、再生砕石や再生コンクリートなどの建設資材の利用や、建設残材を資源として利用する技術の開発を促進しています。さらに、建設リサイクル法は建設残材の適正処理の確保についても定めており、建設残材を適正に処理するための処理施設の整備、処理方法の基準の設定などを行っています。
ゴミに関すること

建設廃棄物とは?種類と処分方法

建設廃棄物とは、建築物や土木工事を施工する際に発生する廃棄物のことをいいます。具体的には、コンクリートガラ、木材、金属、プラスチック、ガラス、タイル、石膏ボード、アスベストなどが含まれます。建設廃棄物の量は、日本の廃棄物の総量の約2割を占めており、その量は年々増加しています。 建設廃棄物が大量に発生する理由は、建築物の解体や改修、土木工事の施工など、建設活動が活発に行われていることが挙げられます。また、建設資材の種類が多様化し、廃棄物の種類も増えていることも建設廃棄物が増加する要因となっています。 建設廃棄物の処分方法は、埋め立て、焼却、リサイクルなどがあります。埋め立ては、建設廃棄物をそのまま廃棄処分場に埋め立てる方法です。焼却は、建設廃棄物を焼却炉で燃やして処分する方法です。リサイクルは、建設廃棄物を再利用する方法です。建設廃棄物のリサイクル率は、年々上昇していますが、まだ十分ではありません。
ゴミに関すること

がれき類とは?その種類や産業廃棄物としての扱いについて解説

-がれき類とは- がれき類とは、建設工事や解体工事、自然災害などで発生する廃棄物のことをいいます。がれき類は、大きさや形状によって、粗大ごみや産業廃棄物などに分類され、処理方法も異なります。粗大ごみとは、一般家庭から排出される大きさや形状が通常のゴミ袋に入らない廃棄物のことで、粗大ごみ収集日に粗大ごみとして排出することができます。産業廃棄物とは、事業活動に伴って排出される廃棄物のことです。がれき類の中でも、事業活動に伴って排出されるものは産業廃棄物に分類され、産業廃棄物処理業者に委託して処分する必要があります。
ゴミに関すること

解体廃棄物とは?その種類と処分方法

-解体廃棄物の種類- 解体廃棄物とは、建築物や構造物などの解体工事によって発生する廃棄物のことを指します。これらは、大きく分けて「建設発生土」「廃木材」「廃コンクリート」「廃プラスチック」「廃金属」「その他の廃棄物」の6種類に分類されます。 建設発生土とは、建築物の基礎工事や掘削工事などで発生する土砂のことです。工事によって発生した土砂は、そのまま放置すると、土砂崩れや水害の原因となるため、適切な処分が必要です。 廃木材とは、建築物の構造材や内装材として使用されていた木材のことです。廃木材は、そのまま放置すると、腐敗して悪臭を放ったり、シロアリなどの害虫の温床となったりする恐れがあります。 廃コンクリートとは、建築物の基礎や壁に使用されていたコンクリートのことです。廃コンクリートは、そのまま放置すると、ひび割れや崩落の原因となるため、適切な処分が必要です。 廃プラスチックとは、建築物の配管や壁紙に使用されていたプラスチックのことです。廃プラスチックは、そのまま放置すると、分解されるのに長い時間がかかり、環境汚染の原因となります。 廃金属とは、建築物の鉄筋や金具に使用されていた金属のことです。廃金属は、そのまま放置すると、サビが発生して腐食する恐れがあります。 その他の廃棄物とは、上記5種類の廃棄物以外の廃棄物のことを指します。これらには、壁紙や断熱材、カーペットやカーテンなどの廃棄物が含まれます。
化学物質に関すること

廃油について知ろう!

廃油とは何か? 廃油とは、食用や工業用の油を調理や製造に使用した後に出る使用済み油のことです。油は、動植物の脂肪や石油から作られ、食用油、工業用油、潤滑油など様々な用途で使用されています。 食用油は、料理に使用したり、マーガリンやマヨネーズなどの食品を製造するために使用されます。工業用油は、金属加工や機械の潤滑、化学製品の製造など様々な産業で使用されています。潤滑油は、車のエンジンや機械の部品を滑らかに動かすために使用されます。 これらの油は、使用後に廃油として排出されます。廃油は、そのまま捨てると環境を汚染する可能性があります。そのため、廃油は適切に処理する必要があります。廃油の処理方法は、自治体によって異なります。一般的に、廃油は、家庭用廃油処理施設に持ち込むか、廃油回収業者に引き取ってもらいます。廃油は、バイオディーゼル燃料や石鹸などの原料として再利用することもできます。