国立環境研究所

環境問題に関すること

環境分野における「気候変動適応情報プラットフォーム」とは?

気候変動適応情報プラットフォームの目的と機能 気候変動適応情報プラットフォームは、気候変動の影響を軽減し、適応策を強化するために、気候変動関連情報を提供することを目的としています。このプラットフォームは、気候変動の科学的根拠、気候変動が環境、健康、経済、社会に与える影響、気候変動への適応策、気候変動に関する政策や規制などの情報を提供します。 また、プラットフォームは、気候変動に関連するデータや情報を収集、分析し、利用者に提供します。プラットフォームの機能には、次のものがあります。 * 気候変動の科学的根拠、気候変動が環境、健康、経済、社会に与える影響、気候変動への適応策、気候変動に関する政策や規制などの情報を提供する。 * 気候変動に関連するデータや情報を収集、分析し、利用者に提供する。 * 気候変動に関する研究や政策立案を支援する。 * 気候変動に関する情報を一般の人々に提供し、気候変動への理解を深める。 気候変動適応情報プラットフォームは、気候変動への適応を促進するための重要なツールです。このプラットフォームは、気候変動に関する情報を提供し、気候変動への適応策を強化するために利用されます。
大気環境に関すること

RCPシナリオとは何か?

RCPシナリオは、将来の気候変動を予測するために使用される一連のシナリオです。 それらは、2000年に気候変動に関する政府間パネル(IPCC)によって開発され、それ以来、気候変動を研究する科学者や政策立案者によって広く使用されてきました。 RCPシナリオの目的は、将来の温室効果ガス排出量とそれらが気候変動に及ぼす影響を推定することです。 これにより、政策立案者は気候変動の影響を軽減し、適応するための計画を立てることができます。 RCPシナリオは、さまざまな温室効果ガス排出シナリオに基づいており、それぞれ異なる気候変動の結果をもたらします。 最も悲観的なシナリオでは、温室効果ガス排出量は急速に増加し、地球の平均気温は21世紀末までに4度以上上昇すると予測されています。 一方、最も楽観的なシナリオでは、温室効果ガス排出量が大幅に削減され、地球の平均気温は21世紀末までに2度未満に抑えられると予測されています。 RCPシナリオは、気候変動を予測するための重要なツールですが、それらにはいくつかの不確実性があります。 最大の不確実性の1つは、将来の温室効果ガス排出量です。これは、経済成長、人口増加、エネルギー政策など、さまざまな要因によって決まります。もう1つの不確実性は、気候変動の気候システムへの影響です。これは、気候変動が海洋、氷河、森林など、地球のさまざまな部分にどのように影響するかを理解するのが困難なためです。 にもかかわらず、RCPシナリオは、将来の気候変動を予測するための貴重なツールです。それらは、政策立案者が気候変動の影響を軽減し、適応するための計画を立てるのに役立ちます。
組織・団体に関すること

サステイナビリティ学連携研究機構

サステイナビリティ学とは、持続可能な社会の構築を目指す学問です。持続可能な社会とは、環境、経済、社会の3つの側面が調和のとれた状態を指し、その実現には、環境保全、経済発展、社会正義の3つの要素が不可欠です。 サステイナビリティ学では、これらの要素を総合的に捉え、持続可能な社会の構築に向けた課題や解決策を研究しています。研究対象は、気候変動、資源枯渇、貧困、格差など、幅広い分野に及び、自然科学、社会科学、人文科学など、様々な分野の知識を融合して研究を進めています。 サステイナビリティ学は、まだ新しい学問分野ですが、持続可能な社会の構築に向けて、ますます重要な役割を果たすことが期待されています。
地球環境に関すること

いぶき2号:温室効果ガスの観測における日本の先駆け

いぶき2号とは、日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)と米国航空宇宙局(NASA)が共同で開発した温室効果ガスの観測衛星です。2018年に打ち上げられ、温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)やメタン(CH4)の濃度を世界中で観測しています。 いぶき2号は、温室効果ガスの観測に特化した衛星であり、これまで地上や航空機からの観測では不可能だった、地球全体を網羅した高精度の観測を実現しました。これにより、気候変動の予測や温室効果ガス削減対策の立案に役立つ貴重なデータが得られています。 いぶき2号の観測データは、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の報告書にも活用されており、気候変動問題への国際的な取り組みにも貢献しています。
地球環境に関すること

温暖化影響総合予測プロジェクトを解説

温暖化影響総合予測プロジェクトとは、気候変動が環境や社会に与える影響を総合的に予測するプロジェクトです。このプロジェクトでは、気候変動の予測、気候変動の影響の予測、気候変動への適応策の検討などを行うことで、気候変動が日本に与える影響を総合的に予測し、気候変動への適応策を検討することを目的としています。 このプロジェクトは、環境省、文部科学省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、厚生労働省、総務省など、複数の省庁が協力して実施しています。また、気候変動の予測や影響の予測には、気象庁、海洋研究開発機構、国立環境研究所などの研究機関が協力しています。 温暖化影響総合予測プロジェクトは、2010年にスタートし、2020年に終了しました。このプロジェクトでは、気候変動が日本に与える影響を総合的に予測し、気候変動への適応策を検討することができました。このプロジェクトの成果は、気候変動対策の策定に活用されています。
大気環境に関すること

知っておきたい!『UVインデックス』

UVインデックスとは、紫外線が人体に及ぼす影響の度合いを数値で表した指標です。紫外線の強さは、季節や時間帯、天候などによって変化します。 UVインデックスは、0から12までの数値で表され、数値が大きいほど紫外線が強く、人体に与える影響が大きくなります。 UVインデックスは、気象庁のホームページや、天気予報のアプリなどで確認することができます。 UVインデックスが高い日は、外出する際は日焼け止めを塗ったり、帽子をかぶったり、サングラスをかけたりなどの紫外線対策をすることが大切です。
地球環境に関すること

地球の循環の理解, グローバル・カーボン・プロジェクト (GCP)

グローバル・カーボン・プロジェクトとは何か? グローバル・カーボン・プロジェクト(GCP)は、炭素循環と気候変動を研究する国際的な研究プロジェクトです。2001年に発足し、現在は世界の50カ国以上の研究機関が参加しています。 GCPの主な目的は、炭素循環のプロセスを理解し、気候変動に対する炭素循環の役割を明らかにすることです。炭素循環とは、炭素が地球の大気、陸地、海洋の間を移動するプロセスです。炭素循環は、地球の気候を調節する重要な役割を果たしています。 GCPの研究成果は、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の報告書の作成に貢献しています。IPCCは、気候変動に関する科学的知識を評価し、政策立案者に科学的情報を提供する国際機関です。