国連人間環境会議

制度に関すること

環境権とは何か?

環境権とは、人が健康で文化的な生活を営むために必要な生活環境を保障するための権利です。環境権は、政府が国民の環境を守る義務を負うことを意味し、国民は政府に対して環境の保護を求めることができます。 環境権は、憲法第25条に保障されています。憲法第25条は、「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」と規定しています。この規定は、国民が健康で文化的な生活を営むために必要な生活環境を保障することを政府に義務付けています。 また、環境権は、環境基本法にも保障されています。環境基本法は、環境の保全に関する基本的な法律であり、環境を保全するための国の責務を規定しています。環境基本法第3条は、「国民は、健康で文化的な生活を営む権利を有しており、国及び地方公共団体は、この権利が享受されるように努めなければならない」と規定しています。
地球環境に関すること

ナイロビ会議って何?

ナイロビ会議の概要 ナイロビ会議とは、1998年秋にケニアの首都ナイロビで開催された国連薬物特別総会のことです。この会議では、麻薬対策に関する国際的な枠組みを策定することが目的でした。 ナイロビ会議では、麻薬の供給と需要を削減するための具体的な目標が設定されました。例えば、麻薬の供給を20%削減することや、薬物乱用者の数を10%削減することなどが目標とされました。また、麻薬対策に資金を提供することや、麻薬対策に関する情報の交換を促進することなどの施策も決定されました。 ナイロビ会議は、麻薬対策の国際的な枠組みを策定したという意味で大きな意義を持っています。この会議をきっかけに、世界各国で麻薬対策が強化されました。しかし、麻薬の供給や需要は依然として根強く、麻薬対策は引き続き重要な課題となっています。
環境問題に関すること

環境月間とは?

環境月間とは? 環境月間とは、毎年6月1日から6月30日までの1か月間を環境問題について理解を深め、取り組みを進めるために設けられた期間のことです。環境庁(現環境省)は、1973年に環境月間を制定しました。その制定目的は、国民一人ひとりが環境問題に関心を持ち、環境保全に取り組むことを促すことであり、環境基本法第22条に基づいています。 環境月間の制定目的 環境月間の制定目的は、国民一人ひとりが環境問題に関心を持ち、環境保全に取り組むことを促すことです。環境庁は、環境月間中にさまざまなイベントやキャンペーンを実施して、環境問題への理解を深めてもらうようにしています。 例えば、環境展や講演会、シンポジウムなどが開催されます。また、環境に優しい生活を心がけるためのヒントを提供したり、環境保全のための活動に参加するよう呼びかけたりもしています。環境月間は、環境問題について考え、行動するきっかけになる期間であり、環境保全を推進するためには欠かせない存在です。 環境月間は、環境問題について国民一人ひとりが関心を持ち、環境保全に取り組むことを促すための期間です。環境庁は、環境月間中にさまざまなイベントやキャンペーンを実施して、環境問題への理解を深めてもらうようにしています。環境展や講演会、シンポジウムなどが開催され、環境に優しい生活を心がけるためのヒントが提供されたり、環境保全のための活動に参加するよう呼びかけられたりします。環境月間は、環境問題について考え、行動するきっかけになる期間であり、環境保全を推進するためには欠かせない存在です。
環境問題に関すること

人間環境宣言について知ろう

-人間環境宣言とは何か?- 人間環境宣言とは、1972年にストックホルムで開催された国連人間環境会議において採択された宣言です。 これは、人間と自然環境の関係についての国際的な合意であり、環境保護の重要性を強調しています。宣言は、人間が自然環境の一部であり、自然環境に影響を与える人間の活動は、最終的には人間自身に影響を与えることを認識しています。 宣言はまた、自然環境の保護は、貧困との闘い、経済開発、そして平和と安全の維持にとって不可欠であることを強調しています。宣言は、各国政府に対して、環境保護のための政策とプログラムを策定し、実施することを求めています。 人間環境宣言は、環境保護の分野における画期的な文書です。それは、環境保護の重要性を国際的に認識させ、環境保護のための行動を促しました。 宣言は、現在でも環境保護の分野における重要な指針となっています。
環境問題に関すること

国連人間環境会議とは?概要、議題、採択された宣言を解説

国連人間環境会議とは、1972年6月5日から16日までスウェーデンのストックホルムで開催された、国連主催の人間環境問題に関する国際会議である。人々の環境に対する認識を高め、環境問題への取り組みを促すことを目的として、開催された。 国連人間環境会議は、環境に関する国際条約としては初めての条約である「ストックホルム宣言」を採択し、環境問題への国際的な取り組みの基礎を築いた。また、国連環境計画(UNEP)を設立し、環境問題に関する国際的な協力と調整を推進する機関を創設した。
環境問題に関すること

国際環境教育プログラムとは?国連の環境教育への取り組みに迫る

国際環境教育プログラムとは、国連の主導により実施されている、世界中の子供たちや若者に環境問題に関する知識や技能、態度を育成することを目的とした教育プログラムです。このプログラムは、1972年にストックホルムで開催された国連人間環境会議で採択された「人間環境宣言」に基づいており、1975年に国連環境計画(UNEP)が設立されて以来、UNEPが中心となって推進しています。 国際環境教育プログラムは、主に以下の3つの柱から構成されています。 1. 環境問題に関する知識と理解の向上 2. 環境問題を解決するための技能と能力の開発 3. 環境問題に対する意識と態度の変化 これらの柱を基に、UNEPは、各国政府や国際機関、NGO、学校、企業などとの協力のもと、様々な環境教育プログラムを実施しています。例えば、UNEPは、2005年に「持続可能な開発のための教育のための国連10年」を宣言し、この10年間を通じて、世界中で環境教育を推進する取り組みを行ってきました。また、UNEPは、世界中の環境教育の現状や課題を調査・分析し、環境教育をより効果的に実施するためのガイドラインやツールを開発しています。 国際環境教育プログラムは、世界中の子供たちや若者に環境問題に関する知識や技能、態度を育成することで、持続可能な社会の実現に貢献しています。