南極

大気環境に関すること

オゾンホールとは?原因と影響、そして私たちにできること

オゾンホールとは、オゾン層が破壊され、オゾン濃度が通常よりも低い領域のことです。 南極上空で最初に発見されたため、南極オゾンホールとも呼ばれます。オゾンホールは、オゾン層を破壊する化学薬品であるハロカーボンの使用が主な原因です。ハロカーボンは、冷蔵庫、エアコン、スプレー缶などの製品に使用されています。 オゾンホールは、地球にさまざまな悪影響を及ぼします。オゾン層は、有害な紫外線を遮断する働きをしていますが、オゾンホールが大きくなると、紫外線が地球に降り注ぐ量が増加します。これにより、皮膚がんや白内障のリスクが高まるだけでなく、植物や動物にも悪影響を及ぼします。また、オゾンホールは気候変動を促進するとも考えられています。
地球環境に関すること

南極大陸とは?

南極大陸の特徴 南極大陸は、地球上で最も寒い、最も乾燥した、最も標高の高い、最も風の強い大陸である。また、南極大陸は、地球上で唯一、人間が定住していない大陸である。南極大陸の面積は約1,400万平方キロメートルで、オーストラリアの約2倍の広さである。南極大陸の最高峰は標高約5,140メートルのヴィンソン・マシフである。南極大陸は、約2,000万年前から氷床に覆われており、その氷床の厚さは最大で約4,000メートルにもなる。南極大陸の氷床は、地球上の淡水の約70%を占めている。南極大陸は、地球上の気候変動に大きな影響を与えている。南極大陸の氷床が溶けると、海面上昇が起こり、沿岸地域が浸水する可能性がある。また、南極大陸の氷床が溶けると、地球の気温が上昇し、気候変動が加速する可能性がある。
地球環境に関すること

南極の春とは?

-南極の春の到来- 南極の春は、9月から11月の3ヶ月間です。この時期に、南極の雪や氷が溶けて、地表が姿を現します。気温も少し上昇し、動物たちが活動を始めます。 南極の春は、南極の夏に続く季節です。夏の間、太陽は南極の空に24時間昇り続け、気温も高くなります。しかし、秋が近づくと、太陽が地平線の下に沈む時間が長くなり、気温も下がります。 春が来ると、太陽が再び昇り始め、気温も上昇します。雪や氷が溶けて、地表が姿を現します。動物たちも、冬眠から目覚めて活動を始めます。 南極の春は、南極の短い季節の中で最も美しい季節のひとつです。この時期、南極の景色は一変し、一面に花が咲き誇ります。また、動物たちも姿を現し、南極の自然を満喫することができます。
地球環境に関すること

南極の領土権を主張する国々『クレイマント』

クレイマントとは、南極大陸の一部に領土権を主張している国を指す言葉です。南極条約が締結される以前から、7カ国が南極大陸の一部に領土を主張していました。現在、これらの7カ国は南極条約加盟国であり、南極条約に基づき、南極大陸に関する争いは棚上げされています。しかし、南極条約は南極大陸の領有権を放棄することを求めていないため、7カ国は今もなお領有権を主張し続けています。 クレイマントの国々は、南極大陸の領土を主張する理由を説明するために様々な議論を行っています。例えば、アルゼンチンとチリは、南極大陸が南米大陸の延長であると主張しています。イギリスは、南極大陸を最初に発見したのは自国であると主張しています。オーストラリアは、南極大陸は自国の領海の延長であると主張しています。 南極条約は、南極大陸での科学研究や環境保護を促進することを目的とした国際条約です。南極条約は、南極大陸を平和と科学に捧げることを宣言し、南極大陸での領有権争いを棚上げすることを定めています。また、南極条約は、南極大陸を軍事利用することを禁止しています。
環境問題に関すること

南極の海洋生物資源の保存に関する条約とは?

南極の海洋生物資源の保存に関する条約とはどのような条約? 南極の海洋生物資源の保存に関する条約とは、1980年に採択された国際条約である。 この条約は、南極海とその周辺の生態系の保存と持続可能な利用を目的としている。条約は、南極の海での商業捕鯨や採掘などの活動を禁止し、科学研究活動は厳格に規制している。また、条約は南極海の海洋生物資源の保護区の設定や、海洋汚染の防止を定めている。この条約は、南極の生態系を保護し、持続可能な利用を促進するため、極めて重要な条約である。
環境問題に関すること

南極地域の環境の保護に関する法律について

南極地域の環境の保護に関する法律 南極環境保護法とは何か 南極環境保護法とは、南極地域における環境保護のための法律です。 この法律は、南極地域において、環境汚染を防止し、動植物を保護し、南極地域の自然景観を維持することを目的として制定されました。 南極環境保護法は、1983年に制定され、その後、1991年、1995年、2002年、2006年、2011年、2015年、2019年に改正されています。 南極環境保護法は、南極地域において、以下のような行為を禁止しています。 * 動植物の殺傷、捕獲、採集 * 環境汚染行為 * 南極地域の自然景観を損なう行為 * 南極地域における鉱物資源の採掘 * 南極地域における原子力施設の建設、使用 南極環境保護法は、南極地域における環境保護を目的とした法律であり、南極地域における環境汚染の防止、動植物の保護、南極地域の自然景観の維持に寄与しています。
環境問題に関すること

南極について知る!~その定義と特徴

南極とは、地球の南半球にある南極大陸と、その周辺の海域を合わせた地域のことです。南極大陸は、地球上で5番目に大きな大陸で、面積は1,420万平方キロメートルです。南極大陸は、氷の世界が広がる大陸で、平均標高は約2,000メートルです。 南極大陸は、1820年にロシアの探検家ファビアン・ゴットリープ・フォン・ベリングスハウゼンとミハイル・ラザレフによって発見されました。1911年にイギリスの探検家ロバート・スコットとノルウェーの探検家ロアール・アムンセンが、南極点に到達しました。 南極は、地球上で最も寒い地域です。南極点の平均気温は-57℃で、最低気温は-89.2℃を記録しています。南極大陸の氷の厚さは、平均で約2,000メートルです。南極大陸には、約500万平方キロメートルの氷河があり、地球上の氷河の約70%を占めています。 南極は、地球上で最も乾燥した地域でもあります。南極大陸の年間降水量は、わずか200ミリメートル程度です。南極大陸には、ほとんど植生がありません。南極大陸に生息する動物は、ペンギン、アザラシ、クジラなどです。
組織・団体に関すること

南極海洋生物資源保存管理委員会とは?

南極海洋生物資源保存管理委員会とは? 南極海洋生物資源保存管理委員会(CCAMLR)は、南極海域における海洋生物資源の保存と管理を目的とした国際機関です。1982年に南極条約の議定書として採択された「南極海の海洋生物資源の保存に関する条約」に基づき、1983年に設立されました。 CCAMLRは、南極海の海洋生態系の保全と持続可能な利用を目的として、海洋生物資源の採取規制や漁業管理措置などのルールを定め、加盟国が遵守することを求めています。また、海洋生物資源に関する科学調査や情報交換なども行っています。 CCAMLRには、日本、米国、英国、フランス、ロシア、オーストラリアなど、34の国と地域が加盟しています。加盟国は、CCAMLRの管理措置を自国の漁業活動に適用し、遵守することが義務付けられています。
制度に関すること

南極に領有権主張しない国とは?『ノン・クレイマント』について

ノン・クレイマントとは、南極大陸に領有権を主張していない国のことを指します。南極条約第4条では、南極大陸はすべての人類に属する領土であり、領有権を主張しないことが定められています。そのため、多くの国が南極条約に加盟し、ノン・クレイマントとなっています。 ノン・クレイマントは、南極大陸を科学研究や環境保護のために利用しています。南極大陸には、貴重な動植物が生息しており、氷床には地球温暖化に関する貴重なデータが蓄積されています。ノン・クレイマントは、南極大陸を人類の共通の財産として守るために、協力して活動しています。 ノン・クレイマントには、日本も含まれています。日本は1959年に南極条約に加盟し、ノン・クレイマントとなりました。日本は南極大陸に昭和基地を設置し、科学研究や環境保護活動を行っています。