干ばつ

地球環境に関すること

砂漠化対処条約とは?概要と目的

砂漠化とは、気候変動、森林伐採、過放牧、農業などのさまざまな要因により、生産的な土地が砂漠のように乾燥したり、荒廃したりするプロセスです。砂漠化は、深刻な環境問題であり、世界人口の10%以上の人々が砂漠化の影響を受けていると推定されています。 砂漠化は、土地の肥沃度や生産性の低下、生物多様性の喪失、さらには飢餓や貧困などの社会問題を引き起こす可能性があります。また、砂漠化は、気候変動を悪化させる可能性もあります。 砂漠化に対処するため、砂漠化対処条約(UNCCD)が1994年に採択されました。砂漠化対処条約は、砂漠化の防止、抑制、回復を目的とする国際的な条約です。砂漠化対処条約は、196カ国が批准しており、日本も1997年に批准しました。 砂漠化対処条約は、砂漠化に対処するためのさまざまな取り組みを定めています。例えば、砂漠化対処条約は、植林、灌漑、水土保全などの対策を推奨しています。また、砂漠化対処条約は、砂漠化の影響を受けている地域の人々への支援も定めています。
環境問題に関すること

砂漠化とは?

砂漠化とは? 砂漠化とは、砂漠の面積や砂漠化地域の拡大を示す。砂漠化は、気候変動、森林伐採、過放牧、かんがいによる二次的塩類化など、さまざまな要因によって引き起こされる可能性があります。 それは、しばしば、雨量の減少、植生の喪失、土壌の劣化を特徴とする。砂漠化は、食糧生産、水資源、健康など、人間生活のさまざまな側面に大きな影響を与える可能性があります。 砂漠化の定義 砂漠化の定義は、国際連合環境計画(UNEP)と食糧農業機関(FAO)によって承認され、1992年にリオデジャネイロで開催された「地球サミット」で採択された国連砂漠化対処条約(UNCCD)第1条に規定されている。 それによると、砂漠化とは「乾燥地帯および半乾燥地帯において、気候変動および人間的活動の相互作用によって引き起こされる土地の劣化」と定義されている。砂漠化は、気候変動による影響が大きいとされているが、人間の活動、特に不適切な土地利用や灌漑方法によっても引き起こされている。
環境問題に関すること

サヘル地域:環境の変化に苦しむ地域

サヘル地域環境の変化に苦しむ地域 サヘル地域の概要 サヘル地域は、アフリカ大陸の南部に位置する地域であり、大西洋岸から紅海まで、約300万平方キロメートルにわたって広がっています。この地域は、サハラ砂漠と熱帯雨林の境界に位置しており、乾燥した気候と厳しい自然環境が特徴です。サヘル地域は、ブルキナファソ、チャド、マリ、ニジェール、セネガル、スーダンなどの国々を含む広い地域です。この地域の気候は、主に乾燥しており、平均気温は約30度です。雨が少なく、水不足が深刻な問題となっています。また、砂漠化が進み、農作物が育ちにくくなっています。こうした気候変動の影響で、サヘル地域では、食糧生産量が減少しており、多くの人々が飢餓と栄養失調に苦しんでいます。
地球環境に関すること

世界砂漠化・干ばつ対処の日

世界砂漠化・干ばつ対処の日は、毎年6月17日に世界各地で実施される記念日です。この日の制定は、1977年9月に開催された国連砂漠化会議で決定され、1995年に国連総会で採択されました。 砂漠化とは、本来は砂漠の周縁部で起こる乾燥化現象を指しますが、現在では広く乾燥地帯の劣化を意味します。主な原因は、人間による過剰な農業や牧畜、森林伐採などにより、土地が乾燥し、栄養を失うことです。また、気候変動の影響による降水量の減少も、砂漠化を加速させています。 砂漠化は、世界中の多くの地域で深刻な問題となっています。国連環境計画(UNEP)の報告書によると、世界の人口の約10億人が砂漠化の影響を受けており、毎年約1200万ヘクタールの土地が砂漠化しています。 砂漠化は、食料生産の低下、水不足、貧困、環境難民の発生など、さまざまな問題を引き起こすため、国際社会では砂漠化を防ぐための取り組みが強化されています。その一つが、1994年に採択された国連砂漠化対処条約です。この条約は、砂漠化を防ぎ、砂漠化がすでに進行している地域を回復するための法的枠組みを提供しています。 また、砂漠化を防ぐためには、農業や牧畜の持続可能な方法の導入、森林伐採の防止、気候変動対策など、さまざまな取り組みが必要です。